ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!
カブプロ110JA07

JA10のカブと違い、レッグシールドが分割していない
全面的に白なので
短足の年寄オヤジは足が上がらず傷がドンドン増える
(>_<)  (-_-メ)  (T_T)


何とか成らないかとアイデアを絞り出す
レッグシールド・プロテクター

今回はメタリック調で行ってみました
イメージ 1 イメージ 2


横からも少し幅があります
イメージ 3


立体を平面で覆うにはかなり無理が発生します
遠目で見れば・・・ まぁ 良いかぁ〜!
イメージ 4
以外と行けますね
こんなカブ見た事ないでしょ! (^^)v



イメージ 5

この記事に

未だ、カブ110が2台体制ですが
暦の上でも冬になり
寒い中を走るには風防が不可欠

14日に、すっぴんのカブプロで朝、プールに行くが
メチャメチャ寒い (T_T)


帰宅後、早々に移植手術にかかる


ミラーの幅が違うので
風防の金具を付けると少し幅が広がり
シールドが取付不可能(>_<)
やむなく、ドリルで穴を開けてフィッティング
イメージ 1


風防を外された JA10
かなり可哀そうな姿に
イメージ 2
逆にスッキリしたのかも?


風防の下
前垂れ部分がJA10のヘッドライト、ウインカーの
穴が開いているが、無いよりマシなので付けてます
イメージ 3

巨大風防、ナックルガード、ハンドルカバーと
上半身はプロテクトされたので寒さは半減!
むしろ80%減でしょうか!
それだけの効果はあります。

通勤、お仕事のスクーター、カブ、バイクなど
風防ナシで走っておられる方が信じられません(@_@;)

一度、風防の威力を体感すると
戻れませんねぇ〜
特に雨が降ると・・・効果は3倍増しに!!


是非、一度経験して下さい

この記事に

キャンカーディーラー主催のキャンプ大会

10日(土)は久々のキャンプ場なので
サイドオーニングを広げ
椅子を出し、食卓の設営や火起こし
7輪で焼き肉等をしていると時間の過ぎるのが早い


夜の宴会も 旧友に再会したり、キャンプ大会の常連さん達と歓談してアット言う間に終わりました

本州最南端の地 串本の夜は満点の星空が
出迎えてくれました

明けて11日(日)もキレイな朝です
ズラーッと並ぶキャンカー
イメージ 1

水平線を見ながら入浴出来るお風呂は
この下に有ります
イメージ 2

キャンプ場の半分が見渡せる?
朝の風景
イメージ 3
ゲームや製作コンテストの表彰式や
全員集合の記念撮影が終わると
ソロソロ撤収です
お昼前にはキャンプ場を後にしました

ーーーーーーーーー
せっかくなのでのプチ観光を

串本の大島 その先端には
トルコ軍艦遭難慰霊碑や灯台が有る
イメージ 4

1890年この島の沖合でトルコ海軍の軍艦が台風で遭難し多くの犠牲者が出た
串本の住民が総出で救出して69名が生還出来たとの事
イメージ 5

この沖合で座礁したのだろう
イメージ 6


近くの樫野埼灯台
イメージ 7

1870年6月に灯台の明かりが灯った
イメージ 8

沖合の岩に砕ける波が青い海を見せてくれる
イメージ 9

トルコの船員はココを泳ぎ
灯台付近に登って来たのだろう
イメージ 10

先端に有る灯台を見たあとは
Uターンして戻る

途中
トルコの民族衣装でお出迎えに誘われて
串本町トルコ文化協会のお店
イメージ 11

トルコランプがキレイに飾られて
イメージ 12

チャイ(紅茶)を頂く
イメージ 13
金属食器棚名共展示されてエキゾチックな
空間と時間を過ごしました


歴史街道を散歩も良いが
お腹がペコペコ 気が付けば午後2時
駐車場入口の喫茶レストランLa lapinに入る
せっかくなのでトルコ風のメニューに挑戦
イメージ 14

ケバブライス チキン:私
イメージ 15

ケバブライス ビーフ:家内
イメージ 16
どちらも凄く美味しいランチでした

キャンプ大会で何度もお会いしている方から
教えてもらった
JR紀伊有田駅のアート
画家のまつお ゆめさんの作品だとか
イメージ 17

駅舎の内側に奇妙だが明るく楽しい
イメージ 18


駅のホームにもバッチリ
イメージ 19

部分アップ 良く見ると色んな魚や生き物も
イメージ 20


更に車を走らせ北上します
景色のキレイな所で撮影
夕陽が徐々に水平線に近づいてます
イメージ 21


和歌山県 道の駅:すさみ
全面オレンジ色の日没
イメージ 22
見れて良かった

ココでおやすみなさい💤

この記事に

2018年11月9日(金)
ディーラー主催のキャンプ大会へ
久々の参加
南紀 串本 大島まで
朝の6時台に出発

北海道から帰って以来のジルっち
北海道でも家内が運転なので
超久しぶりのジルっち(^_-)


今日は紀伊半島の山中を走ります
十津川が見える頃
雨に濡れた紅葉もキレイ
イメージ 1
走っているだけでも癒やされます


丁度 お昼前に 奈良県 道の駅 十津川郷
足湯に入って
めはり寿司を喰らう
イメージ 2


ココの1つ150円のめはり寿司が美味い
塩昆布と高菜の茎を混ぜた飯は絶妙な旨さ
イメージ 3
製造者:松田さん ご馳走さま


更に南下して 本宮大社を過ぎた辺りから右折
湯の峰温泉へ
イメージ 4
チャポンと浸かって250円は
絶対オススメ チト熱めですが
疲れが取れます


新宮に入りスーパーで買った
地元の生マグロをアテにお酒がすすむ君(^^♪
イメージ 5



夏場、北海道で冷えない冷蔵庫も
今日はしっかり仕事をしてました(笑)
イメージ 6



雨が降ったり、止んだり
和歌山県 道の駅 那智でお泊りです
イメージ 7

食後、ひと寝入りして
やっぱり深夜のブログ執筆?

この記事に

カフェカブ青山から帰宅したら
友達から東京に行ってる間
BS11のMOTO RISEと言うバイクの番組

イメージ 1
毎週金曜日 よる10時30分〜11時00分
11月2日(金)放送分でスーパーカブの事やってたと
わざわざDVDにダビングして頂いた

この番組は先日のブログにも書いたが良く見てますが
フェリーの乗って東京へ向かう最中なので見れなかった

カフェカブ青山のゲストのリサさんも言ってた
「Hondaエコマイレッジチャレンジ全国大会」の様子もあり
録画をチェックしていると

今年のカフェカブ九州の内容が映ってました

10分51秒
そして、全面にカプリコ号、切株号
その後ろになんと!
DAXさんと話をしている
カフェカブ北海道のTシャツを着た私の醜態が! <(_ _)>
イメージ 2


10分58秒
さらに
中島さんの後ろ 黄色の旗がパタパタしてる
白いリアボックスの愛車カブ君が (^^)/~~~
イメージ 3


番組のHPはココ

BSオンデマンドなら11月9日までネットで見れます!
イメージ 4

11月16日(金)には再放送もあります
イメージ 5


私の事はさておき
スーパーカブの事が色んな方面から
解り易く解説された番組です

カブ主の方も、そうでない方もぜひご覧下さい。

番組中 中島さんが
「彼らはカブをライフ・ツール 
   生活の楽しい道具として乗ってる」

名言だと思います

みなさん 楽しみましょう!

この記事に

2018年11月3日(土)
東京湾の日の出を船上から
イメージ 1

入港時刻が少し早まってます(^^)v
イメージ 2

レインボーブリッジかな?
イメージ 3

フェリー埠頭から十数kmの
超短距離、短時間で青山のホンダウエルカムプラザ

入口の裏手でバイクと共に写真撮影?

表に回ってゼッケンNo.50
イメージ 4
青山はネットで申込み
受付番号が返信されます
コノ受付番号によって
現地入りする時刻が決まります
私は予約番号106番で8:00〜9:00までの受付

早く着いた人は、周辺も路駐出来ないので
ウロウロ走ってます(@_@)


首から下げるゼッケンには
記念品引換券、ドリンク券2枚、人気コンテスト投票用紙、スケジュール表などいっぱい入ってます
ちなみに、左上のモンキーはガチャポンメーカーの方がB級品で配られてたのを頂きました
イメージ 5


一階の展示コーナー
複数のバイクに跨がれます
私もモンキー125とレブル250に跨った(^^♪
イメージ 6

2階にはカブラ
イメージ 7

CT50だったかな?
イメージ 8


参加者がドンドンと増え
色んなカブを拝見します

ミニカブですが
エンジン、マフラーや金属部分が
イメージ 9
綺麗に彫刻で飾られてます
イメージ 10

カブの3輪モデルが2台も陳列
イメージ 11

何かスッキリした雰囲気
イメージ 12

こちらは革仕様?
イメージ 13

クロスカブも工夫され
イメージ 14

今日のゲストの1人リサさん BS11で見てます
イメージ 15
お声掛けしたら気軽に写真オッケー(*^^*)

BS11モトライズ バイコメンバー
イメージ 16
何時も見てます(^_^)v

ゲストの方々のカブも展示されて
イメージ 17


ココから数点は私の二代目
カブプロJA07の参考資料
イメージ 18
岐阜のコンプリートモデルか?

プコブルーでヘッドライトはクロスカブ
イメージ 19

ダブルヘッドライトにLEDライト 三つ目
イメージ 20


クロスカブも塗装でかなり変わりますね
イメージ 21

カブラ キレイ
イメージ 22

こちらも
イメージ 23


更にカブラ
イメージ 24

投票時刻も終わり

バイクフォーラムが始まりました
イメージ 25

司会の方もバイク乗り
イメージ 26

新型C125の開発まとめ約の松本さん
熱心にゲストと共に語る
イメージ 27


女優、ヨガ講師の下館あい さん
イメージ 28

モデル、リポーター 下川原 利沙 さん
イメージ 29



さて、引続き
人気投票の発表と表彰
入場の時の写真がスクリーンに
この為の写真撮影だったのか(^_-)
イメージ 30

観客もぎっしり居て当選者を見守る
イメージ 31

第一位はミニカブに彫刻を施した方
イメージ 32
他にも人気投票の入選者は
上の写真の方々がホボ入選されてました

ジャンケン大会も勝ち残る事も無く

楽しいカフェカブ終わりに(¯―¯٥)

記念品はピンバッジ
Tシャツとばかり思っていたら
青山はピンバッジだとか(*_*)
イメージ 33
2018年カフェカブ コンプリート記念に成ります

食料、アルコール類をコンビニで仕入れ
フェリーヘ
イメージ 34

東京では日帰り状態でしたが

距離や移動時間、その間の宿泊代、食事代を考えると
フェリーで東京も有りだなと強く感じました
何しろフェリーから青山までめちゃくちゃ近い
フェリーではゆっくりお風呂に入って
リラックス

九州の方も再考の余地は有ると思いますよ
宮崎の方がフェリーで遠来賞でした\(◎o◎)/














この記事に

朝、3:30に目覚め 起き出した
出発準備をして
5:30には家を出る
外気温は9℃ 走れば更に体感気温は下がる

およそ2時間走りました

早朝なので空いてますが
もう、11月です 完全に冬ですね
7:40 和歌山の南海フェリー切符売場
次の乗船は8:30
イメージ 1


8:19 乗船して愛社の固定を確認
イメージ 2


2時間後 無事に徳島上陸

さて、次は

およそ1km程走って
また、フェリー乗り場?
今度はデカイ( ゚д゚)
イメージ 3

フェリー 【りつりん】
行先表示を確認 東京行き 
イメージ 4

乗船手続きで切符入手
イメージ 5
大阪から東京行きのフェリーは無くて
徳島経由で
東京へ行って来ま〜す?(^.^)/~~~

行き先は?
カフェカブ青山

スーパーカブの集会です
2018年カフェカブへの参加は

5月27日 大津 湖岸なぎさ公園
イメージ 6


7月29日 北海道 洞爺湖
初めて北海道でカフェカブが開催された
丁度、カブでも北海道旅行中なので参加
イメージ 7


10月8日 九州 HSR九州&ホンダ熊本工場
イメージ 8

いつもは、大津と九州に参加ですが
今回 初の北海道での開催に参加出来

残るは 
11月3,4日 東京青山で開催される
その3日の申込みに間にあったので

東京青山へ

カフェカブ 各開催地 コンプリートを
目指します(^^)v


初めての東京
参加者の皆さん  
お声掛けヨロシクお願い致しますm(__)m

この記事に

木曜日
北海道以来 久々に台所に立つ

北の大地からお土産で買い求めた
スープカレーの元
今日は作って見ました

イメージ 1
手羽先を炒めて取出し 鶏の油で
じゃが芋、人参、玉ねぎも
続いて炒めて水煮

その間に手羽先を別のフライパンに
蓋をしてじっくり焼く
その油で舞茸、ピーマン、エリンギ
茄子も炒めて取り置く
火が通った水煮具材にカレーの元を投入
味を調整して出来上がり
スープカレーに焼き手羽先

ご飯に炒めたエリンギ、ピーマンをあしらい
イメージ 2

スプーンに少しご飯をすくい
カレーの皿でスープを合流
口の中でミックスされた旨さが拡がる

たまには、スープカレーも良いものだ


この記事に

カブで引くリアカーの接続走行テスト

先日、加工した後輪の車軸ナット交換部分に
リアカーを接続してみる
こんな感じである
イメージ 1


車軸の延長の様なロングナットに
リアカーの接続部分は割りを入れたパイプ状
イメージ 2


すっぽりとハマる(当たり前)
イメージ 3


手前(画面では左)の穴からロックボルトで
中心部にネジ込み抜け防止!
イメージ 4



更に、パイプの割りを入れた部分を締め込みフィッティング
更に更に車軸の反対側(画面右側)に
抜け防止のワッシャを付けたボルトをネジ込む
イメージ 7


カブプロ110につなげると軽のワンボックスと同じ長さに
イメージ 5
リアカーの後ろはスライドして長く伸ばせる
伸ばしてコンパネを上に載せる予定なのだが
想像以上に長くなるなぁ〜(@_@;)

ご近所を周回・・・出足は抵抗あるが重たくはない

国道に出てみて直ぐに帰宅
加速して速度が乗れば問題ないようだ
勝手に後ろが付いて来るようだ(^^)v

ただ、他の車から小さなバイク(カブ)でも視認性が悪いのに
その後ろに地上高の低いリアカーは
黒いので余計に見えないだろうと帰って来た
他車から分かる様に旗竿でも立てないとなぁ〜

家に帰り駐車場に入れる
リアカーの左右タイヤに気配りをする
さらに、体制を整えるのにバックする時が大変
いわゆるトレーラーを牽引してバックするのと同じ
ハンドルを逆に切ったり△?〇?×?☆?◆?
メチャクチャ慣れが必要だ(>_<)
イメージ 6
小さなリアカーなので接続を外して
手押しなら問題なく小回りオッケーなので最悪は外す(-_-メ)


ほんの数十分 しかも走行時間より取り回しの時間が長い
そんな短時間だったが接続走行テストOKでした(^.^)

カブプロJA07本体側の快適化もこれからなのに
リアカーまで手が回らないのが現実

取りあえずの 接続走行テストでした(^^)/~~~

この記事に

リア車軸のナットを交換する際に
右側のマフラーが邪魔でネジを回し辛い

マフラーを吊り下げているスイングアームのネジを弛め
エンジンとマフラーの取り付けネジを弛めて・・・
以外とネジがキレイ(マフラーの一部は錆びているが)
イメージ 1


ついでにマフラーを抜き取り点検
カーボンが付着してます(ピントが奥に(>_<)) 
イメージ 2


カーボンだけで無く入り口付近が滑らかで無く角張ってます
少しヤスリで削ると滑らかになって排気も滑らか?
イメージ 3


ヤスリやリューターで一生懸命に角を無くす面取り作業
イメージ 4


どんどん滑らかになって行きます
イメージ 5


もっと、もっと 美味しくなぁれ?!
ちがった 滑らかになぁ〜れ 
イメージ 6


今日はこれぐらいで 許しといたろぅ〜(-_-メ)
イメージ 7

マフラーの入り口の角を取る面取りでしたが
ココまでするとポート研磨に類するような気がします。

多分、滑らかに排気が出来る事でしょう (^^)/~~~


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事