Walk aroundTokyo

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]

マイ箸プロジェクト

とある雑誌で、マイ箸プロジェクトを見つけました。
http://www.my-hashi.jp/

中国産竹製のカラフル(30色)な箸を販売しており、
売上金の10%を基金にプールして環境団体・慈善事業団体へ寄付します。

ご参考までに。一見の価値はあります。

開く トラックバック(1)

エコプロダクツ2006

イメージ 1

イメージ 2

お台場の東京ビックサイトで今日まで開催されていた、
エコプロダクツ2006の展示会に行ってきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a5/cd/fwrpy717/folder/1472316/img_1472316_44762164_0?1166294475-12-16

まず入ると、粋でエコロジーな暮らしを見直そうというテーマのポスター。
忘れられかけた江戸文化の様な日本の生活様式が、実はエコなんだという話。
食べ過ぎなければ、体も頭も研ぎ澄まされる。そんな一文にも深く納得。

次は自動車展示ゾーンだった。
各社、電気とのハイブリッドシステムや水素電池の自動車を展示していた。
その向こうは、石油大手や電力、ガス等エネルギー大手の展示。
ブースも広くて、コンパニオンもふんだんに雇い、華やかな様子。
未来のエネルギーの供給やCO2削減について展示されていました。
8〜1m位の風力発電の装置も幾つかのブースに置いてありましたね。
しかし、ミニスカートのコンパニオンを下から舐めるように
携帯で撮影している50代のオヤジ。情けないから止めなさい。

そんな片隅に、NPOや大学の小さなブースがひしめいてみました。
こちらは学園祭の様な賑わいでした。

ホールを変えると、様々な企業のCSR風の展示が無数にありました。
とても全て見切れません。企業名だけざっと眺めて会場を後にしました。

感想ですが、環境というとNPOを思い浮かべますが、
今回のお祭りから感じたのは、大手から中小までの無数の企業が
経済的な影響力を持っているということ。
その上で大衆・消費者が暮らしているという事実。
一人一人がエコの意識を持って、消費先の企業を選別する意識を向上させれば、
集まると大きな力になる。そう感じました。

帰り道、エコバック(買い物の手提げ袋)とステンレスの水筒を購入しました。
プラスチックの使用量を減らします。
エコバッグは280円。三つ買って、実家の家族にもプレゼントしました。
水筒は500ml入り、980円。1L位飲むので、二つ買いました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a5/cd/fwrpy717/folder/1472316/img_1472316_44762164_1?20061217034115

それと、今日は沢山歩きました。車は乗る必要が無ければ、乗らないのが一番。
健康にもいいし。
冬が過ぎたら自転車を復活させようかな。

皇居周辺の紅葉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

既にmpegファイル化されていたので、
昔のテキストのカセット音声をウォークマンに入れました。
ウォークマンを聞きながら、散歩します。
向ったのは皇居。JR有楽町からすぐ。
沢山のランナーに追い抜かれながら、カメラとウォークマンを身に付けて
一時間半ぐらい歩いてきました。丁度一周したかな。

Lさんとは夜の待ち合わせです。
今日はどうやらシンポジウムが一日続いているらしい。
一人だけ皇居で散歩も悪かったかもな〜と思いつつ、
少し足が疲れるまで歩きました。
まあ減量のためと思えば、ね。

では、Lさんに会ってきます。

築地市場・水産市場

イメージ 1

築地に行ってきました。
ここには大きな水産市場と青果市場があります。
小学校の社会科見学みたいでした。
早朝のセリは、申し込まないと入場できません。

冷凍マグロは電気のこぎりで真っ二つ。
タイはガリガリ、ウロコを削られている。
カニはおがくずまみれで、ハサミを動かし、
ホヤはパック詰めされているけど、売り切れ状態。
出かけたのが遅かったんですね。。

甥より、これ生きてんのかなぁと質問。烏賊です。
まだ茶色いけど、動いていない。
「おいしそうだね」と返答。

遅い朝食に寿司を食べましたが、
店を選びそこねたのか、結構高価。
驚きの出費!中国元に換算しにくい、諭吉さん未満。

築地は漁業の巨大市場です。敷地も広い。
猟師よりも、卸の存在がピックアップされた社会科見学でした。

イメージ 1

これまで訪問者は比較的少ないとはいえ、
ブログを続けられてこれたのは、ひとえに皆さんのお陰です。


今後、ブログの執筆が自分にも皆さんにもプラスになるよう、
紙面・編集方針を刷新することにいたしました。


まず、書庫を整理いたしました。

・Look toward China
  中国語の勉強や、中国文化、はては中国との国際関係や政治関係も
  できるだけ中立的に友好的に触れてみたいと思います。

・Walk around Tokyo
  私は東京都に住んでおります。東京からの散歩道の風景を写真入りで紹介します。
  休日しか撮れませんので、更新頻度が下がってしまいますが、ご勘弁を。

・Book review
  読書帳です。自分への叱咤激励のために、残します。

・Domestic Travel、Travel to China
  旅行記です。年に何回か更新します。


日々のつぶやき、日記はできるだけ心の中に留め、
東京の紹介と、中国を向いた意見を述べて、日中友好的なブログを作って行きたいと思います。

今日の写真は、大田区の京浜島から見た、羽田空港を離陸する飛行機です。
昔は、轟音とともに着陸する飛行機を見るために、ここにカップルが集まっていました。
滑走路が変わって、今は離陸が見られます。


今後とも、「中国を向く」を宜しくお願いいたします。

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事