いのちの花プロジェクト〜殺処分ZEROを目差して〜

青森県立三本木農業高校愛玩動物研究室で行われている殺処分ゼロへの取り組みです。

いのちの花プロジェクト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]

 
三農・曽我さん意見発表日本一

この動画はFLASHを使用しています
動画サイト「東奥NETテレビ」はこちら

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/imags2013/1028o.jpg
曽我さん(左)を先頭に校内をパレードした農業クラブ全国大会の受賞者
−PR−


 十和田市の三本木農業高校動物科学科3年の曽我美月さんが「日本学校農業クラブ全国大会」で、犬や猫の殺処分を減らそうと同校が取り組んでいる「命の花プロジェクト」をテーマに意見発表し、日本一の最優秀賞を受賞した。同校は28日、祝賀パレードと受賞報告会を開き、全校生徒が受賞を祝福した。

 22〜24日に神奈川県で行われた全国大会には、332校約1900人の農業クラブ員が参加。意見発表の「区分 文化・生活」に出場した曽我さんは「命のメッセージ〜命の花から奇跡の花へ〜」と題して発表した。

 曽我さんは捨てられて殺処分される犬や猫を減らそうと、殺処分された動物の骨をもらい受け、土に混ぜて育てた花をイベントなどで配る活動について紹介。活動を通じて学んだ殺処分の現状や命の尊さについて発表し、最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞した。

 また、プロジェクト発表会では生活科学科3年附田榛佳さんら三農ゴボウガールズ10人が、農業鑑定競技会では植物科学科3年中田圭武君、動物科学科2年中村真実さん、農業機械科3年沖沢孝志君が優秀賞を受賞した。

 受賞者らは、全校生徒の拍手の中を正門から校舎までパレード。曽我さんは報告会で「発表を通して多くの人に殺処分の現状を伝えることができた」と喜びを語った。荒谷隆男校長は「今回の成績は全校生徒と教職員の誇り、自信、励みになる。今後のそれぞれの活動につなげていきましょう」と話した。
 
原文はこちらです
 

 
三農高「命の花プロジェクト」が最優秀賞(2013/10/29 09:00)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2013/10/29/img1310290901.jpg
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/tips/movie_icon.gif 動画はこちら
 
青森県立三本木農業高校(荒谷隆男校長)の生徒がペットの命を大切にしようと取り組む「命の花プロジェクト」が、第64回日本学校農業クラブ全国大会首都圏大会(22〜24日)意見発表会の文化・生活部門で、最優秀賞と合わせて文部科学大臣賞に選ばれた。28日、同校で〝日本一〟などの入賞を祝うパレードと報告会が行われた。
【写真説明】
最優秀賞の受賞を報告する曽我美月さん(左から2人目)。左は荒谷隆男校長
 
原文はこちらです
 

 
「命の花」活動、愛犬家が体験/十和田(2013/09/30 22:50)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2013/09/30/img1309302201.jpg
 「人と犬の共生を考えよう」をテーマに青森県立三本木農業高校(荒谷隆男校長)は28日、同校敷地内で「犬の祭典」を開き、愛犬家らがペットの命を大切にしようと動物科学科の生徒が進める活動を体験し、命の尊さを考えた。
 同校はこれまでドッグカーニバルとして犬の〝運動会〟を開催してきた。本年度は殺処分された犬の骨を土に返し、花を育てる命の花プロジェクトの発表と警察犬デモンストレーションを加え、名称を変更した。
 生徒によるプロジェクト発表では、殺処分後の犬や猫の骨が事業系廃棄物として扱われる現実に驚き、活動を始めたことなどを説明した。愛犬家らが生徒と共に花を植える活動を体験した。
 参加者は殺処分の現実に戸惑いながらも骨が交じった土を鉢に入れ、ケイトウの花苗を植え、各自で持ち帰った。十和田市の永瀬邦子さんは「県内でも多くの殺処分があると知らされた。花も犬も大事にしたいと思う」と話した。
【写真説明】
生徒と共に命の花プロジェクトの活動を体験する愛犬家ら
原文はこちらです。
平成25年11月1日、2日、本校最大のイベント三農祭で、命の花を配布しました。
 
イメージ 1
イメージ 2
 
用意した命の花は80鉢。小さく華麗な花をまとったミニケイトウ80鉢を配布しました。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テレビで命の花を知ってくださった方がほとんどで、昼前には花たちはすべて新しい飼い主に旅立ちました。
また、花への温かいメッセージ本当にありがとうございます。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、この活動をテレビで知ってくださった方から、私たちにうれしいプレゼントを頂きました。
一頭一頭、手彫りで完成させたというこのワンちゃん、見ていると心が和み、ずっと見続けていたくなります。
本当にありがとうございます。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
また、この様子は、フジテレビの方々が取材に来てくださいました。
11月10日ミスターサンデー(フジテレビ系)22時から放送される予定です。ぜひ、ご覧くさい!
先日のNHKの放送では、日本全国から心のこもったお電話やメール、お葉書、ブログにも私たちの活動の応援のメッセージをいただきました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。

これまで私達は多くの方々にもこの活動を知って頂きたいと考え、取り組んできました。
放送後に頂きました皆様からの一つ一つのお言葉は、これからの我々の活動の大きな大きなエネルギーになっております。
この活動を初めた昨年、どれほどの方々に命の花が理解していただけるのか、大きな不安の中で、日々葛藤しながら、こんな活動はもう辞めたい、そう思った時期もありました。しかし、花を初めて受け取って下さった方々の励ましのお言葉があったからこそ、プロジェクトを続けることができました。
今回頂いたお言葉に答えることができるように、愛する犬たちのために今できることを、少しずつ取り組んで行きたいと思います。本当にありがとうございました。

このような機会を作って頂きましたNHK青森の皆様に感謝いたします。

イメージ 1
  現在、育てている命の花、小学校の道徳の題材として、先日の2鉢が旅立ちました。

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事