福岡 家庭教師カーネギー学院の学院長奮戦記

福岡 家庭教師 カーネギー学院 代表でありプロ家庭教師 安田聖一郎の徒然です。福岡市、福岡県は勿論、福岡に限らずご一読ください。

全体表示

[ リスト ]

中学受験でも、心・技・体 の充実は必要です。保護者の方々が一番関心を持たれているのが「技」です。


簡単に言えば、どうやったら志望校に合格できるような点数を取れるようになるか?ということです。



これまで多くの生徒さんの中学受験の指導を行なってきて、「中学受験の要となる科目」は算数です。


何故、算数なのか?算数の得点が安定すれば、多くの時間を暗記科目に割くことが出来るようになるからです。逆に算数の得点が安定しない、伸びないということになると、算数に多くの時間を割かなければならなくなり、他の科目の勉強が十分にできなくなるのです。算数は中学校側も入試科目の中で一番重視する科目です。


では、算数の得点を安定させるためにはどうしなければならないのか?


塾、家庭教師等々必ず言われることは、「計算ミスをしない」です。計算ミスでの失点は、致命傷になります。多くの受験生が得点する計算問題や、文章問題で解き方・考え方が解った上での失点に繋がる、つまり一番不合格に近い失点となるからです。


そういった計算ミスをしないようにするためにはどうすれば良いのか?


塾・家庭教師等々でよく言われるのは、「計算問題を毎日10問くらい解くようにしてください。」という指示です。しかし、これでは不十分です。問題なのは計算をしていく過程での癖にあるのです。またきちんと式を書かないで計算を進めていくタイプの生徒さんは計算ミスをする可能性が高いと言えます。そういう計算の良くない癖や式をきちんと書かないといった部分を是正することを意識しての計算問題演習でなければ、効果は薄いでしょう。ただ闇雲に計算問題演習をするのは感心しません。ですから計算ミスを犯す癖がどういう癖なのかを見極める事ができる眼力を持った指導者に診断してもらい対策を指示してもらわないと、折角の演習も大した効果は期待できないでしょう。


そして中学受験で一番重要になるのが、「解法の暗記にならないこと」です。解法は塾の授業や中学受験の家庭教師が指導でよく教えるものです。しかしこれを単純に覚えることを積み重ねていくと、どれがどれなのか混乱したり、記憶を忘れないように反復演習に時間を費やさなければならないということに陥ってしまいます。こうなると泥沼状態です。


解法は技術的なことです。その基盤となる理解、思考がきちんとできていなければ、覚えなければならない解法の数が増えてくると、頭の中は混乱することになります。そうならないためには、どう考えていくのか?という道筋をしっかり理解する勉強ができているかどうか、というのが大事になってきます。暗記型ではなく、理解型の算数ということです。それを時間を掛けてきちんと指導してもらえた生徒さんは、算数の点数が安定してきます。そうなると算数の勉強に余裕が出てくる(公式や解法の暗記作業が殆ど必要ないから)ので、他の科目に時間を割り当てることができるのです。


算数の解法を暗記型でなく理解型にする、計算ミスをしない工夫をする、ということが中学受験での「技」の要となる主な二つだと考えます。


福岡で家庭教師を派遣するカーネギー学院を運営し、私も現場で指導をする中で、中学受験指導での指針としていることです。



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事