ギャラさん映画散歩

映画・話題などへのモノローグ。コメント・TB など大歓迎です。

全体表示

[ リスト ]

     「あなたのおとうさんとおかあさんが羨ましいわ。」

     「なんで?」

     「あなたみたいな宝物をこの世にのこせたもの。」

              (「海街diary」からさち子とすずの会話 )

あらすじ(ネタバレ)

鎌倉に住む香田家には看護師の長女(綾瀬はるか)、信金職員の次女佳乃(長澤まさみ)、店員の三女千佳(夏帆)が住んでいる。そんな3姉妹に15年前に家出した実父が、山形の鰍沢温泉で亡くなったと知らせが入る。自分等を捨てた父へのわだかまりで幸は躊躇し、佳乃と千佳が葬儀に出かけた。そこで2人は、異母妹の浅野すず(広瀬すず)に対面する。すずは、現妻とは実父の連れっ子だったため、実父が亡くなると身寄りはいない中学生だった。


なぜか幸も遅れて葬儀に来た。葬儀も無事に済み帰りかけるとすずは父が残した古い写真を渡しに来た。幸はすずに「この街で一番好きな場所を見たい」と言って案内してもらう。そこはどこか鎌倉に似た見晴らしのいい丘だった。すずは生前の父とよく来た場所だと言う。だからここに住んだのだとすずは納得した。帰り際、幸はすずに「鎌倉で一緒に暮らさない」と問いかけるとすずは「行きます」ときっぱり言った。


しばらくしてすずは鎌倉に引っ越して来て地元中学に転校した。地元のサッカーチームにも入り、頭角を現した。千佳の勤めるスポーツ店長で彼氏の浜田(池田貴志)もサポーターで声援する。チームが食事をする「海猫亭」店主二ノ宮さち子(風吹ジュン)や「山猫亭」店主福田(リリー・フランキー)たちとも親しくなる。そんな中、香田家を訪れた叔母史代(樹木希林)は、すずについて幸に「家庭を壊したの人の娘だよ」と苦言を呈する。


幸にターミナル病棟への異動の話が来た。幸には不倫で交際している小児科医師椎名(堤真一)がいた。椎名は離婚を考えている妻がいるが病弱なので時期を窺っている状態。また、佳乃にも恋人がいてお金を貢いでいたが、突然振られてしまう。自棄になっている佳乃は、その日サッカーでシュートしたすずへ梅酒を勧めて飲ますとすずの義母と父親の愚痴を聞いててしまう。


そんな佳乃は信金の融資係に異動して坂下課長の補佐で外回りをすることになる。また、すずは学友でサッカー仲間の風太(前田旺志郎)と交際する。すずと風太が食事した「山猫亭」店主福田が、しらすパンを作るきっかけがある客が好きだったからだと洩らす。すずは自分の父が作ってくれたことを思い出し福田と父は知り合いではないかと想像する。


今年は祖母の七回忌だった。叔母史代から再婚して家を出た母佐々木(大竹しのぶ)が函館から法事に出ると言って来たと言う。幸にとっては祖母の葬儀以来の再会で、そのときの修羅場が思い出される。また、都はこの家を処分しようかと言い出し、幸と言い争いになる。料理を一緒に作るすずは幸に「奥さんのいる人を好きになった母が悪かった」と謝る。そう言われた幸は、現在の自分が同じ境遇であることに後ろめたさを感じて「誰のせいでもない」としか言えないのだ。


都は4人分の土産を置いて、幸と一緒に祖母の墓参りを済ませ函館に帰った。お互いにまた来てほしいと気持ちを述べ合った。佳乃は「海猫食堂」が相続分割とさち子のガン末期症状で閉店になるための援助する決意をする。そんな中、幸は付き合っている椎名が妻と別れアメリカに研修に行くので一緒に行こうと誘う。悩む幸に千佳や佳乃は背中を押す。すずは傷つけていたと悩む。しかし、結局すずからの影響もあってターミナルケア病棟に異動して死と向き合ってみたいと椎名の誘いを断るのだった


花火大会があって姉妹それぞれの場所から眺める。すずは風太と一緒に船から眺めた。花火の後、すずは風太に「私ってここに居ていいのかな。私がいるだけで傷付いているひとがいる。それが時々苦しくなる」と言う。風太は「両親は女の子が欲しかったのに俺男に生まれてしまった。がっかりしたらしいよ」とトンチンカンな答え。そして「浴衣が似合うよ」と言って笑顔で別れる。すずが家に戻ると庭で4人は花火をする。


幸とすずは、昔父と散歩した丘に行く。鰍沢の丘によく似た場所だった。2人は「父さんのバカ!」「母さんのバカ!」と叫ぶ。やがて、末期がんだったさち子は亡くなり葬儀に4人は参列した。帰りに4人は海岸を散策する。幸は「おとうさんはダメだったけど優しい人だった。こんな妹を残してくれたんだもの」と千佳や佳乃に言う。


感想など

出奔した父親の死後、三姉妹に異母妹がいたとことが分かり、三姉妹は異母妹を引き取り一緒に暮らす。実姉妹異母妹との気持ちは通じ合いや絆が深まっていく様子が淡々と描かれている。ただ、異母妹と絆を深めること自体は素晴らしいが、絆を断ち切って生きることも特に悪いとは思わない。それぞれの心の問題であり、納得の仕方の問題なのだから・・。


同時進行で三姉妹の恋愛状況が絡んでくる。また、再婚して家を出た母親や伯母、地元の人達との交流、鰍沢温泉や鎌倉の街や海岸、桜のトンネル、海上の花火大会など風景の美しさなどが様々なアングルや逆光など駆使し変化をもたせて表現され清々しい。タイトルにある「海街の日々」はそんな美しさを見せようと拘った意図なのだろう。


両親から見捨てられ家庭崩壊した香田家の三姉妹は、多分祖父母に育てられたようだ。今は祖父母も亡くなり、三姉妹は成人してそれぞれが仕事を持ち一緒に暮らしているが、そこにもう一人の異母妹が同居することになる。家庭崩壊の元凶となった父の女の娘とお互いにどう向き合っていくかがこの映画の見どころだが、まるで異母妹も実の姉妹のように自然にとけ込んでいくところがこの作品の特徴だ。


姉妹の日常的に些細な諍いはいつもある。また、それぞれが仕事や付き合いにいろいろな問題を抱えているが、姉妹はお互いに絆を大事にしていることがよく分かる。多分、両親に見捨てられ、姉妹だけでも仲良く助け合わないと生きていけないことを学んだからだろう。異母妹の置かれている立場を理解したからこそ、一緒に暮らすことを発案した長女の気持ちはなんとなく伝わってくる。


長女は別居の妻との離婚を前提に小児科医師と不倫をしている。医師は妻の精神状態から離婚の時期を模索中で煮え切らない。長女として祖母から譲り受けた香田家を守っていく責任も感じていて、父や母を恨みつつも出奔を許し、すずも引き取ったのだ。すずの立場を理解したとき不倫相手のアメリカ研修同行を断り、父やすずへの良心の呵責からターミナルケア病棟で尽くすことを決める。


すずは、実母と父が死に義母や義弟とは親しみがなかったのだろう。幸の「一緒に暮らさない」の誘いにはのっけから嬉しかったはずだ。父母と暮らした仙台や再婚した山形で「私はここに居ていいのか。自分の存在そのもので傷付いている人がいる」と常に自分が悩んでいたことを親友風太に話す。風太はそのことを深く理解できずトンチンカンに答えたところが幼く微笑ましい。


次女と三女の恋愛模様もそれぞれだ。次女は貢いだダメ男から振られ、成長したように次のステップに進む。女は風変わりな店長と付き合って楽しんでいる。長女も不倫から立ち直り次のステップへ進む兆しが見えていて、映画はそれ以上のことは見る者に想像させる。ラストで長女は「おとうさんはダメだったけど優しい人だった。こんな妹を残してくれたんだもの」と父親と和解する。


冒頭書いたが、姉妹にしろ兄弟にしろ、異母姉妹や異父兄弟と仲良く暮らすことは良いに決まっている。ただ、一つの在り方である。無理やり融和しなければならないというものではない。それぞれ性格や事情が異なる。極端に言えば絶縁であってもいい。どちらが幸せに生きられるかが問題なのだ。いずれにしても、なんと仲良く美しい姉妹達なのだろう。私も姉妹達と一緒に暮らしたくなった()


GALLERY
イメージ 1  イメージ 2
タイトル                              香田家の三女千佳・長女幸・次女佳乃
イメージ 3 イメージ 4
出奔した父親の葬儀で異母妹すずに会う          すずと鰍沢の丘に行くイメージ 5 イメージ 6
すずに鎌倉に住まないかと誘い別れる           すずは鎌倉へ越し中学を転校イメージ 7 イメージ 8
姉妹の叔母はすずが来たことを心配する         近所の食堂の福田仙一や二ノ宮さち子イメージ 9 イメージ 10
千佳と恋人であり店長の浜田                幸の恋人の小児科医椎名イメージ 11 イメージ 12
恋人に振られた佳乃の自棄酒に付き合い酔ったすず  佳乃は融資係になり課長とさち子の店に来るイメージ 13 イメージ 14
すずはボーイフレンドと桜のトンネルを走る        祖母の七回忌に再婚した母都が来るイメージ 15 イメージ 16
家を売ったらどうかと都は言い出す            幸と都は祖母の墓参りイメージ 17 イメージ 18
椎名は米国研修に行くので幸を誘うが断る幸      海に映った花火
イメージ 19 イメージ 20
すずとボーイフレンド                     香田家の花火
イメージ 21 イメージ 22
鎌倉の丘に行ったすずと幸(鰍沢の丘に似てる)     海岸を散策する姉妹4人





閉じる コメント(34)

顔アイコン

> nam**t7さん、コメントありがとう。♪
美人姉妹だからでもないですが、見ているうちに同じ家族の気分になってしまいました。多分、私が同居したらたちまち追い出されます。映画を見て自分勝手にいろいろと思い巡らすのも醍醐味のひとつかもしれません。(笑)

2016/5/14(土) 午前 8:15 ギャラさん 返信する

顔アイコン

> 猫さん、コメント&ナイスありがとう。♪
この作品は賞を取ったりして話題になりましたね。
多分、一般受けする映画です。私も一般受けする作品が好きなので早速借りて見ました。ひねって見ることも可能だと思います。(笑)

2016/5/14(土) 午前 8:19 ギャラさん 返信する

顔アイコン

> ぼやっとさん、コメントありがとう。♪
原作は見ていませんので比較はできていません。
兄弟と姉妹は全然違いますね。うちの家内も妹とは頻繁に連絡とり合っていますが、兄弟とは用のない限りしていないようです。私は兄弟だけで、おまけに年が離れているので、一緒に遊んだことがないし、頻繁に会うことはなかったです。

2016/5/14(土) 午前 8:27 ギャラさん 返信する

顔アイコン

yutake☆イヴさん、TB&ナイスありがとう。♪
イヴさんの書かれた「優しく爽やかなすず風に吹かれる姉妹の季節」には同感です。

2016/5/14(土) 午前 8:32 ギャラさん 返信する

顔アイコン

てれてるさん、ナイスありがとう。♪

2016/5/14(土) 午前 8:32 ギャラさん 返信する

こんにちは♪
是枝監督は「誰も知らない」の様な悲惨な物語も
オブラートに包んで何となく美しく作るのが特徴と思います。
(本作は原作通りのキャラ設定でしたけれど)
こういう姉妹愛は本当に良い話ですが、現実はこういうパターンだけでは
ないでしょうね。家族の難しい所だと思います。

遅くなってすみません、TBさせてください♪

2016/5/14(土) 午後 5:14 風森湛 返信する

顔アイコン

> 風森湛さん、コメント&TBありがとう。♪
特異性のある家族や人間関係を温かく見つめて寄り添っていく優しい姿勢がうかがえます。オブラートという表現のとおりですね。
部外者から見れば、こうありたいと思わせます。当事者だったとしたらまた別の見方もできるでしょう。
心の問題に決まった答えはないはずです。

2016/5/14(土) 午後 7:03 ギャラさん 返信する

顔アイコン

こんばんは。
これは未見ですがいつか!観ようと思っています。美しい姉妹の映画というと「細雪」
がありましたね。「海街」はけっこう評判が高いですね。

2016/5/14(土) 午後 10:58 [ hisa24 ] 返信する

顔アイコン

> hisa24さん、コメントありがとう。♪
「細雪」は高峰秀子の出たのは見ています。外国では「若草物語」「桜の園」などありますね。兄弟になると「カラマゾフの兄弟」「兄弟仁義」とか美しさとは無縁になりそうです。(笑)
「海街」はいまのところ評判はいいです。

2016/5/15(日) 午前 7:52 ギャラさん 返信する

自分達を捨てた父のことも そのことで母は自分達を
捨て再婚しても すべてがサラリとした映画に
なってますね
3姉妹と異母姉妹の希望のある爽やかな生活が
みえるようです

2016/5/16(月) 午後 2:08 夢見る夢子 返信する

顔アイコン

> 夢見る夢子さん、コメント&ナイスありがとう。♪
特異な家族関係ですが、前向きに捉えていますね。
仲良く生きることは、素晴らしいです。
みんなの気持ちが通じ合っていたので自然に溶け込めたのでしよう。
ひとりでも嫌がる姉妹がいたらこうはならなかったはずです。
清々しい作品ですね。

2016/5/16(月) 午後 3:29 ギャラさん 返信する

顔アイコン

おはようございます。
あんな古民家で姉妹が仲良く暮らすという設定。女の私でも羨ましくなります(笑)すずが父親を亡くして居場所をなくしてしまって、異母姉妹と暮らす設定。さちの言葉が決めてになって、安心して「はい」というところ。すずの気持ちがなんだかわかるような気になりました。あの三姉妹は本当にいい姉妹ですね。すんなりすずを受け入れて。それにしてもほんと美人揃いの映画でした(笑)TBさせてくださいね。

2016/5/18(水) 午前 8:15 [ iruka ] 返信する

顔アイコン

> irukaさん、コメント&ナイスありがとう。♪
irukaさんの記事を見てから、10ケ月も経っているのですね。「歩いても歩いても」もよかったですね。古民家は極楽寺なんですね。
映画以後のことは、いろいろと想像できますが、多分それぞれがいい人を見つけて自立していくのでしよう。そんな気がします。

2016/5/18(水) 午前 11:21 ギャラさん 返信する

顔アイコン

> irukaさん、TBさせてください。

2016/5/18(水) 午前 11:22 ギャラさん 返信する

顔アイコン

四季の折々の美しい風景の変化は四姉妹の成長でにも重なっているような。この歳になると人が生きることってなんだろうと思います、ハイ。TBしますね。

2016/5/19(木) 午後 10:31 シーラカンス 返信する

顔アイコン

> shi_rakansuさん、コメントありがとう。♪
せっかく生きているなら幸せがいいですね。
なかなか幸せになるのは難しいことですが、他人の幸せを喜んであげることはできます。映画の中でも幸せになってくれるものには拍手してやりたいです。(笑)

2016/5/20(金) 午前 8:07 ギャラさん 返信する

顔アイコン

おはようございます
海街diary、このあいだTVで、やってて見ました

2016/5/26(木) 午前 10:14 [ 保湯ドン ] 返信する

顔アイコン

> 保湯ドンさん、コメント&ナイスありがとう。♪
そうですね。やっていたようです。
そのときは見ませんでしたが、私のお気に入りの映画でした。

2016/5/26(木) 午前 11:55 ギャラさん 返信する

顔アイコン

私もすずちゃんみたいな妹だったら欲しい〜
(というより娘か・・苦笑)
美人4姉妹が麗しい映画でしたね、そして鎌倉の風景が素敵で鎌倉に行きたくなりました
来年の春にはあの桜のトンネルを通ろう!
男性と二人乗りは無理だけど( ´艸`)

トラバお願いします♪

2018/5/19(土) 午後 6:56 ベベ 返信する

顔アイコン

> ベベさん、コメント&TBありがとう。♪
「鎌倉山の桜並木」を自転車で通るのはいいですね。
京都奈良は遠いですが、鎌倉は日帰りできる距離です。
小津の「麦秋」を見ていたら大仏様の前で原節子が高堂国典やこどもと遊んでいるシーンがあるんです。鎌倉はいい場所がいっぱいありますね。

2018/5/19(土) 午後 8:16 ギャラさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事