廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

廊下のむし探検 第441弾

昨日の「廊下のむし探検」のハエ目とハチ目編です。これまではハエの1種とか、ハチの1種とかで済ませてきたのですが、最近は少し調べるようになったために、この2目のむしの名前調べはひどく大変になってしまいました。

イメージ 1

ケバエの♂が見られました。以前、ウスイロアシブトケバエにしては大きいかなと思われる♀ばかりが見られたので、なんとか♂が見られないかと探していました。この日、やっと見られたのですが、どうも少し小さいようです(体長7.5mmくらい)。捕まえてきて、Hardy and Takahashi (1960)(HTと略します)の検索表を用いて調べてみました。基本的にはウスイロアシブトケバエとほとんど同じなのですが、ただ1つ、平均棍が黒いところだけが違いました。これが黒いと、Bibio gracilipalpusという種になります。交尾器もHTに書かれている図と比較的よく似ています。この種は、HTによると、10月から12月に発生し、北海道、本州、九州に産するとありました。学名のgraciliは細長いという意味で、palpusは口肢の意味なので、細長い口肢ということになります。実際、この個体の口肢は細長いです。

イメージ 2

このハエは「絵解きで調べる昆虫」の中のハエの科の検索表を使って調べてみました。やっとこさっとこヤドリバエ科にたどり着きました。おそらく○○ハリバエとでも名付けられそうな種です。名前までは分かりませんでした。

イメージ 3

いかにもハエという種類です。このハエを検索してみると、今度はクロバエ科になりました。いわゆるハエの格好をしていると、知らず知らずのうちに、扱いがぞんざいになってしまいますね。(追記:いわゆるハエはあまり採集したくないのですが、ハエの検索表に従うと、イエバエとそれ以外を分けるポイントは中脚副基節(中脚の根元)に剛毛列があるかないかになります。剛毛列がなければイエバエ、あればそれ以外です。ヤドリバエとそれ以外を分けるポイントは小楯板(体の真ん中の三角形の部分)の下にある亜小楯板が土手状に発達するかどうかで、発達していればヤドリバエ、していなければそれ以外になります。さらに、側背板(胸の横の部分)に2本の剛毛があればクロバエ、3−4本だったらニクバエとなります。上の写真では最後の側背板以外は分からないので、どうしても採集ということになります。もう少し慣れると、見ただけで分かるようになるのでしょうが・・・

イメージ 4

残念ながら、このハエは採集しなかったので、よく分かりません。

イメージ 5

「絵解きで調べる昆虫」で検索してみると、キノコバエ科にたどり着きます。ただ、書かれている翅脈の図と少し違うので、今度は「原色昆虫大図鑑III」の検索表でも調べてみたのですが、やはりキノコバエ科になりました。おそらくそうかなと思っています。

イメージ 6

小さな小バエですが、今、マンションにいっぱい来ています。おそらく、キモグリバエの仲間だと思いますが、それ以上は分かりません。

イメージ 9

ユスリカの♂ですね。今日はハエの名前調べで消耗し、ユスリカの名前調べまでする元気を失いました。

イメージ 7

アメバチ型の格好をしたハチです。一応、採集して、「絵解きで調べる昆虫」で科の検索してみると、比較的簡単にヒメバチ科に到達しました。でも、これからが大変です。Information station of Parasitoid waspsの「日本から記録のある(もしくは確認されている)亜科への検索表」を使って検索を試みるのですが、あまりに項目が多くて、途中で挫折してしまいました。ヒメバチはともかく大変ですね。

イメージ 8

これもヒメバチかなと思うのですが、こちらの方は採集しませんでした。

イメージ 10

最後はこの変わったハチです。特に、後ろ脚が変わっています。この変わった脚と小楯板に縦筋があることから、ツヤアシブトコバチにしたのですが、どうでしょう。
廊下のむし探検 第440弾

昨日の「廊下のむし探検」の結果の続きです。昨日は蛾をアップしたので、今日はその他の「むし」なのですが、ハエとハチはまだ名前調べが終わっていないので、次回に回します。この日はマンション中、ナミテントウでいっぱいでした。

イメージ 1

イメージ 2

だいたいはこんなテントウなのですが、特にマンション北東側の外壁から廊下にかけてが多くて、全部で4-500匹くらいかな。ただ、固まっているというわけではなくて分散しているので、「たくさん」という感じがなかなか写真では表現できません。

ナミテントウは色変わりが多いのですが、よく見るといろいろな模様のテントウが見られました。面白くて、テントウばかり50枚ほど写真を撮ってしまいました。

イメージ 3

ナナホシテントウみたいな感じのものもいれば、

イメージ 4

斑紋の色の薄い個体、

イメージ 5

斑紋のなくなったもの。

イメージ 6

斑紋が三日月形のもの、

イメージ 7

斑紋の中に黒い点があるもの、

イメージ 8

それにこんなまだら模様など。見ていて飽きませんね。越冬場所を探しているのでしょうか。それにしても、なぜ、北東側だけなのかなぁ。朝日が当たって暖かいからかな。昨日ぐらいから、この北東側には小さなキモグリバエらしきハエも集まってきました。何年か前には壁びっしりという状態になりました。

イメージ 9

ヒメツチハンミョウは昨日は1♂2♀でした。こちらも堅実にきていますね。

イメージ 10

こちらはあまり望ましくない害虫のヤサイゾウムシです。

イメージ 11

アオモンツノカメムシもこの日は4匹。これも今頃よく見るようになりますね。こんなことを書いていると、マンション中、虫だらけという印象を持たれるかな。

イメージ 12

これはおそらくホソハリカメムシです。よく似た種類にハリカメムシがいるのですが、ハリカメムシは触角第1節の外面に黒い筋があります。触角だけを写した写真もあるのですが、この個体にはないので、ホソハリかなと思っています。

イメージ 13

これはムラサキナガカメムシです。拡大しているので大きく見えますが、実際の体長は数ミリしかない小さいカメムシです。小さいので数えていないのですが、かなりの数いるようです。

イメージ 14

イメージ 15

こちらはチャタテムシの仲間です。本当は触角は長いのですが、全体を写真にいれると体が小さく見えてしまうので、触角はカットです。採集して調べてはいないのですが、翅脈から見ると、この間調べたクロミャクチャタテではないかと思います。

イメージ 16

これもチャタテですが、名前は分かっていません。採集すればよかったのですが、うっかりしていました。

イメージ 17

それとホタルトビケラです。

イメージ 18

クサカゲロウもいました。顔の部分を拡大してみます。

イメージ 19

顔に黒い大きな斑紋が1つ見えます。それに触角の柄節の外面下側に茶色い模様、それに口肢がかなり強く色づいています。この特徴からこの間調べたクロヒゲフタモンクサカゲロウだとした個体と同じだと思われます。ただ、口肢の色の付き方が小腮肢の末端節は強く色づいていますが、第4節は基部側2/3ほどが色づき、さらに、第3節は外面だけが色づいています。また、頭楯に沿った部分に黒い筋が出ていないこと、さらに、触角柄節の下半分だけが色づくことなど、塚口氏の"Chrysopidae of Japan (Insecta, Neuroptera)"に書かれた特徴やイラストともちょっと違います。検索表ではクロヒゲフタモンに行き着くのですが、特徴が少し異なるので、ひょっとしたら本に載っていない種かもしれません。

イメージ 20

クモが何か虫を捕まえています。捕まえられているのは翅脈から、おそらく、クロミャクチャタテでしょうね。それでは捕まえている方は?これが悩みました。エビグモ科のアサヒ、キンイロ、コガネのどれかよく分かりません。模様ははっきりしているのですが、図鑑の色や模様とはだいぶ違っていて・・・。クモも検索表が欲しくなりました。

イメージ 21

脚が長いので、アシナガグモの仲間かなと思うのですが、第1脚、第2脚が奇妙な感じです(クモはこうやって脚を呼ぶようです)。脚の色や模様などを手がかりに調べたのですが、結局、名前は分かりませんでした。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事