スピリチュアル カウンセリングルーム

したいことしか続けることは出来ない・・・。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 
 
  前回の震災・津波あとのブログを書こうとパソコンに向かうけれど
 
 少し書いては、消し
 
 また、パソコンに向かい少し書いてはまた消す。
 
 こんな作業を数日繰り返し、
 
 やっと伝えたい内容と文字言葉が統一してきたのでUPすることができました。
 
 
  家も流され、家族も流され、在った全てが一瞬にして目の前から消えてしまう・・・
 
 予期していた別れや、決別、消失などはある程度の決心もできるであろうが
 
 予期せぬ悲しすぎる出来事がいっぺんに訪れた方々の
 
 私では到底耐えられそうもない事態を経験なされた方々の胸のうちを
 
 微量わずかに察することは出来ても、そのような絶望と思える事態に
 
 直面していない私自身が、安易に何かすることは
 
 かえって被災された方々の心の傷に塩を塗ってしまうような行為ではなかろうか・・・?
 
 震災後の私の心はいつもこのことを自問自答しておりました・・・。
 
 
 YAHOOポイントなどのポイントは全て義援金に。
 
 私が今出来ることは?これも自問自答の中のひとつでした。
 
 
 寄付も義援金もおおきな団体に委ねてしまうことによって
 
 メリットとデメリットが生じてしまう
 
 このデメリットが募金をすることへ躊躇する大きな要因でした・・・
 
 私は以前から、子供たちに何か出来ることはないかと
 
 わずかではありますが寄付していただいていた募金がありました。
 
 
 今回は私は震災で何もかも失った上に孤児になってしまった方々の
 
 ために動きたいと思いました。
 
 そして、降りてきたイラストが「くじらと子供たち」
 
 通常私のイラストは波動アートとしてイラストから温かい風や涼しい風な
 
 その時々のイラストから出るさまざまな感覚が高評価をいただいておりまして
 
 一番小さいもので額入り、1500円で販売させてもらっていました
 
 今回はその小さな作品よりひとまわり大きくなり
 
 壁に掛けていただくこと、スタンドとして卓上に置いて頂く事が
 
 できる作品を1000円で販売しております。【店頭のみ】
 この全額が孤児となった方のもとに届くようになります。
 
 今回は仙台児童相談所にこのみなさまからいただいた寄付金をお金のままか、物品にするか
 相談所の方々のご要望によりお届けしたいと思っております
 今回ここに決めたのはこの機関はすでに復旧されており、
 両親を失った子供の受け入れをはじめているようだからです。
 
 お陰さまで昨日と一昨日で7000円ほどの元々のものから
 20000円になりました。今年から10年毎年違ったイラストを描いていこうと
 思っております。私の意向に賛同してくださる方、もちろんイラストファンの方も
 ぜひ、お店に購入しに来てくださったら幸いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事