ここから本文です
ハロヲタ芸人ふゆきじるの「じる日記」
よしもと芸人ふゆきじるがハロプロについて熱く語るハロプロ非公式ブログ

書庫日記

記事検索
検索

全521ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

明けましておめでとうございます!

2018年‥いや!

ハロプロ誕生20周年イヤーも

よろしくお願いします!


さてそんな記念すべき年が

始まろうとしていた矢先

あいあいが復帰しないまま卒業という

残念なお知らせがあった。


一時は快方に向かってるって

報告があったし

同じく療養していたまなかんが

復帰した事もあって

結構楽観視していただけに

結局復帰ならずってなったから

ショックがでかいな‥。


病気の性質上

怪我みたいに時間が経てば

治るってわけでもないし

仕事から離れてる時間が

長ければ長いほど復帰するのが

難しくなる気もするから

こればっかりは仕方ないと

頭ではわかってるんだけど

気持ち的には

まだ受け入れられてない。


でもあいあい自身は大学に行って

自分のやりたい事を

やれてるんだろうから

そっちで形になればいいなと思うし

ステージや人前に立つのは無理でも

握手会とかで僕らと

話すのは好きだったと

言ってくれてるなら

またいつかどこかで話す機会が

あったらいいなと思う。


ちなみにあいあいが復帰したら

握手会とかに着ていこうと思い

ダダTシャツを買っといたが

このような結果になったので

あいあいを偲ぶ意味で

今度アンジュの現場で

陽の目を浴びせてあげようと思う。


あいあいとたくさん

オニオンフライの話をしたこと

ずっと忘れないよ!!

この記事に

カウコン1部のライブビューイングに

行ってまいりました。


というわけで今年も残すところ

あと1時間を切ったので

今年のハローのまとめと

ふゆきじる的ハロプロ楽曲大賞を

発表したいと思う。


今年はなんといっても℃-uteと

ももがハローを卒業し

それに伴って

第2次ハロマゲドンがおこり

カントリーは事実上空中分解するわ

こぶしも辞めてくメンバーが続き

とても上を目指せる体制に

なっていない状態での年越しで

まあ今年は特に事務所の上の方の人に

ひっかきまわされた1年だったね。


細かい部分でいうと

カントリーの移籍組の移籍先が

ベストじゃなくて

ちぃちゃんみたいに

センターがいけるかわいい娘が

モーニングに途中加入すると

なかなか馴染めないのは

ミキティ姉さんで実証済みなのに

また同じ事を繰り返してるし

やなみんもカントリーにいる時の

あのグイグイいくかんじが

最大の武器なのに

juiceはそういう空気感じゃないので

その武器が影を潜めるわで

移籍があまり良い方向に出てないと

僕は思っている。


ただふなちゃんだけは

僕もアンジュだったらいいなと

思っていたくらいなので

当然アンジュのみんなも

すぐ受け入れてたし

もうめいめいの後釜を

任せてもらえたくらい

フィットしているから

ふなちゃんだけがベストな移籍先に

行けたのがせめてもの救いだな。


でも悪くなった事ばかりではなく

最近卒コンの時に残ったメンバー

1人1人からのコメントが

カットされて

ばいばい手紙こと

その時のハロプロリーダーが

さほど親しくなかったメンバーでも

毎回必ず出てきて手紙を読むという

理解に苦しむ構図が続いてたけど

先日のどぅーの卒コンはあやちょが

ハローのリーダーになって

初のばいばい手紙という事もあってか

残ったメンバー1人づつコメントが

復活していたから

あやちょに代わって悪い風習が

1つ無くなったのは

この暗黒期を終わらせる

希望の光が一筋差し込んだと

言えるかもしれない。


あとモーニングの最新アルバムの

ほとんどの楽曲がつんく♂さんの

作った曲になっているのも良い事で

やっぱりつんく♂さんに頼らないと

どうにもならないと

気づいた結果だとしたら

嬉しいんだけどね。


そして今年のふゆきじる的

ハロプロ楽曲大賞は

3位 シャララ!やれるはずさ

2位 君だけじゃないさfriend

1位 初恋サンライズ

という結果で

3位と2位は両方共

歌詞が勇気や元気をくれるという

理由なんだが

ではなぜ君だけじゃないさが2位で

シャララ!が3位になったかというと

シャララ!を歌っていた

こぶしのメンバーが

次から次と辞めていったという

皮肉な結果を招いたから

歌詞がメンバー自身には

響かなかったのが

3位どまりになった要因だった。


そして1位は武道館などの

つばき以外の現場で歌った時も

今やハロヲタみんな

サンライズジャンプを

やいるくらいノリの良い曲で

これだけ浸透していたら

1位にせざるをえないと思ったのが

今回の選考理由だね。


というわけで今年は特に後半にかけて

ブログを書かなかったから

来年はもっと書いていこうと思うので

来年もよろしくお願いします。


それではよいお年を!

この記事に

3ヶ月ぶりのブログで

今日は書こうと思ったものの

書き方を忘れてしまったなー。


ちなみにこの3ヶ月の間に

ブログを始めて10周年を

密かに迎えていたんだけど

ところどころ書いてない期間が

あったとはいえ

まさか10年続くとは

思ってもみなかった。


2007年の10月に当時はまだ

ソロでやっていなかった真野ちゃんを

これから要注目のメンバーとして

初めて書いて以来10年が経ち

今やその真野ちゃんはハローを卒業し

女優としての地位を確立したわ

当時ハローにいたメンバーは

もれなく入れ替わったわで

確実に時は流れているのに

僕は何も変わらず

ただ歳をとっただけだと考えると

頭を抱えるばかりだけど

この10年僕的なハローの記録を

綴ってきた事には

意味がある気がする。


なのでツイッターがあるから

昔みたいに頻繁には

更新できないだろうけど

これからもツイッターには

書ききれない思いの丈を書く為に

ブログを続けていこうと思う。


そんなわけで11年目初めての内容は

どぅーの卒コンについてなんだけど

昨晩のガールズライブでも

本人やはるなんが触れていたように

ファンが望む事をやろうとする娘が

どぅーなんだなって思った。


でも僕なんかは最後は逆に

本人が最後に歌いたい曲を

歌ってほしいなと思うし

客観的に見たらファンが望む事が

ベストとは限らないとも思うので

自分の推しメンの卒コンは

どぅーみたいな臨み方ではなく

自分のやりたい事を第1に

やってほしいなと思った。


まああやちょに関しては

そんなどぅーとは真逆の

ファンの希望は気にせず

自分のやりたい事をやるタイプだから

まず大丈夫だろうし

そもそもそんなあやちょだから

僕が意気投合したんだろうね。


だからあやちょの事を

よくわかってない人は

カクゴしての最後のあやちょが

かわいいって

クローズアップしがちなんだけど

あやちょ本人はかわいいを

追い求めてないから

それを言われても

さほど嬉しくないみたいだし

僕もそこよりも

曲ごとに様々なメッセージ性をもって

やってるアンジュとしての

パフォーマンスに注目している。


だからそんな本人のやりたい事が

客観的に見ても正解なやり方で

且つファンの希望もそれに

合致しているのが

ベストなんだろうけど

なかなか難しいよね。


とにかくどぅーにはこれから

ファン以外の人が

何を評価するのかを見極めて

一般人に知られる女優さんに

なってほしいなと思う。

この記事に

最近たぐっちのブログが

見事に病んでるよね。


2人が立て続けに脱退したショックで

たぐっちも辞めそうで心配だけど

あの病みっぷり全開の内容を

そのままアップしてることに

ちょっと違和感があるのは僕だけ?



そういや3日のアンジュの

シリイベのことを

まだ書いてなかったから

書いとこうと思う。


今回新曲を歌う以外は

楽屋や稽古場の映像を

ただただ流す内容で

やっぱりヲタからは

不評の声も少なくなかった。


たしかに楽屋の映像を

流すだけというのは

このイベントの為の準備を

やらなくていいようにしたわけで

他のヲタ以上に

ちゃんと作ってこそ

お客さんに見せるもの

という意識がある

僕みたいな立場の人間がいたとしたら

終始複雑な心境で

見ていたことだろう。


その点でハローは

モーニングが売れてから

裏側を見せないというスタンスで

やってきていて

それに対して裏側を見せないと

ファンがつかないと

10年前に両角さんと

朝まで生番組制作部で

苦言を呈していたんだけど

新体制になって

裏側を見せてもいいという

方針に変わったんだろうね。


ただ裏側と言っても

簡単に言っちゃうと

SNSに溢れかえってるような

JCJKのおふざけ動画ではなく

モーニングに加入したばかりの

2期メンバーに廊下の隅で説教する

中澤姉さんだったり

合宿オーディションで

先生に怒られて涙を流す

最終選考に残った娘達のような

見てる人が感情移入してしまう

ドキュメンタリー的な映像を

流すべきなんだけど

朝まで生番組制作部の時に

言ってたこの意図を

10年理解してこなかったハローが

わかるようになったとは

到底思えないので

まあこの件に関しては

別な形で道を踏み外してるな…

ってくらいに見るしかないだろうな。

この記事に

昨日はアンジュとアプガの

対バンライブに行きたかったんだけど

行けなかったなー。


でも先週の特典会で

メンタルにダメージを受けたから

あやちょの顔を見るとその傷口が

またひろがる可能性があるので

それはそれでよかったかもしれないと

思う自分がいるのも事実なんだよね。


といってもあやちょの名誉の為に

言っとくけど

いわゆる塩対応をされたとかではなく

僕とあやちょが仏像を通して

距離感を縮めてから

あやちょは仏像ではなく

絵画を専門的に勉強したり

ハローのリーダーになったりと

あやちょの趣味思考が

変わってきたことに

僕の方がついていけなくて

昔と変わったあやちょに会う度に

勝手にへこんでるだけなので

そこはご理解いただきたい。


だから最近はBDイベントとかで

絵画の話ばっかりしてるから

それについての話もしてみたけど

仏像と違って

2人の知識量に

天と地ほどの差があるから

共感する事もなく

ダメ出しみたいに説明されて

あんまり楽しくなくなったから

当初今年の目標に挙げていた

脱あやちょを実行に移す時期に

きてるのかもしれない。


まあ推し変するわけじゃないけど

メガネをかけてる方が良いって

誉めてくれるりかこや

同じく僕の顔を見ると

話をふってくれる

あいあいも戻ってきたら

あやちょ抜きにしても

現場に行き続ける価値があるしね。

この記事に

全521ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事