ここから本文です
勝つ方も、負ける方も、何かを失う。 勝つ者の方が、大きいもの失う

書庫全体表示


イメージ 1





穴専ー駆け出し競輪予想
            携帯ブック


F1静岡二日目。

5レース。
1佐々木ー9金川ー4高橋健。
5高橋幸ー3成田ー6今村。
7小岩ー2八尋ー8山田。

初日は佐々木を喰う勢いだった八尋、小岩を貰い佐々木との人気を分ける。
追走出来なかった金川だが、此処は何とか付いて行きたいが後ろの高橋健も気合いが入った初日の走りを見ると見所あり。
八尋も決勝に小岩を連れて行きたいだけに中途半端になると、、

高橋幸は相変わらず位置取りが下手で初日も後方に置かれたが脚自体は悲観する事はなく意識が薄い番組ですから位置取れれば一角崩しも。


10レース。
3鈴木庸ー4安部。
1渡邉ー5望月ー6出口。
9鈴木誠。
8津村ー2新井ー7松尾。

初日は大して脚を使わずして三番手を取った渡邉だが車は軽くは映らないが、此処は負けられない番組。

初対戦の堀内に簡単に捲られてしまったが津村がレースを作りそうで渡邉が脚を使っての位置取りなら、初日吉澤に任せ何もしなかった鈴木庸が届いて来そう。


11レース。
9吉澤ー3金子ー6山崎。
1石塚ー7三谷。
2堀内ー4大塚。
8竹山ー5竹内。

初日は二車でも果敢に仕掛けた石塚だが状態はひと息で、届かなかった吉澤も後ろを千切った堀内の方が出来良く見える。
竹山の先行は薄そうなだけに堀内が地元大塚を背負いレースを作りそうだが石塚が黙ってないなら、やはり吉澤のごっつあんレースになる。

石塚や堀内が切って折り合いなら竹山は三番手追い上げ浮かされ、その時は単枠二車に降りる竹内までが車券の妙味。


F1奈良二日目。

4レース。
8奥平ー3藤井。
2山田ー5鈴木ー6永原。
1隅。
7林ー9中村ー4四元。

山田と林が意識する番組。
林の先行意欲が上回りそうなんだが、近畿勢が何もやらずは考えられず奥平も踏み合いを捲れるとは思ってない。
軽視される奥平だが牽制が長引くならハコやるんじゃないのかな。

その流れなら山田の捲りも互角に感じますが高知で林の強さを見せ付けられてますからその時は穴車券を。


9レース。
7菅田ー3安部。
2岡崎ー5山田ー9三宅。
8朋也。
4長尾ー1原ー6佐藤。

出来は良さそうな菅田が人気の中心になりそうだが、初日の様な出入りがあるかどうかで朋也が宮城連携を嫌いましたから、簡単には下げないだろう。
近畿は山田が番手戦で調子はひと息に感じますが前じゃないだけに仕事は出来ますから岡崎が行ってくれるなら菅田を止められるのは此方で、原では止められないと思います。

山田の大掃除が有れば岡崎から薄めが穴候補も、菅田が安全策の思い切った仕掛けなら本線で大マグロは〇〇。


10レース。
1山中ー7大塚。
5岡本ー2前田ー6篠塚。
9高原ー4内村。
8新山ー3小野。

初日は踏み出しが早くも感じたが山中だが此処は力の違いを見せ付けそうで、復活した大塚も連携はかなり昔も付いて来そうです。

思いっきり悪い新山だが、高原引き込み岡本のカマシを受けるかそのまま駆けてしまうかで。


F2弥彦最終日。

10レース。
3小原ー1川村。
5高橋ー8鈴木ー7松根。
6阿部。
4酒井ー2千澤ー9三住。

埼京で纏まり小原には地元川村。
練勝止まらない小原に死角が有るなら後方に置かれる局面で初日は三車も決勝は二車で、初日は佐々木の先行を捲る形になったが代役を酒井が演じ三番手には再度三住。
かなり車間切っての追込みだったが、決勝は非情な早めの追込みも。

初日三住から狙っただけに狙いたいが高橋のアシストがないなら、酒井と高橋がやり合って小原が順当に。
岸和田で連携した酒井と高橋、マークした高橋は酒井の力を知ってるだけに、、

穴専の更新情報はこちら↓↓



競輪ランキング

競輪予想のレジまぐ

競馬予想のレジまぐ

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事