ここから本文です
Masami's Daily Challenge
地球のいろいろ発見、Masamiの視点(*^^)

書庫可能性は無限大

すべて表示

「帝王学」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

帝王のための特別な学びであり、

その内容は、人々を統率し、導いていく役割に必要な知識体系、

一般には学校等では教えていない、門外不出、の教え。

私には、そんなイメージでした。

こんな魅力的な響きを持つ「帝王学」というものが、本当に存在するのなら、

私もお目にかかりたい、そして、教えを請いたい。

そうすれば、今まで持ち得なかった視点で物事を見て、

すぐれた采配で人々を統率し、そのグループとしての目的を果たしながら、

統率されるほうも生き生きとして活気がある状態でいられる、

そして、もし言動や行動などに対する抵抗があったとして、

「帝王学」で持ち得た視点は、大きな宇宙の法則に沿っているがゆえに、

やがては周囲の人に、ポジティブに受け入れられていく、というイメージ。

学校や職場等で、リーダーを任せられた経験から、

誰でもそうだと思いますが、うまくいったこと、いかなかったことから、

まだどうしたらいいのか分からない部分も含んでいますが、

自然とこうありたいという理想が出来上がるものだと思います。

学校では教えていない「帝王学」。

職場で上の方の立場になった方は、よく悩まれるのではないでしょうか?

自分がどうあるべきか、ということに。

私はよく悩みました。

後輩たちとの関係、上司との関係、異業種との関係(特に看護師・医師関係)、

病院(医療界)の方針とのすれ違い、など。

世の中には、いろんな人間関係があります。

その関係において、自分を通すのか、相手を優先させるのか、

あるいは両者の妥協点を見つけるのか?

また、例えば、一つの問題に対する答えは、実は一つではなく、

沢山ある、としたらどうでしょう?

なんだか混沌としてきましたが、

非常に優柔不断で、迷いやすい私が、見つけた答えがあります。

それは、まずは、自分自身がどういう視点で、何の目的を持つのか、

をはっきりさせておくこと。

自分の軸をしっかりセンターに置くということです。

それさえあれば、それを中心に物事を考え、行動につなげていくことができると思います。

私の場合ですけど

自分の軸・・・それは、ピュアな自分。

エゴとそうでないものを見抜くことが大切になってくると思います。

そうは言っても、私もまだまだ完璧にマスターしている域には達しているとは

思っていませんが・・・

<wikipediaから引用>
狭義の帝王学は、生まれたときから帝王の座につく運命にある者の教育をいう。

自分が王、女王として、生きる為の「帝王学」。

自分の元の大きな器を整えるための「帝王学」。


もしかしたら、世界中を探したら、帝王学と呼ばれるものは他にもあるかもしれません。

しかし、かのエリザベス女王やダライラマ法王も学んだと言う「帝王学」がここにあり、

8000年以上の太古から存在する秘教、アデプトプログラムと呼ばれています。

それは、今まで選ばれた王侯貴族にしか知らされていませんでした。

それが、1997年から、希望すれば誰でも受け取ることが可能になっています。

だれもが、王・女王として尊厳を持って生きる時代が来ています。


■アデプトプログラム開催日時(基本2日間・計11時間程)

8/11・12  11日19:00〜22:00 12日9:00〜17:00

■アデプトプログラム専用HP
  こちらをクリックしてください。



イメージ 1








書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 瞑想あれこれ

    2019/4/2(火) 午後 11:41

    昔、アガスティアの葉っぱを探しにインドに行った時に、 葉っぱには、あなたは瞑想をして悟るまでには至ることはできない… なんて書かれてましてねぇ。 それを聞いて、ちょっとショックで、 やはり私は、何かを悟るという器じゃないんだ…と。 そういうのがあったものですから、 何回か瞑想をしても、さっぱりよく分 ...すべて表示すべて表示

  • 本音と建前

    2019/3/13(水) 午後 9:18

    この社会で生きていくためには、うまく本音と建前を使い分けていく必要がある… と、どこかで聞いたことがあり、 自分自身も、それをいつの間にか使い分けてきたと思う。 そうする理由は、いくつかあって、 人間関係において、波風立たないように、長い物に巻かれる感じで、 ただ立場が上の人、歳上の人に嫌われないように、 ...すべて表示すべて表示

  • ハワイ島の旅-番外編-

    2019/3/4(月) 午後 9:41

    旅といえば、人との出会い ホテル敷地内の電車で乗り合わせたイケメン外国人ご夫婦との会話や マウナケア山頂ツアーでご一緒してお話しした日本人の方が、 数名偶然同じ医療関係者で、 看護師、看護学校の先生、理学療法士、作業療法士、薬剤師の方々がいて、 「何か病気や怪我をしても大丈夫ですね〜」 と、話が盛り ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事