廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

虫を調べる

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ちょっと休憩するつもりだったのですが、覚えているうちに書いた方がよいかなと思って、マダラバッタの続きを書いておきます。前回はバッタ科の途中までだったので、その続きです。検索にはやはり

日本直翅類学会編、「バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑」、北海道大学出版会 (2006).

に載っている検索表を用いました。

イメージ 1

この5項目を調べて、マダラバッタ属であることを確かめたいと思います。

イメージ 2

⑥はショウリョウバッタを除外する項目なので、これは大丈夫でしょう。⑦はヒナバッタなどを除外する項目の一部です。

イメージ 3

次は問題の発音器です。発音器というとコオロギやスズムシなどを思い浮かべますが、普通のバッタにもあるようです。この項目はトノサマバッタ亜科に行くためにどうしても通らなければいけない項目です。対抗するのはヒナバッタ亜科で、こちらはヤスリ状発音器は後腿節の内側にあります。そもそもヤスリ状発音器とはどんなものか分からないので、少し文献を調べてみました。

R. F. Chapman, "The Insects, Structure and Function", 5th ed., Cambridge (2015).

この本には、ヒナバッタの後腿節内側の筋の上にpeg(釘とか杭とか)と呼ばれる小さな突起が並んでいる絵が載っています。

R. E. Snodgrass, "Insects, their Ways and Means of Living", Smithonian Scientific Series Vol. 5 (1930). (ここからダウンロードできます)

一方、Snodgrassの本にはイナゴモドキの翅にあるヤスリ状の発音器の絵が載っています。縦脈にも横脈にも小さな突起が並んでいます。その場所は上の翅の写真でAと書いた脈を指しています。この脈は基部の方へ向かうと消えてしまうので二次脈で、「新訂原色昆虫大図鑑III」の説明によると、「発音脈」と書かれています。そこで、まず、その脈を調べてみました。

イメージ 4

これは上の写真で赤丸で囲んだあたりを生物顕微鏡で拡大したと思ったのですが、脈の対応がつかないので、反対側の翅で撮ったようです。ともかく、白矢印が「発音脈」と呼ばれている脈です。鱗のような細かい凸凹はありますが、Snodgrassの絵にあるような突起列ではありません。これで迷ってしまいました。いろいろと文献を探したのですが、ヒナバッタについて書かれている文献は結構あったのですが、トノサマバッタ亜科はおよそ見つかりません。それで、翅の上を手当たりしだい調べてみました。

イメージ 5

これは赤四角で囲った部分の実体顕微鏡写真ですが、よくよく見ると、横脈上に規則正しい突起のようなものがあるようなないような。

イメージ 6

それで、バッタごと生物顕微鏡のステージに載せ、周辺から光を当て、そのまま翅の部分を拡大してみました。すると小さな突起が並んでいることが分かります。横脈の上でははっきりしていますが、縦脈の上ははっきりしません。後腿節を振動させたとき、むしろ横脈に沿うような形で動くのでこんな構造があるのかもと思っています。調べてみると、翅の先半分には広くこんな構造が分布していました。たぶん、これがヤスリ状発音器ではないかと思うのですが、実際に振動させているところを見たわけではないので何とも言えません。

イメージ 7

一方、摩擦器は後腿節内側にあるはずなのですが、実体顕微鏡で見てみるとこんな感じです。3本ほど筋が見られます。どれも可能性があるのですが、最も後半にある筋が最も高くて、表面がぎざぎざしているような感じです。これかなと思ったのですが、これもよく分かりません。この発音器と摩擦器はもう少し調べる必要があるのですが、とりあえず、発音器は翅にあったということにして、次に進みたいと思います。

イメージ 8

次は頭頂と額を分ける境界の有無です。この写真はバッタの頭部先端を撮ったもので、バッタが上を向いているような態勢で撮りました。白矢印で示した部分が境界です。これを境として頭頂と額は鋭角をなしています。これで⑧はOKです。この項目はトノサマバッタ亜科のバッタの中で、イナゴモドキ属、ツマグロバッタ属、マダラバッタ属、ヤマトマダラバッタ属を分ける項目です。

イメージ 9

次は頭頂両側の窪みですが、白矢印で示したように明瞭な窪みがあります。これで⑨もOKです。窪みがないのがイナゴモドキ属です。

イメージ 10

この写真は白矢印で示した部分にイナゴのような黒条がないことを示しています。黒条のあるのがイナゴモドキ属です。

イメージ 11

最後は頭頂両側の窪みが四角いことを示す写真です。ここが三角だとヤマトマダラバッタ属になります。発音器の部分でだいぶ苦労したのですが、以上で検索を終わり、マダラバッタ属になりました。日本産マダラバッタ属はマダラバッタ Aiolopus thalassinus tamulasだけなので、一応、マダラバッタでよさそうだということになりました。でも、発音器のところはもう少しほかのバッタでも調べてみる必要があります。

昨日はとりあえず、採集したマダラバッタのうち1匹を片側だけの展翅標本にしました。展足板の上にバッタをひっくり返して固定し、翅の展翅をしました。その後、固定できる脚と触角はピンで固定しました。バッタの展翅は初めてだったのですが、まぁ、何とかできました。内蔵を取っていないので、真っ黒になるかなとちょっと心配ですが・・・。

開く コメント(0)

9月22日に家の近くの河原で中学生3人と先生と一緒に虫取りをしました。そのとき、中学生が採集した虫の中に中型のバッタが2匹いました。雰囲気、マダラバッタかなと思ったのですが、名前をちゃんと調べなけりゃと思ってその2匹をもらって冷凍庫に入れておきました。中学生たちは11月4日に開かれる文化祭に虫の展示をすることになっているので、それに間に合うようにと思って、2,3日前から検索をしてみました。途中、発音器と摩擦器がどれか分からず、それにずいぶん時間を費やしてしまいましたが、これかなと思うものが見つかったので、一応、まとめておくことにしました。このバッタの各部の名称は昨日出しましたので、そちらを参照してください。

イメージ 1

昨日は横から撮った写真を出したので、今回は背側から撮った写真です。体長は25.8mm。小形ではありますが、そこそこの大きさを持っているので、実体顕微鏡で撮影するときにかえって苦労が多かったです。例えば、翅全体を写そうとするご画面をはみ出すし・・・。それで、一眼レフの写真を併用したり、顕微鏡で場所をずらしながら撮影して、後で合成したりしました。この写真は一眼レフで撮りました。

検索には、

日本直翅類学会編、「バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑」、北海道大学出版会 (2006).

に載っている検索表を用いました。この検索表は絵解きなので分かりやすい方なのですが、いまいち絵が小さかったり、矢印がどこを指しているのか分からなかったりと苦労することも多かったです。バッタの検索はヒシバッタやイナゴ以外はあまりやったことがないので、今回は亜目、上科あたりから検索をしてみました。

イメージ 2

まずは科への検索からです。検索の結果、バッタ科のうち、アカアシホソバッタ亜科、フキバッタ亜科、イナゴ亜科、セグロイナゴ亜科、ショウリョウバッタ亜科ショウリョウバッタモドキ属以外になったので、一部と書いてあります。これを写真で確かめていきたいと思います。今回はだいたいは検索順に見ていきます。

イメージ 3

まず体長は6mm以上なので①はOKです。②の産卵管は矢印で示した部分です。ビロード状の毛にも覆われていないので、②もOKです。このビロード状の毛はケラの仲間を指すようです。④も特に問題ないと思います。これはヒシバッタを除外する項目です。

イメージ 4

前肢が変わっていないことを示すために腹側から写しました。この項目は前肢、中肢の脛節が広がっているノミバッタを除外する項目です。

イメージ 5

触角は25節ではないかと思うのですが、末端部分がさらに分かれているかもしれないので、その場合は26節になります。でも、とにかく30節よりは短いです。従って、③はOKです。この項目はコオロギを除外する項目です。コオロギって触角が長かったのだっけ。

イメージ 6

③の胸部腹板の癒着が何を意味しているのか最初よく分かりませんでした。というのは中胸腹板と後胸腹板は何となく区分されているように見えたからです。でも、よく見ると、中胸小胸板などと後胸基胸板は癒着しているので、たぶん、癒着しているといってよいのだと思います。これはやはりコオロギを除外する項目です。⑤の「のどちんこ」は白矢印あたりにある突起を意味しているのですが、これにはありません。でも、先ほど書いたバッタ科の亜科やオンブバッタ科にはあるようです。一度見てみたいです。

イメージ 7

次は耳です。写真のように翅の付け根あたりにあります。これが腹部第1節なのかどうかはよく分からないのですが、これに対抗する項目はコオロギで、耳は前脛節か胸にあるとのことなので、たぶん、大丈夫でしょう。

イメージ 8

ちょっと拡大してみました。これは鼓膜なのでしょうね。

イメージ 9

爪の間に爪間盤があるというのが④です。確かにあります。この項目はヒシバッタを除外する項目の一つです。ヒシバッタにはないのですね。

イメージ 10

産卵器は4片に分かれていて、たぶん、この4片を組み合わせて管状にするのではと思いました。生きているときはこんなに広がっていなかったのですが、冷凍庫に入れておいて出したら、少しずつ広がって、ついにはこんな姿になってしまいました。真ん中にある白いのは何だろう。

イメージ 11

最後は跗節の数で全部で3節です。これでバッタ科の検索の途中まで到達しました。この後、ショウリョウバッタ、ヒナバッタなど除外してトノサマバッタ亜科に行き、最後にマダラバッタ属に至ります。でも、長くなったので、ここで一休み。

開く コメント(0)

先日(9/22)、中学生と河原で虫取りをしたのですが、そのときに捕まえたバッタの名前を調べようとだいぶ前からもがいていました。でも、やっと検索ができ、マダラバッタ♀らしいことが確認されました。検索ついでに、バッタの各部の名称も調べてみたので、載せておきます。

イメージ 1

調べたのはこんなバッタです。体長は25mmちょっと。中型のバッタという感じです。中学生が捕まえたので、生態写真はありません。捕まえてからずっと冷凍庫に入れておいたのですが、ときどき取り出してきて調べていました。実際に検索をしてみると、検索表のうち、何か所か分からないところがあって、もんもんとしていたのですが、何とかクリアできて、バッタ科トノサマバッタ亜科マダラバッタになりました。

イメージ 2

まずは顔です。大きすぎて実体顕微鏡をはみ出してしまうので、かえって苦労しました。各部の名称は、「新訂原色昆虫大図鑑III」を見て書き入れました。

イメージ 3

横からです。

イメージ 4

それに口の部分を腹側から写しました。

イメージ 5

さらに胸の部分の腹側からの写真です。陥入孔とか、骨縫線とか知らない用語が出てきました。

イメージ 6

イメージ 7

最後は腹部末端の構造です。これは♀みたいなのですが、「大図鑑」の絵が小さくて細部まではよく分かりません。それで、昔の本なのですが、次の本を参考にしました。

R. E. Snodgrass, "The Abdominal Mechanism of a Grasshopper", Smithsonian Miscellaneous Collections Vol. 94, No. 6 (1935). (ここからダウンロードできます)

私はSnodgrass氏の"Principles of Insect Morphology"(1935)という本をよく参考にさせていただくのですが、実に多くの本を書かれているので感心しました。もともと産卵管はこんなに開いていなかったのですが、冷凍庫から取り出したら、次第に広がってこんな格好になってしまいました。見よう見まねで名前を付けたので、間違っているかもしれません。

イメージ 8

次は翅の翅脈です。以前、イボバッタの翅脈を調べたことがあったのですが、バッタの翅脈の名前にはいつも苦労します。「大図鑑」にも少しだけ載っているのですが、知りたい部分が載っていません。イボバッタの時はいくつか最近の論文を見たのですが、どうもしっくりとこないので、結局、自分なりに名前を付けてしまいました。今回もそうしようかと思ったのですが、Snodgrass氏の別の本に載っていたので、そちらを採用させていただくことにしました。

R. E. Snodgrass, "The Thoracic Mechanism of a Grasshopper, and its Antecedents", Smithsonian Miscellaneous Collections Vol. 82, No. 2 (1929). (ここからダウンロードできます)

この方はすごいですね。いろいろな虫について詳しく調べておられて。私など足元にも及びません。

イメージ 9

これは前翅の基部です。翅脈に名前を付けるときにはまず基部を見ます。それから、C、Sc、R、Aの各脈の基部を見つけます。MとCu脈はRとA脈で挟まれたmedian plate (mとm') というところに起源にもつので、前側をM脈、後ろ側がCu脈というようにします。私も詳しくないので、はっきりとは書けないのですが、以前、ハエの翅脈で勉強をしたことがあったので、そちらの記事も参照して下さい。ただ、バッタの場合は二次脈が多くて、それでややこしくなっています。とりあえず名前をつけたものが上の写真です。M脈が途中からR脈とほとんど重なるようにして走っています。

イメージ 10

これはもう少し広い範囲で見たもの。

イメージ 11

さらに翅端側です。MとCuをどのように当てはめるかは議論が多いようで、それで「大図鑑」にはその辺りがぼかして書かれているのだと思います。

イメージ 12

次は後翅です。これもSnodgrass氏の本を参考にしました。R+Mと書いた部分はたぶん、二つの脈が合流しているというのではなく、二つの脈が平行に走っているのではと勝手に思っています。

イメージ 13

これはもう少し広い範囲で写したものです。i とj と書いた脈は二次脈という解釈の様です。というのはこの写真では i 脈が山になっていなくて、k 脈と共に斜面に存在するからではないかと思いました。A脈は基本的に山になるという原則を考えると妥当なのですが、この辺りの解釈は「大図鑑」とは異なっているようです。

ということで、検索の前に各部の名称をつけてみました。実は、この作業が一番大変です。でも、勉強だと思ってやってみました。

開く コメント(0)

10月2日にいつもの道路脇の茂みで捕まえたハバチがあったのでそれを調べてみました。

イメージ 1

こんなハチです。ハバチも久しぶりなので、一度、検索をしてみようと思ったのです。検索には次の本を用いました。

吉田浩史、「大阪府のハバチ・キバチ類」西日本ハチ研究会 (2006).

これはブログを始めるだいぶ前にハチも調べてみようと思って買ったのですが、どうやって使ったらよいのか分からず、そのままになっていました。でも、ブログを始めて検索をやり始めてみると、実に有用な本でした。ともかく、大阪府と限定されているところが特にいいです。まずは科の検索からです。

イメージ 2

これはハバチ亜目の科の検索表から必要な部分だけを抜き出したものです。このハチはハバチ科になったのですが、それを確かめるためには上の8項目を見ればよいことになります。これを写真で確かめていきたいと思います。

イメージ 3

まずは横からの写真です。背側から見たときはそれほど綺麗だとは思わなかったのですが、横から見ると橙黄色が実に鮮やかです。体長は6.0mmでした。後で触角を拡大した写真はお見せしますが、この写真では触角第3節が特に異常ではない点、それに触角が糸状であることを見ます。

イメージ 4

次は頭部の拡大です。頭盾は矢印で示した部分ですが、このすぐ上に触角基部があります。また、頭盾ははっきりした区切りで顔面から区別されています。そのすぐ上にある左右二つの黒い点はたぶん、anterior tentorial pit (at)と呼ばれる、昆虫の頭蓋を支えるつっかえ棒が前面を支える部分になるのではと思います(詳細はこちら)。頭盾と前額はこのatというpit(孔)で区切られるはずなので、まさにその通りになっています。

イメージ 5

前胸背板は両脇に見えている橙黄色の部分で、中央部は中胸背板が発達しているので、その分、大きく凹んでいます。中胸背板は前後で分割されていないので⑦はOKです。中胸背板は黒い部分ですが後ろがどこまで伸びているのかというところで少し迷ってしまいました。これについては以前、少し書いたのでそちらをご覧ください。いずれにしても、ここで示した範囲はいい加減です。

イメージ 6

最後は腹部末端の構造です。これが♂なのか♀なのかよく分からなかったのですが、次のカナダの本に載っている絵と比較すると、これは♀で、"ovipositor sheath"と書いたところが産卵管鞘だと思われます。

H. Goulet, "The genera and subgenera of the sawflies of Canada and Alaska: Hymenoptera: Symphyta", Insects and Arachnids of Canada Handbook Series Part 20 (1992). (ここからダウンロードできます)

従って、⑧もOKだと思われます。ということで、すべての項目をチェックしたので、ハバチ科は大丈夫でしょう。

次は亜科、属、種の検索です。これらはいずれもすぐに目的地に達することができたので、まとめて調べることにします。

イメージ 7

この7項目を調べることで、このハチはセグロカブラハバチだろうということが分かります。これも写真で確かめていきます。

イメージ 8

項目の中では翅脈に関するものが多いので、復習のためにまとめておきました。翅脈の名称の付け方は虫の種類によってそれぞれ流儀があるので、それに従うことにします。これは先ほどのカナダの本に載っていたものを参考にしました。ところで、こういう一般的な名称の他にハチ独特の呼び方があり、検索表ではそれを用いているので、それも書いておきます。これについてもだいぶ前に書いたことがあるので、そちらを参照してください。

イメージ 9

ついでに調べなければならない項目も書いておきました。全部で5項目あります。⑨の基脈と肘脈が一点で交わるかどうかというのは亜科を調べるときに重要な項目で、生態写真を撮るときもできるだけそれが分かるように翅を撮っています。この2本の脈が離れていればハバチ亜科になるのですが、意外に微妙な場合もあって、以前、悩んだことがありました(こちらをご覧ください)。次の⑩はシダハバチ亜科を除外する項目です。次の⑪はヒゲナガハバチ亜科を除外する項目ですが、ヒゲナガハバチ亜科は⑨で基脈と肘脈が離れるので、いつも悩んでしまう亜科です。⑫はハグロハバチ亜科を除外する項目です。⑬の肛室は面白い翅室で亜科によっては左側の翅室がなくなったりすることもあって非常に変化があります。この個体の場合は左右の翅室が揃っているので完全です。

イメージ 10

触角は全部で10節でした。第3節がちょっと長いですが、特に異常に長いということはありません。

イメージ 11

中胸背板の色はかなり個体変異があります。これは全体が真っ黒なので、特に問題はないのですが、左右が橙黄色の個体もよく見かけます。これですべての項目をチェックしたので、たぶん、セグロカブラハバチ♀で間違いないのではという結論になりました。

イメージ 12

脚の色も特徴の一つとしてよく出てくるので、一応、中脚と後脚を写しておきました。脛節と跗節各節の末端部が暗色になっていました。

開く コメント(0)

昨日の続きでニレハムシではないかと思われる個体の検索です。昨日は属までの検索だったので、今日は種までの検索を試みます。

イメージ 1

対象とするのはこんなハムシで、10月2日に家の近くで捕まえました。体長は6.2mm。小さいなと思ったのですが、これが属するケブカハムシ属 Pyrrhaltaにはもっと小さなハムシも多いので、中間的な大きさみたいです。昨日は次の本に載っている検索表で調べました

木元新作、滝沢春雄、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」、東海大学出版会 (1994)

その結果、ヒゲナガハムシ亜科ケブカハムシ属になりました。今日はその続きで種の検索です。この本には種の検索表も載っているでそれに従って調べていきました。

イメージ 2

これは検索表のうち、必要な部分だけを抜き出したものです。番号は昨日の続き番号になっています。実は、⑨で引っ掛かってしまいました。それで、とりあえず、⑧を調べてみます。

イメージ 3

⑧は触角末端節近くでの節の長さと幅の比に関するものです。実際に8〜10節で測ってみると、この図に示すように2倍よりは少し小さい値に落ち着きました。従って、⑧はOKです。この性質はサンゴジュハムシなどとニレハムシを区別するときに有用な項目で、生態写真でも容易に分かります。以前、サンゴジュハムシで測ったことがあるので、詳しくはそちらを見てください。

イメージ 4

⑨は上翅側縁に沿って隆起条があるかどうかです。その部分を拡大してみました。

イメージ 5

別の角度からもう一枚。上翅が縁で折れ曲がった部分が上翅側片なので、その境目が側縁になります。私は最初、「細い隆起条」というのは側縁に沿った上翅側にある隆起条だと思っていたので、この写真からそんなものはないなと思って検索を進めていきました。でも、ふと、側縁を見ると細い隆起条があります。ひょっとしてこのことかなと思ってしまいました。でも、側縁だからどのハムシでもあるかもしれないと思って、手元にあるPyrrhalta属の標本を探してみました。標本、あまり作っていなかったですね。ニレハムシらしい4匹とサンゴジュハムシ2匹しかありませんでした。サンゴジュハムシは確かに同じような側縁を持っているのですが、隆起条の有無で分けている種ではありません。

こうやって迷い始めるとすべてが怪しく見えてくるものです。とりあえず、隆起条があるという方に進んでみます。

イメージ 12

上翅側片はこの写真のように3/4は越えているので、⑪に進みます。体腹面はこの写真のように黒です。そうなると、オオサクラケブカハムシになってしまいます。

イメージ 13

でも、前胸後縁角は黒矢印で示すように強く裁断されていません。それで、文献を探すと、オオサクラケブカハムシの記載論文が見つかりました。

M. Chujo, "Description of a new chrysomelid-beetle from Japan", Kontyu 18, 29 (1950). (ここからダウンロードできます)

この論文の中で、オオサクラケブカハムシはLochmaea (Tricholochmaea) takeiiとして記載されているのですが、現在ではPyrrhalta takeiiとなっています。この論文には絵も載っているのですが、どう見ても前胸背板の形が違います。それで、もう一度、⑨に戻りました。この論文では、上翅側縁に関して、"the latero-marginal areae narrowly rimed, impunctuate, smooth and glabrous"と書かれています。つまり、「(上翅)側縁領域は狭く縁取られ、無点刻で平滑」という意味です。これはまさに上の写真のような縁のことを言っているのかと思って混迷を深くしました。

S. Kimoto, "The Chrysomelidae of Japan and the Ryukyu Islands. VI Subfamily Galerucinae I", J. Fac. Agriculture, Kyushu Univ. 13, 287 (1964). (ここからダウンロードできます)

Kimoto氏のこの論文では検索表は英文になっていて、"Lateral margin of elytra with a distinct longitudinal convexity which is extending to apex"となっています。つまり、「上翅側縁には先端まで伸びる明瞭な縦のconvexityがある」という意味です。このconvexityはリーダーズ英和辞典によれば、凸状、凸面(体)という意味です。日本語の検索表にあるような「細い隆起条」というニュアンスとはかなり違っています。

迷いに迷ったのですが、最終的には次のように判断しました。過去に撮った写真を探してみると、隆起条のあるとされているアカタデハムシの写真が見つかりました。

イメージ 6

検索はしなかったのですが、外観からアカタデハムシだろうと思っている個体です。この上翅側縁を見てみます。

イメージ 7

側縁に沿って黒矢印で示した部分が膨らんでいることが分かります。

イメージ 8

一方、今回採集した個体は黒矢印のようにその部分が凹んでいます。たぶん、このことかもしれないと思ったのですが、今度、アカタデハムシを採集したときの宿題として残しておこうかなと思っています。

イメージ 9

とりあえず、隆起条のない方を選ぶと、⑫は触角の第3と第4節の長さ比較です。これも実際に測ってみました。わずかに第4節が長いことが分かります。

イメージ 10

さらに、色と斑紋に関するもので、これは大丈夫でしょう。ということで、問題の「隆起条」の部分さえクリアできれば無事にニレハムシに進むことができます。アカタデハムシを早く調べてみたい気分ですが、これまで2回ほどしか見つけていないので、いつのことになるやら。

イメージ 11

最後は脚の爪の拡大です。爪にはこんな歯がありました。

今年の冬は冷凍庫に入れてある試料を調べていこうと思っているのですが、ハムシはなかなか難しいですね。でも、一歩一歩進んでいきたいなと思っています。

開く コメント(0)

全83ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事