福生市防災ブログ

福生市の防災ブログです。災害等で市ホームページの閲覧が困難な際は、こちらで防災・災害情報をお知らせします。

消防団とは

消防団は、本業を持ちながら、「自分たちのまちは自分たちで守る」という精神に基づき、地域の安全と安心を守るために活躍している人たちが集まる、市町村の消防機関の一つとして、全国ほとんどすべての市町村に設置されています。
 団員は、消防・防災に関する知識や技術を習得し、火災発生時における消火活動、地震や風水害といった大規模災害発生時における救助・救出活動、警戒巡視、避難誘導、災害防御活動に従事し、地域住民の生命や財産を守るために活躍しています。また、平常時においても、訓練のほか、応急手当の普及指導、特別警戒、広報活動などに従事し、地域における防災リーダーとして重要な役割を担っています。
 平成23年4月1日から、福生市ではJ-ALERT(全国瞬時警報システム)の運用が開始されました。
 これは、国が緊急地震速報や武力攻撃等、緊急性の高い情報を衛星通信で発信すると、市の防災無線が自動で緊急放送を行なうというシステムです。
 運用が開始されることにより、瞬時に緊急情報を住民の皆さんにお知らせすることができるようになり、身を守るための準備に余裕が持てるようになります。
 警報が鳴った時は、放送の内容に注意していただき、周囲の状況に応じてあわてずに行動して下さい。また、テレビ・ラジオ等の情報に注意してください。

福生市において放送される情報の種類
・弾道ミサイル情報
・航空攻撃情報
・ゲリラ・特殊部隊攻撃情報
・大規模テロ情報
・そのほかの国民保護情報
・緊急地震速報(推定震度5弱以上)
 福生市では災害時に市民の皆さんに情報を直接伝達するため、防災行政無線を整備しています。現在、市内には50か所の防災行政無線塔(スピーカー)が設置されています。
 平常時には機器の点検も兼ねて、児童の帰宅を促す夕方のチャイムや、夜9時に防災防犯を促す放送を行なっています。
 身近な災害としては、市内で火災が発生した場合に、24時間体制で市民の皆さんに火災の発生をお知らせしています。
 また、各種行事の中止のお知らせや、防災、防犯にかかわるお知らせなどを随時放送しています。
 スピーカーの近くにお住まいの皆さんには、音量が大きく、また逆にスピーカーから遠くにお住まいの皆さんには、音量が小さく内容が聞き取りにくいなどご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。
 あわせて、災害時に防災行政無線が使えないことがないよう、平常時の定時放送などが急に聞こえなくなったときには、安全安心まちづくり課防災係までお知らせください。
市では、防災情報をまとめた防災マップと、多摩川が氾濫した場合にどのような被害が出るかをまとめた洪水・内水ハザードマップを作成しました。
防災マップ面には、地震による災害が発生した際にどこに避難したらよいかなどの情報を記した防災地図が載っています。
洪水・内水ハザードマップ面には、大雨により多摩川が氾濫した場合に、市内でどのような被害が発生するか、またそのときにどこへ避難したらよいかなどの情報と、土砂災害(特別)警戒区域を示した地図が載っています。
また、非常持ち出し品や立川断層帯地震による被害想定、風水害情報のポイント、避難情報の解説などの災害関係情報のほか、切り取って持ち歩くための防災カードも載っています。
いつ起こるともわからない災害に備え、マップを活用して避難場所や避難所などをあらかじめ確認しておきましょう。

 防災行政無線の放送終了後、次の番号に電話をかけることで、放送内容をそのまま確認する事が可能です。
※ただし、夜9時の放送等、定期的に放送しているものについては除きます。

【防災無線音声確認ダイヤル】
 042-539-2061、042-539-2062

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事