盆バカひこさんの盆栽道楽

盆栽の道は果てしなく厳しく且つ楽しいのだ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1057ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
今ではそれ程小さくもない、実生山モミジの「ちび丸」です。

イメージ 2
ボディが丸っこかったので、番号じゃなく名前をつけています。

イメージ 3
今回は、回し接ぎで、このちび丸に芯を接ごうということです。

放っておいたら永遠に完成しませんから。

イメージ 4
この赤点辺りが芯の設定予定地になります。

イメージ 5
実際にこうやって、角度やら芽の位置の確認をしてから・・・

イメージ 6
ノコで刻みを入れます。


イメージ 7
ノコの刃の幅では足りない(回した枝が収まらない)ので、ナイフで幅を広げました。

イメージ 8
実際に枝を当ててみて、具合を確認します。

コレくらいがベターです。

後編につづく



開く コメント(0)

イメージ 1
古くから持っているローヤ柿ですが、今年はよく実を着けてくれました。

昨年はジベレリンを使ったのですが、結実後に相当数が落果してしまい、使い物にならなかったんです。

その反省から、今年はオスを準備して対応したのがよかったようです。

イメージ 2
徒長枝と不要な葉を刈りました。

ここまで来ればそれほど心配ないかもしれません。





開く コメント(0)

黒もいいけど五葉もね

イメージ 1
もさもさの五葉松(ちび)です。

イメージ 2
手に入れて5〜6年くらいかと思いますが、ずっと放置していました。

なかなかクセのある樹で、必要な枝も足りないし、そもそも芯が立たない状態だったんです。

イメージ 3
最初は、こうして古葉切りだけで済まそうかと思っていました。

イメージ 4
しかし、なんか「やる気」が出ちゃったんです。

イメージ 5
折角やる気になったのなら、やらない訳にはいきません。

イメージ 6
三叉の枝を抜いたり、不要枝を処理したり・・・

イメージ 7


イメージ 8
銅線で整枝して・・・

イメージ 9
なんとなく「形」にしてみました。

ここまで時間はかかりましたが、まった甲斐はあったかも。

開く コメント(0)

イメージ 1
これまた葉色もいい感じの黒松です。

イメージ 2
ところが・・・

イメージ 3
やむをえないこととはいえ、かなり貧相になりました。

イメージ 4
芽が出揃えば、見れるようになると思うんですけど。




開く コメント(0)

イメージ 1
これは「現在」ザルに入れてある黒松です。

イメージ 2
かなりの量の玉肥を乗せています。

イメージ 3

葉性はまあまあ。

イメージ 4
肥やしを除けて芽切りしました。

イメージ 5
強い芽だけ長めに残した、一度芽切りです。



開く コメント(0)

全1057ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事