ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
The long turing with small moter-bike. カブの記事多し!
山陰から九州の外側をまわり、四国の足摺、室戸をまわっての
西日本外側一周のツーリング

簡単にまとめました

まずは、行程


10/03
自宅(大阪府堺市)〜兵庫県:気比の浜キャンプ場まで
イメージ 1


10/04
兵庫県:気比の浜キャンプ場〜島根県:出雲
イメージ 2


10/05
島根県:出雲〜山口県:下関
イメージ 3

10/06
雨で移動なし

10/07
山口県:下関〜長崎県:長崎市
イメージ 4

10/08
長崎県:長崎市〜熊本県:熊本市
イメージ 5

10/09
カフェカブ九州(イベント参加)で殆ど移動なし



10/10
熊本県:熊本市〜鹿児島県:鹿児島市
イメージ 6



10/11
鹿児島県:鹿児島市〜JR最南端の駅〜鹿児島県:霧島市
イメージ 7


10/12
鹿児島県:霧島市〜本土最南端:佐多岬〜宮崎県:宮崎市
イメージ 8



10/13
宮崎県:宮崎市〜大分県:大分市〜
フェリー
〜愛媛県:西宇和郡〜愛媛県:宇和島市
イメージ 9



10/14
愛媛県:宇和島市〜足摺岬〜高知県:高知市
イメージ 10



10/15
高知県:高知市〜室戸岬〜徳島県:徳島市
イメージ 11


10/16
徳島県:徳島市〜
フェリー
和歌山県:和歌山市〜大阪府:堺市
イメージ 12
フェリーの軌跡が狂ってます・・・

-----------------------------------------------------------
日程: 10月3日〜10月16日 13日間
    そのうち、雨で動かない日が1日
    カフェカブ九州のイベントで殆ど移動ないのが1日
    実質の移動日は 11日です

走行距離 2,733km

通過府県: 大阪府、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県
      福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県
      宮崎県、大分県、愛媛県、高知県、徳島県
      和歌山県
      以上の16府県におよびます

使用ガソリン:49.67L  金額:6,587円  燃費:55Km/L

フェリー代:5,660円 2ヶ所

宿泊費 :31,365円 
     殆どがネットカフェ
     ビジネスホテル+24時間銭湯+テント(各1泊)

飲食代 29,265円

総経費 83,522円  6,400円/日
-----------------------------------------------------------

今回は宿泊先であるネットカフェまで強行で走った為
夜間走行をせざるを得ない状況でしたが
本来は夜の山道はなどは避けるべきです(痛感)

また、一日の走行距離はおおむね200kmで
友達が言ってた、「バイクはタンク一杯が一日の走行距離」
があてはまります


途中、LEDヘッドライトの不具合からヒューズ切れのトラブルも有りましたが、それ以外は動力系はすこぶる快調で良く走ってくれました。
流石にホンダのカブですね!!


帰って来て、友達から良くやるねぇ〜とのお声掛け
歳をとるとモチベーションが上がらない
行きたい、やりたいと思った時に行動する事が大事だと思いました

また、行く先々でお会いした方々との出会い
ライン等で連絡、アドバイスを頂いた友達
ブログを見守ってくれた方々
最後に、快く送り出してくれた家族に
==== 感謝!! ====




イメージ 13

この記事に

10月16日(月)
四国に渡ってず〜〜と雨
南海フェリーの時刻表を見ると
午前中は8時が都合良さそう
ネカフェも早々に出るが
カッパを着て準備がタイヘンです 6:48
イメージ 1


10分位でフェリー乗り場に到着
乗船まで30分位有って待合室で待機です 7:07
イメージ 2


乗船券ですバイクは125cc未満なので安いですが
大人1人分位にならないかなぁ〜
イメージ 3


アニメのキャラクターが徳島の阿波おどりをアピール
イメージ 4


待ちわびたフェリーが入港
小さなアニメキャラクターも 7:34
イメージ 5


乗船準備と言う放送でバイクに乗りましたが
結局、乗船は最後でその間 雨に打たれて(T_T)


乗船 固定はしっかりしてました 確認して客室へ 7:53
イメージ 6


雨が止むかなぁ〜と思いつつも 止みませんねぇ〜 9:30
イメージ 7


和歌山港に到着です 
名古屋に帰るライダーとお別れしました 10:20
イメージ 8


和歌山市からみさき公園、国道26号線までは
混み合ってます

走り慣れた道ですが気を抜かずに走ります


ヒューズが切れた時に電話でアドバイス頂いた
モーターヘッドの北口社長に挨拶とお礼を言って


12:40 無事に自宅に戻りました
イメージ 9


オドメーターは42,149.7km
イメージ 10

スタートが 39,416.0km
走行距離はなんと 2,733.7km


10月03日の昼から
10月16日の昼に帰宅
2週間に渡るロングツーリングでした!

途中で色々有りましたが 四国までは晴天に恵まれ
多くの方々とお話しさせて頂き お声掛け頂いたライダー
ブログ訪問、コメント頂いた方々のご声援で帰って来れました
ここに感謝をこめてお礼申し上げます。


ありがとうございました!
イメージ 11

この記事に



10月15日(日)
昨日からの雨

室戸岬に行きたいのだが雨が止む隙間を狙う
ラインで何時もアドバイス頂くアメヤンダーさんが
『移動するなら、明るい間に距離を稼いだら?』と
非常に賢明なアドバイスを頂きましたm(__)m

おっしゃる通り、夜間走行は体力、気力も消耗し
道路が見えないのでスピードも出せない




小雨の中を出発 10:25



道の駅 キラメッセ室戸 12:32
揚げたて天ぷら? 保温箱で温かい
イメージ 1

ゴボ天(ゴボウの笹がきが入っている)
温かくてゴボウの歯ごたえと香りが旨い
昼前なので2枚がアッという間に消滅(笑)
イメージ 2


道の駅の海に接した海岸を見ると
キレイな波をうった縞模様(柱状節理)
イメージ 3

室戸岬に到着 13:21
灯台は車で山を5分ほど登り
更に歩いて数分とか
イメージ 4

室戸岬の文字を探すが
この2ヶ所のみ 
クジラのシッポのモニュメントが有るのに
室戸岬の文字は無し
イメージ 5
インスタグラムでは無いが
1枚の写真に室戸岬に行った事を簡潔に表現したい


たまたま寄った観光協会の方にその事を熱く語った
足摺岬でも駐車場に小さな灯台と足摺岬の大きな文字版が有り
観光客はソレを背景に自分撮りして満足している
室戸岬はそんなアイテムが無い 
室戸岬は観光的に遅れてる!!

最近、道の駅にも名前を書いた看板等が少ない
写真を撮っても ココはドコ? になる

また、土産物屋にステッカーも無い
北海道では行く所、行く所に ステッカーが売っていて
車に誇らしく貼ってある

車のステッカーを見た人は
あぁ〜 
アソコに行ってステッカー買って私も車に貼りたいと思う
だからステッカーが売れるし
そこへ観光客が行くのです


現実に道の駅で
私のジルっちのステッカーを見ながらお話しされてます
走る広告塔ですよ!!


そんなアイテムも残念ながら本州の観光地には無い
各県の観光課の方々 
自撮りの背景になる観光地の名前入りの物と
ステッカーをお願いします 旗(フラグ)でも良いよ!


雨の中を走ります 徳島県に突入 14:59
イメージ 6
今日は徳島市のネカフェで激ちん予定



雨の中 気温も数日前から下り気味
15度で雨がカッパ伝いで冷えます
温かい汁物がご馳走ですねぇ〜
マイクロフリースを着込みグリップヒーターを入れました。
イメージ 7
コンビニの小さな軒先で濡れながら数分待つわびしさ
コンビニの軒先をもう少し伸ばして欲しいのよねぇ〜


寒さや眠気と戦いながら
今日は早めにお宿に到着 19:06
イメージ 8
ココは駐車場は有るが
2輪の駐車場に屋根がない
カッパを脱いでバイクに掛けれない
濡れてるカッパ姿で受付しました(笑)

イメージ 9
明るい内に距離を稼げました
アドバイスをありがとう m(_ _)m


明日はフェリーで和歌山へ
後は走り慣れた道です
いよいよ、自宅ですねぇ〜




ポチッとして欲しいなぁ〜

この記事に

10月14日(土)

ビジネスホテルの朝
豪華な朝食をゆっくりいただきます
イメージ 1


昨晩のリアのランプ 小さな懐中電灯をガムテープで・・・
イメージ 5

フロントは口径こそ大きいが小さなLEDがいっぱい点灯するランタンを
これまたガムテープで・・・
よくこの様な装備で走ったものです
イメージ 6



ヒューズは2つ合って サブの10Aが切れてますねぇ〜
イメージ 4



近くのバイクショップを探して
ヒューズを3つゲット (これ以上使う事は危険ですから)
イメージ 2


ヒューズが切れるとは??

ショートしている?  →  ヒューズ交換後スグに切れる
しばらく走れましたので、回路のショートでは無いと思われる

不安定な電流が流れる要素を持った電気関係は??
灯火類はすべてLED化している中で
ヘッドライトが一番消費電力が大きく
LEDとコネクターの間に電圧制御用か?
ブラックボックスが付いてます!!
怪しさ満点!!

とりあえず、外して様子をみます!
イメージ 3






最悪、ヘッドライトなし(無灯火)で夜道は非常に危険な為
原点に戻り
ヘッドライトのバルブ(電球)を買い求めました
イメージ 7



ヘッドライト無しで、アイドリングや空ぶかしでもOK
とりあえず、走り出します!!!  もう、お昼です〜〜
12:01



スグに休憩 スーパーで弁当を買って食べました 12:16
祭りの飾りつけです・・・
イメージ 8
スーパーで遠い所からごくろうさんと声をかけて下さった奥さんアリガトウ


道の駅MICでソフトを食べる 愛南ゴールドとは柑橘系でした?! 美味しかった
13:45
イメージ 9
無事に走れてます!!!(嬉)


県境です ここから高知県 どんどん南下します  14:12
イメージ 10


小さな岬です?  猫がいっぱい居ました 道の真ん中に散在して逃げない!!
15:06
イメージ 11


ようやく、到着しました
足摺岬 16:06 今にも降りそうな雲です
灯台は歩いて数分の所ですが先を急ぐので・・・
案の定 ポツリ ポツリ と雨が
イメージ 12



17:42
もう、真っ暗です
LEDヘッドライト無しで順調に走れてますので
やはり、怪しいのはアイツ!!
雨の中、電球を装着して見事点灯!!
ヒューズは切れない (嬉)
周りのLEDの白にくらべて、やはり暗め
イメージ 13


雨も本格的なので靴カバーを装着
イメージ 14
電球のヘッドライトは暗いのですが
光の光軸と言うのでしょうか 満遍なく広がった光で
LEDの少し偏った照射と違い見やすいです



夜の山道、しかも雨 自動車でも路面が見にくいのに
小さなヘッドライトでは道路の輪郭すら分からない
バイクは道の先が見れないとカーブ等では危険がいっぱい!!
センターラインやサイドラインを目を凝らしてみますが
山道ではラインが擦り切れて見えない!
対向車のヘッドライトの幻惑されるし
風防やヘルメットのシールドに着いた雨粒が対向車のヘッドランプを
無数に拡散してくれる・・・トホホ!

街に出ると、街灯がありがたい
店の明かりがありがたい
道路が見やすいからです
山道では2〜30km/h
街中では4〜50km/hで走れます
この差は非常に大きいです 
山道のカーブだけでも街灯欲しいぞ!


正直 つらいです
眠気も襲ってきます 
コンビニでコーヒーと甘い物を採って気力回復
イメージ 15

夜のコンビニで 自分もクロスカブに乗ってるぞぉ〜と
お声がけ下さり ショートタイムの歓談 アリガトウ


次のコンビニでは暖かいスープパスタをチョイス ほっこりします
イメージ 16


15日 00:00 高知市内のネカフェに到着です 
イメージ 17

ソロのロングツーリングは耐久レースですね
人生の孤独や我慢や楽しさをいっぱい詰め込んで走ってます・・・・
サバイバルなアドベンチャー・ラリーかな?

イメージ 18
昼からですが、夜中まで走ったので距離が伸びてます





ポチッとして欲しいなぁ〜


この記事に

バイクの電気系統トラブルにつき
前半は画像のみですが
お許し下さい。  (TT)       m(__)m


道の駅「つの」で ぶどうソフトがめちゃくちゃ美味しかった
イメージ 1

最近の道の駅は 看板(名前がわからん)が無い所が多い
イメージ 2


九州も宮崎県から大分県へ入りました
イメージ 3


小さな小さな郵便局、郵貯銀行はあるのかな?
女性の局長さん一人がすべて行ておられます
無事、出金できました!
イメージ 4


大分県から四国の愛媛県へ渡るフェリー
乗り場に着いた時にフェリーが出港してました (;_;)/~~~
イメージ 5


国道九四フェリー
イメージ 6


およそ一時間の待ち時間
イメージ 7


やっと次の船が来ました、大きな口を開けて・・・
イメージ 8


一番最初に乗り込みました、きちんと固定されてます
イメージ 9


四国へ上陸です 辺りは真っ暗
イメージ 10


ガソリンスタンドで給油し
いざ出発の時に ヘッドライト、テールランプ
ウインカーが点かない
スタンドのおじさんがヒューズが切れてない?
見ると、10Aのヒューズが切れてました
予備のヒューズに入れ替え
点灯確認して出発しましたが
イメージ 11


途中で消灯(T_T)
手持ちの懐中電灯をガムテープで後に固定
イメージ 12


前は、LEDランタンをガムテープで固定
イメージ 13
メチャクチャショボい明かりで
真っ暗な峠道を走るのはメチャヤバイです!


別系統(メンテナンスカップラーからの配線)は
生きているのでカーナビは使えてラッキー
イメージ 14
30km程の行程を走り抜け
ようやく宇和島のビジネスホテルに到着

バイクの電気系統トラブルと雨模様なので
出発出来るのか?





ポチッとして欲しいなぁ〜




この記事に

10月12日(木)

このブログを色んな方々見て頂いてます
旅先でお話させてもらったライダーさん

大阪や北九州市のカブ仲間さん

自宅で通っている内科の先生や
受付の方々も(笑)

皆さんの声援を力にして頑張って走ってます
(^^)v         (^.^)/~~~




さて、今日は 本土最南端の佐多岬へ行きます
片道およそ100kmで往復で200kmに成るので
1日の行程としては充分な距離です



走り始めて、看板にようやく佐多岬の文字が
イメージ 1


キレイな海岸線を気持ちよく走ってます
イメージ 2


途中、道の駅で売っていた アサヒガニ
大阪では見れません 変わった形ですねぇ〜
イメージ 3



名物のさつま揚げ
柔らかく美味しいが、甘みが勝って
個人的にはもう少し塩気が欲しいです
イメージ 4


海の色が半端なく透明でキレイです
イメージ 5


ゲートが有ります ココからまだまだ走りますが(笑)

イメージ 6


最南端の郵便局も
イメージ 7


北緯31度のモニュメント
イメージ 8


逆光で写りが悪いですねぇ〜
超メタボな堺の風車です
私の右手 握りこぶしの下が灯台です
イメージ 9

近寄って撮ると
イメージ 10
途中に展望棟を建設中で、灯台には行けません


少し戻った ホテルで ステッカーを購入
北海道で日本一周しているカブに貼っあったので
忘れずに購入です
イメージ 11

売店や役場でもらえる、日本本土四極 最南端証明書

イメージ 12


4枚集めると こうなります
イメージ 13

最西端の神崎鼻はメールで写真を付けて申し込みましたら
「家に着いたよ!」と連絡がありました(嬉)


北海道の最北端と最東端もメールで申し込めないかなぁ〜



鹿児島湾を越えて、向こう岸に見える
薩摩富士こと開聞岳が見えます
イメージ 14


陽も西に傾き 海の上にベールの様な光芒が
イメージ 15


スーパーで見つけた 鶏のタタキ 肉厚 旨し
イメージ 16


真っ暗な山道を 心寂しく 長々と走って
ようやく街の明かりが眩しい
今日のお宿に到着 21:38入店 宮崎加納店
宮崎県に入ってますよ(^.^)/~~~
イメージ 17


明後日は雨模様なので、すこしデモ距離を稼ごうと
走りましたが、真っ暗な山道は怖いし疲れました

今日の行程です
イメージ 18


明日は大分県で四国に渡れるか?



ポチッとして欲しいなぁ〜


この記事に

10月11日(水)
自宅を出てから9日目です

西郷隆盛の像と記念撮影
イメージ 1
小型バイクだから出来る事です 


仙厳園:ここは旧薩摩藩主 島津家の別邸と庭園でゆっくり見学しました!
イメージ 2


広くキレイなお庭に絶滅危惧種の松も
イメージ 3



旧集成館機械工場も合わせて見学
その門前から桜島を望む
イメージ 4


また、その隣には薩摩切子のお店でウットリ
ココは以前、二回程 訪れ 薩摩切子を購入しているのでサラッと流すが
やはり、手に取って見入ってしまいます
イメージ 5
今回は、買いません 買えません(笑)


眼の前の国道を渡り 鹿児島紡績所跡から
バックに桜島を入れて記念撮影
イメージ 6

お昼は元気づけにペッパーランチでガッツリ
イメージ 7


開聞岳(薩摩富士)をバックにヤシの木が南国チック!
イメージ 8



JR日本最南端の駅です
北海道 稚内駅はJR最北端の駅 7月28日に訪問

イメージ 11

夕日が開聞岳の上に沈む・・・
イメージ 9
ココも2009年にジルっちで来てます



カブちんも記念撮影です
イメージ 10



駅をあとにするともう日暮れ


今日も暑かったので銭湯へ
イメージ 12


天然温泉です
イメージ 13
料金は銭湯の390円でした

明日も鹿児島湾の東側 最南端の佐多岬を目指すので
少しでも寄せて行こうと頑張って夜道を走ります
夜道はみなさんギンギンに飛ばします
(百均で反射タスキを買いました! 安全対策)



定宿のネカフェ 快活CLUB霧島国分店 22:20入店
イメージ 14


今日は、午前中にゆっくり見学してたので
距離は少な目ですが満足です(笑)
イメージ 15

明日は最南端 佐多岬ですよ〜






ポチッとして欲しいなぁ〜

この記事に

10月10日(火)
連休明けです
昨夜のお宿です
詳細はホームページで確認してください

バイク置き場には?なんと
ヘルメットロッカーが設置されてます
大きなヘルメットやプロテクターを外して
ロッカーに入れて身軽になってお風呂に入れます
イメージ 2
コノ施設だけでも感動しましたね
ライダーに優しい(嬉)


熊本市内なので、熊本城へ
去年と変わりなく痛々しい限りです
イメージ 3

基礎となる石垣が崩れて、全体的にたわんでいます
イメージ 4

国道3号線 まっすぐ行くと鹿児島 
鹿児島の文字が私を呼んでいます
イメージ 5



道の駅 竜北
イメージ 6


コノ道の駅は震災時も情報館をオープンにして
寝泊まり出来る施設が有り
平日でも畳に横になって休憩可能
電源も有り、ライダーも利用可能だとか
イメージ 7


イメージ 8
暑すぎるので
風防下の風止めを外しました

ココで北九州市から大型バイクで日帰りツーリングしている方からお声掛けされ
しばらく歓談! 楽しい時間です


丁度 お腹も空いたので カツ丼
ご飯が見えない程の大判のカツ丼
さすがの私も大満足
イメージ 9


暑いので、シャツと靴下も洗ってボックスの上に
(パンツ既に乾燥し取り入れ済み)
イメージ 10



暑い中、少し風通しが良くなった愛機を走らせます


休憩に立ち寄った駐車場は
つなぎ温泉の駐車場
イメージ 11
出発前に、NHKの番組でぐっさんがトラックに乗せてもらい、国道3号線を博多から鹿児島に行く番組で
寄ってました!
時間が無いのでお風呂は
次回に(泣)



石造りのアーチ橋も良い感じ
イメージ 12
暑いので、シャツに水を掛けて濡らし
胸部プロテクターの内側のスポンジも濡らして走る
かなり効果的(嬉)

トンネルでは寒かった(笑)



道の駅 水俣で休憩
眠気覚まし
SRに乗った若者と歓談する
大きさこそ違うが同じライダー
話は色々と弾む



夕陽が沈む頃もアイスで休憩
眠気覚ましも含めて
イメージ 13

リンガーハットのカップ麺は初めて見ましたよ
イメージ 14

海岸沿いの道の駅 阿久根 真っ暗です18:47
イメージ 15


鹿児島県薩摩川内市のコンビニで
軽く夕食 気分転換になります19:17
イメージ 16




ココで発見!?
リアボックスのストップランプの一部が消灯
全壊も同じ所です
交換して間無しなのに
ダメですねぇ〜
イメージ 17


コンビニでアメリカンに乗った2人連れと少しお話させてもらいました
アメリカンのライディングスタイルに憧れます
イージーライダーの世代か?



21:41ようやく鹿児島のネカフェへ到着
イメージ 18
隣には富山のバイクが!


朝はゆっくり出発し
休憩の頻度も多く
時間も長めで
あまりにも距離が出ませんでした
夜間走行は出来るだけ少なくしたい
反省!

イメージ 19

九州のでも南の鹿児島です
良く走りました 満足






ポチッとして欲しいなぁ〜


この記事に

10月09日(月)
連休最終日ですが
カフェカブ九州の日です

少し早めにネカフェを出ると
リトルカブで出発準備の若者
広島?から来たとか
イメージ 1

ホンダの工場に着いたが長蛇の列
今回も前回の大津で有ったカフェカブ同様
写真撮影がされてて、受付が大渋滞
イメージ 2


300台以上集まるとスゴイです
イメージ 3


こんなシッポの有るカブや
イメージ 4


チョット渋めのカブや
イメージ 5


なかなか粋なカブなどイッパイ
イメージ 6

人気投票の後はお待ちかねのパレードラン
イメージ 7
全員が工場隣のサーキット会場へ
この時とばかりにギンギンにチューニングしたカブが後ろから軽く拔いていきます

社員食堂で昼食
工場見学など楽しい内容で一日が過ぎます


ココ九州熊本で
北海道旅行の帰りに竜飛岬で会った日本一周中の青年に再会したり
大阪で通勤途上すれ違うカブ主さんは、今年も来ていて再会出来た
名古屋のアクティブウーマンは
大津に続いてココ熊本でもボランティアスタッフとして活躍してました。
勿論、毎回、京都のカフェカブに来られている北九州市のメンバーにも再会
兵庫県から一人で初参加の女性とか
色んな方々とお話出来ました

ブログ見てるよ!とお声掛け頂いたり(嬉)

カブ主の集まり 特殊な集団でしょうが
本人達は極めて良い人ばかりです




殆ど一日中立ちぱなしだったので疲れました
今日のお宿は24時間営業のスーパー銭湯

お風呂上がりの冷たいビールが最高
甘酢鶏南蛮も旨し
イメージ 8
仮眠室も色々と有って
ヨク寝れましたし
3回もお風呂に入りました

朝食セットも
お代わりして満足
イメージ 9


さて、カフェカブも終って
今日から後半戦
鹿児島にむかいます

62才 青春してます(狂い咲きですが)


ポチッとして欲しいなぁ〜

この記事に

10月08日(日)


ネカフェのモーニングをW(ダブル)にした
無料→100円 コレでも安い
イメージ 1


外に出ると明るく清々しい(店内は寝のに支障ない様に暗い)
イメージ 2


長崎なので平和公園へ行きました
イメージ 3

まず、バイクの駐車場が有りません
上に上がって銅像の見える場所で
車は中に入れないので
歩道付近に止めてようやく記念撮影
イメージ 4


長崎市内でガソリンを給油し、走り出します
(ガソリンが日々高騰?)



諫早市に来ました
堤防道路と呼ばれている
諫早湾干拓用堤防の上を走ります
イメージ 5
走りたかった所です
漫画ばくおんでも走ってましたね!


ずーと一本道(堤防道路に入る直前)
イメージ 6


堤防道路の中間地点
雲仙多良シーライン休憩所と言うらしい
イメージ 7
駐車場で隣に居たワンボックスをキャンピングカーに仕立てたおじさんと30分程話し込んだ



歩道橋に上がるとシーラインがよく分かる
イメージ 8
右が外海(キレイ)
左は干拓側(???)


海を2つに分けて堰き止め干拓
国のビッグプロジェクトだが
賛否両論で今でも揉めている
作る事が問題だったのでは?
イメージ 9


シーラインを超えると
道路沿いにかわゆいオブジェ?
イチゴのバス停
イメージ 10
スイカも有ります メロンも有った!
イメージ 11
チョット心が和みます



お腹が空いたなぁ〜と思う頃
小長井町漁協直売店に吸い寄せられた(笑)
イメージ 12


テントを張った露天にはワタリガニが並べてあります
弁当類も有り
カニ飯と脱皮直後の甲羅が柔かいカニの唐揚げ
イメージ 13


満月の時期に脱皮するらしく
時期限定、超レア物をメチャクチャ美味しく頂きました(幸せ)
イメージ 14
愛妻弁当を食べて居たお店のお兄さんと一緒に食べながら
ご当地の美味しい食材の話を聞きながら
楽しいひと時でしたよ
今度は生ガキ、焼き牡蠣をたべに来てと!

お店のお姉さんが入れ替わり色々差し入れしてくれます
牡蠣フライ、お茶やミカンも頂きました m(__)m




ホームセンターでレッグシールドの修理
イメージ 15



昨日以上に暑いです 30度超え ( 一一)
アイスで体を冷やすが一時の事です
イメージ 16

暑いと走る元気も無くなり
疲れだけが溜まる

イオンで店内の休憩所にあるベンチでウトウト
疲れたら、休憩が必要です



陽も沈み、真っ暗な道を走るが
ヘッドライトがショボいのが痛い


夕飯は弁当屋さん? 熊本では有名なチェーン店のようで数店みました
イメージ 17



牛ホルモンうどんとおむすび
イメージ 18
ピチピチと鉄板から美味しそうな音と共に
ニンニクたっぷりの美味しそうな匂い
モツもたっぷり入って大満足



ようやく、熊本市内のネカフェ
イメージ 19


今日の行程は予定通りでしたが
暑かった
イメージ 20
明日はカフェカブ九州だ!
ワクワク(^o^) (^^)v



ポチッとして欲しいなぁ〜

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事