ここから本文です
札幌ふわもふ日記
うちの2ニャン猫♂の事、日常のことなど札幌発!共働き主婦の日記

書庫全体表示

 
 
 
イメージ 1
道の駅「夕張メロード」
JR新夕張駅に隣接している夕張の道の駅だ。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
ここに入っている阿部菓子舗さん。
お客さんが途切れることなく並んでいました
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
ショーケースにはどこか懐かしい感じのケーキが・・
(こういうお店のチョコケーキって絶対に好きな味だ)
そこでは先でアップしたソフトクリームを買って食べたんだけど
その他にもう一つ、名物のスイーツを購入したのです。
ソフトクリームを買おうと思って並んでたら他のお客さんがみんな
そのご当地スイーツを買っていたのでね〜これは気になるっしょ♪
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
そのスイーツはお店の看板メニューなんだねー
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
こちら「たんどら」です
たんどらの【たん】(石炭)と”どら焼き”を合わせた造語だそう・・
 
 
 
---------------------------------------------------------------------------------------------
 
夕張の炭鉱が全盛期の頃、家庭でも学校でも暖房は石炭ストーブでした。
その石炭の事を皆「たん」と呼んでいました。「石炭(たん)を出してこい」と親に言われ
子供が一斗缶に山盛りに入れて運んでいたそうです(HPより)
 
----------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
んで、全貌はこんなまっくろなどら焼きである。
この黒さは食用竹炭を生地に練り込んでいるからです。
お味はあずき・夕張メロン・かぼちゃ・さくら(期間限定)
そして「チョコっと生とら」っていうチョコ味もある。
北海道産の小麦粉・ビート糖・あずき・かぼちゃを使用、
メロンクリームはもちろん夕張メロンを贅沢にも使用
今回はかぼちゃとさくら以外を購入した
 
 
 
 
 
イメージ 7
これはあずき、あんことあんクリーム?がインしてる
ご当地ものって正直あまり期待していないアタシ(すみません)
でもたんどらおいしい♪
クリームが入ってるから尚おいしいのかな?
 
チョコは間違いなくおいしい・・
その中でも期待以上に美味しかったのが夕張メロン!
オットが先に全種食べたからどれがベストだった?と聞くと
夕張メロン!と答えた。えー?意外〜?
あんま期待してなかったのにまさかのベスト1
それでアタシも食べてみたんだけど・・・・・
 
 
 
 
 
イメージ 8
これホントおいしい!夕張メロンあんとメロンクリーム・・
よくぞ特産品をこのように更においしく仕上げたものだ…阿部菓子舗さんあっぱれ(゚Д゚)ノ
これはね、大袈裟じゃなく本当にリピしたい・・
高級なずっしりどら焼きじゃないけれどなんというか全体的においしいのですよ。
なので雪が降る前にもっかい行きたいなぁと思っている・・
ネットでも買えるみたいだけど夕張にまた行きたいからその時に買うとしよう(゚Д゚)ノ
 
 
 
読んでいただきありがとうございます
 
  地域情報北海道ランキングに参加しています
ポチっと応援よろしくお願いします<(_ _)>
\?\᡼\? 1
 
コチラもどうかポチっとよろしくです<(_ _)>
 イメージ 14
人気ブログランキング「地域情報北海道」と
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
 

  • 北海道に行っても夕張に行くことがなかなか無かったのですが、再生のために頑張ってるなぁって伝わってきます♪
    今度北海道に行くときは夕張にも足を伸ばすべ♪

    ナイス凸

    クリーム

    2014/10/22(水) 午後 9:56

    返信する
  • アバター

    クリームさん。

    夕張は時間に余裕があれば歩いてみるのがおススメです
    炭鉱博物館の係りの方たちはとても親切でした
    (*´ω`*)

    ふわ猫

    2014/10/24(金) 午前 0:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事