廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

今朝の続きで、キノコバエ科の検索です。

MND: Manual of Nearctic Diptera Vol. 2 (1987). (ここからダウンロードできます)
SVM: G. E. E. Soni, J. R. Vockeroth, and L. Matile, "A. 4. Families of Sciaroidea", in "Contribution to a manual of Plaearctic Diptera with special reference to flies of economic importance, Appendix", Science Herald (2000). (ここからpdfが直接ダウンロードできます)

今朝はSVMに載っている検索表を用いたのですが、今回はMNDに載っている検索表を使ってみます。

イメージ 2
検索の結果はキノコバエ科Schiophilinae亜科Rondaniella属になったのですが、同じ検索過程をMNDで追いかけるとこのようになります。SVMの方では全部で9項目だったのですが、MNDは12項目になります。これは亜科に到達するまでが長かったからです。実際、⑤以降はまったく同じ検索過程をたどります。それで、そこまでの①〜④までを写真で調べてみることにしました。

イメージ 1

まず、横からの写真ですが、翅が十分に長いことを見ます。

イメージ 3

次は翅脈です。h横脈は赤矢印で示した横脈ですが、MとCuAの分岐点(黒矢印)はそれに近いレベルにあります。これで②はOKです。また、Rs脈がR脈から分岐する点(黒矢印)はh横脈とはだいぶ離れています。また、M
と書いたM脈の基幹部は明瞭です。これで③と④はOKです。

イメージ 4

この写真では口肢は写っているのですが、口器は写っていません。それで、たぶん、口器は頭部より十分に短いだろうと思って③をOKにしました。

イメージ 5

最後は頭部の位置ですが、胸部の十分下側についています。それで、③のこの項目もOKでした。これで、①〜④まで確かめたので、このキノコバエはSchiophilinae亜科になりました。後の属への検索は今朝の記事を見てください

今回、初めてキノコバエ科の検索をやってみたのですが、なんだかんだと迷いながらやっているうちにだいぶ慣れてきた感じがします。今のところ、何とか属までくらいなら調べられるのではと思っています。まぁ、やってみるものですね。この調子で今度はクロバネキノコバエ科もやってみたいなと思っています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事