ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!

書庫キャンピングカー

記事検索
検索
ジルっちの防寒対策 その2として
エントランスドアの窓ガラスに注目

このドアは発泡スチロールを
化粧合板で挟んだ作りなのだが
窓はガラス板が1枚でココから冷える

両面銀マットが有ったので
窓枠に沿ってカットして挿入
イメージ 1
1枚ではドアの厚みの半分ほど
2枚目をカットして挿入
イメージ 2
丁度、ドアの厚みとツライチに成った


外から見ても銀マットが鏡の様です
イメージ 3
少しは防寒対策に成ったと思います
小さな工夫の積み重ねで快適生活を!
(*^_^*)  (^.^)/~~~

少し前
ジルっちのストップランプが紫外線で色落ちした事から
ストップランプ交換しましたが
陽の当たる後側のFRPは紫外線劣化で粉を噴く状態
(@_@;)

後の一面だけでもワックスを掛けてFRPの劣化を防ごうと
超久々にワックスがけをはじめる・・・

運動不足の右肩が悲鳴を上げる・・・(T_T)

近くのホームセンターに出向き新兵器投入
イメージ 1

ドリルドライバーに付けてグイ〜ン グイ〜ン
でも、何かやりにくい?

ヤッパリ素手でスポンジでワックスをすり込む

後だけのつもりが・・・・
2日掛って全部やっちゃいました!!

イメージ 2


ピカピカのジルっち 喜んでくれている様です! 
(^^)/~~~

ジルっち 防寒対策

年末の寒い日が続きます
先日は大阪や和歌山でも雪が降ったそうです

正月は家でゆっくりしますが
2月中旬には北海道へ
雪まつりと流氷を見に行きますので


ジルっちも防寒対策を少ししましたよ
イメージ 1
車内のリビングの丁度真上
換気扇が有ります
夏場は排気、吸気と大活躍ですが

寝ていて上を見ると寒々しい
プラスチックのカバー1枚で外気を遮断
防寒対策で銀マットをマジックテープで
取付けました(*^_^*)

コノ銀マットはフロントガラスの防寒対策でセットに成ってましたが使わずに放置
使わないと勿体無いので・・・


続いて
車外に出て
冷蔵庫の排気ルーバーのカバーを付けました
夏場は外して冷蔵庫の排気を助けてましたが
流石に冬場はすきま風の元となるので
蓋をしました
イメージ 2

小さな対策が効果も小さいですが
積み重なると大きな効果になると思います



キャンピングカーで長期間生活していて色々と問題が起こる

リビングのテーブル
このテーブルは車内で簡単に折り畳める構造上
強度的にはイマイチ

歳を取った私達夫婦が立ち上がる際に
「よっこいしょ!」テーブルに手をついて力が入る
つい、体重を掛けてしまう (-_-メ)

折り畳みのヒンジを支えるポール固定ネジが緩んだ
ネジ穴を補強して接着剤も使って固定しましたが・・・


基本的な強度不足を補強する事が大事な事と判断
色々と方法と材料を検討した結果
コレを選びました(^^)v
イメージ 1
つっぱり棒(タンス転倒防止用)


実際にテーブルの下にフィティング
イメージ 2


高さの調整が可能だし
上下の支える部分が幅広で強度もありそう
イメージ 3
勿論、テーブルを畳む時も簡単に外せるのも選択の要素

ひと箱2本セットだが1本だけでも効果は大きいと思える
これから実地の耐久テストに使ってみます

強度的にまだ不足なら2本使えるのも心強い(^^)/~~~



ジルっちの運転席 ルームランプのLEDが壊れた
イメージ 6
LEDが死んだか?
接続が外れたか?
抵抗が死んだのか?
テスターで導通が無い
原因不明です (@_@;)


バックミラーの土台が金属でガッチリ!
その中にルームランプの電球が入るのですが
周囲に接触してヒューズを何度か切った事があります
(何とかして欲しいなぁ・・・)
イメージ 1
電源を取るアダプターを挿入


LED照明を配線する
ミラーの根本(前)→ 頭上へ移動
(この位置の方が使いやすいハズ)
イメージ 2
内張りの中を通すのが厄介なのでテープで留めた
(T_T)/~~~

ライトを点けると・・・電球色です!
イメージ 3


以前、サイドベンチの上に付いてたLEDスポットライト
殆ど使って無いので外してた
有効利用で助手席のピラーに取り付けました
家内が助手席で地図を見たり、LOGを書いたりするのに有効
イメージ 5


最後に、運転席にコンパスを取り付けました
ずぅ〜と前に吸盤式の小さなコンパスを付けてたが・・・
カブに移行したので少し大きなのを付けました
イメージ 4
ナビの寝起きが悪いので、スタートの時ナビが狂う
このコンパスが有ればスタート時に迷わないで済みそう

あと、車中泊で止めた時にBSの方向が予め分かるという
メリットがある (^^)v


キャンピングカーでも運転席に居る時間も長いので
チョットした快適化もかなり有効ですよねぇ〜

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事