My opinions 浅田 茂 Shigeru-Asada

色々な雑談ネタの整理ページ by 浅田 茂(Shigeru-Asada)

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


現代物理学をひっくり返そうプロジェクト


私は40年くらい前から宇宙空間構造について持論を展開してきた。しかし専門分野でない者が参入しても、よほど注意しないとトンデモ理論の展開になってしまう

でもまあトンデモない事を考えないと突破できない縛りもあるから一つの試みとして提案してみたい。心得として少なくとも古典物理の基本法則は外さないように熟慮はした   この飼い主は頭が少し壊れているのか、普通の人なら無意識に自制してしまう様な常識外れな考えでも、かまわず入り込んで追求してしまう性癖があるのだ

そんなこんなで下記3つの仮説を提唱します。1.は質量の本質に関するものであり、2.はシュヴァルツシルト半径内の空間構造に関するもの。3.は前記2つの仮説から導かれる宇宙の構造に関するものです。これらは下記ページに詳細がある。本論はそれらをまとめたもの
※宇宙の成り立ちについて     宇宙はどの様に誕生し、どの様に変化していくか
※見えない物質           存在していない様でも重力作用のみ有る物質

 ま、がんばってください  

1. 質量の本質についての分析  

1-0. 概要  

本論では質量は「重力場を作る性質」「慣性や重力場で加速される性質」を分離して考える。後者は結合エネルギーの放出で減少したりゼロになる場合があり得るが、前者は変化しない

簡単に言えば、A,B2物体が結合し、結合エネルギーを放出すると元々の2物体の質量和よりも軽くなる(常識)。究極まで結合エネルギーが大きくなると、ついには結合体の質量はゼロになりうる(自説)。それでもその結合体は重力場を作る性質は持ち続ける(後記保存則適用)。慣性質量はエネルギーが持ち出す。つまりエネルギーが慣性質量という性質を持つ。しかしエネルギーには重力場を作る性質(古典的万有引力)は無い

これは突飛な考えに見えると思うが、既存の物理法則に全く反しないと判断している。更に言えばこの考え方を入れないと質量欠損現象の範囲を拡大して考えた場合に既存の物理法則に抵触しないで説明するのは困難だ。この考えは保存測として「ブラックボックス内で何が起ころうと、ボックス全体としての慣性質量,重力場は変化しない」と認められればよい。具体的テーマとしてはブラックボックス内で電子と陽電子が対消滅しても、外部との出入りがなければ慣性質量も重力場も変化しない、と言う事だ

1-1. 物質とエネルギーの性質 

物質には「①重力場を形成する能動的性質」と「②重力場で加速される受動的性質」が同居している。しかし特殊な条件下では2つの性質は分離する

ここでは従来混同されていた質量Mの性質を下記で定義するgrとwtに分離する。grは真の質量であり、wtは重力質量であり慣性質量である

 ①重力場の加速度g≒G(gr)/r^2  ②重力場で受ける力F=(wt)×g

我々の周辺環境では通常はgr≒wtである。しかしは結合エネルギーEを放出することにより②のwtが減少する。しかしgrは不変である

から減少した②のwtは保存則によりエネルギーEが持ち出す。E=wt×C^2
つまりエネルギーEはE/c^2の慣性質量,重力質量を持つが重力場を作る能力を
持つgrはゼロである

結合エネルギーがc^2 に達し、からそのエネルギーが抜けるとMwtがゼロになる。これは慣性質量(=重力質量)がゼロになるという意味。ただし質量Mgrは不変である→Mの慣性質量がゼロになっても重力場は不変で存続する 

上記は重力場の結合エネルギーでの例だが、電磁場,核力等による結合エネルギーでも同様である

※上記結論は思考実験により証明→「見えない物質を見つけた

※上記推論組立に使用,引用した理論,法則等
→質量エネルギー保存則と、それの拡大解釈で質量,重力場保存説
 
この質量,重力場保存説とはブラックボックス内で何が起ころうと、そのブラックボックスからの出入りが無い限りブラックボックスの質量およびこれが作り出す外界の重力場は変化しない、とするもの

これは常識の範囲に見えるが、例えばブラックボックス内に電子と陽電子が存在していて、それが結合して両者が消失しても、ブラックボックスからの出入りが無い限りブラックボックスの質量もブラックボックスが作る重力場も変化しないとするもので、本論の骨格となる。これが成り立たないと本論も成り立たないし、これが正しいのであれば本論も間違いなく正しい。そしてこの保存則はどう考えても正しいと思える
 
2.シュヴァルツシルト半径内の空間構造 

2-0. 概要

シュヴァルツシルト半径内を自由落下する観測者にとって、空間は球形に閉じており中心核が全天に等距離に広がった裏返しの空間構造となる。つまりどの方向に行っても等距離で中心核に到達する。その意味で方向性は無い。中心核の重力はバランスするため、中心核に対する落下速度(半径の縮小)は等速運動となる。ここで潮汐力は空間(落下物体間)を膨張させる方向となる。中心核と観測者の間には事象の地平が存在するので、落下観測者から見ると全天が事象の地平に包まれた真っ暗な空間となる

2-1. 空間構造,性質

自由落下する観測者から見たシュヴァルツシルト半径内の空間構造は全天の最遠方にブラックホール中心が広がった構造となり、中心までの距離等はどの方向も全て等しくなり方向による差はない。完全な均等空間となる。ただし落下観測者が回転しながら落下している場合には完全な均等にはならない

ブラックホール中心との間には事象の地平があり、これも観測者から等距離で全天に広がっている。つまり宇宙は事象の地平ですっぽりと包まれている

ブラックホール中心が全天に等距離で広がった空間構造なので、観測者に対してはブラックホール中心の重力がバランスするため、それ以上の重力加速度は受けない。シュヴァルツシルト半径に達した時の速度(光速度)を保ったままブラックホール中心に向かうので観測者から見ると一定速度で空間の半径が小さくなっていく

この空間では潮汐力は存在し、それは落下観測者から見て空間を膨張させる方向となる。また時間経過とともに潮汐力は増大するので、空間膨張は加速していくように観測される

観測者から離れた天体ほど中心核に近いので後退速度(落下速度)が速く観測され、最遠方では後退速度が光速度になる。ここが事象の地平でもある

※上記推論の図示による解説→「宇宙の成り立ちに付いて考えてみた

※上記推論組立に使用,引用した理論,法則等は下記

①光は真空の3次元空間を直進する。もし光路が曲がっている様に観測された場合、それは空間が曲がっているのであり、曲がった空間を光は直進してる(一般相対論より)

②曲がった空間の場合、2点間を結ぶ光路は無限に存在する場合がある。しかしそれらは全て等距離でしかも最短距離となる。これを地球の表面の様な曲がった次元面でたとえると、南極点と北極点を結ぶ最短距離の行路は無限にあり、そのどれもが等距離になるのに例える事ができる→ 一般的な曲面幾何学

③曲がった3次元空間では、観測者が見た空間の構造が実際の構造となる。ブラックホールのシュヴァルツシルト半径内では落下観測者からの光路は全て中心に向かうので全天に中心が広がり、更に中心までの距離は全て等しくなる。そのため観測者は球体の中心に居る様に見える。また中心核が全天に 等距離で存在するので落下観測者に対しては重力がバランスして、中心に対ては等速運動となる(一般相対の解釈)


3.宇宙空間の構造仮説 

3-0. 概要

この宇宙は巨大な中心核のシュヴァルツシルト半径内を自由落下している過程である、とすれば、また1.の仮説も取り入れれば、ほぼ全の観測事実を無理なく説明できると判断している

現在の標準宇宙論であるビッグバン論の様に質量エネルギー保則を無視したりインフレーションなどという困難な仮説を持ち出す必要もない加えてダークエネルギーとかダークマターといった仮定も必要なく、既存のよく検証された古典物理理論の範囲で説明可能となる

3-1. 本論と観測事実の照合

我々の宇宙はシュヴァルツシルト半径内を落下中であると仮定すれば2.で述べた空間構造を見ていることになる。それは真っ暗で絶対0度の事象の地平が全天に等距離に広がった空間である

しかしこれはビッグバン説による空間構造と同じでもある。なぜならビッグバン説では遠方の天体ほど時間を逆上っており、従って最遠方はビッグバンの瞬間となる。だからどの方向を観測しても最遠方はビッグバン初期に行き着く事になる。そしてそのビッグバン初期のサイズはゼロだから、全天にビッグバン初期点が広がっており、それを事象の地平が包み込んでいると解釈できる。つまり本論と構造は全く同じになる

事象の地平は一方通行であり、どの様な粒子も放射も出てこないので、真っ黒で絶対0度となる。また事象の地平に近づくほど時間が遅れ、事象の地平面で時間は停止する。そのためシュヴァルツシルト半径内に入る直前の外部空間(超高温)の放射が落下粒子等に反射散乱して、それが時間遅れにより極度に赤方変移して観測されている。これが宇宙の2.7K背景放射である

背景放射の若干の非対称性は我々が回転しながら落下しているとすれば説明可能。また若干の温度ムラも落下物体の密度バラツキで説明可能

シュヴァルツシルト半径内を自由落下中の物体間には潮汐力が働き、それは観測者から見て膨張方向となる。これが宇宙が膨張していると観測される原因である。また潮汐力は落下とともに増大するので、膨張速度は加速していった様に観測される。これも観測事実と合致する(宇宙の加速膨張)

銀河回転の謎は重力質量,慣性質量(Mwt)を失った質量Mgrが宇宙空間に多量に分布しているとすれば説明可能。この様な物質の候補としては電子と陽電子の結合体などがある

※上記推論の図示による解説→「宇宙の成り立ちに付いて考えてみた

 電子と陽電子の結合体が存在するとしても実証は非常にやっかいだ。慣性質量がゼロだから光速で飛び回る。物質との重力作用で方向を頻繁に変える。それに1つや2つでは質量Mgrが小さすぎて重力場の検知は無理

 ブラックホールに関してはなぜか誤解が多い。ブラックホールでは時間が止まる、と誤解している人が多いが、それは外部観測者から見た話であり、自由落下観測者から見れば潮汐力の増加以外は何も感じない普通の空間だ。超巨大なブラックホールの場合はシュヴァルツシルト半径を超えても潮汐力はほとんど無視でき、何も変化を感じない




開く コメント(0)



地球温暖化と地震の関係について考えてみた

ここ20〜30年ほど地震が多い(と思う)。天候も異変だらけだ

天候はCO2増加による地球温暖化の影響であろう事は、かなり確かっぽい

しかし地球温暖化と地震の関連性については検討されている気配がないが、本当に地球温暖化が地殻変動を加速している可能性はないのだろうか?

ここ30年間での気温上昇は0.2℃程度だろう。海水は多くの熱を貯える事ができる。しかし確実に深海の水温も上がっているだろう。むしろ深層水の方が表層よりも温度上昇が著しいという記事も見た事がある (どこで見たかは忘れた)

例えば深海底水温が0.1℃上昇したらどうなるだろう。地球表面を覆う海底地殻プレートの温度も同程度で上昇するだろう。 この地殻温度は地球内部からの熱 (主にウラン等の崩壊熱。ほぼ一定量の熱が内部から外部に移動する) と地表からの放熱のバランスで決定される。

地殻プレートの温度が上がれば熱膨張するだろうが、プレートは極端にデカイ。例えば5000kmのプレートが0.1℃上昇したとすれば、その伸びδLは

δL=5000000m×6×^10-6×0.1℃=3m

これが日本の様なプレート境界地帯に歪みとして加わりうる 

マントル対流によるプレートの移動は年間0.05m程度。これは30年間で1.5mほどの計算になるから、地球温暖化によるプレート膨張の方が影響が大きいかもしれず、 これが地震の多発につながっているのではなかろうか?それが正しければ、今後もっと地震が多発するかもしれない。近年の気温上昇は加速しているように見えるから将来は地殻プレートの熱膨張も加速していくだろう 

なお、この地殻プレートの熱膨張影響は長期間の平均温度が影響するのであり、日変化や季節変化,年変化などは影響しにくい。まず地殻プレートは数十kmの比較的冷たい層部分全体の問題であり、 熱影響が伝わるには長期間を要する

そのため季節変化などは慣らされてしまうので関係なくなり、 長期の平均温度変化のみが影響する。また短期の変化による歪み(局部圧力)は、 とえあえずは各部で分散吸収されるので、 プレート全体としてはすぐには大きくならない。 しかしこの状態が長期になるとプレート全体が大きくなり、プレート境界部に歪みが集中してくる

 また始まった飼い主のとんでも推論   死ななきゃ治りません
------------------------------------------------------------------

人工建造物と局所地震の関係に付いて考えてみた

阪神淡路地震も人災の疑いをもっている。あの巨大な吊り橋は吊り橋の構造上、淡路島−明石間の岩盤を10万トン相当の力で圧縮する

垂直荷重ならマントルの浮力(?)で岩盤はかなり耐えると思うが、水平方向に10万トン相当もの圧縮加重が加わり、さらにそれは岩盤を折り曲げる方向の分力を持っている事を考えると、岩盤を砕いて地震のきっかけを作った可能性があるのではないかと疑ってしまう  疑いだすときりがないね   しかし震源はほぼ橋の橋脚の間だった
 から、ひょっとするとあたってるかも

------------------------------------------------------------------

地球温暖化を防止する方法案 

温暖化対策で私が思うベストな対策は海水面で育つ浮草植物の開発だ。海面は太陽光をほとんど全部吸収するので地球を温めやすい。しかし海面に浮草植物があると、まず太陽光を遮り太陽光エネルギーの吸収を抑制する。また太陽光エネルギーの一部を炭水化物に変化させ吸収する。これは同時にCO2を吸収する事にもなる

だから浮草植物は下記のプロセスで地球温暖化を防ぐ。
 
①海洋にそそぐ太陽光エネルギーの吸収を少なくする 
②光エネルギーの一部を炭水化物に変化させ貯える
その過程でCO2を吸収するので、温室効果による地球温暖化も抑制する
④浮草植物が作った炭水化物は燃料や食料になる→化石燃料を使わずにすむ

これが完成したら地球の食料,エネルギー生産能力は1桁上がるだろう。地球の人口は500億人でも許容するかも

植物が育つには光と水、そして窒素,リン,カリウム等の肥料が必要だ。海ならば光,水,カリウムはふんだんにある。さらに窒素はバクテリアの助けを得たりして空中窒素を取り込めば問題ない。しかしリンだけは不足するので、リン肥料の散布等が必要かもしれない。あるいは何らかの方法で深海底のリンが豊富な堆積物を浮き上がらせるなど

浮草植物に要求される性質は、とにかく海水面で増殖することと炭水化物やタンパク質を作り貯蔵すること。とりあえず味や食感はどーでもOK。炭水化物があれば燃料は作れるし、タンパク質も加われば食料は生産できる。味等はなんとでも加工できるし飼料にして家畜を育てる手もある  海面にはとりあえず天敵がいないから、大増殖するだろうと期待する  思わぬ弊害がでて大混乱する可能性もあるぞー

------------------------------------------------------------------

地震対策とエネルギー問題を同時に解決する方法案

地震もエネルギー放出を小出しにさせて、しかも地震エネルギー開放を人為的に行なえれば地震の来る日時が正確にわかっているので人的被害はほとんど無くなるだろう

そこで私が「鎖国しよう」と言う記事で書いているエネルギー貯蔵方法が利用できる

この方法は100万トンクラスの質量を300m程度つり上げる事で位置エネルギーの形でエネルギーを貯えようという案だ

この装置で100万トンの質量を300mまで持ち上げて落下させ、地面に衝突させるとマグニチュード5クラスの人工地震が起こる。

P=mgh=100×10000×1000×9.8×300≒3×10^12J  これはほぼマグニチュード5の地震に相当する

質量としては鉄が適切だろう。これの円柱形で考えると直径を40mとすれば
高さ=10^12g÷(7.8×10^6g/m^3×20m×20m×π)≒100m
つまり直径40mで高さ100mの円柱型の鉄塊となる。そして地面に直径40m以上、深さ300m以上の穴を堀り、その中を落下させて深部の硬い岩盤に衝突させる
 しかしこんなでかい鉄塊が300mも落下して衝突するところなんて想像するだけで恐ろしい。衝突
   速度は時速270kmだ。ほぼ新幹線の最高速度だね。その速度で巨大タンカーより重い物がぶつ
   かるのだ

 このエネルギーは広島型原爆の1/20程度だ。マグニチュード7は1Mt水爆のエネルギーに相当
   する。マグニチュード9となると更にその1000倍だから、世界中の核兵器を1ヶ所で一気に爆発さ
   せたエネルギーに近い(核爆弾の総量はよく知らないので10倍くらいの誤差はあるだろう)。い
   に自然の力は大きいかということだろう

このクラスの人工地震を起こせば、この近辺の地殻に貯えられていた地震エネルギーは誘発されて地震エネルギーを開放するだろう   これは不確かだにゃ

 質量を落下させるまではいいけど、地表と衝突するところをどうするかが問題だ。出来れば衝突
  の衝撃 はプレートで圧縮される地殻の圧縮方向に加わるのが理想だ。これで圧縮限界を超えさせ
  るのだ

このような装置を海岸線にそって1000個ほど作る。数年に1回とかの頻度で一斉に人工地震を発生させ、地震エネルギーが大量に貯えられる前に開放させてまう。つまり地震を小出しに誘発させる

この人工地震は日本全体ではマグニチュード7クラスとなり、さらに誘発される地震も加わるのでかなり揺れるだろうが、これは起こる日時がはっきり分かっているので対策は容易だろう。耐震性の弱い構造物は壊れるだろうが、それは良い事だとも言える。強制的に耐震テストをするようなものであり、 残るのは耐震性の良い建造物ばかりになる

この装置は普段はエネルギー貯蔵装置として大活躍できる。3×10^12Jのエネルギー貯蔵装置が1000台もあれば3×10^15Jのエネルギーを貯える事ができる。これはkwhで言えば(3×10^15)/(3.6×10^6)≒10^9kwhとなり、国民1人あたり約10kwhのエネルギーを貯える事ができる。これだけあれば太陽光発電や風力,波力発電などの不安定なエネルギー源でも十分に有効活用可能となり、化石燃料にたよらなくても自然エネルギーだけでやっていける社会が実現する

これが地震の不意打ち被害から開放され、しかも地球温暖化を防ぎながらエネルギー問題も解決する名案(迷案)なのだ

 マグニチュード7の人工地震に必要な10^9kwhの電気代は20円/kwhとすれば2×10^10円=200
   億円。初期費用(設備費)は一基2000億円として200兆円 (鉄塊は5万円/tとして100万tは500
   億円)

 地震の被害を激減できれば安いものかもしれないね。特に人命は金額換算すら難しい。それに
   エネギー貯蔵設備を兼ねるので自然エネルギーが活用できる様になり利益は計り知れない。
   利益を生む投資はぜひやってほしいにゃん。 景気対策にもなるよ



.


開く コメント(0)

水素水ビジネス



友人が水素水(水素が微量溶け込んだ水)に興味をもっていたので、調べてみたらびっくりのトンデモビジネスだった。本来、人体では腸内細菌により大量の水素が発生し、そのほとんどが血流に入り体中をめぐって肺や皮膚から放出されている、らしい。その量は個人差があるが毎日数百〜1万mL(10L)以上にも達する
 おならにも多少は含まれるけど、大部分は吸収され血流に入るのだ

そこに水素水で水素を追加補給して健康になろうという趣旨みたいだが、水素水なんて水素の量があまりにも微量で少々飲んでも大勢に影響しないのは当然の事。例えば水素水の水素濃度は飽和濃度から考えて1.6ppmが限度だろう。すると水素水1000mLに含まれる水素は
水素質量=1000g×1.6/10^6=0.0016g  
これの体積はV=0.0016g×22400mL/mol÷2g/mol =17.9mL
つまり毎日1000mLもの最高状態の水素水を飲んだとしても身体に供給される水素は最大18mLでしかない   実際は1ppm以下だろう。すると1000mLで10mL程度だ

これは体内で発生し、供給されている水素に対して1/100程度だ。さらに毎日1000mLもの水素水を飲む人は少ないだろうから、実際には5mL以下の水素補給がせいぜいではないか?こんなもの、ほぼゼロに近い量だ。良い影響も悪い影響も出るはずが無い。こんなもので水素を補給するくらいなら食物繊維やオリゴ糖などを摂取して腸内細菌に水素を増産してもらう方がずっと賢い  納豆などの多繊維食品を食おう。毎日数千mLの増産も可能だ  水素水で果が出たと言う人がいたとすれば、それはプラセボ効果に間違いない。または大嘘だ  ほとんど嘘か思い込みだろーね。効果があると主張するのなら 信頼できる第三者機関で二重盲検法 でチェックしてからにしてほしいにゃー    わざわざそんな手間をかける価値すら無いだろー。 普通に考えればいいにゃん!あーばかばかしー  ワイワイ ガヤガヤ あーだこーだ

繊維やオリゴ糖などの難消化性糖質は10gで約500mLの水素が発生するらしい。これは大した量ではないが体内発生水素に約50%加算され1.5倍になるので、この程度補給すれば多少は健康効果があるかもしれない?という量だ。

しかしこれを水素水で供給するには毎日約30L〜50L飲まなくてはならない。糖質10gの追加摂取は容易だが水素水を毎日そんなに飲んでたら確実に死ぬ   死ぬということは不健康の極みだ。つまり水素水は不健康だ  そんな論法は水素水業者と同レベルだぞ 糖質から算出される体内発生水素の量   同様なご意見①    

つまり水素水で身体の自然の水素循環状態を変化させるほどの水素補給は無理ということだ。医療用でも水素は使われている様だが、これは空気に2%とかの量をまぜる様だ。なんと空気1立方mに20L(20000mL)もの量になる。この程度の量は供給しないと自然の状態の体内水素環境を大きく上回る水素環境にはならず、ならなければ治療効果なんてありえない。だからこの程度の量は必要なのだ
 自然の体内水素状態を大きく上回る水素環境はある種の病気治療には有効かもしれないが、副作用も考えられる。自然の状態を大きく逸脱するのはリスクがあることを認識しよう  空気に4%以上の水素が混じると爆発の危険がある。高濃度水素の扱いには十分な知識が必要なのだ

水素水ビジネスについては国立研究所も効果は無いという結論をだし、ネット上にリポートしている

ここでは効果が認められるデータが無かったこと、体内発生水素も考慮しなくてはならないとの言及がある。しかしこの研究所のリポートは言い方が優しい。「現時点では有効性を確認できるデータが見当たらない」なんていう書き方をするから業界の宣伝マンは「まだ何もわからないということだ」などと都合よく解釈する

このリポートを見れば分かるが、この研究所はかなり詳しく調査している。その上で現時点で有効性データが無ければ「有効性を示すデータが無く、また体内発生水素に比べて無視できる量なので常識的にも効果はありえない」とでも表記し、早く販売停止,製品回収,損害賠償にもっていく位の事はしてほしい  この飼い主はこの手のインチキ商売が大嫌いなのだ。水素水ビジネス全国被害者の会を早く立ち上げよう!悪徳業者から賠償金をとって被害者を救おう  掛け声だけ〜

体内発生水素の量などに関しては下記の辻クリニックさんのブログも信頼できると思う。何しろ水素利用を推進している側の人たちからの情報だから - - -
 でもなんとか外部からの水素補給効果を正当化したいから、水素の性質がちがうのかも、などと馬鹿な事を言いかけてるよ。水素分子に個性なんて無いのは科学的常識だが、それでもごり押ししなくてはならない彼らの苦悩が分かるような気がする

これらの情報であわてて反論していると見える業界お抱え学者?らしき人がいた。このうろたえよう、支離滅裂な反論内容は結構面白い。たぶん業界から「なんとかしろ、でないと- - - - 」と脅されているのかな? 刺客をおくるぞーとかね
 しかしここまで自分の品位を下げてまでやるか〜? 本業の信頼性まで無くすだろー  生活と命がかかってるからねー

水素水ビジネスでも強く感じるのが有名企業や有名人がこの種のインチキビジネスに加担する悪しき事例。有名企業や有名人はその影響力をよく認識して社会的責任を感じて行動すべきとおもう  そうも行かないのが世間の常だっちゃ

例えばパナソニック社が水素水生成器と称して商品を売り出す。パナソニック社は賢いから法律に触れる様な表現は一切しない。しかし末端の販売業者は「これで糖尿病が治ります」「ガンに効果があります」などと嘘をついて販売する。もちろん違法行為だが、口頭ならば証拠が残らないので彼らは平気だ   さらに決め手は「藤原のりかさんも勧めてますよー」と有名人の名前も出す  隠しビデオ撮影で自己防衛するべきだ

糖尿病やガンでわらをもつかみたい人はそれにだまされて20万円,30万円の装置を買う。かならずしもお金に余裕のある人とは限らない。年金生活で治療費に苦しみながらも愛する家族を思って3年ローンとかで必死の思いで買う人もいるのだ。有名人も注意が必要と思う。藤原のりかさんの影響もかなり大きいと思える。有名人の場合「個人の感想です」では済まないのだ

 最近のパナソニック社は少し嫌いだ。 松下電器が懐かしい  幸之助さんの信者なのだ
 ユニットバスの件もあるしねー    ユニットバスの情報



イメージ 1

むかしむかし、地球には酸素なんて無かった。そんな環境で原始の生物は生まれた。そこに植物性プランクトンというとんでもない生物が現れた。そいつは原始生物にとって猛毒ガスの酸素を量産した。次第に地球の大気は酸素濃度が高くなり、多くの原始生命は死滅した。しかしその酸素を利用して巧みに生きる生物(動物)が誕生した。彼らは酸素の毒性に耐える体を作り、そのにっくき植物を食って、それを酸素と結合させてエネルギーにして増殖していった。しかし通常の酸素には耐えるものの体内でどうしても発生してしまう活性酸素には身体を破壊された。これに対向するために活性酸素と結びついて無害化する抗酸化物質を体内に分布させる様になった。この抗酸化物質としては人の場合、自身で作る尿酸があるが、それ以外にも植物が作った抗酸化物質であるビタミンCやEやA,ポリフェノールなども利用した。体内発生水素もこれら抗酸化物質の1つとして利用してきたのだろう。抗酸化物質の主役は人の場合は尿酸だが、水素もその他大勢の内の一つとして活性酸素除去に貢献してきたのだろう。しかし活性酸素の害を除けば老化しないというものでもない。 老化のメカニズムは複雑で、根底には老化はプログラミングされているという問題がありそうだ

私の属していた業界(ランプ製造)では結構水素を吸う。工場内では水素雰囲気を作り、その中でタングステンを高温熱処理する工程などがあった。この装置などは1台で毎日5000Lもの水素を空気中に放出していた。だからランプメーカーの製造部門の人はかなり濃い水素大気環境にいたことになる。しかしだからといってランプ製造業界の人が特に健康で長生きという印象は無い。むしろ短い?

水素は酸素との反応性は弱い。水素と酸素をまぜておき、火を着ければ一気に反応して爆発するが、何もしないといつまでもほとんど反応しない。つまり結合エネルギーは大きいが反応障壁が高くて、簡単には結合しない

活性酸素の害は細胞内で発生するとそれにより細胞内のDNAが損傷する影響が主だろう。発生した活性酸素はすぐに無害化しないとDNA損傷は防げないから、細胞内には多くの抗酸化物質を待機させておかなくてはならない。だから水素で活性酸素の害を除こうとするのなら水素分子は1つの細胞内にたくさん存在していないと多くの効果は期待できないだろう。次ではどの程度の量が必要かを試算してみる。

人体の細胞数  約37兆個 (3.7×10^13個)
細胞の質量    平均的に8×10^-9 g 
DNA質量     約3×10^-12 g
細胞内のDNA質量の割合 3×10-12/(8×10^-9)=3.8×10-4

※細胞を構成する平均分子量を20〜30と仮定すれば、
細胞の分子数 :(8×10^-9)/30×6.02×10^23≒1.61×10^14 個 →約10^15個
例えば10^23とは1の後に0が23個という意味→10^23=100000000000000000000000 個。10^-12とは分母側に0が12個付いた数 1/1000000000000 

つまり1つの細胞内に約10^15個の分子がある。ここに活性酸素というテロリストが発生するわけだが、何人に1人の割合でガードマンや警官,軍人に相当する抗酸化物質を配置するかだ。1人に1人が理想だろうが、それでは細胞内の分子は身動きできないし費用も大変だから、せいぜい1000人に1人の割合で配置するくらいがやっとだろう。すると1つの細胞にはざっと10^12個の抗酸化物質を配置しなくてはならない。
すると全身では10^12×37×10^12=3.7×10^25個
これの水素体積は10^25/(6.02×10^23)×22.4≒370 L
つまり少なくとも370L程度の水素が常に身体中に分布しているくらいでないと効果がありそうにない。水素が身体に留まる時間がいくらかだが、たぶんせいぜい1時間程度だろう。すると常に前記水素を体内にとどめるには毎日8900L必要になる。これは一般的なボンベ1本分に近い

従っていくら体内で毎日10L発生させたとしても、とても十分とは思えない。つまり抗酸化物質は水素だけでは量的に不十分であり、わずかな役目しかできず、他の抗酸化物質と協力して活性酸素から身体を守るしか無いだろう。またいくら各種の抗酸化物質で活性酸素に対向するとしても、完全に害を防げるわけではないだろう。いくら警官や軍人をたくさん配置してもテロリストを完全に防ぐことは無理なのと同様だ。それに警官や軍人は増やしすぎると経済性以外の害(副作用)も目立ってくる

ここまでくると水素水というのが、いかに全く無意味かがわかる。水素水を1L飲んでも供給される水素はたった0.01L、つまり必要量の100万分の一程度だ

 100万分の一でも効果はあるのだ。100万円の借金で破産しそうな人に1円が役に立つか?という問題だな。ただでくれるのならまーいーけど、水素水ビジネスはその代償に毎日100円出せと言っている様なもんだ







開く コメント(0)

トップページ S.Asada


 浅田 茂 の個人的ブログ トップページ  Shigeru Asada

Yahoo Blog さんが閉鎖になるそうなので、FC2ブログさんに引っ越します。
ただしこちらが閉鎖になる2019/12/15までは並記していきます。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4



                                                                                              写真の右下をクリックすると拡大するよ   

趣味の関係
乗り換え-レクサスLS500h                        
お風呂を新調したよ                
恐怖の人体実験リアルタイム                        
日本の将来設計?               
家のあれこれ                                       
   
仕事関係
LEDスポットヒータの実験                  
熱風ヒータに新シリーズ追加                 
超高温1100℃熱風ヒーター             
設計システム改革 Part2                             
会社の存在理由って何?                            
私のハロゲンランプとの関わり                     

その他  
近況ご報告2018年11月                           
近況ご報告2018年4月                             
グルメ情報                                                
近況 ; 周囲の小さなNews                       
なつきの思い出                                       
ホントの事を言ったら - - -                        
私の未成年時代                                      


重要リンク
  
※1997年頃が起源の歴史ある私の手製HPです
※使い方が分かりやすいサブHPを目指して新設



   写真の右下をクリックすると拡大するよ   
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4








故にゃん 怖い顔なの  現役にゃん ふてぶて   みい 最近少しふてぶ   どらえもん夕日
に超ふれんどりーなの  しいのに意外とシャイ    くなってきた。にゃんの   自然の造形はおもし
が不思議                      かも?            影響?             ろい 
   2008年頃          約1歳のころ       on the toilet     by きゃんぷしゅわぶ 


  
イメージ 11
イメージ 12


   ハロゲンスポットヒータ (Φ160/100v-2kw) で鋸刃を溶かしてみた
イメージ 5
イメージ 6



















         加熱終了、ランプ消灯 現在約1400℃           冷却過程 現在約700℃


イメージ 7



















                             ラインヒーターの組立作業



イメージ 8

光加熱スポットヒーター

ハロゲンランプの光を反射鏡で集光することにより
加熱できます。〜1400℃程度。対向させれば1600
℃程度以上が可能です

完璧なクリーン加熱で真空中での加熱も可能です

用途はハンダ付け,銀ロー付け,その他全ての高温
クリーン加熱








イメージ 9

超高温熱風ヒーター

熱風で金網を加熱しているところです。 熱風で〜900℃の加熱が可能です

ガスバーナの代替手段になります。用途はハンダ付
け,銀ロ−付け,プラスチック加工,各種予熱

誘導加熱よりも簡便,超低コスト


イメージ 10

簡単に木材が着火します。 木炭を使った焼肉器の自
動着火装置にも使われています






お蔵入りページ










開く コメント(0)

統合型図面システム



フィンテック社における設計,図面管理方式を統合図面システムに確定した

統合図面=The Integration Drawing System→IDS

①統合図面IDSの基本概念

1つのCAD図面の同一面に構想図,製品図,部品図,特性データその他を全て書き込んだもの 

②統合図面を採用するメリット

  良い考えなのかバカな考えなのかよく分からんなー   飼い主なりに色々考えてるのだ


イメージ 2
            にゃんの好きな花札だ        似てるけど ちゃうの!  

上図は図面のサムネイル集ではない。これ全体で1枚の図面なのだ。 同一キャンバス上に基本設計図から客先別図面, 部品展開図, 部品図, 派生した特注品図, 製造仕様書, 部品発注情報, ジグ図面,特性データまで全部まとめて書いてしまおうという試みになる

最近のパソコンハードやCADソフトは非常に高性能になっており、上記サンプルの様に1枚の図面の中に従来の図面を数十枚〜数百枚並べて書いても特に動作が遅いといった感じはしない
イメージ 4

容量も上記サイズで 0.5MB〜1MBであり、現在のパソコンのメインメモリ8GB, OSは64bit処理が普通という能力からすれば何でもない容量だろう。これをそのままメールで10枚以上同時に送るのも容易だ。 要するに現在のパソコン能力等のインフラ能力を考えれば図面は1つのキャンパスに1図面でなくても1つのキャンパスに数十枚, 数百枚でも全く問題ないという事になる。 百枚の図面といえば多いように感じるが、 面配置にすれば10枚×10枚であり、簡単に見渡せる範囲だ。 たとえ1製品の図面数が1000枚だったとしても31枚×32枚であり、10m×10mのキャンパスに十分納まる
  ここでCampusとは「敷地」「フィールド」 といった意味だよ   絵画のCanvas の方がよくねー
   Canvas の方が絵になるねー。こっちにしよう

らば1枚のキャンバス上に客先図面各種, 製品基本図面各種, 派生した特注仕様図面, 部品展開図, 部品図, 製造仕様書, 部品手配表(発注先, 価格などの情報), ジグ図面などを全部書き込んでしまった方が効率的だろう。 こうすれば何よりも直感的に運用できるのが強みだしコピーや参照などもファイル間をまたぐ操作に比べ簡潔で素早く行なえる

フィンテック社は小さな会社だけど製品数は結構多いので、 図面数は数千枚になる。 これは通常ならば専任の設計, 図面管理者を必要とする。 しかしこの図面形態 (とりあえず一体型図面と命名)にすれば管理すべき図面数は数十枚程度に収まる

このシステム採用により図面リスト管理が不要になり、専任の設計、 図面管理エンジニアも必須ではなくなるので小さな会社にとってメリットは大きい

1枚のキャンバスに数十枚, 数百枚の図面を書いてもCADの機能で縮小してやればワンタッチで全体が見渡せ、 しかもそのときは個々の図面はサムネイルとしての機能をはたすので図面リストなどは不要だ

この方式なら製品図と部品図の関係が簡単になる。部品図番には複雑な構造を持たせる必要はなく、2桁程度の番号のみで済む。部品図はその一体型図面の同一キャンバス上にのみ存在するので他の製品の部品図番と重なっても問題無くなる

設計も楽だ。 上図で言えば、まず基本全体図を設計し、 それから部品展開図を作る。 この部品展開図は製造仕様書の機能をほとんど持っているといえるので、 多くの場合は特別な製造仕様書は作らなくてもよくなる

そしてこの部品展開図に部品図番(部品図記号P+数字2桁程度)を書き込む。 製造仕様書を特別に作るにしても写真の貼付もできるのでワープロと同程度以上の機能性がある。部品展開図があるので作るのも手間がかからない。(写真は常時精細表示するのではなく必要に応じ精細表示させるようだ。 写真右下をトリプルクリックで精細表示になる。 印刷時は当然ながら精細に印刷される)
イメージ 3
           部品展開図のサンプルだよー          Fintech社の誇る超小型18kw-800℃熱風ヒーターだ

部品展開図ができれば、次は部品図の製作になる。同一平面にあるので部品展開図の部品図をコピーしてもっていけばすぐに部品図が作れる。部品図作製段階で修正が必要になる場合も多いが基本設計図も同一平面上にあるので、簡単に基本図面に修正を反映させる事ができる

個々の図面を引き出すには必要な図面を切り取って印刷なりPDFにするなりの操作が必要となるが、馴れれば簡単な作業だ。 CADソフトはダッソーシステム社のドラフトサイト無償版で十分だが、有償版でもドラフトサイトならば初期に4万円台、年間1万円台の負担だ   お金に余裕のある人と高度なCADが欲しい人は有償版を使ってあげよう

無償CAD→ダッソーシステム社 ドラフトサイト  ダウンロード画面   DWG完全互換
 ダウンロードしたあと、案内に従い自分のメルアドを通知してアクティブ化しよう

営業担当者も製造担当者も最低でもCAD図面が見れる様になってほしい。CADソフトをパソコンに入れておけば、その図面ファイルのタイトル(アイコン)をクリックするだけで開く

見るだけなら操作は簡単だ。 使うのはマウスのローラーだけ。 ローラーを回転させればダイナミックに拡大縮小する。 CADは船でも飛行機でも高層ビルでも等寸で書くことができ、全体を見わたしたいときはこのローラーで縮小させて一気に数百メートルのものでも画面内に入れる事ができる。拡大すれば一気に小さなネジまで見ることも出来る。画面の移動はローラーを押さえてマウスを動かすだけだ
       CADソフトはすごいのだ。 作ってくれた人に感謝

私の理想としては営業担当者が客先と話しをするとき、その場でパソコンに図面を出して客先要望により各部を修正したりして話しをまとめるのが手っ取り早いと思っている。その図面は一体型図面の一角にタイトルを付けて保存する

基本図面があれば、特殊仕様品などの簡単な設計変更や追加は営業担当者がするべき仕事ではないかと思っている      早い、安い、うまい なのだー 

また当社には部品発注部門などはないので、製造担当者は自分で図面を引き出して発注することになる。その場合この一体型図面ならば全体が見渡せるので部品図を探すのも発注先を探すのも価格情報を見たり保存したりするのも一括で直感的に行なえる  自分の事は自分で完結させようね   製造担当に営業までさせようとしてるぞー

共通部品に関しては共通部品を別管理にする方法もあるが、あえてそうしなくてもよいと思う。 同じ図面が色々な場所にあってもかまわない。せいぜい数枚だろうから。 図番も共通にする必要はない

共通化が理想ではあるが管理がめんどう。するとすれば共通図面情報ボックスを作り、どの図面で共通使用しているかを明記しておく程度がせいぜいかと思う
   この飼い主はめんどくさい事が全く出来ないのだ。 だから期待してはいけない

図面の保存はどこかに元図を保管し、通常の運用はクラウド (インターネットディスク) 上の図面で行なう。書き替えるスキルのある人はサインをした上で書き替えて良い。時々元図と照合し、変更点がある場合には検討を加えた上で適切ならば元図を書き替える。営業担当者や製造担当者も製品設計に参加できるようにするのは新しいこころみであり、 うまくいけば収穫は大きいだろうと思う

 実際に運用していればクラウドの図面が元図として機能するようになり、 別の場所にある元図はバックアップ的に機能するようになるだろう

イメージ 1
   
  
ねこにも分かる図面システムなのだ     ねこだって設計に参加できるのだ    無理ムリ!
  この飼い主はネコに仕事をさせようと本気で考えてるぞー    ネコの手も借りたいんだって
  わいわいがやがや - - - 犬の手は? タヌキはどうだ?サルをつれてこい

 2016/05/05  追記

一体型図面に対応すべくモニターを大型化した。43型の4K(解像度3840×2160 フィリップス製)モニターだ。価格ドットコムで調べると最近の売れ筋,注目ランキングでトップにいる。価格は77560円(税,送料込み)だ。しかし現在のパソコンでは4Kモニターは能力いっぱいには使えなかったのでビデオカードN730K-1GD5LP/OCV1 ¥6224.を追加した。これで4K解像度がフルに使え、一体型図面も非常に扱いやすくなる。CADで設計しながらWEBページを参照しながらメールをチェックするなど人のマルチタスクが可能になる  可能とできるとは微妙に意味が違うぞ

イメージ 5

マウスは最近ワイヤレスの物がふえていて、小電力で電池1本で1年以上使える様になっている。そこで1台買って試してみた。Elecom社製でBlue LEDを使ったもので光沢面でも使えるとの事だった。しかしこのテーブル(白の光沢塗装)でやってみると全く実用にならなかった。

そこで上写真の様にマウスパットを使ってみたが、何となく細かい動きに付いてこない。そのため元のマウス(上写真)に戻した。これはダイレクト感があり、1ドット単位でも追従している感じがする。CAD操作にはこれが良い。微細に操作するためには小型であることも重要だと実感した。正確に分析したわけではないがマウスが大きいと動き初めに回転方向で逃げてしまい、微細な動きについてこないのではないかと思う

追記:これはその後色々試した結果、ロジクール社のワイヤレスマウスにたどり着いた。ワイヤレスなので作図用として非常に使いやすい。電池寿命も長い。価格も安い(送料込みで800円台だ)






開く コメント(1)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事