ここから本文です
やりたい事は行動に移さないと・・・・・・・・・いつも思いながら
訪問ありがとうございます。毎日更新できていませんがたまには遊びに来てね!(^^)! てるおばさんから画像掲載許可を頂いています
神々が鎮座する伊勢神宮へ旅行する機会があり早い新幹線のぞみに乗車し、新大阪からはバスにて三重県境に近い山岳寺院である室生寺にお参り。
イメージ 1
当お寺は女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。
イメージ 3

イメージ 2



室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。








昼食を済ませ伊賀流忍者博物館に行き子供の様に忍者ショーも楽しんだ。火薬の製造技術が敵方のスパイに盗まれないために、典型的な忍者屋敷では、わなを仕掛けたり、からくり廊下を使って防御していました。

イメージ 6

忍者屋敷は農民の住まいそのもので、そこに「どんでん返し」「抜け道」「隠し戸」「刀隠し」などの仕掛け・からくりを備えていました。当時実際に使用されていた忍具を使って、忍者がいかに使用したかの実演は手裏剣、刀、鎖鎌といった忍具を使用し、迫力満点で本当に楽しめた。




イメージ 4

イメージ 5
ビックリしたのは忍者姿の子供や大人を館内で見かけ、会場に来てみると目の前にも可愛い子供忍者(お客さん)が座っており写真を撮らせてもらいブログ掲載の許可もお母さんから頂いた。忍者になっている子供も可愛くポーズを取ってくれた。ありがとうね
イメージ 7
普段あまり見かけることのない虚無僧もこの場所ではとても雰囲気を高めた。
イメージ 9
バスで移動し関宿(せきじゅく)到着。道路の両脇に並んでいるのは、江戸時代から明治時代にかけて建てられた町家です。
イメージ 10
その数、なんと約200軒。散歩しているだけでなんだかワクワクします。
イメージ 8
東海道53次、江戸から数えて47番目の宿場町で今もなお歴史的な町並みが残り、ゆったりとした空気感を味わうことができた

明日は伊勢神宮、明後日は賢島近辺のエスパーニヤクルーズや夫婦岩など見学予定だイメージ 11




書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 梅雨の合間の若者たち

    2016/6/27(月) 午後 5:35

    梅雨だから当然雨が多く中々カラッとした天気が少ないがたまに天気になり何だか懐かしいな ~ なんて思ったりする。若い人も待ち望んでいたのだろう公園を歩いているとガラガラッ・・ガチャン!なんとにぎやかな音がする。  後で解ったことだがスケボーで最も大切な基本動作やトリック(技)を覚えるために個人的に練習している様だが、この写真は多くの人が憧 ...すべて表示すべて表示

  • 梅雨の合間の忙しさ

    2016/6/18(土) 午後 4:00

    田植えの時期だが最盛期を少し過ぎたか・・・それでもまだ夕方ぎりぎりまで田植えに忙しそうである。    農家の人は多忙なのにカメラを向けているのは何となく気が引けるが、気持ちが落ち着き好きな風景だ。   普段の田んぼや、稲が実って居る田んぼの風景とは違い風情がある。 田植えが終わり田んぼの中をト ...すべて表示すべて表示

  • 小野茶畑&狸の親子

    2014/5/19(月) 午後 6:34

     山口県宇部市小野地区の茶園に行った。流線を描く茶畑はまるで緑の絨毯だ。  一か所で茶畑面積が 100 ヘクタールがあるのはここ小野茶畑は西日本随一だとか。  土壌は真砂と赤土の混合土壌、いわゆるやせた土地だそうだが、冬に濃い霧が発生するこの一帯はお茶の生育に適した環境といわれています。 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事