ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
The long turing with small moter-bike. カブの記事多し!
昨日は1日ゆっくり道の駅をハシゴしながら移動し
足湯でお会いした方々と再会したり
楽しく移動出来ました

道の駅 草津運動茶屋公園で車中泊

イメージ 1


早朝に湯畑に向かうが
湯畑近くの湯畑観光駐車場が開いてなく
天狗山第一駐車場へ駐車
ココは西の河原露天風呂の上にある
無料の駐車場です

イメージ 2


遊歩道をテクテク下ります
西の河原にはお湯が流れてます

イメージ 3


もうすぐ湯畑です

イメージ 4


草津温泉のシンボル湯畑

イメージ 5


少し横から

イメージ 6


朝の5時半ですが
無料の公共浴場の一つ
千代の湯

イメージ 7


温まるだけですが
アツアツで我慢して入ります

イメージ 8



朝日が時間経過で湯畑も表情が変わります

イメージ 9



西の河原をまた歩いて上ります
湯気が朝日に照らされてます

イメージ 10




朝から熱い湯に入り
サッパリしてジルっちに戻り
朝食してゆっくりしてます

この記事に

お泊りした道の駅「川場田園プラザ」は
群馬でも人気ナンバーワンだそうです
イメージ 1


メチャクチャ広い敷地に専門のお店が点在し雰囲気も最高
イメージ 2


早朝は雨が降ってましたが
雨も止んでバッチリ

さて、今日は
先日 道の駅 白沢でお会いした
キャンピングカー乗りの方が
毎年、尾瀬に来ているが今年は最高!
とお誘いを受けて
『尾瀬』に行きます!
この季節、尾瀬は通行規制が掛かってます

イメージ 3


しかも、キャンピングカーはスノーパーク尾瀬戸倉に駐車場が有ります
イメージ 4


そこはスキー場で
尾瀬高原ホテルのフロントで
駐車料金とバスの乗車券を買い求めます
イメージ 5


バスに揺られる事約20分
途中、川岸に残雪も見えます
鳩待峠のバス停に到着です
イメージ 6


売店裏のトイレで用を足し
イメージ 7

いよいよスタートです


今回は初めてなので
地図の左下にある鳩待峠から山ノ鼻
までの往復です
イメージ 8


片道3.3kmで行きが約1時間
水色の下り坂が4割で後は平坦な木道
帰りは上り坂なので1時間半の行程

売店の女性からマップをもらう際に
帰りの上り坂を登るパワーを残して
散策を楽しんで来て下さいとの事 (@@;) (^_^;)


早速、下り坂が続きます
去年の夏 東北夏祭り巡りで痛めた右膝をかばいながら下ってゆきます
イメージ 9


長い、なが〜い 階段を下りながら
帰りはココを登らないと帰れないと思うと
今にでも引き返したくなる程の下り坂です
(_ _;)


ようやく平坦部の木道に続きます
アチコチに残雪が見えます
イメージ 10

でも、視界は開けず山道の感覚

途中、ヤットの事で水芭蕉が(^^)v
イメージ 11



天気も良く青空に川の流れもキレイで
清々しいです
イメージ 12


鳩待峠のバス停で見た山がキレイ
イメージ 13


そうこうしているうちにヤット
山ノ鼻へ到着 ビジターセンターです
イメージ 14


気温は19度
イメージ 15


団体客や学校行事の中学生達が
ココでお弁当を広げてます

私達はココの名物No1の
上州牛コロッケカレーを頂きます
イメージ 16

1000円でした(^_^;)

途中の水芭蕉だけ?
と思っていたら


ココ山ノ鼻から一周1km程のコースで
水芭蕉が群生して素晴らしい環境です
イメージ 17


足下一面が水芭蕉です
イメージ 18


山並みと合わせても
イメージ 19


ビジターセンターで
記念のスタンプも押して持帰り
イメージ 20




帰り道は覚悟してたので
ペース配分は団体客に付いている
ガイドさんの注意事項を聞きながら
休憩も多く取り
ヘロヘロになってヤット鳩待峠の駐車場へ
イメージ 21


帰りはハイエースの乗り合いタクシー
運転手さんが若くて
月毎の尾瀬の見どころを教えてくれて
リピーター増加に向けて頑張っていました

スキー場のジルっちに戻って
イメージ 22

ノンアルコールですが
体中に染み渡りました!
(^.^)/~~~



尾瀬の素晴らしさを教えて下さった
キャンピングカー乗りの方
背中を押してくれた家内にも感謝

疲れを癒やす為に
先ずは温泉でゆっくりして

道の駅 「川場田園プラザ」でバタンキュー



次はどこへ?

この記事に

道の駅 白沢から非常に近い所に有る

吹割の滝に行って来ました

イメージ 1


東洋のナイアガラと呼ばれている様で
落差は
低いが幅が有って壮観です!

イメージ 2


滝だけでなく
水の流れもキレイです

イメージ 3



景色も抜群

イメージ 4


遊歩道も完備されて周回出来ます

イメージ 5



山際では熊よけでパイプを叩く所が点在

イメージ 6



山側から見ると形が良くわかります

イメージ 7




次はどこへ?

この記事に

日曜日の朝は
道の駅 日光でゆっくりしてました
道の駅向かいの日本酒製造の蔵が有り
お土産のお酒を買い

道の駅の売店でも買物をし

次にどこへ行こうかなぁ〜
と作戦会議をしたり

戦場ヶ原ハイキングコースと言う所に行こうと出発したが
日曜日の昼前言う事で大停滞
なぜか前の車が「なにわ」ナンバー(笑)

イメージ 1

日光駅周辺では殆ど動かない
停滞道路を回避して
目的地を変更しました

霧降の滝です

イメージ 2


緑が深く滝が小さく見えます

イメージ 3



一部をアップにすると

イメージ 4

結構キレイです

ドライブコースを走らせ
大笹牧場に到着

イメージ 5


早速、美味しいソフトクリームを頂きました

イメージ 6

濃厚なのにあとをひかない
非常に美味しかったです

雑技のイベントも有って見入ってました

イメージ 7

一輪車で片足に乗せたお椀を
足で蹴り上げて頭の上に乗せる妙技
スマホのカメラでもナイスタイミング


ドライブコースの帰り道で

イメージ 8

ここの眺めがスゴイ

イメージ 9




更に車を走らせ

竜頭の滝

イメージ 10


少し登った場所から

イメージ 11


夕方なので観光客は我々だけ


ドンドン山道を走らせると

道路の傍らに
湯滝と言う滝です

イメージ 12

写真に右側がゆったりした水源

それが

イメージ 13


近くで見ていると
硫黄の臭いがします
そう言う意味で
温泉の滝で『湯滝』
と言うのでしょうか?


お泊りは
群馬県 道の駅『白沢』
到着は8:40

この記事に

夜遅く寝たが
朝は早くから動き出す

8時には日光東照宮の大駐車場に

イメージ 2



まだ観光客も少なく
スイスイ

イメージ 3



見ざる言わざる聞かざる
三頭の猿もきれいにリニューアルされたとか?

イメージ 1



陽明門も鮮やかできらびやか

イメージ 4


イメージ 5



眠りネコも危うく見過ごす所です

イメージ 6


見終わって帰る頃は
遠足の小学生や団体客がいっぱい

イメージ 7


お土産のハンカチをジルっちに貼って

イメージ 8




華厳の滝を目指していろは坂をクネクネ

イメージ 9



市営の大きな駐車場に入れて
有料のエレベーターを降りると
滝を眺める所に

イメージ 10


宇都宮餃子が入ったコロッケ

イメージ 11


湯葉が名物らしく
湯葉入り蕎麦定食

イメージ 12


あとは、お風呂に入って
食材の買物
お泊りは道の駅『日光』

イメージ 13




初めてゆっくりと食事が出来ました

この記事に

稼働率の悪かったジルっちで
久々の遠出をしてます

目的地は日光東照宮、華厳滝

金曜日の朝10時からのスタート


天気は最高!
気温も高く無く涼しく走れます

イメージ 1




ナビをセットすると
名神、新名神、東京?とルートが作られ
今回はめんどくさいのでナビ任せ

お陰で見慣れないSAをチョロチョロと各駅停車で見て回る事に


先ずは
赤福がお店の中で食べれる所
伊勢まで行かなくてもホレ!

イメージ 2



続いて
ヤマハのブースで遊べる

イメージ 3



ピアノも弾けます

イメージ 4



バイクがいっぱい展示された所も

イメージ 5


カナダのトライクルも

イメージ 6



トイレもオシャレでした

イメージ 7


いよいよ東京間近
夜もふけて海老名SAは残り物の叩き売りも

イメージ 8


さて、コレからが大変
東京都心に突っ込む

ETC深夜割引を狙って
現地直前のSAで車中泊と思っていたが
『東京料金所』
ココで東名高速道路は終って
首都高速に入る! アチャー

首都高は出来れば走りたくないけど
そう思いながら走って行くと
地下のトンネルへ!
地下鉄も地上を走る東京
首都高も地下を走っても••••仕方無い
でも

分岐があるのに
いつまで経っても地上に出ない
どうしよう〜〜
どうしよう〜〜

ドキドキ  ドキドキ

ギリギリセーフで地上に出て来て
やっとこさ東北道へ

6月10日 00:45
大谷PAにギリギリ到達
1杯飲んでコテッと寝ました

イメージ 9

この記事に

カブ主にとって
自分のカブの燃費は気になるものです
私もエクセルに記録を取っています


さて、その記録を見てみると
最近、60km/Lを超える事が無いのです!

街乗りでは50km/L代ですが
SSTRやカフェカブなど長距離を走ると
決まって60km/L以上をたたき出してました

ところが 最近 6の数字が見えないのです????




原因を考えてみると2〜3思い浮かぶのが次の項目

1)大きな風防を付けて、レッグシールドを拡張し
  空気抵抗を大きくしたので燃費が悪くなった?

2)エアクリの穴を今までになく拡大した為
  空気吸入量にあわせてガソリンも消費された

3)エンジンの回転数を上げ気味で運転?
  最近、自分ではアクセル開け気味に走ってる感がある


最初の空気抵抗の事だが
風防やレッグシールドは確かに大きくなって
風の抵抗は増えているのは事実だが
小さい時は
それらからはみ出た体で風を受けている事を考えると
さほど、大きな影響とは考えたくない!


最後の、エンジンの回転数は
確かに高回転を意識した回し方をしている覚えがある
そこで、今回のカフェカブは普通の回転域(速度)で
テストがてら走行してみたが・・・・変化なし!



さて、最後のエアクリの拡張穴だが
取りあえず、今回は穴を塞いでノーマルに戻す事にする
(開けたり、閉じたり 忙しいがガムテープだけでOK)


エアクリBOXを開けると右下に
少し油がにじんでいたので拭き取りました
イメージ 1
当初より、吸気口のS字結腸は取り去り
切り口もキレイに面取りしてます!



外したフィルター側です
上のガムテープを貼ったオリジナル吸気口を開けます
イメージ 2


これで、小さく迷路の様な吸気口からエアフルターに
外気が注がれます
イメージ 3



さて、エアフィルターを外して


前回、大きな穴を開けた部分をガムテープでふさぐ
イメージ 4 イメージ 5


反対側もキレイに塞ぐ
イメージ 6 イメージ 7


両サイドに開けた穴を全部ふさいで・・・
イメージ 8


エアフィルターを取り付けるとおしまい
イメージ 9
最初の画像と同じようになりますが
内部への外気導入経路がまったく変わります。



真横からの大きな穴で外気導入がストレートで
エンジン的にはレスポンスも良くなっていたと思います
その分、ガソリン消費量も多くなるのでは?


レース用バイクなら話は別ですが
特にカブはお仕事バイク的要素が大
仕事で乗ってなくても
通勤、買い物、チョイ乗りなどでは
燃費も大事な要素


今回は燃費の悪くなった原因を突き止める為の作業のひとつ
風防の撤去は作業的に大変なので
エアクリの穴を元に戻す作業にしました


さぁ、しばらく様子をみてみないと
試走した感じでは
走りに関しては特に不自由や「落ちた感」は無いです
総合的に優れたカブはやっぱりスゴイなぁと感じます。




イメージ 10


ブログ村に登録してます
押して頂くと順位が上がります
やる気アップにご協力下さい。

この記事に

カフェカブ京都に行って来ました
今回は例年の会場ではなく
大津の湖岸なぎさ公園での開催

お天気も良く 琵琶湖の風も涼しいロケーション

会場に向かう途中からお声替え頂いたカブ主さんや
会場で受け付けまでの待ち時間にブログ見てますと
お声掛け頂いた方々 ありがとうございます

500台にも及ぶ台数が集まってます
私のゼッケンは429でした!
イメージ 11


会場全体を見渡すと
イメージ 1

ずら〜〜とならぶカブ カブ カブ
イメージ 2


右も左もカブだらけ・・・
イメージ 3


今回は灯火系(サブライト)を中心に写真に撮ってきました
角型を両サイドに
イメージ 4


丸型を大小3つ配置
イメージ 5

角型をフロントキャリアの前に
イメージ 6

シンプルに丸目2灯はカッコいいなぁ
イメージ 7

番外ですが
カブにチェーンを付けたのは実物的に初めてみました
しかも、後ろのギアが2枚?
イメージ 8

豆助さんの柿ピー号が雑誌の撮影と言う事で
かなりの時間を使い撮影してましたね
大型レフ版にフラッシュ多灯で まるでスターですね!
イメージ 9

九州の方々のCT軍団 新色を交えて記念撮影でした
イメージ 10

愛車も帰る前に記念撮影しました
イメージ 12


会場では色んな方とお話し出来て楽しかったです
ありがとうございました。

イメージ 13

ブログ村に登録してます
良かったら押して下さい

1111番目の投稿でした!

この記事に

6月1日の夜からゲリラ豪雨で
雷や大粒の雨などで大変でしたが
友達からのメールで白鷺公園の花菖蒲が見ごろとの事

6月2日 7時過ぎに
雨上がりの花菖蒲を撮りに行って来ました
イメージ 1
既に重装備のカメラマンが5人ほどが撮影中

色んな花菖蒲が植えられている中を
雨上がりという事で雨で濡れた花を探す
イメージ 2


これもしずくが残ってます
イメージ 7


少しさみしげな
イメージ 3


対岸の黄色をバックにして
イメージ 4


黄色は明るくて良いですね
イメージ 8



かなり広い池にイッパイ咲いてます
イメージ 5


奥にはハスも咲いてます
イメージ 6


種類別に沢山栽培されてますが
花の種類によって好みや写真うつりの問題で
ココでは紹介出来ない花が多くあります
ぜひ、お近くの方は足を運んでご覧ください。


この記事に

5月31日

久々に西国33ヶ所めぐりで京都方面へ
イメージ 1

番外の元慶寺から数か所回ろうかと


京都は平日でも混むので 
自宅を6時に出発


元慶寺は小さなお寺でナビ通りに行くと
入り口を間違えてウロウロ
8:47 ようやくお参り
イメージ 2

次は、何を間違ったか清水寺をセット!

9:10 市営の観光駐車場に駐輪 400円也 
西国33ヶ所で初めて駐輪料金を支払う
イメージ 3

清水寺に向かうまでに
9:19 3年坂 修学旅行の生徒がイッパイ
(人が少なくなるまで待って撮影)
イメージ 4


9:21 清水坂の土産物店が並ぶ
イメージ 5



9:25 清水寺前に到着
修学旅行生や外国の観光客でごった返す
イメージ 6
なにやら工事中! 絵にならないなぁ〜!!
西国33ヶ所の納経所を聞くと本堂の後ろとか

ご朱印をもらって
引き返した方が早く帰れるのだが
順路が一方通行で・・・・
9:43 工事中の清水の舞台を撮影
イメージ 7

それから・・・・
・・・
・・・
・・・
気分が悪くなり 
通路の側溝にしゃがみ込む 
吐き気、嘔吐(水気を少し)
めまい

通過する観光客は殆ど大陸系の方々・・・・
若い2~3人づれの中の女性が声をかけてくれた
(日本語だ!)
「大丈夫ですか、人を呼びましょうか、
飲み掛けですがお茶をどうぞ」

「ありがとう、お茶だけ頂きます」と返答した?!
お茶だけ頂き 少し気を取り戻すが・・・・


観光地で嘔吐は・・・トイレに行かねば・・・
順路どうり行くと遠いと思い

本堂まで戻ればと思い、少し戻る

工事中の方にトイレを聞くが遠い様だ

またもや、端っこでうずくまる・・・・


吐きたいのだが出るものが出ない
目の前がスゥーと白くなりそう イカン!

今度は同年齢ぐらいの工事関係の方が声を掛けてくれる
座れと! 
肩や首に下げたカバン、カメラを外してくれた

救急車を呼ぼう!と

お寺の関係者が来てくれ
冷たいタオルと冷たいボカリを頂く
保冷剤を入れたタオルで首筋を拭くと生き返るようだ

しばらくすると救急車のサイレンの音
「来たぞ、聞こえるか?」少し安心

ストレッチャーに乗り 救急車 病院へ・・・・・
救急車の冷房の効いた車内で横になっていると
さらに、気持ちが落ち着く
隊員の質問にも的確に答えている自分が認識できる!

どこかの病院
先生が色々質問してくるのに答える
「たぶん 熱中症だ」と

何もしなくても良く
ベッドでおよそ1時間横になって寝ていたようだ
11:54 スマホをつかって撮影!
イメージ 8
後できくと
10:30〜11:00の間に病院に運ばれた様だ

しばらくして
動ける事を確認し
保険証を提示して支払
12:26 自動販売機で水分補給のDS-1
イメージ 9
ポカリスエットより効果的との事だが味はイマイチ 同じ大塚製薬

玄関のロビーで更に休み 体調を確認し 退院(笑)
12:53 原田病院を出る
イメージ 10

12:55 病院を出ると、近くに三十三間堂
イメージ 11

バイクを置いてある京都市観光駐車場までをマップで確認
バスで戻るとする(停留所3つ目ぐらい)
13:08 清水寺の近くでバスを降りる
イメージ 12


駐車場まで坂をノロノロと登る

13:20 途中、コンビニで昼食をとる
イメージ 13
大丈夫みたい・・・


13:44 やっと駐車場へ到着 けっこう時間がかかった
イメージ 14
トイレに行ったり、少し休養をとって出発


京都市内から第二京阪の下に入る少しまえに
14:23 コンビニでアイスを
イメージ 15


16:20 無事、帰宅


熱いと言うより
蒸しあつい日でした

帰ってからネットで熱中症の症状を確認
急に嫌な汗が出る
むかつき、吐き気、嘔吐
めまい
正に、『熱中症』ですね!

念のため17:30ぐらい
近くの内科を受診しました


皆さん、蒸し暑い日にはご注意ください。


清水寺でお茶をくださった若い女性
人を呼んでくれた工事関係の方々
冷たいタオルとポカリを持ってきて下さったお寺の方
救急隊員の方々
原田病院の方々

皆様のおかげで助けて頂きました
ありがとうございました!

これから先 暑くなっていく中
充分、注意をして行動したいと思います

私のブログを見てくれている
皆さんの少しでも参考になればと思い書き連ねました。


イメージ 16
押してほしいなぁ〜

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事