廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

今日はこの間から調べているコマユバチ科らしきハチをもう少し詳しく調べてみました。

イメージ 1

体長2.3mmしかない小さなハチです。昨年の12月21日に採集し、その後、ずっと冷凍庫で眠っていました。冷凍庫の整理も兼ねてこの間から調べ始めたのですが、これがなかなか難しい。今は亜科の検索をしているのですが、未だに確信が持てません。とりあえず、Broconinae亜科(コマユバチ亜科)ではないかとは思っているのですけど。というまだ怪しい状態なのですが、いつまでも抱えていてもしようがないので、とりあえず出すことにします。

C. van Achterberg, "Illustrated key to the subfamilies of the Braconidae (Hymenoptera: Ichneumonoidea)", Zoologische Verhandlingen 283, 3 (1993). (ここからダウンロードできます)

亜科の検索表はこの論文のものを用いました。絵解きなので、分かりやすいといえば分かりやすいのですが、用語の分からないものも多く、素人には難解でした。でも、めげずに頑張っていこうと思っています。

イメージ 2

候補のBraconinae亜科に至るには全部で13項目調べなければなりません。しかも、上の訳文を見ても分かりますが、一つ一つの項目に小項目が沢山あり、訳するのも大変、写真を撮るのも大変という状態です。文章が長いのは、「もしそうでなければ」という例外的なことが書かれているからです。大変親切と言えば親切なのですが、そのぶん、ごちゃごちゃしてしまいます。今日はまず8項目まで調べていきたいと思います。赤字で書いたところは後でコメントしますが、よく分からなかったところです。

イメージ 3

まずは全体像です。小さいので、撮影したときにはあまり気が付かなかったのですが、こうやって拡大すると意外に綺麗です。

イメージ 4

写真は検索順に出そうかと思ったのですが、あまりにややこしくなるので、部位別にしました。写真に関連する項目は上に書いてあります。ただし、「もし、・・・」という例外的な項目は除いています。頭盾のあたりがややこしくどうなっているのか分かりませんが、全体の形としては普通で、顔面も特に変わっているというわけではありません。

イメージ 5

これは口肢が発達していることを見せるために撮ったのではなくて、口器のあたりを撮ったのですが、ついでに口肢がうまく入りました。長いのは下顎肢です。これで⑧もOKです。

イメージ 6

さて、問題の大顎です。たぶん、?で示した部分だと思うのですが・・・。そうだとすると何となく歯が見えています。2本くらいはありそうです。左右の大顎が内側に曲がり、中央でほとんど接しているので、たぶん、大丈夫でしょう。これが違うとハエヤドリコマユバチ亜科になってしまいます。

イメージ 7

触角はあまり意識して撮らなかったのですが、節が扁平という印象はなかったので、たぶん、これも大丈夫でしょう。

イメージ 8

イメージ 9

検索表の⑦にpronopeというのが出てきて、論文には絵も描かれているのですが、これがよく分かりません。pronopeは前胸背板にあり、中央に1個、左右に1個ずつの突起(?)みたいなのですが、上の2枚の写真では頭部に隠れてしまいほとんど見えません。それで今回はパスしました。

イメージ 10

次は翅脈です。翅脈の名称は論文の絵を見ながらつけてみました。ポイントになるところには番号を入れておきました。②のmarginal cellは広くても狭くてもよいのでOKです。次の1-Mとm-cuはほとんど平行に見えます。③の閉じた室は数えてみると全部で6室ありました。⑤は黒矢印で示したように2m-cu脈はありません。

イメージ 11

次は後翅です。2-CU脈というのは黒矢印辺りにあるはずの脈です。このハチではどう見てもありません。それで、②、⑤、⑦はいずれもOKです。また、m-cu脈も見当たりません。さらに、cu-a脈はほぼ直線的です。ということでほぼOKなのですが、⑦に出てくるbullaが何だか分かりませんでした。

イメージ 12

次は後体節第1節のlateropeについてです。lateropeについては以前コマユバチ科オオアメイロコンボウコマユバチ亜科を検索したときに出てきました。その時は「側方の窪み」と訳していました。今回のハチでは第1節背板(t1)は平面的でlateropeはありそうにありません。それで、「lateropeを欠く」という選択肢を取り、⑥はOKとしました。

イメージ 13

コマユバチ科は後体節第2節背板と第3節背板が融合しているのが特徴だと思っていたのですが、これは少なくとも外見上は分離しています。それで科レベルでだいぶ悩んだのですが、検索表に⑤のような表現があるので、分離しているのもいるのかなと思ってOKとしました。

イメージ 14

今日の最後は後脚跗節の写真です。第1節は長いのですが、ほかの節の和ほどは長くありません。それで、これもOKです。と、ここまでは比較的順調に進んできました。続きは次回に回します。

雑談1)昨日朝から突然鼻水が出て止まりません。鼻をかんでもかんでも出てきます。仕方ないので、ティッシュペーパを鼻に突っ込んでいるのですが・・・。風邪の続きなのだろうか、それともアレルギーなのだろうか。どうにも鬱陶しくて集中できません。

雑談2)昨日、「なにこれ生き物探検」に、2年前に六甲高山植物園に行ったときの写真を出しました。これから植物の整理もしていこうと思うので、しばらくの間は植物の写真を出していきます。こちらもよろしく。手作り図鑑の方は今はオドリバエ科に取り組んでいます。この科は奥深くてなかなか進みませんが、いろいろと調べていくと知らないことも出てきて結構面白いです。たぶん、後2−3日でまとまるかなと思っています。「気まぐれ写真図鑑」の方はもうじき、「シダを観る」、「動物園の鳥」あたりが完成しそうです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事