ここから本文です
ハロヲタ芸人ふゆきじるの「じる日記」
よしもと芸人ふゆきじるがハロプロについて熱く語るハロプロ非公式ブログ
ひなフェスのレポートの続き。


・juiceはなんといっても

新曲の地団駄ダンスが

パンチ効きすぎてて

今まで本格派路線だっただけに

ヲタにはやっぱり不評みたいで

メンバーもヲタも

得しない曲だなと思った。


こぶしやつばきに

ベリーズの魂を受け継がせる

という設定が僕は

あまり好きじゃないんだけど

ハローのなかでの方向性として

℃-uteの方向性も

十分カバーできるのは

juiceしかいないと思うので

その方向性に反してる

あの地団駄ダンスは

℃-uteがいなくなった後の

juiceの方向性に不安を覚えた。


それとこぶつばがベリーズの魂を

受け継いだのなら

℃-uteの魂を受け継ぐユニットも

作らないとおかしいと思ったけど

上に書いたように

僕はその考え方に否定的だから

別にやってほしいわけではないし

去年ちさまいがやらかした事への

お咎めが無かったので

それでベリーズと差をつけたと

考えればいいかなと思った。


・℃-uteの名前を出したついでに

ひなフェスではないんだけど

増澤璃凛子ちゃんのイベントを見て

気づいたことを書いとくと

一昔前のセクシー路線の℃-uteと

ソロDVDのテニスウェア姿で

柔軟体操をするちぃちゃんを

同じタイミングで見た時に

どちらがセクシーに感じるかの

比較がたまたま僕の中で行われて

本質的なセクシーさは

断然後者だなってわかって

あのポールダンスとかに

需要があまりなく

結局セクシー路線をやめた構図が

すごく納得できたので

ボンテージと網タイツで

ポールダンス的なことをやれば

セクシーだという考え方が

単純過ぎるという答えを

℃-uteが身をもって

はじき出してくれたわけだから

それをこれからのハローには

活かしてくれると信じたい。


・僕が入ったのがアンジュルムと

ももちプレミアムで

プレゼント抽選会の司会も

それぞれのグループがやったんだが

自由にやってたアンジュルムに対し

カントリーはなんとなくももが

セクシーに読み上げたら

ちぃちゃん おぜこ ふなっきと

続けてやりだして

やっぱり普段からももに

鍛えられてるから

ノリが良いなと感じたが

はたしてももがいなくなった後に

今度はその流れを作れる側に

誰かなれるかという疑問を

持ちながら見ていた。


ただその流れできていたのに

あえて流れどおりにやらずに

自分のキャラを通す裏切りを見せた

やなみんにはなんとなく

微かに可能性を感じたかな。


・最後にりほりほがいない今

キャベツ白書をつばきのように

ピーベリー以外が歌うのは

仕方ないとしても

そこにあやちょは必ずいてほしいと

声を大にして言いたい。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事