全体表示

[ リスト ]

頭皮の臭いの発生源は?

http://img.allabout.co.jp/gm/article/435536/235.gif
気になる頭皮の臭い。その原因は頭皮に生息する“菌”
女性ならば気になる頭皮の臭い。毎日シャンプーしていても臭うのはなぜでしょうか。

実は皮脂や汗そのものは無臭なのですが、頭皮に繁殖している菌(常在菌)がそれらを分解する際、発生させるガス(分解臭)がイヤな臭いの源になっているのです。

乾燥する冬は頭皮が臭いやすい!?

冬は空気が乾いているため、皮膚が乾燥を防ごうとして皮脂を過剰に出す傾向があります。しかし気温の低下により流動性がなくなり、頭皮全体に広がりにくく毛穴に溜まりがち、毛穴やその周りにいる常在菌が皮脂などを分解する際、揮発性の高いガス(脂肪酸、アルデヒドなどの分解臭)を発生させてしまいます。寒さを防ぐための防寒具等の使用により、臭いもこもりがちになります。

加齢臭の原因も菌

40代に入ると気になってくる加齢臭も、主な原因は菌によるもの。40代になると若いころにはなかったヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が皮脂の中に増加し、常在菌がヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することで加齢臭の原因となる体臭成分・ノネナールが発生します。そのノネナールの臭いが加齢臭と呼ばれる独特の臭いの元、というわけです。

ちなみに常在菌は年齢を重ねるごとに種類が増えていき、臭いの元となる成分は数百種類以上にもなることがわかっています。

皮脂を分泌する皮脂腺が多い身体の部位は、頭皮。つまり、頭皮の臭いは誰にでも起こり得ることなのです。ただし、頭皮が異常に脂っぽく、脂臭い場合は、皮脂が過剰に出過ぎる病気「脂漏性皮膚炎」が疑われます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事