廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

全体表示

[ リスト ]

この間からオドリバエ科をまとめていたのですが、その中で亜属の分からないとしていたものがありました。今回、新たに調べてみましたので、記録として載せておきます。

イメージ 1

対象としたのは2014年5月12日にマンションの廊下で見つけたこんなオドリバエです。このときのブログを見てみると、Empis属というところまではたどり着いていたのですが、その後、♀だからというので検索を諦めていました。でも、これは腹部末端の構造を見ると♂のようです。ひょっとして標本を残していないかと思って調べてみたら、この個体かその前後に採集した個体かは分からないのですが、一応、標本が残っていました。それで、その先の亜属も検索してみることにしました。

検索表には、「双翅目(ハエ目)昆虫の検索システムに関する研究」という三枝豊平氏の科研費の報告書(この題目で検索するとpdfがダウンロードできます)に載っているオドリバエ科の図解検索システムを用いました。検索をしてみると、Empis属Planempis亜属になったので、その検索過程を見ていきたいと思います。

イメージ 2

属までの検索は以前のブログにも載っているのですが、もう一度、やり直してみます。なお、写真は交尾器を除いて以前撮った写真をそのまま用います。

イメージ 3

体長は11mm。かなり大きなオドリバエです。この写真では前脚が捕獲脚になっていないこと、口吻が長く下を向いていること、唇弁が太いこと、後頭部に変わったところがないことなどを見ます。

イメージ 4

次は翅脈です。翅脈の名称は「大図鑑」風にしています。この写真から②〜④、⑥はいずれも見ると分かります。

イメージ 5

Sc脈は見にくいので拡大してみました。先端で翅脈が消えてしまっていることが分かります。

イメージ 6

この写真では平均棍前方に毛塊のあることが分かります。前回はこの辺で検索が止まっていました。

イメージ 7

今回、標本を使って交尾器を撮り直しました。交尾器前の腹板には特に大きな変形は見られません。それで、交尾器は腹端後方を向いています。それで、⑨はOKとしました。たぶん、⑩がこの亜属の大きな特徴だと思うのですが、尾角突起がかなり長く突き出しています。背板葉というのはこれでよいのかどうか分かりませんが、とにかく尾角突起の方が長いことだけは確かです。それで、⑩の前半部分はOKです。

イメージ 8

これは交尾器を背側から撮ったものです。尾角突起の上面は平板状で中心に穴が開いています。まさに検索表の⑩の後半に書かれている通りです。それで、最終的にPlanempis亜属になりました。

イメージ 9

ついでに後方から撮った写真も載せておきます。この形から種も分かりそうなのですが、手元に資料がないのでこれ以上は分かりません。「日本昆虫目録第8巻」によると、この亜属には22種+5未記録種が載っていました。「大図鑑」の図版を見ると、外観は何となくキバネオオヒラオオドリバエ latroというのに似ている感じですが、よくは分かりません。

ついでのついでに、オドリバエ科の日本産の属と亜属を表にまとめてみました。

イメージ 10

左から4列までは「日本昆虫目録第8巻」に載っていた、科、亜科、属、亜属です。第5列目は三枝氏の検索表に載っていた属なのですが、現在ではsynonymになっている属を示しています。また、第6列と第7列が三枝氏とMNDの検索表に載っている属を〇印で表しています。三枝氏の検索表ではRhamphomyiaの亜属の検索表がないので空欄になっていますが、それ以外はほとんどすべて、亜属に至るまで載っていました。そのほか、Anthepiscopus、Phyllodromia,、C(Phyllodromia近縁)の3属が載っていたのですが、最初のAnthepiscopusは"Catalogue of Life"によると、亜科不明となっていました。ということで、日本産オドリバエ科の属、亜属を調べるときは三枝氏の検索表が非常に有用だということが分かりました。

一方、MNDでも日本産の属のかなりの部分が網羅されていることが分かります。三枝氏の検索表では亜科を飛ばして属の検索表が作られていたので、MNDの検索表のうち、亜科の部分だけを抜き出して亜科の検索表を作ってみました

イメージ 11

青字の亜科は現在ではセダカバエ科に属している亜科を示しています。また、( )がついているのは訳がよいのかどうか分からなかったもので、( )内は原文そのままを載せています。特に、翅脈の名称を「大図鑑」方式にしたので、その分、変更が多くなっています。こんなものが役に立つかどうか分かりませんが・・・。

雑談)甚だ不十分な状態なのですが、とりあえず、オドリバエ科をまとめてホームページにアップしました。こちらから入って探してみてください。オドリバエ科は「廊下のむし探検」を始めてすぐの頃に調べていたので、名前調べもあまり突っ込んでいなくて、いざまとめようとしたら情報が少なくて苦労しました。オドリバエ科は三枝氏の精力的な研究があるので、もっと頑張らないといけないなと思って、今年は集中的に調べてみようかなと思い始めました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事