全体表示

[ リスト ]

乾燥頭皮

冬は湿度が20%を切る日があり、お肌の乾燥が気になる季節です。肌と頭皮は1枚皮膚。つまり、肌の乾燥が気になる方は、頭皮も乾燥している可能性があります。乾燥頭皮に大切なのは、潤いを与えること。今回は乾燥に負けない、「うるおい頭皮」になれる方法を伝授いたします。

 

乾燥肌とはどんな状態?

健康な肌(皮膚)の内部には、30%の水分が含まれています。肌表面の角質細胞が並ぶ角質層はたった0.02mmという薄さですが、15〜20%水分を保持することができ、外部からの刺激を保護してくれます。角質層に20%の水分があると「潤いのあるしっとりと美しい肌」、10%以下になると「乾燥したガサガサの荒れた肌」ということになります。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/22367/159.gif
皮膚のようす。左:乾燥している状態 右:潤いがある状態
水分を保持するために重要なのが、角質層にある細胞間脂質と、適度な皮脂で角質層の表面を覆う皮脂膜です。細胞間脂質の43%はセラミドという成分で、肌の内部にある水分を保つ役割を担っています。角質層の表面は皮脂膜で覆われていて、肌内部の水分が外へ流出しないようになっています。

健康な肌は、美しいラメラストラクチャー

細胞間脂質は、水分と油分がサンドイッチのように交互に層になっています。これを、ラメラストラクチャー(液晶構造)といいます。角質層が整っていれば、細胞と細胞の間にある細胞間脂質が水分と油分を包み込み、潤いを保持できる、というわけです。

潤いのある肌は、ラメラストラクチャーの細胞間脂質と肌の表面が皮脂膜(=油分)でカバーされているため、体内の水分が蒸発することなく、外部からの刺激(化学物質や細菌など)が肌の内部に侵入するのを防いでいます。

逆に乾燥した肌は、角質がはがれていて皮脂膜が作れないため、肌内部の水分が蒸発します。細胞間脂質も減少し、バリア機能が失われて、外部刺激に耐えられない状態になります。

頭皮は毛髪に守られているため、外気にさらされる肌よりは表面の水分は保持されやすいのですが、肌と頭皮は1枚皮膚でつながっていますから、頭皮の内部は同じような状態。肌が乾燥していれば、頭皮も乾燥しているといえるでしょう。

乾燥頭皮の原因とトラブル

乾燥頭皮になる原因は、水分と油分が失われること。「洗い過ぎ」「アレルギー」「加齢」によって引き起こされます。

乾燥頭皮になると、細菌などが皮膚の内部に侵入し、かゆみや炎症が起きやすくなります。角質が細かいフケとなってはがれおち、かゆみ・炎症がひどくなってしまいます。頭皮が不健康になると、ヘアサイクルも乱れ、やがては脱毛につながります。脱毛の原因は、毛根の炎症が大きく関与しています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事