つらつらぶろぐ

知恵は宝石にまさり、あなたがたの望むすべての物は、これと比べるにたりない。(聖書 『箴言』 8.11)

全体表示

[ リスト ]

ビジネスホテルチェーンの東横インは、不正改造工事で袋叩きにあっているみたいです。
東横イン社長の会見では、本音が出ていました。
その発言内容や態度が気に食わないからと、問題が発覚して以降、東横イン宛の抗議の電話やメールが殺到などと聞くと、日ごろストレスのたまっている人たちが、その解消に、このときばかりと罵声を浴びせているみたいに思えてしまいます。映画などで、極悪人が晒し者になっているときに、罵声を浴びせたり、物を投げつけたりする、あれです。

東横インの不正改造問題のこのような状況や、郵政民営化一本で自民党が衆院選挙圧勝などを見ていると、人々の考えが短絡的思考になってきたなと思います。深く考えることをしない、感じたままを言葉や行動に表すというのです。

こうなると、へそ曲がりなのか、一言言いたくなってしまいます。

病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店その他の不特定かつ多数の者が利用する政令で定める建築物、ホテルなどは、各自治体の条例や建物のバリアフリー化を義務付けた「ハートビル法」(正式名称:高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律)で身障者用設備や駐車場を設けるよう義務づけられているといいます。東横インはこの法令に違反しているのは明らかで、弁解の余地はないと思います。これには異論はありません。

ホテルによっては、高齢者や身体障害者のための施設を設け、よく活用されるホテルもあれば、あまり活用されないホテルもあると思われます。
活用されるか、否かにかかわらず、それらの施設は、維持管理するのに経費、コストが掛かります。
それらの施設を設けるために、客室、会議室などが占める床面積を減らすことになれば、機会損失にもなります。
ホテルは経営が成り立たなくてはならないから、高齢者や身体障害者のための施設に掛かるコストは、顧客のホテル利用料金(宿泊料金など)に上乗せされます。消費税と同じです。しかも受益者負担ではありません。利用客の多くはそのような施設を必要としませんから。もしそれに補助金が出るならば、それは税金から払われます。
民間がやろうとしないなら、各自治体が、高齢者や身体障害者専用のホテルを建て、そこに補助金を出すなどの策もあるのではないでしょうか。これにも税金が使われるでしょう。
短絡的思考をひとまず横に置いておいて、高齢者や身体障害者専用のホテルがなぜできないか、よ〜く考えてみようではありませんか!!!。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

あの社長正直すぎると思います。

2006/2/2(木) 午後 5:35 [ おいいしまさじゅうろう ] 返信する

顔アイコン

私の家のすぐそばにある東横インでも不正が明らかになりました。半ば常態化していたのでしょう。全くあきれますね。

2006/2/2(木) 午後 5:53 [ takuya870625 ] 返信する

顔アイコン

ほんとひどすぎる

2006/2/3(金) 午前 2:01 koi*u*a 返信する

顔アイコン

次々にこのような不正が明らかになるところを見ると、いろんな会社で大なり小なりこのような誤魔化しが、行われているのではないかと思ってしまいます。経営者は事件になる前に自ら正してほしいと思います。

2006/2/3(金) 午後 4:31 fuzzy 返信する

顔アイコン

初めまして。ご意見もっともですね。法令違反は違反として。原因を考える事が大切ですね。食品などにも言えることです。見えない部分に関心を持って調べる事も社会生活では必要です。又来ますね。

2006/2/18(土) 午後 5:28 [ アマルフィー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事