全体表示

[ リスト ]

Googleってすべての情報端末に進出するつもり?

インターネット業界の覇者、Google

最近ではインターネット上のサービスだけではなく携帯電話向けOSアンドロイド(Android)をやパソコン用OSクロームOS(Chrome OS)などの開発もしていて、いろいろな分野に進出しようとしています。

今のところ、Googleの躍進はとどまることを知りません。

さまざまな情報端末の分野に進出し、そしてとうとうお茶の間にもGoogleが進出してくるみたいです。


もし、これが商業的に成功すればますますGoogleが力をつけて、遠い将来、世界中の消費者はGoogleという会社に依存した生活になってしまうかも。

あと、こちらの記事もあわせて。
Googleはカーナビ分野への進出も視野にいれているようです。
Android 2.0用ナビアプリ「Google Maps Navigation」発表。カーナビメーカーに脅威か?

自宅でもお出かけの最中でもGoogleを利用……Googleに依存した生活が現実のものになりつつありますね。

Googleの勢いがとまりません。

インターネットはGoogleを利用して、携帯電話パソコンでもGoogleのOSを利用。でお出かけするときもGoogleの地図を利用して。そして、家族で楽しむお茶の間のテレビにもGoogle……。

ネットネット業界では1位と2位以下との格差が激しくて、どうしてもシェアが1社に偏りがちですが、それは危ない兆候かも。

巨大な権力と豊富な資金を盾に暴走はじめなければいいのだけど……なんていう心配をよそに、Googleはあらゆる方面に勢力をのばしていき社会的影響力も増大していっています。

検索結果が海外の特定企業に決められることがどれだけ怖いか分かるだろうか

Googleのお話の前に広告代理店の最大手、電通のお話。

日本の広告を支配している電通に、インターネットでいろいろと黒い噂を耳にすることがあります。

どうやら、マスコミにとって電通の不利益な記事を書くことはタブーになっているようです。

参考までにこちらの記事をどうぞ。
『肥大したジャーナリズム背後にいる電通の威力』

広告代理店業界最大手の電通は2位の博報堂の2倍の売上高を誇り、マスコミにとって電通は大事なお得意さん。よって、電通の不利益になるような情報を流すことはタブーになっているということらしいです。

もしGoogleがこれまで以上に力をつけ、世界中のインターネットの情報を操作することができたら……。

たとえば、Googleが自社の不利益な情報を検索からはずれるように操作をおこなったとしたら、わたしたちは知らず知らずのあいだに知る権利を奪われることにもなりかねません。


これからは、Googleとの付き合いを慎重にするべきなのかもしれませんね。

・。*☆*。・゜・。*☆*。・゜

<関連記事>



■お料理のことからインターネットのことまで。
『萌えガク日記』のすべてがここに。
【★サイトマップ】 はこちら
http://www.geocities.jp/futukabl/sitemap.html

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

昔の戦争時代と一緒ですね。
情報を操作して,国民を信用させる。
そうならないような工夫が必要でしょうね。

2010/5/22(土) 午後 10:44 [ 霧才蔵 ] 返信する

ほうき星さま〜☆

>そうならないような工夫が必要でしょうね。
ほうき星さんのおっしゃるとおりだと思います。
一社に権力が集中すれば、きっと悪いことがおきるはず。
わたしたち消費者にとっても、いい傾向ではないと思います。
でも、そんなわたしたちの心配をよそに、Googleはどんどん巨大化していくんでしょうね。
コメありごとうございました。

2010/5/22(土) 午後 10:58 ふつか 返信する

顔アイコン

でも最近はtwitterなんてものもありますし、googleは検索から除外する事は出来ますが、個々の情報に対して操作する事は出来ません。
むしろ、中国の様にネットワークに関しても全て検閲対象になっていると言う方が怖いと思いますが。。
まぁgoogleもその辺は分っていると思いますので、安易な検索操作なんかは行なわないとは思いますけどね。
現にYahooとか他にも検索サイトはありますし、各メーカのクラウドだってgoogleに偏るって事も考えにくいですね。
googleに対して、世界は広すぎますよ。

2010/5/23(日) 午前 0:18 [ かわじゅん ] 返信する

かわじゅんさま〜☆

そうですか……
わたしの思い過ごしだったらいいのですが。
中国とGoogle、検閲で揉めていましたよね。
その国の事情もあるので、Googleも考慮する余地があったはず。
Google、中国側のやり方がよっぽど気に入らなかったのでしょうか。
コメありがとうございました。

2010/5/25(火) 午前 1:56 ふつか 返信する

顔アイコン

そんな考え方もあるんですねぇ
独占・寡占はいろいろ規制がはいりますが、新しい分野は無法地帯同然なのか
ライブドア堀江社長の騒動を思い出します

2010/5/25(火) 午後 11:15 AKI 返信する

AKIさま〜☆

寡占って、いろいろ問題あると思います。
>ライブドア堀江社長……
彼もいろいろ問題を起こしましたよね。
コメありがとうございました。

2010/5/26(水) 午後 9:45 ふつか 返信する

顔アイコン

Googleなら何でも知っている、お見通し、てな感じでしょうか。(`ロ´;)そして…
GoogleマップにGoogleアース、ストリートビュー。。。不利益な情報のストップもできますね。Yahoo!とも提携してしまったし(`ロ´;)

2011/9/2(金) 午前 5:17 らもをん 返信する

Googleには公正に情報を提供してほしいものです。

らもをんさま〜☆
コメありがとうございました。

2011/9/2(金) 午後 9:42 ふつか 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事