全体表示

[ リスト ]

頭皮が赤くなる「紅斑」とは?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/416894/225.gif
頭皮が赤くなる紅斑。分け目や額をチェックして、早期に発見しましょう
頭皮の異常は、髪の毛がジャマして見つかりにくいもの。分け目が赤くなっている女性は、頭皮に紅斑(こうはん)が発生しているかもしれません。皮膚の異常である紅斑が起きる原因と、その対処法について紹介します。 

紅斑が長期化すると頭皮トラブルに!

紅斑とは、皮膚に近い部分の血管が拡張し、皮膚が赤くなったり、赤い斑点が出たりする状態のこと。頭皮に発生する紅斑はパーマ液による一時刺激性接触皮膚炎、ヘアカラーによるアレルギー性接触皮膚炎、脂漏性皮膚炎、日焼けなど紫外線による影響が原因として挙げられます。

軽度の紅斑は、かゆみなどの症状はなく、気づかないうちに消えてしまいます。紅斑は、それ自体は悪いものではありません。しかし、長期間にわたって続くと強いかゆみや痛み、ただれ、化膿といった症状を引き起こす原因となることがあります。

特に毛穴はそのような刺激に弱いため、毛包までに到達すると毛包炎を引き起こし、脱毛に至ることも。なるべく早く、頭皮に紅斑が出ていることに気づくことが大切です。

紅斑を早期発見するために

http://img.allabout.co.jp/gm/article/416894/kouhan.jpg
頭皮に発生した紅斑のようす(画像提供:皮膚臨床薬理研究所)
顔面の紅斑であれば鏡を見ればすぐに気づきますが、頭皮の紅斑は髪の毛がジャマして気づきにくいのが問題。かゆみなどの症状が出るころには、悪化していることがほとんどです。もう一つ、頭皮の異常に気づきにくい原因は、皮膚の厚みにもあります。顔が約2mmなのに対し、頭皮の厚さは約4mm。厚みがある頭皮は、顔よりも鈍感といわれています。

頭皮の紅斑を早期に発見するには、意識して、分け目や生え際、額などをよくチェックするとよいでしょう。すでにかゆみ、痛みなどの症状が出ている場合は、皮膚科にかかることをおすすめします。
 

紅斑の予防法

前述の通り、紅斑は、それ自体は悪いものではありませんが、長期間にわたって続くと、さまざまな悪影響を及ぼします。紅斑の長期化を防ぐ方法を紹介します。

正しくシャンプーをする

http://img.allabout.co.jp/gm/article/416894/201.gif
シャンプーが頭皮に残らないよう、よくすすぐこと
紅斑の長期化を予防するには、頭皮を清潔に保つことが大切です。シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮を重点的に洗うようにしましょう。すすぎ残したシャンプーが紅斑の原因になることがあるので、時間をかけてよくすすぎましょう。


頭皮の乾燥を防ぐ

紅斑が出ている頭皮が乾燥すると、細菌などが皮膚の内部に侵入し、炎症が起きやすくなります。乾燥させないためには潤いを与えることが重要。頭皮が乾燥しないよう、シャンプー後に化粧水や乳液などをつけましょう。粘度が高いクリームは、毛穴がつまる原因になるのでNGです。



適度にブラッシングする

ブラッシングは、頭皮を刺激して血行を良くします。また、皮脂の分泌を促して髪に行き渡らせ、頭皮の余分な角質を落とす効果もあります。適度なブラッシングは、紅斑を予防する効果が期待できます。頭皮にやさしいクッションブラシを使って、やさしくブラッシングしましょう。頭皮に強くブラシをあててブラッシングすると、症状が悪化するのでご注意を。


ヘアケア製品を過剰に使用しない

http://img.allabout.co.jp/gm/article/416894/204.gif
ヘアケア製品によるアレルギーが、紅斑の原因になることも。新商品を試す際は慎重に
紅斑の原因の一つとして、シャンプーやコンディショナー、トリートメント、ヘアスプレーなどのヘアケア製品によるアレルギーが挙げられます。

いくつもの製品を同時に使っていると、原因の特定が困難になります。過剰に使用したり、頻繁に変えたりするのは、控えたほうがよいでしょう。頭皮に異常が出たときは、すべてのヘアケア製品の使用をやめ、皮膚科にかかることをおすすめします。


 

 

頭皮の日焼けを防ぐ

http://img.allabout.co.jp/gm/article/416894/226.gif
5〜9月ごろまでは、紫外線から頭皮を守る工夫を
頭皮の日焼けは、紅斑につながるだけでなく、紫外線で毛母細胞がダメージを受けると、抜け毛・薄毛の原因に。帽子をかぶる、日傘を使う、紫外線防止効果のあるリンス等を使用するなど、紫外線から頭皮を守りましょう。5〜9月ごろまでは、曇りの日でも紫外線量が強いので、油断は禁物です。


 

 

症状を自己判断しない

紅斑は痛み、かゆみが出るまで自分では気づきにくいので、その前に発見することが大切です。「髪の専門家」を利用して、定期的に頭皮のチェックをしてもらうことをおすすめします。

できれば、頭皮のターンオーバーの周期である月に1回がベストですが、季節の変わり目(3ヵ月に1回)でもよいでしょう。アレルギー症状が出やすい春、汗をかいて頭皮が不潔になりやすい夏、夏のダメージを回復させる秋、頭皮の血流が悪くなる冬に訪れると効果的です。定期的にチェックすることが、頭皮の健康を維持することにつながります。


長期化を防ぎたい紅斑。顔だけでなく、頭皮についても関心を持ち、5年後、10年後も美しい髪を生み出す健康な頭皮をめざしましょう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事