ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!

書庫アマチュア無線

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

去年の暮に上げた無線のアンテナ「デルタループ」
イメージ 9


コンディションが良くない事も有るが
自分の無線に対するアクティビティーは低くて
アンテナの真価を発揮するまで使っていない・・・
そんな中で
不具合発見!! (T_T)/~~~



マストに使っているステンレスコートのパイプが変!


風でアンテナが揺れて
パイプの内部の鉄が曲がり、表面のステンレスにしわが発生
イメージ 8
3月の木製台座を作成した時の写真



シワだけでなく木製台の締め付け部分に凹みも発見
イメージ 1


トップヘビーなアンテナなのでゆらゆら揺れる
金属疲労が溜まって皺になる


とりあえず降ろしました!
イメージ 2



アンテナチューナーは外見上問題ない様です
まだまだ、使えますね!
イメージ 3



クロスマウントのUボルトが食い込んで変形してます
イメージ 4


写真の上側はエレメントを支えるマウントも凹み
イメージ 5


Uボルトの形に添った様に凹んでます
イメージ 6


こちらも
イメージ 7


まぁ、使ったパイプがステンレスを外側に巻いた鉄パイプ
それは良いのですが
物干し用の少し太目で長めの物だから
軽いが強度的には問題があるのは当初から確認済み
イメージ 10


イメージ 11


日々、チェクしてたが
そろそろ交換時期です限界が見えてます
台風などの強風では・・・



次のパイプは何にするかが問題

1人でベランダから上げれる重さ
(足場用鋼管は頑丈だがパイプだけでも4mは持てない)

長さが欲しい
(ベランダから屋根の上に上げたいので本来は6m欲しい所)

粘りと強度
(6mの釣竿2本をV字に支え、強風にも耐えれる強度)

これらの条件を満足する素材はあり得ない
どれかを犠牲にして
出来るだけアマチュア的に安くあげたい

そこが問題だぁ〜〜〜 (@_@;)

次はループ周長17mから26.5mに挑戦したいなぁ〜
(^^)/~~~

この記事に

年末に上げたデルタループ・アンテナ
イメージ 1
見て分かる様に
物干しの角にポールを固定しているが

下側は
2x4の角材のコーナーを切り取り
壁から押さえる状態で固定してます
イメージ 2


上はホームセンターの布製荷造りバンド
ポールを巻き結びしてベランダの手すりや
手すり支柱に固定
これを2ヶ所 結びつけてます
イメージ 3


最近、気になるのがベルトの風化
それと
風でアンテナが回りそうなのにベルトの縛りがきつくて
ギィギィ〜〜とベルトとポールのキシミ音が耳につく

一応8の字型のビームパターンがあるので
少し回そうと思っても
同様に縛りがきつくて回せない・・・(>_<)

そこで、ベランダ手すりへの固定方法を改善


得意の2x4の木材を手すりが挟まり抜けない様に
斜め切りした木材をベースの木材にネジ止めし
2枚で写真の様な受け部材を作成
イメージ 4



-------+--------+-------- 少し脱線 -------+--------
2枚の木材を木ネジで止める際
細いドリルで下穴を開けて止めたが

下の写真の様にドライバーのビットがネジ山に負けた!
イメージ 10


ホームセンターのハウスブランドのドリルドライバー
安物はドライバーのビットもヤワでした
イメージ 11

-------+---------------+---------------+--------


これに、もう一枚の2x4を載せて大きなネジで止める算段
10mmφの150mmステンレスボルトで3枚分を締め上げる
イメージ 5


10mmのボルト穴は11mmの木工用ドリルを購入し開けるが
真直ぐに3枚合わせて開けるのは至難の業だった
イメージ 6
先ほどのドリルドライバーが頑張ってます!


ネジで3枚を止めるとこんな感じになります
真ん中の斜め切りした木材のおかげで
手前側に広がらない構造です (^.^)
イメージ 7


が、しかし
中心の木材の厚みが手すりより大きくて
ネジを締めてもブカブカ状態に気付く (@_@;)


手すりの上に素麺の桐箱の板とタイヤのチューブを載せて
厚みを持たせ、滑り止めも考慮
イメージ 8


ポールに接触する部分には
百均のまな板を挟み込み回転しやすくなるかなぁ〜?
イメージ 9

見た目も布の幅広テープより頑丈だし
物干しに出て手でアンテナポールを回せる様になりました


願わくば
屋根の上に大きな屋根馬(ルーフタワー)を建てて
モーターで回せる(ローテーター)を付けて
室内からリモコンでアンテナを回転させ
交信相手に向けて強い電波を送り
交信したいなぁ〜

屋根の上には高所恐怖症で上がれないし
専用の機材も購入しないといけないし
これらの設置にはプロの作業になる
人手もお金も沢山かかるので
ひとりで遊ぶにはこの程度かなぁ〜と
自分を納得させる
(*_*;  (~_~)

この記事に

毎年 お正月の2日〜3日に行われるQSOパーティー

アマチュア無線でお正月の挨拶をするイベントです

そこで無線局20局(20人)以上の方と交信して
その一覧表を送ると 

その年の干支のステッカーがもらえます
今年もステッカーが送って来ました
イメージ 1



台紙にステッカーを貼り付け12年間続けると完了しますが
毎年、参加して20局交信は簡単そうで難しい
今回は台紙も購入して
毎年参加 12年通しで・・・
モチベーションアップの為に貼り付け飾ってます
イメージ 2
2015年、2016年と空いてます・・・(>_<)
全て埋まり、完成まであと10年です!
完成までズーと続けられるよう頑張ります!
何歳になるの???

この記事に

お正月の2日と3日には
アマチュア無線でニューイヤーパーティーと言う
おめでとうの交換会の様なイベントがある

無線でつながった相手を20局以上交信し
申請すると干支のシールがもらえる

干支だから12枚有り、毎年もらって台紙に貼り付けると
12年掛る

今年も参加しましたが
2日目 電源を入れると 無線機の表示がおかしい?!

すべてリセットされた様な表示??

1日目の終了した周波数を覚えていて
電源を切っても
再度、電源を入れると 切断前の状況を保持するハズが・・・・・


メモリー保持用の電池が逝かれた!

幸い、電池はボタン電池でSR2032で 手持ちも有る!



無線機を引っ張りだっすには
後ろ側に接続された各種ケーブルを抜かねば・・・
忘れない様に写真を撮ります
イメージ 2




無線機の蓋をあけてみたが???
上蓋を開けたが・・・



実は下の蓋を開けないとダメでした!!
(マニュアルはちゃんと見ないとね・・・)

イメージ 1


ボタン電池の位置を確認
イメージ 3


ココです! 新しい電池と比べて 間違いなし!!
イメージ 5



早速、交換終了
イメージ 4


あとは蓋を閉めてお片付け・・・・・!


無線機の機能としては色々有り過ぎて
その ホンの一部しか使ってません
電池で情報を保持するのは良いが
余り頼ると、今回の様にゼロクリアされてしまう

便利と危険は裏表

色んな所で気を抜かない様に



この記事に

10月22日に来た台風21号の被害で
アマチュア無線のアンテナが折れて撤去
それ以来 アンテナ無しの無線局
当然、電波は出せませんし聞く事すらダメ


12月30日
暮も押し迫った本日は
天気も良く風も無く
作業(アンテナを上げる)には最高の日
アンテナ日和だぁ〜 (笑)

今回のアンテナはループアンテナで
釣竿を2本V字に使い
その中をステンレスワイヤー17mを通し
ループ状にした物で
アンテナチューナーで
マルチバンドにオンエアー出来る
優れたアンテナなのです!?!?


早速、作成に取り掛かります

釣竿はグラス製の6.3m物
竿尻からエレメントになる
ステンレスワイヤーを通す
イメージ 1



釣竿のトップをワイヤーが通る
ギリギリに切り中を通す
イメージ 2



ステンレス ワイヤーに圧着端子を付ける
念の為ループにしもう一度圧着
イメージ 3


裸のステンレスワイヤーをシリコンチューブで
絶縁しATU(アンテナチューナー)の端子に接続

イメージ 4


釣竿のつなぎ部分が
中に入って短く成らない様に
シリコンチューブを結束バンドで締め込みます
イメージ 5



一階の駐車場で作業して 立ち上げて見た
イメージ 6


2階のベランダに持ち上げて
イメージ 7


2階から3階に持ち上げる
イメージ 8


ポールを持ち上げる時に
最上部が重たく広がっているので大変
イメージ 9


ポール、アンテナチューナー、釣竿は
下の写真で分かる様に金具で組立てます
イメージ 10



青空に突き出たV字のデルタループ
我ながらカッチョいい (^^)v   (^^♪   (^o^)
イメージ 11

チューニングを取ると
7Mhz 〜50Mhzまでは電波が出せます
残念ながら3.5Mhzはチューニング取れない(T_T)


コレで正月のQSOパーティには出れそうだ
ヨシヨシ (^o^)


この記事に

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事