ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!
2019/02/18
07:04 太陽の温かい色が窓ガラスから感じられる
足寄駅 旧の駅舎だろうか
食堂のようでした
イメージ 1

07:21 外気は−8.0℃ マイナスだが一桁
イメージ 2

08:59 エントランスのステップ
靴に付いた雪が溶けずに圧雪→氷になって
靴を脱ぎ着する時に滑らない様に氷を砕く
イメージ 3

11:26 道の駅:ピア21しほろ
水出しコーヒーの器具がカッコいい
イメージ 4

一杯いただく 香り高いコーヒーです
イメージ 5

12:19 柳月スイートピア・ガーデン
イメージ 9
もしや、と思い行ったが例の物は無かった
明日に再挑戦だ!


13:15 インディアンカレー音更店
イメージ 6
ココに来るとこれを食べないと始まらない

14:24 帯広競馬場
ばんえい競馬を見学
力強い馬たちを見ると「がんばれ」と心の中で叫んでいる
イメージ 7

砂地の坂道 鉄のソリに重りをのせて力いっぱい登る
イメージ 8
騎手のムチが響く!
頑張ってぇ〜〜!

17:50 最終レース少し前まで観戦
暗くなってライトアップされるが
寒さは応える


18:10 モダ石油で給油

18:28 道の駅:おとふけ
トイレ前1丁目1番地 いつもの場所に停めて
今日はココでお泊りです


今日の走行は
イメージ 10

この記事に

2019/02/17
06:08 車外の気温が−5℃ 一桁です!
天気予報どうり暖かくなる気配がします
イメージ 1

昨晩、お話させて頂いたキャンピングカーの方とツーショット
イメージ 2

08:25 道の駅:網走を出発
日曜日とあって朝ドラを見なくて良いので
少し早く出発出来ます。(^^)/


08:59 一面真っ白な雪の原 北海道らしい広大な景色
イメージ 3
青空も一部顔を出し、道路はキレイで走り安い


09:10 スーパーで買い出し

11:06 道の駅 あいおい で クマヤキをゲット
イメージ 4
お腹がすいていたので2つ一気食い(*_*;




11:40 阿寒アイヌコタンに到着
イメージ 6

ショッピングに行く前に
バスコンのキャンピングカーの方から
お声がけ頂く フェイスブックのキャンピングカー倶楽部の方でした
名刺交換、記念撮影、冬の北海道情報を頂きました


イメージ 5
アイヌコタンで小物を購入、家内も土産をゲット


12:42 昼も過ぎ、次の休憩まで結構走るので昼食にする
イメージ 7
朝に寄ったスーパーで買ったお寿司だが
クマヤキを食べたので・・・
クマさん1つで良かったなぁ〜(~_~;)


食事中、車内の温度計をみると
外気は+1.5℃だ!
初めて体験するプラスの気温(@_@)
イメージ 8
天気予報は当たってる
最高気温はプラスだって言ってた


お腹いっぱいの食後
睡魔と戦いながらジルっちを走らす
ようやく到着した
14:37 道の駅:あしょろ銀河21
イメージ 9
トイレに行って、温かい駅内の椅子に座ると
ウトウト・・・Zzz
家内が心配して偵察に来たが
気持ちよく寝ていたので そのまま
ゆっくり寝させて頂いた

次に走る気力も消え失せ
今日はココでお泊り体制に移行

夕食はベビーホタテとアスパラしめじ炒め
イメージ 10
ベビーホタテだが、大阪で売ってるより大きい
肉厚があって小さいながら口の中でいっぱいになり食べた感が有ります
(*^^*)

今日の走行はこんなもんでした
イメージ 11
別にあわてる旅で無し
気ままな二人旅
明日も温かいと良いなぁ〜 \(^o^)/

この記事に

2019/02/16
道の駅:流氷街道網走です
大型の駐車場に観光バスがどんどん入り
右も左もほぼ満車状況
イメージ 1


一般車両の駐車場もいっぱい バスがまた来たぞ!
イメージ 2


天気も良くソーラの発電も良い調子
イメージ 3



網走流氷観光砕氷船おーろら号
イメージ 4
前述のガリンコ号とは違い
船首は丸く頑丈そうです
南極観測船の作り方と同じと言ってました


紋別と網走 地域差もありますが
流氷の厚さが厚いようです
イメージ 5

大きな流氷が砕かれて後方に移動します
イメージ 6

流氷の上に オジロワシなども見れましたが
船からは遠くでスマホのカメラではダメでした

気温も上昇してマイナスながら0℃近くまで

日差しが車内に暖かく昼食後は
お昼寝タイムに・・・

夕方、FB(フェイスブック)の
キャンピングカー倶楽部の方が数名
オーロラ号に乗船されたり
一部の方とは直接お話して楽しい時間を過ごしました

中でも、昨年の夏にカブで北海道を回っている際にお会いした福井のOXと言うキャンピングカーの方と半年ぶりで再開し
話が寄り盛り上がりました。


流氷クルーズ
ガリンコ号とオーロラ号
贅沢ですが2つ乗って
各々の違いが楽しめたのは良かったと思います


今回の冬の北海道旅行
メインのイベントである流氷クルーズも終わり
あとはゆっくり冬の北海道を満喫します


この記事に

2019/02/15 
雪かきのブラシを差し込む旗竿
ブラシの回転、抜け防止の穴を開ける
イメージ 1


ブラシを差し込み元々の貫通ネジで止める
イメージ 2
これで完璧 雪かきの途中でブラシの回転や抜けが防止できるので安心して使える

お昼すぎ、ラーメン山岡家へ
イメージ 3
北海道でチェーン店を展開してアチコチでよく見るお店だが
未だに入った事は無く、今回が初めてだ

味噌ラーメンを注文
イメージ 4
麺の硬さ、スープの濃さ、脂の量など調整できる

熱々の味噌ラーメンで体の中から温まりました

ホームセンターでガスホースとガスコンセントを購入
イメージ 5


外部収納庫に入れていたカセットガス供給器を室内に入れ(室温でカートリッジが冷えない)
ガス炊飯器を使うために付けていたガスコンセントにホースで接続
これで、安定してガスが使えます\(^o^)/
イメージ 6

もう一つ 快適化
リビングと台所&エントランスを仕切る
銀マットで簡単に仕切ってみました
イメージ 7
蛇腹の扉、屏風の様に置いているだけ
温風と冷風がココでストップ
実際、いつもより室内が暑いくらいです

道の駅:流氷街道網走の夜
イメージ 8


日中は車がいっぱい、奥はトラックやバスなど大型専用で観光バスが次から次へと外国の観光客を運んで来ます
イメージ 10



網走の道の駅は夏場より冬場
流氷街道と言うだけある
イメージ 9
オーロラ号で流氷クルーズはココ網走の冬の稼ぎ頭だ


この記事に

2019/02/14 5:57 外気温−20.2℃
イメージ 1

6:18 右端にカニ爪のオブジェが朝日に映えて
イメージ 2

6:30 日の出です
イメージ 3


右端にオホーツクタワー
左に白いお城?
イメージ 4


8:36 車用雪かきの柄が短いので
ホームセンターで旗竿を購入
ブラシ部分を付け替える(直径ピッタリ)
イメージ 16

ジルっちの後部ハシゴを
途中まで登り長い柄なのでソーラーパネルの
雪かきが完璧に行える メチャ嬉しい
イメージ 17

09:33 道の駅:紋別を出発
ほんの10分ぐらいでガリンコ号乗り場
予約を入れてたので
手続きは支払いだけで簡単
10:30 ガリンコ号乗船&出港
イメージ 5
ガリンコ号は前方にドリルの様な螺旋回転機構で流氷を割りながら進む流氷砕氷船だ

港を出ていくガリンコ号
イメージ 6

前方の螺旋回転機構がよく見える

船の横は流氷がぎっしり


流氷が大きく裂けて割れる様子は圧巻
イメージ 7

船尾に立つと一面流氷に覆われた海を
砕氷船が氷を砕いた軌跡が良くわかる
イメージ 8
流氷クルーズはおよそ1時間
船室には入らず 1時間ず〜とデッキに居た
やはり結構寒い 体の芯まで冷える


駐車場の近くに氷の像が多数展示されてる
イメージ 9
もんべつ流氷まつりの氷像たちだ

かわいく キレイな氷柱も
イメージ 10

圧巻は 巨大な熊本城
イメージ 12


陸上自衛隊の方々が作られた様です
札幌の雪まつりとは違った迫力です
イメージ 11
ライトアップもされてますが
残念ながら夕方には移動しました

ガリンコ号乗り場近くにも
デニムの上下を濡らして凍らせたオブジェが
面白いですね
イメージ 13

16:12 道の駅 かみゆうべつ
チューリップの湯で入浴
寒い冬の北海道では温泉が一番のごちそう


駐車場を少し移動してお泊り場所へ
湧別町文化センターTOMバス停前
イメージ 14
寂しく1台 夏場は賑わってたのになぁ〜

文化センター前には電飾がキレイに飾られてました
イメージ 15

今回の冬の北海道のメインイベントが完了
札幌の雪まつり&ガリンコ号で流氷クルーズ

流氷も近くに有り、その規模も見応えのある物でした
この地方でこの季節だけしか見れない
いわゆる旬のイベントだ
天気も良くて最高の経験をしました

この記事に

2019/02/13 道の駅パパスランドさっつる
イメージ 1

トイレ前に外で雪が積もったアイスの自販機
イメージ 2
稼働中でしたが・・・


さて、冬の北海道でのキャンカーの実体験
エントランスの靴に付いた雪
一晩経っても溶けません
イメージ 3
雪の塊が凍ります

シンク下の収納庫:冷蔵庫代わりに
食材や飲み物を入れてます 冷えます
イメージ 4
変化しやすい鶏肉を入れていても大丈夫
チルド冷蔵の様です
20Lのポリタンのポンプが凍りますからね


運転席の横の窓
デフロスターで温風を送っているが
結露した部分は凍りついてしまいます
イメージ 5



運転席からの冷えを止めるのに
イメージ 6
キャンプ用銀マット+カーテン+毛布等

運転席の周りは鉄とガラス
外の冷たさはモロに伝わるので
ソコを防壁を作って隔離する
イメージ 7


もちろん、窓からの冷気をを止めるため
銀マット+カーテンでブロックしてますが
運転席も凍ります


そうそう、
イメージ 8
車の下回りですが
泥除けは跳ね上げた雪が凍り付いて
駐車場でドロまみれの凍りが落ちてます
走行中の跳ね上げは泥除けだけでなく
シャーシ全体に及びます
リアにぶら下がるスペアタイヤは雪だるまならぬ凍りだるまです
金槌の手が届かない所は凍り付き放題

道の駅では大きな雪だるまや
色んな雪だるまが飾られてます
イメージ 9
09:38 出発


09:45 雪原の一本道を撮影
イメージ 13

イメージ 14
少し幹線道路から離れたので道路も雪ですが

9:49 殆どの幹線道路は下の写真の様に
路面が見えてとても走りやすい
イメージ 15



10:15 道の駅 はなやか小清水

11:10 道の駅 流氷街道網走

11:44 すき家で昼食

12:12 スーパーで買い物

13:20 道路際の駐車場で昼寝

15:13 道の駅 サロマ湖
イメージ 10
大きなカーリングの雪像が印象的

16:41 給油 燃費5.65km/L FFヒーターを使ってるので こんなものでしょう

17:09 道の駅 オホーツク紋別へ到着
イメージ 11



今日の走行は網走からは海沿いで
街や道の駅も点在して休憩も取りやすく
内陸部の一本道より走りやすい
昼寝もできました(^^)v

イメージ 12
明日はガリンコ号で流氷クルーズです


この記事に

2019/02/12 6:56 外気は−16.4
イメージ 1

7:30 朝食もせずに出発 (~_~;)
8:36 音羽橋は丹頂鶴のねぐら?
遠くて見えない(T_T)
イメージ 2


カメラマンは大勢、外国の方々も多い
西洋人も多かった バスも停まってます
イメージ 3
鶴が見えないので移動開始

9:02 
鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリへ
イメージ 4
かなり近くで見れました 鳴き声も 
餌付けもしていて
観光バスなどで外国のカメラマンも多かった
スマホではこれが精一杯 
デジタル一眼では撮りました
1つ残念ですが三脚をベンチに置いてトイレに行ったら
出てきたら無くなってた (×_×;)


つづいて
12:34 標茶駅でSL冬の湿原号
イメージ 5

標茶駅(しべちゃえき)
イメージ 6

13:54
FBの方から近くにキャンピングカー神社が有るとinfoを頂き早速訪問
イメージ 7
こじんまりとした神社でしたが珍しい


16:22
今日のお泊りは道の駅パパスランドさっつる
イメージ 8

温泉の露天風呂は雪見風呂でまったり
イメージ 9
少し雪が降ってきましたがすぐに止みました

明日は
道の駅オホーツク紋別へ向かいます

この記事に

2019/02/11 道の駅みついし 
4:14 外気は−15℃
イメージ 1

周りに車中泊は少ない
イメージ 2

7:31 道の駅みついし 雪景色
イメージ 3

8:25 朝ごはんは鮭を網焼きで
キレイに焼けました
イメージ 4

9:48 フロントガラスの内側
凍る範囲が広くなってる (✽ ゚д゚ ✽)
イメージ 5

リビングのアクリル二重窓も氷の結晶が
イメージ 6


10:39 道の駅みついしを出発 東へ


11:56 えりも岬をショートカットして
山の雪がキレイ 
イメージ 7


13:52 道の駅うらほろ
食事を期待して走ったが食堂は閉鎖

14:20 遅い昼食は味噌ラーメン
イメージ 8
美味しかったです

18:10 道の駅 阿寒丹頂の里 到着
イメージ 9

今日はいっぱい走りました
イメージ 10
明日は丹頂鶴が見れるか?

この記事に

09:18
道の駅 ウトナイ湖で身支度をしていると
家内が「割れた〜」???
イメージ 1
泥除けに付いた雪の塊を靴のつま先でコンコンしていたら
凍って固くなった赤い泥除けが割れてしまった
皆さん ご注意ください!



10:17 道の駅ウトナイ湖を出発 東へ


11:44
冬のサラブレッド銀座 牧場の馬はじ〜としてました
イメージ 2


12:37 道の駅 サラブレッドロード新冠
冬の北海道でソフトも旨し!
イメージ 3
北海道では やっぱりソフトクリームですね



右の回転しているのは?
ホッケでした 
和歌山辺りではイカなんですが
所変われば・・・
イメージ 4



14:15 イオン静内店で ワカサギ発見!
靴屋で長靴を購入
ドラッグストアホームセンターをハシゴして買い物


17:08 道の駅みついしに到着
すぐに温泉に直行

風呂からあがると雪が吹雪のよう(。ŏ﹏ŏ)
ウトナイ湖から海岸線は殆ど雪のない道路を
天気も良く、車内では温室のようにポカポカ
だったのに ここで雪とは 

2日ほど前に 道の駅 新篠津で昼食時
わかさぎ釣りの客が天ぷらにしてもらい
美味しそうに食べてたのを思い出し

ジルっち車内で天ぷらです
イメージ 5

小さなワカサギが油の中で泳いでます
イメージ 6
小さなワカサギの天ぷらはすぐに揚がる
揚げながら食べるのは至難の技


ご覧のシュラカップに4杯ほど食べれました
イメージ 7
季節の旬の食材をおいしく頂き 幸せです!

この記事に

2019/02/09 7:30
イメージ 1
ウトナイ湖の朝 
手前は凍り、水面に湯気がケアラシの様に

その前に 
05:47 外気はついにマイナス21℃
イメージ 2

天気は晴れ間が見え風もない
11:32 外部収納庫を開けると
金具の内側が凍ってる
イメージ 3
そりゃそうだ!
シンクの排水管が凍るのも納得


ジルっちの屋根の雪下ろしに精を出す
11:39 おかげでソーラーパネルも元気に
イメージ 4
10.2Aで充電中 
冬の北海道にしては上等

12:16
シンク下の配管の詰まり解消対策
ドライヤーで配管付近を温める
イメージ 5
余りピンポイントでない様子

大阪のキャンカー仲間から
他の排水口は通るのか?と問い合わせ

トイレルームの排水管にウォッシャー液を流すと通る!
それなら
そこから温風を入れて
タンクから配管を温めればと
家内のアドバイス 12:27
イメージ 6
小さな穴に熱風を送るので
ドライヤーがオーバーヒートで
ダウン(T_T)
多分、温度ヒューズが切れたのだろう


12:35 次の手は 
イメージ 7
FFヒーターのリビング側から
ホースでグレータンクに温風を送り込む

昨日トイレ内のヒーターからのダクトは
風量が非常に少ないので
夜から朝まで繋いでたがダメだった

今回は一番強い温風を送り込むで・・・

13:20 ついに開通!  (^^)v \(^o^)/
イメージ 8
ネバーギブアップ 念願かなう


13:44 遅い昼食 道の駅内のレストランで
ミニ豚丼&盛りそばセット
イメージ 9
仕事の達成感と空腹とで
とても美味しく頂けました


食後のコーヒーを飲みながら
(JAF会員でサービス)
このまま一日を終えるのは勿体無い


15:15 近くの支笏湖へ車を走らせる

16:36 支笏湖 氷濤まつり に到着
イメージ 10
入場は協力金として300円

中央にそびえ立つ氷の塔
イメージ 11


内部に入れる物も多数ある
イメージ 12

氷のシャンデリア
イメージ 13

上の方まで登れる所も有るが
滑りそうで怖い
イメージ 14
実際、入場してすぐに圧雪で転んだ


そろそろ日没でライトアップが映える
イメージ 15
ゆっくり見て写真を撮りたいが
気温がマイナス8℃なので
メチャ寒い 顔が痛くなる

更に、
極低温でスマホの電池がすぐに減る
家内のスマホも同様

小まめにポケットに仕舞うか
サブバッテリーをポケットに入れて充電ケーブルを繋げて使うか
寒冷地の工夫が必要だと思い知った
(ーー;)


17:23 氷濤まつりの会場を後にした
が・・・・
帰り道 
延々とまつり会場へ向かう車の列
2〜3時間では済まない行列だ

氷濤まつりは明るい内に行くべし!
(^^)v

18:47 道の駅ウトナイ湖に戻る


19:36 冷えた体は内部から温めようと
キムチ鍋を作った 我ながらメチャ旨
イメージ 16

イメージ 17
明日の朝は雑炊が待ってる(^^♪

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事