廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

廊下のむし探検 第1026弾

16日にマンションの廊下で見た虫の続きです。

イメージ 1

廊下で羽アリの写真を撮っていたら、ちょうどいいところにいたと言われて、近くの奥さんが玄関にいる変わった虫を見てくださいと言ってこられました。見てみると、このナシイラガでした。

イメージ 2

低いところに止まっていたので、前からも写してみました。確かに蛾には見えないかもしれませんね。

イメージ 3

小さな甲虫です。パッと見でいつも見ているクロモンンキスイかなと思ったのですが、よく見ると違っていました。

イメージ 4

これは前胸背板側縁を拡大したのです。クロモンキスイは中央に突起があるのですが、これにはありません。また、側縁には緩い鋸歯が見られます。こんなところから、オオナガキスイかなと思ったのですが、「原色日本甲虫図鑑III」によると、オオナガキスイは前胸背板側縁前角が斜めだと書かれているのですが、これはむしろ尖っています。やはり、違うのかもしれません。

追記2018/09/01:立西さんから、「確証はないのですが3,4枚目の甲虫はチビヒラタムシの仲間のように見えます。一度画像検索なさってみてください。」というコメントをいただきました。続いて、通りすがりさんから、「オオキバチビヒラタムシのメスとかその辺ですね。チビヒラタムシとかホソヒラタムシって、小さいし普通種でもよく分からないものしか見てない気がする…」というコメントをいただきました。コメントをどうも有難うございました。やはりキスイムシ科ではなかったのですか。チビヒラタムシというのは初めてかな。図鑑ではヒラタムシ科になっていたのですが、今はチビヒラタムシ科になっているみたいですね。図鑑によると、ヒラタムシ科とキスイムシ科は検索表では中胸後側板が中脚基節に達するかどうかで見分けられるみたいですが、写真では所詮無理ですね。採集しなかったので・・・

追記2018/09/01:「原色日本甲虫図鑑III」の図版を見ても写真が小さくて判断できません。何とかならないかなと思っていたら、六本脚で、平野幸彦氏の「日本産ヒラタムシ上科図説第1巻」を売っているのが分かりました。この中に、チビヒラタムシ科も載っています。ただ、64ページで3000円もするので、どうしようかと迷ってしまいました。でも、結局、思い切って買ってみました。それを使って調べてみたところ、やはり、通りすがりさんが言われるようにオオキバチビヒラタムシのメスの可能性が高そうです。詳細はこちら

イメージ 5

前胸背板後縁前方に横溝があるので、カミナリハムシの仲間です。上翅の点刻が列状で、触角第3節が第2節の2倍ほどありそうなので、カミナリハムシ Altica cyaneaではないかと思います。

イメージ 6

イメージ 7

これは頭盾の形状からオオセンチコガネだと思われます。

イメージ 8

これはキオビベニヒメシャク

イメージ 9

イメージ 10

これはたぶん、ホソバチビヒメハマキだと思います。

イメージ 11

それに、カナブン

イメージ 12

ホソスジキヒメシャク

イメージ 13

アオアツバ

イメージ 14

アシベニカギバ

イメージ 15

これは以前見たことがあります。たぶん、マエモンハイキバガ

イメージ 16

これはクシコメツキかなぁ。

イメージ 17

そして、キベリトガリメイガ

イメージ 18

最後はオオミズアオでした。

雑談1)今日はハリブトシリアゲアリだろうと思っている♀有翅アリで翅が脱落した個体の顕微鏡写真を撮りました。翅がついている個体も採集したのですが、翅が邪魔で細部の写真がなかなか撮れないので、ない方を先に撮りました。たぶん、ハリブトシリアゲアリで間違いないと思うのですが、どうでしょうね。

雑談2)ベランダに置いてあった月桂樹の葉に白いカイガラムシが付いていると言って、家族がその葉を持ってきました。調べてみると、カメノコロウムシCeroplastes japonicusのようです。顕微鏡写真を撮ってみました。

イメージ 19

こんな奇妙な姿です。白く見えているのは突起も含めてすべてロウ状物質です。こんな風にロウで覆われているので、なかなか薬剤が効かないということのようです。ついでに文献も調べてみました。カイガラムシというとさすがに多くの文献が見つかります。それによると、♀成虫は亀の甲のような形をしていますが、これは♂の2齢程度の幼虫の様です。ほとんど動かないのですが、顕微鏡を見ていたら、動き回っている個体もありました。それにしても気持ち悪いですね。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんばんは。
確証はないのですが3,4枚目の甲虫はチビヒラタムシの仲間のように見えます。一度画像検索なさってみてください。

暑い日が続きますね。最近涼しいと思っていたらまた暑さが戻ってくるようです。お体に気をつけてお過ごしください。

2018/8/20(月) 午後 9:25 [ 立西 ]

顔アイコン

オオキバチビヒラタムシのメスとかその辺ですね。
チビヒラタムシとかホソヒラタムシって、小さいし普通種でもよく分からないものしか見てない気がする…

2018/8/20(月) 午後 10:18 [ 通りすがり ]

顔アイコン

立西さん、通りすがりさん、お早うございます。

やはりキスイムシ科ではなかったのですか。チビヒラタムシというのは初めてかな。図鑑ではヒラタムシ科になっていたのですが、今はチビヒラタムシ科になっているみたいですね。図鑑によると、ヒラタムシ科とキスイムシ科は検索表では中胸後側板が中脚基節に達するかどうかで見分けられるみたいですが、写真では所詮無理ですね。採集しなかったので・・・。六本脚から「ヒメキノコムシ科・ネスイムシ科・チビヒラタムシ科」の図鑑が出ていて、買って勉強してみようかと思ったのですが、63ページで3000円なので、ちょっと考えてしまいました。ともかく、こういう微小甲虫は難しいですね。ご教示、どうも有難うございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2018/8/21(火) 午前 8:57 [ 廊下のむし ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事