廊下のむし探検

このブログではマンションの廊下にでてくる「むし」の紹介とカメラを使ったちょっとマニアックな趣味を紹介します

虫を調べる

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
この間、ナガキクイムシを見つけ、前胸背に共生菌類の胞子を入れておく胞子貯蔵器官があることを知りました。このときは採集をしなかったのですが、そういえば、以前にも捕まえたことがあったなぁと思い出して、冷凍庫から取り出して調べてみました。今年の3月15日に採集したものです。

イメージ 1

これはその時の写真です。古いので、さすがに冷凍庫に入れておいても乾燥して固まっていました。これにも胞子貯蔵器官らしきものがあったのですが、この個体は実は♂で小さくて目立たないものでした。

とりあえず、名前を調べてみようと思って、検索をしてみました。検索には次の論文の検索表を用いました。

野淵輝、「日本のナガキクイムシ科」、家屋害虫 15, 33 (1993).(ここからダウンロードできます)

若干途中で問題があったのですが、とりあえず検索表で調べてみると、ヨシブエナガキクイムシ♂であることが分かりました。たぶん、検索をしなくても胞子貯蔵器官の形や上翅斜面部の形状でこの種で間違いないと思うのですが、検索をしてみると、なかなか難しいところもありました。いつものように写真で確かめていきたいと思います。

イメージ 2

検索は①→②b→③→④b→⑤と進んでいくのですが、実は②aはこの条件では除外できません。こちらの道を進むと、②a→⑥→⑦→⑧と若干の違和感を伴いながら進んでいくのですが、最後の種に至るところで、上翅斜面部の形がまるで違うので、否定することができました。今回はこちらの過程はパスします。

イメージ 3

とりあえず背側から撮った写真です。検索表では③くらいが関係しますが、これは大丈夫でしょうね。

イメージ 4

体長は3.3mmだったので、⑤の条件には合致していると思われます。でも、ともかく変わった虫ですね。後脚がこんなに後方にあります。と同時に、腹部がほとんどありません。c、f、tはそれぞれ基節、腿節、脛節を意味します。

イメージ 5

これは横からです。上翅末端が急激に折れ曲がっている感じですが、この部分が斜面部です。

イメージ 6

まず、前脚基節が接しているというのは、まず間違いないでしょう。これでナガキクイムシ亜科になりました。

イメージ 7

この②はオオナガキクイムシ属とナガキクイムシ属を分ける項目なのですが、ここがよく分かりません。先ほどの論文を読むと、下唇鬚は解剖しないと分からないというので、たぶん、大顎の下に見えている突起は下顎鬚だろうと思うのですけど・・・。

イメージ 8

一応、倍率を上げて撮ってみましたが、下唇鬚らしいものは見えません。なお、上の写真に書き入れた各部の名称は次の論文に載っている図を参考にしました。

B. J. Kaston, "The Morphology of the Elm Bark Beetle Hylurgopinus rufipes (Eichhoff)", Connecticut Agricultural Experiment Station (1936). (ここからpdfが直接ダウンロードできます)

この論文はキクイムシ科について書かれたものなので、形状がだいぶ違うのですが、ナガキクイムシ科については各部の名称の載っている文献が見つからなかったので、やむをえず参考にしました。

イメージ 9

これは上翅基部の拡大です。点刻列がいくつも並んでいますが、第1列だけが凹んでいます。これが③の意味だと思われます。

イメージ 10

これは前脚脛節の拡大です。こんな横皺列があります。この個体が♀だったら、この形状を見て、②でオオナガキクイムシ属とナガキクイムシ属を見分けることができるのですが、これは♂なので見分けられません。

イメージ 11

これは上翅斜面部の写真です。中心にいるのはダニですが、半年余り冷凍庫に入れていたので、これも死んでしまっています。斜面部は全体に凹んで、側縁は竜骨状です。さらに、後縁はえぐられていますが、それほど深くえぐられているわけでもありません。こんなところが③、④、⑤の内容です。

イメージ 12

これはその部分を拡大したものです。

イメージ 13

この写真は前胸背の拡大ですが、後縁近くに中心線があり、その周りにかすかに点刻群が見られます。♀だともっとはっきりしているのですが、♂だとこんなものみたいです。

イメージ 14

ちょっと拡大してみました。

イメージ 15

さらに拡大して見ました。穴が開いているとばかり思ったのですが、ほとんどみな塞がっています。雄では退化して本来の役目を果たしていないのかもしれません。

これで、一応、検索項目をすべて確認したので、たぶん、ヨシブエナガキクイムシ♂で間違いないのではと思っています。ついでに撮った写真も載せておきます。

イメージ 16

これは顔です。悪さをする割に意外に可愛い顔をしていますね。

イメージ 17

これはちょっと横からです。

イメージ 18

腹部は後脚基節で隠れていたので、少し斜めにして撮りました。先ほどの論文によれば、腹部腹板は第3節から見えるようなので、そのように番号を振りました。

本当は胞子貯蔵器官を拡大して撮るのが目的だったのですが、♀ではなく♂だったので、貯蔵器官そのものははっきりとは写りませんでした。胞子貯蔵器官の構造や貯蔵される菌類の種類については文献がいくつか見つかったので、また、今度出すことにします。

追記2018/12/30:立西さんから、「『ぼくらの昆虫採集』という本の中で,養老孟司さんが電子顕微鏡を通して撮影したカシノナガキクイムシのメスの胞子貯蔵器官の写真を載せていました。本文の言葉を引用すると,まるでパンチで開けたような綺麗な穴だったので驚きました。」というコメントをいただきました。いくつかの論文に走査電顕写真が載っていました。綺麗に写っていて、まるで機械の一部みたいでした。光顕写真はやはり分解能の上では電顕にははるかに負けてしまいます。でも、今度♀を見つけたら、頑張って撮ってみます。コメント、どうも有難うございました

開く コメント(2)

先日、ジョロウグモに捕まえられたバッタの写真を撮って、後で見たら小さなハエがいることに気が付きました。

イメージ 1

この写真です。

イメージ 2

その部分を拡大してみました。上の写真を見られた立西さんから、「クロコバエ科 Milichiidae の中でクモやサシガメの獲物に集まっておこぼれを貰う習性を持つグループがいることを知りました。」というコメントをいただきました。クロコバエ科は「新訂 原色昆虫大図鑑III」(2008)ではシロガネコバエ科(新称)として載っているのですが、「日本昆虫目録第8巻」(2014)によると、以前から使われていたクロコバエ科になっていました。この科のハエについては以前にも調べたことがありました()。この時、翅の前縁脈に明瞭にsc切目が見られたのですが、今回のハエには見られないので、初めのうちはたぶん別の科ではないかと思いました。ただ、クモの餌に集まるハエなんて面白いなと思って、少し調べてみることにしました。

MNDを初めとしていろいろ文献を調べたのですが、詳しく書いてあるものがほとんど見つかりません。今のところ、Michiliidae(クロコバエ科)のWikipediaが一番詳しくてまとまっているのでそれを紹介します。ただ、Wikipediaの内容はあまりあてにならないことが多いのですが、今回のMichiliidaeに関しては文献がきちんと引用されているので、まあ大丈夫かなと思いました。引用されている文献についてもちょっと読んでみました。実験の論文ですが、それについても触れたいと思います。

クロコバエ科は以前はチスイコバエ科に入れられていたこともあり、また、チスイコバエ上科、キモグリバエ上科、ハモグリバエ科群など、さまざまな上科を渡り歩いた、分類の難しい科の一つのようです。「新訂 原色昆虫大図鑑III」(2008)では短角亜目ハエ型下目額嚢節無弁翅亜節チスイコバエ上科に入っています。

このハエは腐った野菜、枯れ木や樹皮、堆肥、動物の糞などで幼虫が育つため、"filth flies(汚物バエ)"などと呼ばれていますが、一方、クモの巣にかかった獲物の体液を求めて集まるので、"freeloader flies"とか"jackal flies"とか呼ばれています。freeloderというのはただで飲食物をたかる者という意味で、jackalは猛獣の食べ残しをあさるイヌ科の動物です。このように他の動物が餌として確保した餌を搾取する寄生をkleptoparasitism(盗み寄生あるいは労働寄生)と呼んでいるようです。

基本的には捕獲された餌に集まり、傷口から流れる体液をなめたり、時には柔らかいクチクラを貫いて内部の体液を吸ったりするようです。そのためか、実際に長い口吻を持っています。クロコバエの場合はクモ(主に、ジョロウグモ、ササグモ、カニグモ)、ムシヒキアブ、サシガメ、カマキリなどが捕まえている獲物が盗み寄生の対象となります。このような盗み寄生をするものとしては、ほかにも、ノミバエ、キモグリバエ、タマバエ、ヌカカが知られています。クロコバエの場合、集まるのはほとんど雌で、雄はたんぱく性の栄養を必要としないから集まらないだろうと思われていますが、一方、獲物の周辺には雌が多く集まるので、それを求めて雄がやってくることもあるようです。

獲物としては、カメムシ(同翅類、異翅類)、ハチがしばしば対象になっています。これはこれらの獲物が匂いを出すからだと考えられています。これについては次の論文が引用されていました。

T. Eisner, M. Eisner, and M. Deyrup, "Chemical attraction of kleptoparasitic flies to heteropteran insects caught by orb-weaving spiders", Proc. Natl. Acad. Sci. 88, 8194 (1991). (ここからダウンロードできます)

この論文はカメムシを使って、実際にカメムシの出す匂いがクロコバエを引き寄せるかどうかを確かめたという内容です。実験はアメリカジョロウグモを用い、これの巣にいろいろなカメムシを引っ掛けて集まってくるハエを調べるという方法です。一方で匂いを出さないと思われるヒトリガについても同様に観察します。今度はこれにカメムシの出す匂いの基となる、trans-2-hexanalやhexanalをかけて観察します。最後は厚紙にこれらの液体の入ったマイクロチューブをつけて1.5mの高さで15-20m置きにぶら下げます。コントロールとして液体の入っていないチューブをつけた厚紙もぶら下げておきます。こうした実験をすると、観察を始めて20分から2時間後にハエの数はピークに達し、最大で20匹、平均5匹ほどのハエが集まったそうです。trans-2-hexanalををつけたヒトリガでも最大で10匹ほど、平均で3-4匹集まり、液体を取り付けた厚紙にも集まったので、おそらく、カメムシの匂いに引き寄せられたのだろうという結論になりました。また、獲物のミツバチにもよく集まるのですが、ハチも体表からいろいろな分泌物を出しているので、その匂いが原因かもしれないとのことでした。

最後に、クロコバエはベラやエビのような掃除魚の役割も果たしているのではと書かれていました。クモの大顎や尻を舐めて掃除をするそうです。クモの方もそれを望んでいるのか、大顎を広げて、掃除をしやすくしている様子が観察されているようです。

ということで、中途半端な話で終わってしまいましたが、それほど詳しく書かれている文献が見つからなかったので、まだ、よくは分かっていないというのが本当のところではないかと思います。カメムシの匂い物質に惹かれることは確かそうですが、今回観察したバッタの場合はどうしてかなと疑問が残りました。実は、本当にクロコバエ科どうかこの後、ジョロウグモの獲物を見に行きました。いつもの道路脇の茂みで探したらジョロウグモ2匹が見つかったのですが、いずれも獲物なしでした。クモは餌をすりつぶして1日か1日半くらいで消費してしまうと書かれた論文があったような・・・。立西さん、面白いヒント有難うございました。今度見つけたら是非とも調べてみたいと思っています。

開く コメント(0)

昨日の続きで、15日に採集したハムシの検索です。

イメージ 1

対象としたのはこんなハムシです。昨日は亜科と属の検索を行い、ノミハムシ亜科カミナリハムシ属だろうという結論になりました。なお、日本列島の甲虫全種目録 (2018年)」によると、ノミハムシ亜科はヒゲナガハムシ亜科に入れられていますが、とりあえず、「原色日本甲虫図鑑IV」に載っている検索表に従って、そのままノミハムシ亜科としておきます。今日はその先で種の検索です。種の検索表は

木元 新作, 滝沢 春雄、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」(東海大学出版会、1994).

に載っているはずなのですが、手元に資料がないので、少し古いのですが、次の論文に載っている検索表を用いました。

S. Kimoto, "The Chrysomelidae of Japan and the Ryukyu Islands. X Subfamily Alticinae III". J. Fac. Agri., Kyushu Univ. 13, 601 (1966). (ここからダウンロードできます)

今回のハムシはカミナミハムシ Altica cyaneaだろうと思っているのですが、その周辺の検索表を訳してみました。

イメージ 2

検索は⑱→⑲→⑳b→㉑→㉒aと進むはずなのですが、これを写真で確かめていきたいと思います。

イメージ 3

これは上翅の側縁の前方部分を拡大したものです。中央にある幅の広い帯は上翅側片だろうと思っています。⑱の項目に対抗する項目は「鋭い縦筋が肩と同レベルで上翅の側縁に沿って走る」となり、こちらを選ぶとスジカミナリハムシになります。以前、この上翅側片の上側の鋭い筋をそれだと思って、スジカミナリハムシにしたことがあります。でも、この論文に書かれた表現をよく読むと、「上翅側縁に沿って」なので、側縁そのものとは異なるようです。さらに、「ハムシハンドブック」に載せられた写真を見ると、「肩部から後方に伸びる隆起条」があって、北海道産はそれが翅端近く延びるようですが、北海道産以外は基部のみ明瞭で、別亜種になるという説明が載っていました。これによると、どうやら以前の解釈は間違いで、上翅側片の上側の縁ではなく、その上側に隆起条がしかも、基部のみ存在するのがスジカミナリハムシのようです。ということで、ここではそんな隆起条はないので⑱を選びました。

イメージ 4

次は上翅についてで、この写真のようにあまり規則的とは言えないのですが、明瞭な点刻があります。ということで、⑲はOKにしました。体長は範囲から少しはみ出るのですが、㉑も㉒もOKとしました。

イメージ 5

⑳の原文は"Ante-basal transverse impression with a pair of short, lateral longitudinal impressions or foveae laterally"で、これがどこの部分を指しているのか分からず、最初はパスしていました。でも、「原色日本甲虫図鑑IV」には、ニホンカミナリハムシ nipponicaの説明が載っていて、"Ante-basal transverse impression"が前胸背にある溝のことであることが分かりました。impressionは窪みという意味で、foveaeは窩という意味のようです。いずれにしても、この横溝の途中に1対の凹みがあるのがニホンカミナリハムシということになるので、この個体ではそれらしいものが見当たらないので⑳bの方を選びました。

イメージ 6

次は触角の節の長さです。実際に測ってみると、第3節は第2節の1.6倍になりました。対抗する項目がほぼ等しいか、少し長い程度なので、1.6倍でもほぼ2倍の中に入っていると解釈しました。ということで、紆余曲折があったのですが、結局、カミナリハムシということになりました。合っているとよいのですけど・・・。スジカミナリハムシとの違いは先日、スジカミナリハムシだと思って採集した個体が標本として残っているので、もう一度、確認することにします。

イメージ 7

ついでに検索に用いなかった写真を載せておきます。腹側から撮った全体像です。今回はこれだけです。

雑談)最近、寒くて虫がいなくなったので、冷凍庫に眠っている虫たちを調べてみようと取り出して調べ始めました。検索をして、顕微鏡で撮影した試料は後でまた調べることがあるかもと思ってできるだけ残すことにしています。

イメージ 8

最近、小さな虫は六本脚で売っていたチャック付きポリ袋とカード用紙を使ってこんな風にして残しています。綿に載せてポリ袋の弾力で押さえているだけなので、後で見るときにはすぐに取り出せるし、意外に見栄えがよいので、この間の文化祭では「小さな虫の標本」と題してそのまま標本箱の中に並べて展示しました。カード用紙の裏側には採集地などを入れたラベルをついでに印刷して入れています。これまでは小さな甲虫とカメムシを入れていたのですが、最近ではアリもこんな感じで残し始めました。これならかさ張らないし、タトウより中身が見えてよいかなと思っています。密封してしまっているので、乾燥してくれるかどうかが心配ですが・・・。

開く コメント(0)

「手作り図鑑」を作っていたら、写真で載せた種がどれも怪しく思えてきました。それで、地道に一つずつ調べていこうと思って、ハムシあたりから調べ始めました。

イメージ 1

今回は15日にマンションの廊下で見つけたこのハムシです。亜科の検索表はいつものように、「原色日本甲虫図鑑IV」に載っている検索表を用いました。

イメージ 2

検索してみると、いつものようにノミハムシ亜科になったのですが、実は、最後の③のところで迷ってしまいました。というのは後肢腿節がそれほど肥大してはいなかったからです。でも、最終的にノミハムシ亜科にしてしまいました(「日本列島の甲虫全種目録 (2018年)」によると、ノミハムシ亜科はヒゲナガハムシ亜科に入れられています)。その辺りも写真を見ながら説明していきたいと思います。

イメージ 3

まず、側面からの写真です。体長は直線的に測って5.7mmでした。この写真では①と③の前半を確かめてみます。まず、①はたぶん書いてある通りで大丈夫でしょう。③の後肢腿節は確かにそれほど肥大していませんが、中肢腿節に比べると太いことが分かります。ここではとりあえず保留にしておきます。

イメージ 4

次は顔の写真から②を確かめてみます。触角が頭部の前半部というのはよさそうですが、触角基部が近くに位置するというのは相対的な表現でこのままではよく分かりません。これについては、以前も書いたように、Mike's insect keysというサイトのハムシ科の亜科の検索に書かれているように触角第1節の長さと比較すると、同じ程度だと言えなくもありません。それで、「近くに位置し」と選択します。

イメージ 5

次はさっき問題になった③の後半の項目です。前胸腹板突起はこの写真で示すところですが、「幅広い」という表現もやはり相対的です。この項目はヒゲナガハムシ亜科を除外する項目ですが、以前調べたヒゲナガハムシ亜科のジュンサイハムシと比較すると、かなり幅広いことが分かります。また、同じノミハムシ亜科のダイコンナガスネトビハムシと比較すると同程度であることが分かります。それで、後腿節がそれほど肥大していなかったのですが、ノミハムシ亜科の方を選択しました。

次は属の検索です。属の検索には、次の本の検索表を用いました。

木元 新作, 滝沢 春雄、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」(東海大学出版会、1994).

これを用いるとカミナリハムシ属 Alticaになったのですが、検索の過程を書いていくと次のようになります。

イメージ 6

全部で14項目あるのですが、これを一つ一つ調べていこうと思います。検索の順番に調べればよいのですが、同じ図がたびたび出てくるので、できるだけ検索順に、でも、部位別に調べていこうと思います。

イメージ 7

最初は触角に節数です。全部で11節なので、④と⑤はOKです。これはヒゲブトノミハムシ属(ルリノミハムシなど)とナガスネトビハムシ属(ダイコンナガスネトビハムシなど)を除外する項目です。

イメージ 8

⑥の前肢基節窩は前肢基節の入っている穴ですが、矢印で示すように後方は開いています。⑮の中胸腹板にはわずかな窪みはあるかもしれませんが、目立った窪みは見られません。それで、⑮もOKです。

イメージ 9

これは後肢を撮ったものですが、⑦、⑧、⑭はいずれもOKだと思われます。

イメージ 10

跗節爪を拡大したものです。基部にでっぱりはありますが、爪自体は正常です。

イメージ 11

上翅の点刻を撮ったものです。⑩はシロヒゲトビハムシ属を除外する項目ですが、まず、大丈夫でしょう。⑫の点刻はそれほど規則的というわけではありません。それで、⑫はOKです。

イメージ 12

次は、カミナリハムシ属の一番の特徴である、前胸背板後縁前方の横溝(白矢印)です。

イメージ 13

これはその端を写したものですが、たぶん、⑬も⑰もOKではないかと思いました。

イメージ 14

⑯は前頭突起に関するものですが、その前角は触角の間にまで伸びていません。それで、⑯もOKです。ということで、カミハリハムシ属まではすべての項目を確かめました。たぶん、大丈夫だと思います。長くなったので、種の検索は次回に回します。

開く コメント(0)

13日にマンションの廊下で見つけたハムシを調べてみました。

イメージ 1

こんなハムシです。かなり小さいので、最初はツブノミハムシだろうと思ったのですが、検索をしてみると、どうやら以前も調べたダイコンナガスネトビハムシらしいことが分かりました。ツブノミハムシはツブノミハムシ属 Aphthonaで、ダイコンナガスネトビハムシはナガスネトビハムシ属 Psylliodesです。この二つの属は触角の節数を調べるとすぐに分かります。つまり、ツブノミハムシ属は11節、ナガスネトビハムシ属は10節です。だから、こんな写真でもよく見ると違いが分かったのです。でも、折角、顕微鏡写真を撮ったので、検索順に見ていきたいと思います。

まず、ナガスネトビハムシ属であることは次の本で調べることができます。

木元新作、滝沢春雄、「日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説」、東海大学出版会 (1994).

これに載っている検索表を用いると、次のような項目を確かめればよいことが分かります。

イメージ 2

これらの項目を写真で確かめていこうと思うのですが、後肢腿節が肥大していることからノミハムシ亜科は確かなので、③〜⑤だけを見てみます。

イメージ 3

まず、体長は2.7mm。この写真のように後肢腿節が太いので、ノミハムシ亜科は確かです。モーリック器官は以前にも書いたことがあるのですが、腿節の内部にある器官です。

イメージ 4

触角はこの写真のように10節だと思われます。ただ、第10節目の先端が細くなっていて、別の節があるような気もします。それで、その部分を拡大してみました。

イメージ 5

20×の対物レンズで撮った写真です。先端は細くなっていますが、節として分かれているわけでもなさそうです。ということで、触角は10節なので、ナガスネトビハムシ属ということになりました。

種の検索には以前にも用いた次の論文の検索表を用いました。

H. Takizawa, "A Revision of the Genus Psylliodes Latreille in Japan (Chrysomelidae: Alticinae)", Insecta Matsumurana 62, 175 (2005). (こちらからダウンロードできます)

この論文の検索表は以前訳したことがあるので、今回もそのまま使うことにしました。

イメージ 6

検索はⒶ→Ⓑb→Ⓒb→Ⓓb→Ⓔb→Ⓕaと進み、最終的にはダイコンナガスネトビハムシ subrugosaに到達する予定です。この順に見ていきたいと思います。

イメージ 7

脛節の取り付け部分は黒矢印付近にあると思われます。Ⓐに対抗する項目は腿節の中央部分から脛節が出るreitteri parallelaという北海道に産する種を除外する項目なのでたぶん大丈夫でしょう。

イメージ 8

これは上唇を示したものです。先ほどのreitteri parallelaはここが逆三角形状で、先端の方が広いので、これも大丈夫そうです。

イメージ 9

上前頭溝というのは矢印辺りにある溝を示すのではないかと思うのですが、これにはありません。この項目はアサトビハムシという前頭隆起が顕著な種を除外する項目なのでこれも大丈夫だと思われます。

イメージ 10

このⒸbは以前迷った項目です。以前は別の検索表を用い、上翅側片に毛が生えていることでナトビハムシにしてしまいました。今回の検索表では上翅側片が平滑かどうかを調べればよく、この写真のように平滑なので、これも大丈夫でしょう。

イメージ 11

この項目は矢印で示したところが直線的であることを言っているのだと思いました。それで、この項目もOKにしました。

イメージ 12

以前調べた個体では矢印の部分が凹んでいました。それで、♂だろうと思ったのですが、この個体には凹みが見られません。それで♀かもと思いました。

イメージ 13

最後は頭頂と前胸背板の点刻についてです。頭頂には点刻がいくつも見られます。それでⒺbはOKだと思われます。Ⓕaの前胸背板については、以前調べた個体よりかなり皺が多い感じがします。でも、対抗する項目で書かれている特徴とはかなり違うので、たぶん、大丈夫なのではと思っています。ということで、ダイコンナガスネトビハムシかなと思っていますが、本当にそうなのかちょっと不安です。

雑談)Office2007からpdfを作った時に、画像の代替テキストに画像のソースアドレスが入ってしまうことでまだ悩んでいます。pdfを作るときに、名前を付けて保存→PDFまたはXPS→オプション→「アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ」のチェックをはずすと、「印刷対象外の情報を含める」の項はすべてチェックが外れます。これで、PowerPointはうまくいきましたが、Wordは相変わらず画像のソースアドレスが入ったままです。仕方がないので、印刷で、"Microsoft Print to PDF"を選ぶと何もでなくなりました。たぶん、プリントイメージなので、すべての情報が消えたのでしょうね。こうするかな。逆に代替テキストに入った画像のソースアドレスから、その時のブログにリンクが張れないか検討しています。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事