ここから本文です
堺の風車 気ままギャラリー
Let's go to a long touring with a small motorcycle.カブの記事多し!

書庫スーパー・カブ

記事検索
検索

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019/01/22 カブプロJA07 初のオイル交換

2018年11月に新しく家族に加わったカブプロJA07
それから 二代目TURING CUBの移行が開始
毎日乗れる様になったし、走行距離も伸びたので
オイル交換です!


抜いたオイルは感覚的に今までの茶色より黒っぽいかも
イメージ 1


ストックのG2残りが500cc あとはG1を入れて
イメージ 2


メーターの距離計と記念撮影
イメージ 3


購入時 10月14日 オドメーター:6,989.7㎞
今回  01月22日 オドメーター:8,228.7㎞
   走行距離は   1,239㎞での交換です


勿論、お決まりのチェーンの注油ですが
チェーンの外側がチョコレートの粉をまぶした様に
イメージ 4
購入時に新品のチェーンに交換してもらったのに

これは購入時からドリブンスプロケット等が真っ茶色だった
10/30チェーン注油とケース清掃

その後スプロケット交換でチェーンも新品に
11/24 スプロケット16丁へ

何かチェーン周り リアスプロケット周りが錆の粉っぽい?
引き続きメンテナンスの対象として注視したい


この記事に

カブプロJA07
TURING CUB 2代目として移行中


初代のカブJA10はアルミホイール&チューブレスタイヤで
パンクに対するリスク軽減を実現したが

カブプロJA07は14インチで
チューブレスのメドが未だに立たない (>_<)

1件だけ有るにはあるが、どうも踏み切れない

要はパンクが怖いのだ!

パンクの傾向としては
後輪がパンクする確率が前輪よりも15倍も高いとか
この数字は4輪の場合だろうが
私もパンク経歴は後輪ばかり!

これは、路面に寝ている釘などを前輪で巻き上げて
後輪が踏んでパンクになると言う

ならば、前輪で釘などを踏んでも
後輪に巻き上げない様にすれば
パンクの確立も下がるのでは?

カブプロは元々前輪のフェンダーに泥除けが付いている
今回、その泥除けを拡張して地面スレスレにしてみた
イメージ 1
作業前の写真がないので白で書いてみた


横からみると ホント地面スレスレ(^.^)
イメージ 2

ホームセンターで買って来たゴムシート
イメージ 3
数百円でパンクの確立が激減するなら安い物だ!

夕方に思い立ち、すぐに実行したので写真が暗い
<(_ _)>


どこかのブログで見たが
同じような理屈で
後輪の前に飛んできた釘を止める
泥除け風のゴム垂れの記事を見た事があるが
パート2で考えてみたい!


この記事に

カブに付けている時計が止まった (>_<)
ネットで1000円ほどで買った防水の腕時計
初めて装着したのは2015年12月
下の写真はJA10に付けた所
イメージ 2


電池交換と百均で電池を買い求め
裏ぶたを開けて電池を交換する際に
文字盤が浮き上がり、それを直すのに竜頭を外し・・・
ついにこの様になってしまった (T_T)
イメージ 1



同じ時計なら千円以下で手に入るが・・・
また、電池交換で同じ失敗をするもの嫌なので
ソーラー充電の安い腕時計をネットでポチる!

新しい時計が到着前に
ソーラー防水腕時計が有ったのに気づき
装着するが、秒針が2秒運針・・電池が不足(写真左)
新しいのが届いたので装着(右側)
イメージ 3


ヤッパリ文字盤は白が見やすく軽い 3000円ほどで安い
イメージ 4
この時計は何年もってくれるでしょうか?
カブプロと同じぐらい活躍してくれると良いなぁ〜





夜のライトアップです(^^)/~~~
イメージ 5

この記事に

カブのガソリン予備タンク
1Lが2本あります
中のガソリンはかなり古いと思われます
イメージ 1


去年の夏に
東日本&北海道を走る際に買った5Lタンクもあり
中のガソリンも次第に古くなって行きます!
イメージ 4


古いガソリンから使って行こうと思うのは良いのだが
燃費を測る為にガソリンの量も測る
100均の計量カップが有ったので使ったのが間違い(-_-メ)
イメージ 2
ガソリンに腐食してしまい 細かいシワで白く見えます


材質:ポリスチレンと書いてあるが
プラスチック類は基本的にダメ
ガソリン携行缶は金属なので・・・
イメージ 3
表面から溶けている様なヌル感が有りました

ガラスのメスシリンダーがビーカーが有れば良かったのですが
プラスチック類はダメだと実感しました
みなさんも私みたいなバカなマネはしない様にお願いします



この記事に

カブのリアボックスですが
2個目の塗装はワケありで自分で塗ってないのだ

案の定、自宅の駐車場でコツンと当たった所からパラパラと
剥がれ落ちた(-_-メ)
(下地処理が全くなされて無かった!)


2018/12/28
意を決して 再塗装を決断!
今までの塗装を剥がし取ります
イメージ 1


スクレーバーで剥がすと鱗の様にパラパラと大きく剥がれます
イメージ 2


全て剥がすのに30分も要らない!
小さな凸凹もキレイにするのに時間は必要でしたが
イメージ 3
家内曰く、今度のJA07のブルー系の色と合っているから
塗らなくても良いのでは? 私:白にコダワル・・・


このベランダボックスの素材はポリプロピレン
元来塗装しにくい素材だとか
下地にサンドペーパーで傷を付けます
イメージ 4

塗料の密着を良くする為に
全面に渡って小傷を付けます
イメージ 5
1号機の時もこの行程は経験してます


2018/12/29
ネットで調べると下地処理のスプレーが良いとか!
年末なので安いネット販売はもう遅いし
ホームセンターではコレら特殊用途は売ってない

幸い自宅近くに塗料専門店が有って
店主に相談するとコレを勧められた
しかし、素材自信が塗装を嫌がる素材なので
このスプレーも完全では無いと釘をさされた!
イメージ 6
ポリプロピレンは柔らかくて曲がる
塗料が固まると固くなり
比較的柔らかな土台が曲がると
塗装はひび割れ剥がれるとの事だ

とは言え
ネットで検索しても下地処理のスプレーはコレが良い様だ

クリアーで軽くスプレーする!


2018/12/30
同じ塗料専門店で2液製のウレタンスプレーを購入し塗る
同店主いわく
余り厚く塗らない方が塗装面が固くならないので好ましいが
ベースの色を隠して白にするにはかなり塗り重ねないと・・・
イメージ 7


スプレー1本では足らずムラのある塗装で終わる
イメージ 8


2018/12/31
近くのホームセンターでラッカースプレーを購入して
数回 塗り重ねる

ラッカー2本目も投入
大晦日の夕方に作業を止めて
正月中は軽自動車のワンボックスの中で乾燥熟成?


2019/01/04
正月明けて見てみると
塗装のムラや液タレもあるが素人作業なので良しとする
イメージ 9


早速、カブプロに設置してネジ止め
イメージ 10


背中のプロテクターや
アルミのフック(ヘルメットホルダー)を取り付け
イメージ 11


反射シールも塗装面ごと剥がした物を接着剤で貼付け
イメージ 12

やっと年末の状態まで取り戻す事が出来ました

全体の塗装を剥がして再塗装は大変な作業でした

この記事に

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事