盆バカひこさんの盆栽道楽

盆栽の道は果てしなく厳しく且つ楽しいのだ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全839ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
今年、実生梅もどき2本に取り木をかけていましたが、先日もう一方の取り木を外しました。

これはその片割れになります。

イメージ 2
さて、今度はこちらですが、チラ見すると何か見えるような・・・

イメージ 3
というより、バッチリと出ていました。

イメージ 4
少し高いところからも根がでているので、こういうのは抜いてしまいます。

イメージ 5
底はコブ切りで抉り・・・

イメージ 6
全体と根を整えて・・・

イメージ 7
駄鉢へ。

しばらくは元気をつけるために、手差しはしません。






この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
先日、やり直しと称して追い込んでおいたニオイカエデですが・・・

イメージ 2
伸びた枝の節間が間延びし過ぎで使えません。

イメージ 3
なので、またやり直すんです。

ダメなら何度でも。






この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
取り木で仕立てた気がする梅もどき23番です。

イメージ 2
ちょっと前に強く切り戻しておきました。

イメージ 3
低すぎる芽は落としました。

株立ちにしたい訳じゃありませんからね。

ところで・・・

イメージ 4
昨夜、これが届きました。

「農家の味方」からです。

中身は・・・

イメージ 5
殺菌剤と殺虫剤を追加で頼んでおいたもの。

活躍した「キノンドー(銅水和剤)」の薬剤耐性を防止するために「Zボルドー(同)」も手に入れました。

「アルバリン」はコナカイガラムシによく効くみたいなので、この週末に楓なんかをドブ漬けするつもりです。

黒松の一件以来、病気にには一際慎重(弱腰)になってしまった私。

でも、そのお陰か、うどんこ病とかもまったく発生しませんし、それなりに効果があるみたいです。



この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
まずこちらのキンズですが・・・・

イメージ 2
こんなところとか・・・

イメージ 3
こんなところに、小さい蕾が現れました。

短く留まっているので、使える実になりそうです。

イメージ 4
新梢も伸びていたので、ついでに針金もかけておきました。

それと・・・

イメージ 5
もう一方の小さいキンズです。

イメージ 6
まだ数は少ないものの、こちらも短く留まっていていい感じ。

もっと出てきそうな雰囲気もあるので、今年はイケチャウかも。

話変わって・・・

イメージ 7
山モミジの09番ですが・・・

イメージ 8
2012年の10月にはこのような姿でしたね。

もう5年も経ったんですねえ、今は表裏も替えましたが・・・

イメージ 9
ちょっと葉を透かすと、立てた芯(赤点)が見えます。

イメージ 10
参考図。

来期中にはナントカ。







この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
毎年、国風展開催中に上野グリーンクラブで開催される立春大市。

そこに必ずやって来る四国の業者がいます。

四国の五葉松の素材とかを持ってくるんですね。

毎年何がしかを貰ってくるんですが、今年はこれでした。

それを・・・

イメージ 2
このようにしています。

イメージ 3
上から。

イメージ 4
針金かけの様子。

イメージ 5
テルさんの久三八角鉢の底穴からも、白く輝かしい菌根菌の群生が見えます。

イメージ 6
ただし、この針金で調整できそうもない出っ張りだけは落として・・・

イメージ 7
ここまで。

一応、見えないフトコロ部分もちゃんと作りこもうとしています。




この記事に

開く コメント(0)

全839ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事