ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!

書庫キャンピングカー

記事検索
検索
以前から気になっていた
ジルっちのテールランプの結露
その中でもストップランプは色も褪せてみじめ
このままでは車検さえ危うい!!

重い腰をあげて・・・
ハイマウントと同時に作業に入る
紫外線によって色褪せして 結露した右ストップランプ
イメージ 1



左ウインカーも露結?
イメージ 2



左側のウインカーランプの結露は
下駄箱の裏板を外すとランプ部が見えます
イメージ 3





バルブを取り外してタオルをネジ込む
イメージ 4



表側から見ながら、針金で結露部分を拭きフキ
イメージ 5



右側のランプはトイレルームの回転ハッチを開けると見えるが
メチャ狭いし作業が困難 どうすんねん?!
イメージ 6


裏からタオルを入れて、針金でグルグルが狭くて出来ない?!
イメージ 7



ランプのレンズ部を押すとコーキングから浮いて
カタカタと動く状態?!

これはコーキングのやり直しが必要と判断し
カッターナイフでシリコンを切り裂く
イメージ 8


コーキングを外す最中にどこかに溜まった水滴がポトポトと
ストップランプの下に薄褐色の水滴?
イメージ 9



キレイに外れました
キレイに色褪せしてます(笑)

太陽が上からなので紫外線で
上部の色褪せが下よりひどい
イメージ 10



内部とレンズ内側をキレイに清掃して
コーキング準備としてマスキング
イメージ 11


以外と綺麗にコーキングが完了しました・・・(^^)v
でも、色褪せは治らないですよね〜
レンズ交換すれば良いのに〜〜〜????
イメージ 12


実はレンズ交換よりサイフにやさしく安直な
カラーシールを購入しましたよ!
イメージ 13



カッティングシートの様に水を付けて貼付け
ゴムヘラで気泡を追い出す
イメージ 14




不要部分はハサミで切り取る
イメージ 15




曲面(レンズの縁)はヒートガンで温めると作業しやすい
イメージ 16



最後に表面の保護シールをはがすとキレイに出来上がる
鮮やかです (#^.^#)
イメージ 17




ビフォアー・アフター
向かって右側:ビフォアー
向かって左側:アフター
イメージ 18
色の違いは歴然!


両方のストップランプにシールを貼り終え終了
ハイマウントもキレイに点灯してます
イメージ 19


太陽の光 特に紫外線は赤系統を退色させる
それにしても、ストップランプが色褪せると
車検にも影響が出るので対応策を講じた

新車からもう8年
これから8年経過したら、また色褪せるのかな?
ストップランプに目隠しでもしましょうか (笑)



ジルっち
これでオメメがパッチリ (^^)v
↑↑↑ クリックして ↑↑↑↑
ブログ村 ランキングアップにご協力を!

ジルっちのハイマウント・ストップランプ(LED)が
一部切れてる (@_@;)
明るさも違うし!
このままだと車検も通らない・・・・



聞くところによると
新品に交換しても、また不具合が出るそうな・・・
外して様子を見て、出来れば修理する事にします
イメージ 1


左右の黒いキャップはハメ込みなので
マイナスドライバー等で隙間をこじれば外れます
小さな木ネジも外して保管しておきます
イメージ 2


両側のネジ部分はシリコンで目止めされ
本体部の裏は黒いスポンジ状の両面テープで接着してます
カッターナイフの刃を長めに出して壁面に沿わして
ゆっくりと刃を進めて行きます 
中央部は配線を切らない様に注意ですよ〜〜!
イメージ 3


外れたハイマウントの裏側
中央のコードの穴にもシリコンが団子状にたっぷり
イメージ 4


外して中身を割ります
経年変化で表の透明レンズ枠は
外す際に数か所ヒビが入りましたが・・・(>_<)


開けてビックリ!
水でビショビショ!!
基板のシルク印刷もモロモロです
もちろん、LEDも素子部分が欠けたりして・・・
掃除だけではダメです
イメージ 5



基板部分を洗いましたが、銅箔部分も錆びて・・・
イメージ 6


LEDの間隔が非常に中途半端なので
新しい基板と新しいFLUXタイプLEDにしようと・・・
イメージ 7


買って来たFLUXタイプLEDがレンズ枠より背が高い!!
ダメやん!! (>_<)
イメージ 8


やはりチップ型LEDでないとと思い
再度 日本橋へ購入 カブでトットット・・・

今度は1つのボディーに
3素子のLEDが入っている明るいヤツを選びました
下の写真左側がチップLED 右側がFLUXタイプLED
イメージ 9
最初からチップ型LEDにすれば良いのに・・・

その通りなのですが
ご覧の通り5ミリ角のボディーに片側3つの端子があり
ハンダ付けする事を考えると躊躇したのが実態です!




硝子エポキシ基盤をカッターでケガキ
半田ごてで加熱しながら不要部分をめくり取る
イメージ 11
やや力技的な基板作成方法(単純なパターンなので可能)


チップLEDのハンダ付け
上部丸の中に点が3つ見えますね
LED素子が3チップ入ってます
その分、ハンダ付けする端子も3+3=6ヶ所 ルーペで作業
イメージ 10


配線が終わり テスト点灯!
メチャまぶしい位に明るいです
イメージ 12



LED表面にマスキングテープを貼り防水コーキング準備
イメージ 13



シリコンシーラントでLED周り 基板全体をコーキング
イメージ 14
コーキングした後で点灯テストすると一部が接触不良や
ハンダ漏れとかを発見・・・・・(-_-メ)
コーキングを外して再度ハンダし直す事も・・・




裏蓋とレンズ枠に挟み込み接着 洗濯バサミで固定
イメージ 15




さらに
裏ぶたとレンズ枠の接合面 外側からも接着剤を塗りヌリ!
イメージ 16




やっと ジルっちのコードとハンダ付けして配線
イメージ 17




明るい陽射しの中でも点灯が確認できてます!
イメージ 18


リアビュー全体です
消灯状態
イメージ 19

点灯状態
イメージ 20
無事点灯して良かった
春の車検もOKでしょう!
これで苦労の甲斐があります


作業開始からまるまる一週間掛りました
外し方の聞き込み、状況調査、新規購入or修理
部品調達、LED買い替え、基板作成、
コーキング乾燥待ち、接着乾燥待ち

新しいのを付け替えてもらう方が
簡単で良いのは解り切った事

他のハイマウントもネットで物色しましたが
同じ様な寸法の物も無く

結局、時間を掛けて修理(内部総入れ替え)となりました
普通の人はやらないでしょうし
やらない方が良いでしょう!

あぁ〜 しんどかった!




ジルっち
これで車検時あわてなくても (^^)v
↑↑↑ クリックして ↑↑↑↑
ブログ村 ランキングアップにご協力を!

先週の土日
久々にキャンピングカーのオフ会に参加させてもらった
元来、気まま旅で人見知りする性格なのでオフ会は苦手だが
古いお友達が言いだしっぺなので参加した

私を含めて7名の方が集まった
テントの中、ストーブでぬくぬくと 
美味しい食事やお酒を存分に頂いた。


お鍋いっぱいの蒸し牡蠣
イメージ 2
しかも、殻からむいてもらい食べる
鍋の牡蠣が無くなったら、
何度も鍋がふるまわれる・・・お腹いっぱいに!


アヒージョもオシャレ(ココにも牡蠣が投入された)
イメージ 1


フランスパンに載せて頂きました 
ホタルイカ、ホタテ、タコに牡蠣 ウマウマ
イメージ 3


お酒も数々あります 漆器の方口と杯で頂く
イメージ 4


私はスモーク・チーズを現地で作りました
イメージ 5


オフ会はお食事だけでなく
色んな情報交換が出来ます!



その中で直ぐに購入したのがコレ!



元々はお風呂の介護用 吸盤式 手すりだ
イメージ 6



ジルっちのエントランス横に吸盤でガッチリと付く!
乗り込む際に超べんり (^^)/~~~
イメージ 7



もちろん お風呂の壁に手すりとしても使えます
イメージ 8
吸盤での固定なので使用前に固定を確認して使う事が大事だが
年齢がかさむ事により膝や足に支障が出てくる年頃
手すりは有り難いグッズだ
しかも、取外しが簡単なので通常は外しておいても支障ない


元々、外側に手すりを付けたかったが
車幅より出っ張るので、折り畳み式を考えてましたが
これは便利!!  (^^)v



教えて頂いた方は手すりと言うより
ワンコのリードをくくり付ける為に購入したとか・・・!


ジルっち
これで楽に乗り込めます (^^)v
↑↑↑ クリックして ↑↑↑↑
ブログ村 ランキングアップにご協力を!

北海道でお会いして
色々とブログを通して勉強させてもらっている
うなぎさん
同じ系列のキャンピングカーに乗っている
その事からうなぎさんのブログは有用
しかも、技術的知識と技術力はスゴイ


さて、今回は
冷蔵庫の事です

この車になって
冷蔵庫の庫内ランプが付いて
家内は非常に喜んでいる
イメージ 1

が しかし・・・・・

うなぎさんのブログによると
冷蔵庫のドアを閉めても
庫内のランプが付いているとか

私もスマホでセルフタイマーで撮影すると
イメージ 2
点灯したまま!(~_~メ)
アカンやんけ〜
ダメやろぉ〜

ランプ右下の押し釦(棒)が
ドアの棚に当たっている様な


ドア側を見ても、当たっている痕跡が無い

ランプのスイッチロッドに両面テープで
身近なコルクテープを貼って閉めると
ドア側のこの位置に貼り付いた
イメージ 3
よく見ても、凹みはおろか擦れキズも無い

要はスイッチロッドが接触すらしていない

何じゃコリャ〜!?


とりあえず、コルクテープを二重に貼り
再度テスト
イメージ 4


今度はどうか?
イメージ 5
真っ黒でした (笑)
少し明るさを上げて加工したら
ランプが消えているのが確認出来た


私と同じ年代のジル系列にお乗りの方々
だまさされたと思って
冷蔵庫の中をセルフタイマーで撮影して下さい

ひょっとしたら
貴方の冷蔵庫のランプは明るく点灯してるカモ



ジルっち
少し節電になりました(^^)v
↑↑↑ クリックして ↑↑↑↑
ブログ村 ランキングアップにご協力を!


ジルっちで車中泊する際
夕食前後は100vのインバータを付けて
TVを見たりスマホの充電をしますが

食事やTVに夢中になって
スマホ充電を忘れ
寝る前に充電は良く有る事

睡眠中に
1500wのインバーターを付けて
スマホ充電は非効率

日本橋のパーツ屋で12vから5vの電源を安くゲット
1500円でした (^^)v
イメージ 1
シガーソケットに挿すUSB電源よりコスパ高いです


5V 5Aなので USBソケットも5つ購入 (笑)
イメージ 2


電源本体を窓下のテーブルサイドに両面テープで貼り付け
イメージ 3



USBコンセントは
小さなプラスチックの箱に配線し
スマホをつなげて電圧と電流チェック!
イメージ 4


電源本体に亀の子状態で両面テープで接着
イメージ 5

12Vラインは
充電コントローラーの負荷側(load)に接続しました
イメージ 6


配線をモールで隠して・・・
イメージ 7


ポケットラジオを近づけましたがノイズも無くgood!
イメージ 8


私のスマホや家内のスマホ、タブレット、
ブルーツース・スピーカー、ポケットwifiなど
5つ同時に充電できるのは頼もしいです

また、
電源アダプターが5つもゴロゴロする事からすると
省スペースで有り難いです





ジルっち
少し便利になったかな?
↑↑↑ クリックして ↑↑↑↑
ブログ村 ランキングアップにご協力を!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事