ここから本文です
きままにマイペース
ごぶさたしてました m(__)m

書庫コーヒーブレイク

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

東京散歩2

話のタネの『俺のイタリアン』をあとに
六本木のショーレストラン『香和』にやってきました。

なぜここへ来たかといいますと、8月の『よさこい富山』でレベル違いのダンスパフォーマンスを見せてくれた『天空しなと屋しん』というチーム・・・・・プロの方々でした・・
イメージ 1
ネットで情報を集めてたら、六本木のショーレストランでもメンバーのパフォーマンスが楽しめることが分かって迷わず見てきました・・・花魁ショー!! (^^)v

イメージ 2
ショーレストラン『香和』です・・・小さな芝居小屋のイメージですね

イメージ 3
ショーの前に1時間ほどの食事タイムがあります。
その間、ダンサーの方々が席を回って話をしてくれます。

『よさこい富山』で感動して、今日、観に来たと話したら、すっかり打ち解けていただいてツーショットでパチリ

イメージ 4
花魁の入場です・・・・この花魁の方も『よさこい富山』で踊ってた方ですよ

イメージ 5
この段階で私、お座敷遊びにきたお金持ちの役でステージ上にいます・・・(^_^;)

イメージ 6
大杯を一気に飲み干し、花魁に杯を・・・

イメージ 7
花魁が、返杯を飲むか飲まないか・・何回か悩みながら・・・
最後にぐっと飲み干してくれて
めでたし・・・めでたし・・・

イメージ 8
ステージ上で記念撮影 (^_^)v

イメージ 9
ステージがせり上がったり、花魁が宙を舞ったり、結構楽しめるダンスパフォーマンスでした。

今回は、飲み放題おつまみ付きの30分の夕方のショーでしたが
次回は、お弁当付き60分の夜のショーを楽しみたいと思ってます。

娘も東京にこんなところがあるんだ・・とっても面白いと喜んでました。

公式サイト⇒ http://www.kaguwa.com/

ちなみにここのショーは、はとバスのコースに含まれてるようです。

ショー終了後は、花魁のお見送りもあり、ツーショットを撮らせてもらってきました。

東京散歩1

東京散歩1

先日、出張の翌日、時間があったので久しぶりに東京を散歩してみました。
イメージ 1
まず向かったのは、上野にある国立西洋美術館
学生の頃から何度のなく来る機会はあったけど・・一度も来なかった・・・汗

老い先の都合もあるので・・・そろそろ見ておかないと・・

玄関先にあるのは・・・ロダン作「カレーの市民」
教科書に載ってましたよね・・

イメージ 2

同じく玄関先の彫刻「弓を引くヘラクレス」・・・
・・・の前でおんなじポーズをとる元気一杯4人組・・・・・

イメージ 3
ご存知、ルノアール・・・撮影OKの美術館でした・・・めずらしい
・・・国立だから?

イメージ 4
もう一点、有名どころで、クロード・モネの睡蓮・・・・
こんな作品が沢山・・500円以下の入場料で観られるなんて、さすが国立・・お得です・・

さて美術館のあとは、銀座で娘と久しぶりに一杯
イメージ 10
ホコ天のパラソルで待ち合わせ・・・・

最近のスマホは便利で道に迷うことがなくなりましたね・・・(^^)

イメージ 5
土曜日の昼過ぎですが予約客でびっしり・・・
左『俺のイタリアン』右『俺のフレンチ』・・
話のタネに一度入ってみたかった『俺のイタリアン』に行ってみました

イメージ 6
まずは、大好物の生ウニ・・・ウニの下にジュレがあります・・
とても美味しそう・・・・・

しかし、わりとあっさり系のウニで、大好物の岩手の生ウニの濃厚な味わいとは違っていてちょっと残念・・

イメージ 7
名前に惹かれて注文した『花畑牧場の生モッツァレラ』
ピザにのってるモッツァレラの味を想像して注文したけど・・・
味に風味が無いというか、あっさりしてるというか、味がしないというか、熟成前は味がないんですね・・・・上品過ぎて・・・・・・・・・大汗

イメージ 8
牛肉の上に、フォアグラが乗っかって、その上に、厚切りのトリュフ・・・
恥ずかしながら、フォアグラもトリュフも生まれて初めて・・・汗

フォアグラは美味しかったけど・・・
日本海の冬の味覚、アンコウ鍋の肝のほうが好みですね・・・・・・

トリュフは、フーンこれがトリュフか・・・でおしまい

イメージ 9
最後はオマールエビの〇〇〇〇・・・覚えてない・・・汗
これは美味しかったです・・・

ワインですっかり出来上がって・・・
話のたねに入った『俺のイタリアン』
本当に・・・話のたねで終わってしまいました・・・・涙

この後は、六本木で一杯やりながら花魁ショーを楽しんできました

それは次回・・・


冬晴れ(年末のご挨拶)
 
 
今日はきれいな冬晴れの一日でした
 
1枚目
イメージ 1
この季節は立山連峰が一番きれいに輝く時期です
 
2枚目
イメージ 2
もうしばらくするとこの辺りは数十センチの積雪になると思います
 
3枚目
イメージ 3
供のころから見慣れた山並みだけど・・・・やっぱりきれいです (^^)
 
富山県は水力発電が盛んで・・山から街へ送電線が縦横無尽・・
どうフレーミングしても送電線の鉄塔を外すことができません・・・
 
4枚目
イメージ 4
自宅から郊外に向かって車で30分ほど走るとこんな風景に出会えます・・
まぁ住んでるところが田舎ってことですが・・・汗
 
5枚目
イメージ 5
思わず山並みに見とれそうなロケーションのいい橋もありますよ
わき見運転しそう・・・
 
さて、冬晴れの地元をご紹介して本年の締めくくりとさせていただきます
 
今年一年間、つたないブログにおいでいただきありがとうございました
 
よい年をお迎えください  <m(__)m>
 
 

撮るしんカレンダー

 
NHN長野放送局に
信州のきれいな風景写真が投稿される【撮るしん】というサイトがあります。
 
撮るしんはこちら⇒ http://www.nhk.or.jp/shinshu-blog/
 
ブログ友に教えてもらってから時々のぞいてました(^^)
 
先月だったと思いますが、
ブログ記事を楽しみにさせてもらってる方の
 
【撮るしん】カレンダー候補100選に入りましたという記事をみました。
 
一般の人が100選の中から4枚投票してカレンダーの写真を決めるイベントだったと思います。
 
投票者の中から抽選で何名かにカレンダーが当たると書いてあったので早速投票してたら、昨日、クリスマスプレゼントのようにカレンダーが届いてました。
 
イメージ 1
 
1月2月
イメージ 2
 
写真の大きさは1ヶ月分がワイド四つ切ほどの大きさで
壁掛けに十分な大きさです
 
3月4月
イメージ 3
 
4月の桜、きれいですね・・・来年ねらってみます
 
11月12月
イメージ 4
 
このプレゼントは・・・単なる運か・・・・いえいえ
 
日ごろの行い・・・です・・・キッパリ <(`^´)>
 
 
サイトを最初に教えてくれたブログ友の【しゃ楽】さん
 
100選に選ばれて投票の機会を教えていただいた【ヨッチャンウサギ】さん
 
あらためてありがとうございました <(_ _)>
 
撮るしんサイトからは壁紙としてダウンロードできるようです

現代アート

 現代アート 
 
夏休みに軽井沢にいってきました
あいにくの雨模様、夏なのに肌寒いくらい
 
ここは、森の中にある小さな美術館
イメージ 1
 
 
一目見ただけで忘れられないインパクトのある女の子
 
ズーと本物を見て見たいと思っていて、今回、ここで見ることができました
 
イメージ 2
 
目付きのかわいくない女の子なんですが、
 
『 住みにくい世の中だけど わたしも  たくましく 生き抜いてやる 』・・・
 
 ・・・みたいな迫力を感じてしまい、とても好きですね
 
 
イメージ 3
 
 
直径3〜4メートルはあろうかと思う大きなオブジェ GUMMI GIRL だそうです
 
詳しくは知らないのですが、先に海外で高い評価を得たと思ってます。
 
 
イメージ 4
 
奈良美智さんの作品なんです
 
最初は、【ならみち】という女性だと思っていたのですが
 
じつは、【ならよしとも】という男性でした
 
右側にVサイン手が写ってますが、心霊写真ではなく記念写真に写っていた娘を
カットしました (^^ゞ
 
 
イメージ 5
イメージ 6
                                                                                                                                                                                                                  右の写真の下のほうに頭部だけのお人形がありますよね
 
カツラのようにパカっと取れて、中にお菓子のグミが入ってます
 
気味が悪いような可愛いような・・・面白いです(^^)
 
GUMMI GILR だそうです
 
※ この美術館は、奈良美智さんの作品以外にも、村上隆さんの作品も展示されていました。
凡人には難解な作品が多い現代アートのジャンルで、とても楽しめた美術館でした
 
村上隆さんの作品
 勝手にリンクします
 
作品だけの撮影は著作権上問題があるとのことですが、人物が入っているような記念写真はOKという親切な美術館でした

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事