My opinions 浅田 茂 Shigeru-Asada

色々な雑談ネタの整理ページ by 浅田 茂(Shigeru-Asada)

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


薬液用テフロン(PTFE)ヒータの研究

ここで言うPTFE(テフロン)ヒータとは薬液加熱用ヒータの一種であり、下図の様な構造になっている。PTFEはハロゲンランプの光をほとんど吸収せずに透過させる、という特異な性質を利用したもの。接液部分がPTFEなので、どのような薬液の加熱にも対応できる。

また石英ガラス製ヒータの様に不純物の溶出も問題にならない。また割れる危険が少ないので薬液や超純水の重大な汚染もおこりにくい。

構造的には中心にハロゲンランプ→石英管→PTFE層→薬液層→PTFE層が同心円上に構成される。ハロゲンランプから出た光は石英,PTFE層ではほとんど吸収されずに素通りする。そして薬液に直接吸収される。吸収されなかった光エネルギーは、その外側のPTFE層を素通りして外部に逃げる。石英チューブはPTFEの強度の弱さをカバーするための構造。これがないと液圧でPTFEが変形し、ハロゲンランプに接触する。そうなると溶けて破損するため。

イメージ 1

下図はPTFEヒータの外カバー無しでの実験風景である。吸収する水の層が3mm以下なので、水がランプ放射熱を吸収する熱効率は75%弱となっている。約25%のロスは下写真を見れば分かるように光として透過して逃げている。

このままではカバーが無いので保護が十分ではないが、熱設計的にはこの方が安全。熱効率を上げるには、これを金箔やアルミ箔で巻けば熱効率90%台になる。しかしこの様な特殊ヒータに、そこまで熱効率を求めるべきかは疑問。用途の多くではこの程度で実用になるのではないか。

イメージ 2


①0.3L/minでの出口水温 測定結果
  入口水温9.3℃→出口44.3℃  ΔT=35.0K  ランプ 220v-995w(実測値)
  水に与えた電力P=4.2J/g/K×(300g÷60)g/s×35.0K=735J/s=735w
  従って熱効率はη=735w/995w=73.9%

②1.8L/minでの出口水温 測定結果
  入口水温9.3℃→出口15.1℃  ΔT=5.8K  ランプ 220v-995w(実測値)
  水に与えた電力P=4.2J/g/K×(1800g÷60)g/s×5.8K=730J/s=730w
  従って熱効率はη=730w/995w=73.4%


テフロン(PTFE)がハロゲンランプの光を素通りさせるのは、びっくりするほどすごい。フィンテック社の強力なハロゲンスポットヒータで加熱しても、ほとんど温度が上がらない。通常のプラスチックならすぐに焦げて火を吹くのだから、なかなか信じられないくらいだ。だから上記の様なインラインの薬液ヒータも考えられるし、投げ込みヒータも非常に有望だと思っている。

テフロン製の投げ込みヒータは以前から存在するが、液体への熱伝達はテフロンの中を熱が伝導していく構造だった。これでは単位面積あたりの伝熱量が少ない。多くしようとすればテフロンの内側の温度が上がるし、接液部では沸騰しやすくなる。

しかしハロゲンランプ+石英管+テフロン層の投げ込みヒータなら薬液への熱伝達は光がPTFEを素通りして薬液中に浸透する形で吸収,発熱が行なわれるので、単位面積あたり大きな熱エネルギーを与える事ができる。→20〜30w/cm^2

また石英ガラス製投げ込みヒータの様に破損の心配がほとんど無い→重大な汚染や漏電事故がおこりにくい。







開く コメント(0)

近況ご報告2018年11月24日

いよいよ今年も終わりに近づいてきたね。会社の決算はまあまあ平年並み+α程度かな。事業は規模の拡大が目的ではないので、目的を見失わない様にがんばろう。

①お風呂にパソコンを設置した
  ハード的に新たに設置したわけではない。最初から付けていた50inchテレビを
  切り換えでパソコンにもなる様にしたもの。居間のパソコン+TVからHDMIで風
  呂のテレビに接続しているので、そのパソコンに無線キーボードと無線マウス
  で風呂からもパソコン操作ができる様にしたものだ。
イメージ 1

最初は風呂に普通のテレビリモコンやマウスやキーボードを持ち込むのはダメだと思っていた。しかし実際に持ち込んでみると、意外に壊れずに使える。寒くなるとミストサウナを毎日の様に使うので、結露でかなりベタベタになるが、それでもなかなか壊れない。テレビのリモコンなどはもう2年以上になるし、キーボード,マウスも半年以上になる。

なぜ壊れないのか考えてみるに、風呂では結露でベタベタになるが、結露水とは蒸留水であり、低電圧電気製品に対する害はあまりないのだろう。蒸留水は電気伝導もほとんどなく、金属の腐食も少ない。水道水(シャワーの滴など)も時にはかかるが、量的に少なければ蒸留水で洗い流して無害化してくれるのだろう。

それに風呂を使っているときにはベタベタになるものの、常時エアコンシステムにより使っていない時は十分に乾燥するという空調設計も良かったのだろう。
---------------------------------------------------------------

②トイレを新調した。
※LIXILのリフォーム用トイレシステムのほぼ最上級。
※経済的な常時エアコンシステムにより夏冬共に快適。
※床にはムートンを敷き、リッチな気分。
※スマートスピーカ(AmazonのEcho)を置いた。
※照明は人感センサーで自動点灯。同時に「使用中」ランプを点灯させる。
   仕事場からも確認できる様にしたので、トイレ利用時の無駄な行き来が減った。
※ドアノブにはプッシュプル式を採用。ワンタッチでドアの開閉ができる。

イメージ 2

イメージ 6


左はプッシュプル式ドアノブ
自動ドアを除けば一番合理的だ。

AmazonのEchoは、まあ何とか使える。音声による操作は一人の時でないと色々と不都合がでるが、トイレ内は必ず一人だから問題がない。現在は主に音楽を流すのに使っている。「アレクサ! J‐POPをかけて!

自動車もナビ,音楽,電話など音声操作ができる項目がかなりあるが、同乗者がいるときには音声操作は使いにくい。自動車の場合は「音声+唇を読む」というシステムがベストだろう。同乗者がいて音声指示を出したくない時には、声にしないで口だけを動かす。それをAIが音声に変換して認識し、指示を受け取るようなシステムだ。もし音声がある場合には、音声と唇の読みを併用することにより音声認識の精度を上げる事ができるだろう。
-----------------------------------------------------------------

③わがやの猫たちの近況

イメージ 3

みい ♀ 12歳?

ペルシャ(シェーテッドシルバー)

お化粧がおちかけている。
相変わらずの臆病者。毛が長いので、ウンコを付けて臭猫になることがある。手間のかかるネコ
イメージ 4


二代目 にゃん 
♀ 4歳?

スコティッシュフォールト立ち耳。普通に座る形がスコ座り。たまには左写真の様な普通の格好もしますが。

最近はなぜか愛想が良い。


イメージ 5


ケイ ♀ 2歳

スコティッシュフォールドらしいけど、その特徴は全く無い。普通の茶トラ猫だ。だから最も猫らしい。

現在の体重は5.3kg。重いー




------------------------------------------------------------------

④池の鯉たち

イメージ 7

寒くなってきたけと、鯉たちはまだまだ食欲があります。

非常用水としての池と非常食としての鯉なのだ(鯉たちには内緒)

この鯉たち(大2匹)はたぶん10歳を超えている




----------------------------------------------------------------------------------------

⑤庭木の追加

イメージ 8

フェイジョア
トロピカルフルーツ。
花も綺麗。実も食用になる。常緑低木。病害虫に強く育てやすい。
生け垣用としても良いらしい




イメージ 10


キンカン(種なし)
品種名ぷちまる
キンカンは現在1本あるが最も気に入っている庭木なので今回2本追加した。
初夏から翌年の春に花が咲くまで実がついているというのは魅力的。害虫は唯一アゲハ蝶。でっかい青虫が付きます。即退治!

イメージ 9

ザクロ
品種名アマシボリ
赤と白が混じった綺麗な花が咲く。実も食用になる。
今回2本植えたが、すごく細い苗木で、おまけに落葉樹だからどこに植えたか分かりにくい。


これまであった庭木の内、百日紅(さるすべり)は成長が早くて敷地外の公道に、すぐ枝を伸ばすので短く切ってしまった。何度も「今度越境したら切る」と警告していたのに無視するのだから仕方がない。
同様にグミの木,キウイの木も切った。グミは実がすごく綺麗なので植えてみたが、綺麗な実のついている期間が短かすぎる。キウイは落葉樹で、しかも葉っぱが大きくて汚い。それに成長が早すぎて手入れが大変。

落葉もモミジとかイチョウなら絵になるけど、キウイの葉っぱときたら汚い大きな丸い葉がボトンとおちてくるのだから風情も何もあったものではないのだ。道路に落ちると近所迷惑だしねー

---------------------------------------------------------------------------------

イメージ 11


以前からある柚子の木。小さい木なのに目一杯、大きな実をたくさん付けています。うちの庭ではしっかり存在をアピールしないと切られてしまうから、彼らも必死なのかも?




     









開く コメント(0)


熱風ヒータにはこれまで2回のブレークスルーがあった(と思う)。一回目は密着花巻コイルが完成したとき。これで従来の最良のヒーターよりもサイズが1/3になった。二回目は圧縮花巻コイルが完成したとき。これでサイズが更に1/2になり、耐風圧が数十倍強くなった。

今回の改良は外観的、原理的な大変革はない。しかしサイズが更に1/2になり、1000℃を超える熱風が容易に作れる様になった。

この熱風ヒータは超高熱交換効率の熱風ヒーターとでも言うべきだろう。構造的には密着花巻コイルを更に1/2にまで圧縮したHDコイル発熱体なのだが、外管に納まり圧縮が可能な範囲で最大径の電熱線を使い、ある程度以上の巻き数で成形するとエアー通過抵抗が非常に高くなる。

これまでエアー通過抵抗(圧損)は低い方が良いという固定概念があった。これはある意味真実ではある。供給エアー圧力は低い方がエアーの供給も楽だし、場合によってはコンプレッサーではないエアー源(ロータリーブロア等)も使える様になる。

しかし現実問題としてはロータリーブロアが使われる事は極まれで、コンプレッサーを使われるのが殆どであった。しかしそれであれば供給圧力が0.3MPa以上であっても問題はない。そこで圧損を従来製品の0.03MPa程度から約10倍の0.3MPa程度まで上げる事で、著しい性能の改善がある事を発見した。

エアー通過抵抗を大きくするには電熱線径を最大限太くして高圧縮のコイルにすると共に中心のセラミック管と発熱体の隙間,発熱体と石英外管の隙間をほぼゼロにしなくてはならない。この点で高い製造技術が要求される。

このエアー通過抵抗を可能な限り大きくして圧力損失を0.3MPa程度にもっていくと、内部の実質流速が極めて高くなり、更に高度の乱流状態となるので、発熱体からエアーへの熱伝達効率が著しく改善する。

イメージ 1

上写真はこの発熱体である。外径サイズの割に太い電熱線でまかれており、更に圧縮されているので、エアーの通過経路が狭い上に複雑に入り組んでいる。

ここを高い圧力をかけてエアーを通せば、そのエアーに極めて効率よく熱が伝わるだろうという事は直感的にも分かるだろう。

パチンコ台で釘の数(密度)が高くなっていくと玉が釘で反射されてジグザグになる率が釘の密度の増加以上に急激に増えていくのと似ている。釘にぶつかるたびに玉のエネルギーが釘に伝わるが、これも電熱線の熱エネルギーがエアーに効率よく伝わる様になるのと似ている。

例えばこの石英外管にエアーを流す場合を考える。内径はΦ12.5だから、これに150L/min.のエアーを流したとすれば、

流量150L/minの単位を変換する→150L/min.=150000cm^3/min..=2500cm^3/s
石英外管の内径Φ12.5の断面積=(1.25/2)^2×π=1.23cm^2
すると流速は2500/1.23=2032cm/s≒20m/s 

つまり流速は20m/sと算出されるが、この発熱体が存在すると実質断面積が、かなり狭くなる。さらに高温になる事でエアーも熱膨張するので実質風速は100m/s超と考えられ、しかも通路は複雑に入り混んでいるので、複雑な渦流となり大きなエアー通過抵抗を生じる。

通過エアーが抵抗を受けて圧損が生じるということは、圧縮エアーが持っていた圧縮エネルギーが開放されて速い流速や激しい乱流のエネルギーに変わったと解釈できる。

この構造はHDコイル発熱体だからこそ採用できた。HDコイルは従来の密着花巻コイル発熱体よりも数十倍以上大きな圧縮強度をもつためだ。

この様に高圧損設計にする事により、高温対応(1000℃〜1100℃)と小型化(電熱線表面負荷が約2倍、つまりサイズが約1/2)の両方を同時に満足するヒータができた。従来のSAHタイプにくらべ、高温性能は従来の800℃maxから1000℃以上に改善し、サイズは約1/4になった。


イメージ 2


イメージ 4



   超大出力 9kwヒータ   Φ28mm×240mm  9kwなのに驚異的に小さい
イメージ 6


イメージ 3


イメージ 5



製品は下記HPに商品として掲載した。フィンテック社HPの左メニュの熱風ヒータ枠にある「標準(Sシリーズ)」にある。

15シリーズのL=155mmで4kw (金属ケースΦ19×155mm)
18シリーズのL=200mmで6kw (金属ケースΦ22×200mm)
23シリーズのL=240mmで9kw (金属ケースΦ28×240mm)

これらは小型化と同時に高温用(1000℃以上)となっている。少し以前の当社の常識からは想像できない仕様だ。従来は高温用発熱体は約2倍の大きさだったので、それに比べると約1/4のサイズになる。

 
 
 
 
 
 

開く コメント(0)

ウチのネコの日常


ネコの日常

ネコの日常動作を見ているだけでホントに可愛いと思い、同時に平和な時間,安らぎ,保護感情(守ってあげたい)を感じる。しかし視点を変えてネズミの立場でみたらこんな恐怖はないのだろう。

ネコは大昔から人間に取り入り、共生してきた。ネコは人と同棲することで安全な寝場所と食料を得たので、他の多くの絶滅しそうな動物たちを尻目に驚異的に繁栄している。

ネコはネコよりも人が好きだ。ネコが相手だとフー,シャー,ギャーと敵対的なのに、そこに人が行くと、とたんに甘え声になり、すり寄る。ある意味不思議だ。




 大画面で見たい人はこちら https://www.youtube.com/watch?v=uiWkukit1AU&feature=youtu.be


考えてみればネコくらい現金な動物もいない。人と犬とは主従関係だから、犬はかなり卑屈な態度にもみえる。それに比べて人とネコは親子関係に近い。しかも中学生くらいの親子関係だろう。もろに反抗期で親の言うことなど無視

ネコから見た人との関係は極めてドライな損得勘定で成り立っている。いやな事はイヤでハッキリしている。餌がもらえるとなるとゴロゴロすり寄ってくるくせに、普段はよんでも聞こえないふりをする。ほんとに現金なやつらだ。だからこそネコとは気楽な関係で、そこにある適度な距離感が私にとっては都合がよい。

しかし人も訳もなくネコを同棲させたりはしなかっただろう。他の動物にはない魅力があり、ネコにも人を受け入れる気質があったからだ。もちろん一時はネズミを獲るという実利もあった。でもそれはほんの一部の理由だろう。現在ではそんな実利目的で飼っている人はゼロに近い。ネコが魅力的だから飼っているのだ。しかしなぜネコは人間にとって、そんなに魅力的なのだろう。

ネコの動作やルックスには人の遺伝子レベルで惹かれるものがあるとしか思えない。

遺伝子レベルでネコ好きになるには、人類進化の過程でネコ好きの方が生存率が少しだけでも高かったという環境要素が必要だろう。思うにネコと同棲していると、ネズミや毒虫や毒蛇の侵入に対してネコが退治したり追っ払ったり注意喚起してくれた可能性がある。ネコはそれを食べなくても、動く物を見つけると遊びたがる。そんな理由でネコ好き遺伝子をもつ者がより多く生き残って、それでネコ好き遺伝子の組みこまれた人類が形成されたのだろう?

子供が可愛いのは、たいていの動物で見られる事だ。これは子供は保護されないと生き残りにくいから、子供のときは可愛くみえる遺伝子が生き残った。しかしネコはオトナになっても動作やルックスがかわいい。これはネコ側でも人に好まれる動作,ルックスをもつネコがより生存に適し、遺伝子レベルで刻まれたのだろう。

そう考えると人とネコ又は猫科の小動物との付き合いは現在言われているリビアヤマネコ説よりもはるかに長い歴史があった可能性がある。

ところで、このネコ(ケイ♀5.3kg)は特にデブだ。仰向けに寝ているときなど、そのお腹は昼寝していたトトロを思い出す。メイ(サツキの妹)が気持ちよさそうにお腹の上で寝ていた。このネコもサイズアップしたら、すごく寝心地がよさそうだ。(映画「となりのトトロ」を知らない人には分からない話)

しかし体重が重いのは同居ネコとして問題もある。こいつは時々、走り回って飛び跳ねる。そして時々私を踏み台にしてジャンプする。他のネコ(3kg前後)ならそんなに痛くはないが、ケイの5.3kgはすごく痛い。だからコイツの爪は徹底的に短く切ってやる。 





開く コメント(0)


ブロック化ヒーター構想

科学技術については生物に学ぶ事が多くある。例えば大きな生物を大きいままに造り上げるのは大変だ。そこで生物は多細胞化という手法により巨大化する方法を選択した。基本的には同じ細胞が少し機能を変えて肝細胞になったり脳細胞になったり骨細胞になったりして機能を分化することで巨大生物、例えば人間を作った。

そこでフィンテック社でも、この生物の手法をヒーターの巨大化に応用する事にした。過去、フィンテック社では大型ヒーターの受注に際しては、大きなサイズのヒーターを専用設計するという方法をとってきた。 この飼い主お得意のこじつけだ

しかしこの方法はコストが高い。納期もかかる。それに大きなものは作れない事が多々ある。大きなヒーターを作る前に予備的な縮小サイズの実験機も作らなくてはならない。それに数十kw〜数百kw以上のヒーターとなると、社内では納入前試運転すらできない。

例えば長さ2m,電力50kwのハロゲンラインヒータを受注したとしよう。すると問題が山積する。

①そんな大きなランプヒーターは作れない。ランプヒーターは許容電流がせいぜ
 い25A。すると200vでは5kwまでしか作れないことになる。ユーザーが協力的で
 600vまでOKとしてくれたとしても15kwにしかならない。50kwにははるかに届か
 ない。それに600v超は高電圧扱いになるので、たぶんどこでも×だろう。

②仮に何とか作れたとしても、そんな長いランプヒーターは割れやすく、輸送が
 容易ではない。われわれの過去の対応としては、自分でクルマで運んでいた。
 しかし東京,九州くらいなら何とかなってもドイツだとか中国の山奥とかにな
 ると「ムリです」となる。

③長いヒーターは反射鏡に金メッキしたくても、メッキ屋さんがやってくれない。
 多くのメッキ屋さんは500mm〜600mm程度が限界なのだ。しかし本当は金メッ
 キしたい。なぜならハロゲンランプの光を最も良く反射するのが金だからだ。

 金メッキできない場合はアルミの研磨鏡にするが、反射率が10%ほど落ちる。
 つまり10%の性能低下であり、エネルギーのロスでもある。省エネ要請に対す
 る最適解ではない。更にアルミ研磨面は経時変化で反射率が徐々に低下してい
 く。だからぜひ金メッキには対応させたい。

そこで下図の様なブロックヒーターを作り、これを必要なだけ並べて長大なヒーターを構成するという方法を考えた。

イメージ 1





1台は長さ40mmで1kw〜1.2kwの電力容量となる。するとこれを7個並べればミラー長が40mm×7=280mmとなり、総パワーは7kw〜8.4kwとなる。これは他社の3倍以上となり、これまで業界で一番ハイパワーだったフィンテック製の5kwに比べても有意に大きい。

しかもこれはいくらでも長くできる。先に例に上げた加熱長さ2m,電力50kw でも全然問題ない。ブロックヒータを50個並べれば出来上がり!そしてそれが例えばドイツからの注文だったとしても、即答に近い形でOKができてしまう。 納期も計算できる。せいぜい30〜45日間だろう。もっと小さいサイズならば10日間も可能だ。

納入前の試運転でも、数ブロックごとに通電チェックすれば、ほぼ信頼できる性能確認ができる。これは我々の様に大電力の給電設備を準備できない小さな会社にとって大きなメリットとなる。

イメージ 4


このラインヒーターは上図の様に発光体が連続ではない。その場合、照射ラインは明るさ(温度)分布が発光体に合わせてデコボコになってしまうのではないかと心配される事もあるだろう。しかしその心配はない。現実には照度はならされるので、照度分布にほとんどデコボコはできない。以下はそのシミュレーションである。

イメージ 2

上図はブロックラインヒータを7個使ったヒーターの焦点面の照度分布をシミュレーションしたもの。この様に発光体が連続でなくても、照射面にはそれが直接反映されることはなく、この様になだらかな配光分布になる。

しかしこの様なラインヒータは必ず中央部が高く、周辺部が低い分布になってしまう。これは今回のヒーターに特有の問題ではなく、どの様に作ってもこうなってしまうものなのだ。

なぜなら中央部はその直近の光源以外の光源からも多くの光が届くので照度(温度)が高くなるが,端のほうは直近の光源からの光以外の周囲から来る光の割合が減るので、どうしても照度が低下してしまう。これを解消して均一な照射範囲を増やすには光源の発光分布を、中央部は低く、周辺部を高くするしかない。

この様なランプヒーターは作れなくはないし、実際に採用する場合も多い。コピーマシン用のハロゲンランプなどは、幅広く均一な照度を得るために、発光分布を調節して周辺部を中央部に比べて30%〜50%程度高める事は普通に行ってきた。しかし量産品ならともかく、少量生産品にこれを適用するのは面倒で納期が長くなり,コストも高くなる。

しかしこのブロック化ラインヒータならば、個々のヒーターに加える電力をコントロールすることで、均一な加熱領域を広くする事ができる。つまり温度の下がる両端部への供給電力を大きくし、高温になりやすい中央部への供給電力を下げれば、かなりフラット化ができる。

イメージ 3

これは供給電力をコントロールすることでもできるが、両端部のヒーターとしてより大きな電力のランプを選択するという方法もある。

この様にブロック化ラインヒーターは工業加熱分野で極めて大きな役割を果たすだろう。もちろんこんなヒーターを欲しがる人は多くはない。しかし全国,全世界レベルで見れば、結構ニーズはあるのだ。我々の様な会社が長く存続していくには、この様な製品を育てていくのが賢い方法だと思っている。

それに何より世の中に貢献できる。この様な製品作りは大企業では対応できないだろう。わが社でなければできない製品,それにより、それを必要とする人たちの役に立ち、それで得られるわが社の明確な存在理由。これが我々のたどり着いた究極の価値観だ。なーんちゃって

このブロック化はパネルヒータ(面加熱装置)にも応用できる。ブロック化したパネルヒータは70w/cm^2という大きな電力密度(1200℃以上に達する)でいくらでも大きな面積のものを作る事ができる。この方法ならば例え1000kwのヒーターが欲しいと言われても「OKです。納期は2ヶ月です」と即答できてしまうほどだ。
1万kwだったらどうだー 無理かも 1000kwクラスのパネルヒータは1.3m×1.3mくらいなものだ。たいして重くもない。これを電車(新幹線含む)の先頭に付ける。すると瞬間的に雪を溶かしながら走行できるかもしれん。

しかし、ブロック化ラインヒータについては従来のラインヒータを全て置き換える存在ではない。小さなサイズ(長さ約500mm,電力5kw以内)の物は従来構造の方がシンプルで故障も少なく、低コストだ。ブロック化ヒータは従来方式では対応できなかったニーズを補完する存在である。ただしパネルヒータについては全て置き換えてしまうかもしれない。というかパネルヒータはパラメータが多すぎて標準品と言える商品が存在していなかったためだ。
ゼロ次元ヒータ→スポットヒータ,1次元ヒータ→ラインヒータ,2次元ヒータ→パネルヒータ。すると3次元ヒータとは何だ?4次元ヒータとは?タイマー付きの分散ヒータちゃうか。時間軸を制御してる 







開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事