廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

の近くのむし探検 第424弾

20日に、以前よく通っていた公園に行ってみました。でも、虫は少なかったですね。一応、記録なので出しておきますが・・・。

イメージ 1

まず初めに見つけたのはこのイトカメムシです。こんな風に脚にまだら模様があり、翅が短いのは幼虫で、これは翅の長さから5齢幼虫でしょう。

イメージ 2

イメージ 3

カゲロウがいました。尾が2本なので、ヒラタカゲロウの仲間かなと思ったのですが、そこから先は分かりません。

イメージ 4

一応、把握器は写したのですが、これじゃ分からないでしょうね。

イメージ 5

ツヤユスリカ属の♀だと思うのですが、「図説日本のユスリカ」の図を見ても、どうもぴったりくるのがありません。

イメージ 6

これはアミメアリ。アミメアリは女王アリがいないのでしたね。従って、働きアリが産卵することになります。この間、全く働かなくて、卵をたくさん産む働きアリの系統と、働きどうしで産卵数が少ない働きアリの系統がいて、一つの巣の中で同居しているという論文を読んだのですが、まだ、そうなる必然性がよく分からないので、もう少し理解したら紹介することにします。

イメージ 7

うーむ、また、ヒメシャクです。Idaea属ですね。よく分からないのですが、ウスキヒメシャクかなと思っています。

イメージ 8

これは桜の木をものすごい速度で登っていたウシカメムシの幼虫です。

イメージ 9

最後はルリチュウレンジでした。

雑談)3日前、部屋の中で小型のハエが飛び回っていました。飛んで火にいる夏の虫。早速、捕まえて、先ほど検索してみました。どうやら、イエバエ科のイエバエ Musca domesticaのようです。顕微鏡写真も撮ったので、今度、まとめて出します。イエバエ科は篠永哲氏の「日本のイエバエ科」に載っている検索表のうち、亜科の検索がうまくいかなかったのですが、大石氏らの「日本のイエバエの同定」、はなあぶ 37、100 (2014)で修正版が出されて、大変楽になりました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事