fwapy바람꽃風ノ花

【平和憲法を守るのは在日の使命=故 金敬得弁護士の遺言】 在日を見れば日本の今が見える!

全体表示

[ リスト ]

「自殺大国」の汚名返上へ闘う在日医師、張賢徳さん = 2007-03-10  =

外からの視点が役に立つ       イメージ 1          

 年間3万人台の自殺者が98年から続く日本社会の病巣にメスを入れ、「自殺大国」の汚名返上に向けて闘う在日3世の医師、張賢徳さん(41)が昨年12月末に『人はなぜ自殺するのか』(勉誠出版)を上梓した。日本人には気づかない視点が、死に直面する医療現場で役に立っているのでは、と語る。

愛憎をふっ切って

 生まれ育ったのは、大阪の西成区。白昼堂々と日本刀で斬りあうやくざを目撃するのも何ら不思議ではない劣悪な環境だった。

 祖国復興に寄与することを夢見て、大学の工学部で造船を専攻した父は夢破れ「在日として生きていくのだったら医者になれ」と3人の子どもに懇々と言って聞かせた。

 その一方で、「にんにく臭い」と言われたら「にんにくを食べるから強いんだ」と言い返すくらいの根性と韓国人として誇りを持つよう育てた。鉄拳を見舞われることもあったが、「子どものことを思っていることがわかったし、尊敬と愛情がベースにあったから医師願望はすんなり受け入れることができた」と話す。

 成績優秀だった3歳上の兄が灘高の受験に失敗し、家の中の空気がどんより沈んだのを肌で感じたのを機に、兄のリベンジとばかりに灘中学の受験に打って出たが、ものの見事に玉砕した。難問をすらすらと解く同年代に比べ、まったく歯が立たない自身の恥ずかしさを思い知った。この時に屈辱の中でもたげた負けん気が、「勉学の虫」へと変身させていく。そして、廊下で生徒がシンナーを吸っているような札付きの荒れた中学から灘高、東大医学部へと進学を果たすことになった。

 入学後、病院実習を経ながら、患者への優しさや隣人愛という情がうずく一方、幼い頃から身についた日本人に対する憎しみも否定しきれない自分に気づいた。愛に基づく医療行為に従事する者として、この相反する気持ちをどう整合させるのか、悶々とした時期を送った。日本人や在日の先輩から「出世をめざすなら帰化を」と勧められたが、自分の気持ちを曲げるわけにも行かず、国際性を謳う帝京大学に移った。私学なら差別も少ないと思ったからだ。

 国家試験の1週間前に、仲良くしていた精神科医志望の先輩が自殺したことが引き金となり、精神医学の観点から自殺にメスを入れる道を選択した。現在、日本自殺予防学会の事務局長として、国境や民族を超えた地球人というスタンスで激務をこなす毎日だが、「日本人には気づかない観点、物事を外から見る視点、斜に構えて見る視点が役に立つと認められたのではないか」と謙虚に受け止めている。

 都内で飲食業を展開する叔父から「どん底から這い上がってつかんだ今日の幸せを、いまだ光の当たらない在日同胞に還元すべきだ」と言われる。在日を売りにしたくはないと思っていたが、「自分のような者が活用されるなら表舞台に出てもいいと思うようになった」と心境の変化を語った。

 「同じような価値観を有する集団に経済的な危機などが訪れた時、アルコール依存症やうつ病、自殺に追い込まれるというのが現代日本の特徴。中高年男性に顕著に現れる」と警鐘を鳴らす。

■□
プロフィール

 1965年、大阪市西成区出身の在日3世。91年東京大学医学部卒業後、帝京大学医学部附属市原病院・本院で臨床研修に従事。97年英国ケンブリッジ大学臨床医学系精神医学博士号取得。97年から99年まで帝京大学市原病院精神神経科講師。99年から04年まで同大溝口病院精神神経科科長・講師。04年から助教授を務めている。

写真:「自分のような者が活用されるなら表舞台に出てもいいと思うようになった」と語る張賢徳さん

(2007.2.28 民団新聞)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

まだ斜め読みですが、すごい人ですね。在日だろうが日本人だろうが立派な人なら関係ない僕には、見習いたい人です。それにしても、こういう熱い人生を生きる人は羨ましいです。僕も見習わないと、、、

2007/4/11(水) 午後 9:02 mig21

顔アイコン

自殺の話かと思ったら、在日の医師の話でしたか・・・

2007/4/11(水) 午後 9:48 [ たぬ吉 ]

顔アイコン

すごい人が出ましたね。これこそ、在日の宝、日本の宝、ありがとうございます。図書館でリクエストして、皆で読もう。年間3万人の自殺者問題は、この国の核にあります。次は、自分か、という絶望のがけっぷちを歩かざるを得ない人が沢山います。ええ、私も最近そういう自分を感じます。

2007/4/12(木) 午後 4:32 mgm*wn

顔アイコン

自殺はニートなんかよりシリアスな話なのに、毎年人数が増えてることも報道されてないし、その悲惨な現状も伝えられていない。在日の方がこういう話で一石を投じていらっしゃるのは耳が痛い話です。早々に本も入手して読んでみます。興味深い記事有り難うございました。

2007/4/13(金) 午前 3:20 おまつ

顔アイコン

今日やっと本を読むことができました。スゴイ本です。在日の医者が書いた話ではなく、優秀な精神科医が日本人の自殺問題を書いた本です。それを強調したい。

2007/4/29(日) 午前 1:02 おまつ

顔アイコン

resコメント遅くなりました、mig21さん、何度も言いますが、国籍なんて、関係ないですね。人間です〜ね。

2007/4/29(日) 午後 4:37 fwapy

顔アイコン

ライクさん、在日医師って視点でなく、医師として、専門カウンセラーとしての意見を是非、是非読んでみてください。

2007/4/29(日) 午後 4:39 fwapy

顔アイコン

ウェペケルさん、身近な所で、自殺者が後をたちません。何故、放置されるのか?この国の影の部分を洗い出した視点で書かれています。是非、感想をお聞かせください。

2007/4/29(日) 午後 4:41 fwapy

顔アイコン

おまつさん、同じ感想のコメントを頂いて感謝してます。優秀な、庶民派医師の視点で見た自殺、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思っています。

2007/4/29(日) 午後 4:43 fwapy

顔アイコン

出会いの妙ですよね。本だけ読んでたら、良い育ちの在日の方が友達の自殺で問題意識を持っただけと思ったかも。fwapyさんの記事だけだと、ラジカルな在日精神科医かな?日本を非難してるのではなく、同胞を守る立場で頑張っていらっしゃることを、もっと多くの方々に知って欲しいと思いました。自分から出会いを求めないといけないですねぇ・・・

2007/4/30(月) 午前 1:51 おまつ

顔アイコン

「幼い頃から身についた日本人に対する憎しみ」

在日の人って子供のころから日本人への憎しみを育てているんですか?

2009/7/22(水) 午後 11:10 [ iwa**1997 ]

顔アイコン

iwa**1997さん。大部分の在日の人々は全然?日本人に対する憎しみなんかありませんよ。同じ人間なのに、そう思うこと事態おかしくないですか?少なくとも私の周りには日本の友人、知人であふれています。政府、同じ国に住んでる市民だから腰、少しでも人に優しい社会になってほしいからこそ行政の不条理に対して意見するのを「憎しみ」としかとらえられない貴方こそ、心の中に何かわだかまりがあるんでしょうか?少なくとも政治家に利用されたくは無いだけですかね。

2009/7/22(水) 午後 11:23 fwapy

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事