見トク、知ットク、納得(3+4=7)〜sports blog〜

阪神いきなり「貯金5」を達成!この勢いは本物か!?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

<広島の浅井が引退>
2006年10月14日(土) 23時0分 時事通信

 広島は、浅井樹内野手(34)が現役を引退すると発表した。同選手が球団に申し入れ、了承された。コーチに就任する見通し。

 浅井は富山商高からドラフト6位で1990年に広島に入団。パワフルで勝負強い左打者で鳴らし、代打の切り札としても活躍した。今季は若手の台頭もあり、14日現在で出場42試合、打率2割1分。通算成績は1069試合に出場して打率2割8分5厘、52本塁打、259打点。

―――――――――――ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<来歴・人物>
 浅井 樹(あさい いつき 1971年12月14日)は、富山県富山市出身。富山商高では2年夏、3年夏に甲子園に出場するがいずれも1回戦で敗退。1989年ドラフト6位で広島東洋カープに入団し、1年目はアメリカに野球留学。守備に難があったため、スタメンに定着は出来なかったが、左の代打の切り札として通算代打率3割を超す驚異的な成績を残す。右の代打の切り札町田公二郎と共に形成する左右代打コンビは他球団からも恐れられ、全盛期が同時期だったことから「浅井と町田は他球団なら主軸を打てる」とまでいわれた。町田とともに「左キラー」としての地位を確立し、4割近い得点圏打率を残した。先発が左投手の場合は3番でスタメンを任されることも多かった。一般的にはパワーヒッターという印象が強いが、1番や2番を打ったこともあり、様々な打順をこなせるオールラウンドプレーヤーと言えるかもしれない。

 入団当初は一発狙いの豪快なスイングが持ち味だったが、代打のポジションに就いてからはホームランよりはむしろ状況に応じた巧打に徹することが多かった。センター返しや逆方向への流し打ちも非常に上手く、器用な一面ももっていた。生涯現役では町田と同じく規定打席には1度も達したシーズンは無かったものの、勝負強さは折り紙つきで、打率3割を5度記録している。また、ピンチの局面やサヨナラの好機にも強く、通算代打本塁打10本のうちの5本がサヨナラ本塁打である(うち1本が満塁本塁打)。また走塁技術に難点はあったものの足は速く、2005年には途中出場ながらも3試合連続で盗塁を成功させ、ときには代走要員として起用されることもしばしばあった。

 2004年FA権を取得した際、「選手である以上、他球団が自分に対してどういう評価をしているのか聞いてみたいという思いがある。だからFA残留を認めてほしい」と球団側に要請したが、球団側の対応は相変わらずで契約金や年俸の不用意な高騰を招くという理由で拒否した。結果、FA権は行使せず残留。バッティングフォームは独特で、「一本足振り子打法」と称されたこともある。2005年以降選手登録を外野手から内野手へ変更。

 過去にユニフォームの袖を短くまくりあげていた時があったが、これは筋肉を見せることで投手を威嚇するためであった。この仕草はチームメイトの森笠繁や田村恵が真似ていた。2003年に金本知憲が阪神タイガースに移籍したことにより、それまで不動とされてきた外野の一角を担う候補の1人に数えられたが、森笠の打撃開眼や2004年には嶋重宣がライトの定位置を確保してからは、めっきり出場機会が減った。

 2006年シーズンは6月末にメニエル病を発症したことと、ブラウン監督の若手起用の方針で構想外になっていた。一時は「今季ユニフォームを脱ぐのは考えられない」と現役続行に強い意欲を見せていたが、球団サイドがその代打で培った勝負強さと野球理論を評価してコーチとしてチームに残るよう打診し、本人も了承した。2006年10月14日に現役引退を表明、17年間の現役生活に終止符を打つ。引退試合となった現役最後の打席でセンター前ヒットを放ち、ファンを感動させた。

 引退セレモニーでは「カープが大好き。チームメイトもファンのみんなも大好き。今後はこの恩を少しずつ返していきたい」と涙ながらに語って有終の美を飾った。同期入団の前田智徳も「17年間一緒にプレーしてきた浅井を最高の形で送り出したい」として、この試合で本塁打を含む4安打を放ち、苦楽を共にした仲間の引退に号泣した。引退後はそのまま球団に残り、2軍打撃コーチに就任。

 通算代打成績は490打数154安打.314 本塁打10本 打点91という高成績を残した(通算成績でも.285という高数字を残している)。


<略歴>
・身長・体重:183cm・90kg
・血液型:AB型
・投打:左投げ左打ち
・球歴:富山商高
・プロ入り年度・ドラフト順位:1989年・6位(広島東洋カープ)
・守備位置:内野手(一塁手)・外野手


<経歴・タイトル>
・初出場 1993年4月18日対読売ジャイアンツ(広島市民球場)
・初安打 1995年6月15日対横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)
・初本塁打 1995年7月1日対読売ジャイアンツ(広島市民球場)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事