廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

だいぶ前にクサフジをまとめ始めました。でも、いい写真がなくて、結局、お蔵行きになるかなと思っていたのですが、折角、まとめ始めたので不完全なのですが、一応、出すことにしました。写真はまた今度うまく撮れたときに付け足すことにします。

私は花が固まって咲いているマメ科の花をいつもクサフジといっていたのですが、先日来、いろいろ教えていただき、クサフジにもいろいろな種類があることが分かりました。それで、一度まとめておこうと思って表にしてみました。

イメージ 1

手元にある図鑑に載っているものを集めたものです。「帰」と書いたのは帰化植物です。ここで図鑑の略号は次の通りです。

平凡II:「日本の野生植物Ⅱ」(平凡社、1982).
帰化I:「日本帰化植物写真図鑑」(全国農村教育協会、2001).
帰化II:「日本帰化植物写真図鑑第2巻」(全国農村教育協会、2010).
長田:「日本帰化植物圖鑑」(北隆館、1979).
山渓1:「野に咲く花」(山と渓谷社、1989).
山渓2:「山に咲く花」(山と渓谷社、1996).
牧野:「牧野新日本植物圖鑑」(北隆館、1981).

「日本の野生植物Ⅱ」によると、クサフジはソラマメ属Viciaに属しています。この属にはクサフジのほか、ヤハズエンドウ、スズメノエンドウ、ナンテンハギ、ヨツバハギなど多くの種が含まれているのですが、そのうち、花が穂状にたくさんつき、さらに蔓性のものをここではクサフジ類として集めています。「日本の野生植物Ⅱ」には検索表も出ているので、必要な部分だけを抜き出すと次のようになります。

イメージ 2

なお、図鑑にはビロードクサフジとナヨクサフジを分ける項目がなかったのですが、この図鑑の説明と「日本帰化植物圖鑑」の説明を読んで加えてみました。これを見ると、とりあえず小葉の枚数と大きさ、それに旗弁の形、蕚裂片を見ればよさそうです。そんなところに着目しながら、これまでに撮った写真を眺めてみました。

イメージ 3

これは家の近くで見つけたクサフジの仲間です。

イメージ 4

まずは小葉の写った写真を見てみました。小葉は大きく、4−5枚あります。この条件から一発でオオバクサフジ Vicia pseudo-orobusになります。

イメージ 5

ついでに花の拡大です。図鑑によると、蕚裂片はほぼ同長で広三角形とのことです。この写真を見ると、そんな感じもします。また、開花時期は5-9月だとのことで、これも合っています。たぶん、オオバクサフジでよいかなと思いました。

イメージ 6

次は、淀川、木津川、桂川の三川合流地点にある背割堤(せわりてい)という堤防の周辺で撮ったものです。この時も私はただクサフジと書いたのですが、一秋さんからナヨクサフジだと教えていただきました。このときに撮ったいい写真があまりなかったのですが、とりあえず各部が写った写真を探してみました。

イメージ 7

まずは小葉の数ですが、たまたま写ったもので数えてみると13枚ありました。とりあえず、オオバではないですね。

イメージ 8

次は花です。花を横からとればよかったのですが・・・。マメ科の花で上にある花弁を旗弁といいます。その筒状の部分を爪部、上に曲がっている部分を舷部というようです。ビロードクサフジとナヨクサフジはこの舷部が爪部に比べて著しく短いということです。この写真からは著しいかどうかは判断できませんが、とりあえず短いことだけは確かなようです。次は蕚を見ないといけないのですが、ビロードは蕚裂片が針状披針形で最下片は最も長く蕚筒より長いとのことです。一方、ナヨの蕚は下片のみが蕚筒よりは短い針状披針形で、他は低い三角形とのことです。この写真では最下裂片が見えないのですが、上にある蕚裂片は針状披針形ではないので、たぶん、ナヨクサフジでよいのではと思いました。今度見た時にはもう少しちゃんとした写真を撮ります。

イメージ 9

最後は昨年淀川河川敷で写した写真で、観察会ではクサフジと教わった花です。残念ながら小葉が完全に写ったものがなかったのですが、オオバでないことは確かです。

イメージ 10

舷部の反り返りが先ほどのナヨクサフジに比べると大きい感じはしますが、爪部の長さと同じかというとそうとも言えない感じです。蕚裂片は右下の矢印の部分を見ると、線状披針形であることが分かります。今のところ、クサフジかどうかは判定できませんでした。

ということで、意識しないで写真を撮ると、大事なところが写っていなくて、後で調べるときに四苦八苦してしまいます。でも、焦らずに、今度見たときにはちゃんと写してくるようにします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事