スピリチュアル カウンセリングルーム

したいことしか続けることは出来ない・・・。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

心の捉え方について

 
 
  
イメージ 1
 
 
 
  久しぶりに ブログをUPしたくなりました。
 
 私は、自分の心が従わないときには、その心に素直に従うことにしています。
 
 今日は、心の捉え方について・・・
 
 こちらで書かせていただこうと思います。
 
 キリストが弟子とともに歩いていると道端に犬の死骸が横たわっていたそうです。
 
 弟子たちは、その死骸を見るや目を背けました。
 
 一方、イエス【キリスト】は、「おぉ〜〜〜なんと、美しい歯をしているのだ」と
 
 弟子の前で言ったそうです。
 
 何が言いたいかというと、
 
 
 弟子たちは死骸と言うものを見たくないものとして捉え
 目の前からその情景を切り取り、なかったことのように目を背けてその場をすごし
 
 
 イエスは、現実をありのまま捉え、その中でも心の選択肢を悲しいよりも、不快なよりも
 
 美しさということに心をすえた。こと。
 
 
 たとえば、お友達と約束をしていて、急にキャンセルされた時・・・・
 
 まだはっきりとした理由が見つからないとき
 
 ある人は
 
 怒りと言う心を取り扱い
 
 またある人は
 
 じゃ〜ゆっくり休もうと 心穏やかに取り扱い
 
 またある人は、裏切られたと 心を卑屈に取り扱うことを選択する。
 
 
 この世で生きている私たちには、他者と関わっている以上
 
 いろいろな出来事が予定どうり運んだり、運ばなかったり・・・・
 
 
 
 それに、いちいち腹を立て、恨み、悲しんでいたら
 
 いくら心があってもいつも、ヘナヘナぁ〜って、なっちゃう。
 
 
 だから、
 
 現実を変えることは難しいけれども、
 
 心の・・・気持ちの捉えかたを変化させることは可能で。
 
 しかも、手っ取り早い。
 
 ある出来事を、苦しみながら生きるのも、喜びながら生きるのも
 
 個人の人生の範囲では、自分が全て管理し、そして自分の意思でコントロールすることができる。
 
 *コメントくださいね〜〜〜〜
  お伺いしたいので^^。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事