ここから本文です
勝つ方も、負ける方も、何かを失う。 勝つ者の方が、大きいもの失う

書庫全体表示

F1防府最終日。


イメージ 1





穴専ー駆け出し競輪予想
            携帯ブック


F1防府最終日。

9レース。
4三登ー1石田。
2藤木ー9筒井。
3久木原ー8伊藤ー7松永。
5箱田。6山下。

久木原ラインが三車となり、主役とされ連日人気の藤木は勝ち切れない。
この番組なら中団は確保できるが遊軍が邪魔になるなら叩いて駆けても心理も、、

藤木が位置に拘るなら準決勝後手踏んだがスピードは良く飲み込む勢いだった三登のカマシ。
遊軍の単騎も捨て難い構成で横に難ある筒井は離れ藤木の後ろにスイッチや、、


10レース。
9北川ー5中澤ー3木村。
8久保田ー1田口ー7峰重。
4稲吉。
2篠原ー6山田。

特選組の大本命野口に滝本が脱落し予選から久保田が勝ち上がり地元の田口も自力では見劣るも風が吹いて来てるかも知れませんね。
久保田のやる事はひとつで、成功すれば準決勝は庇った峰重がずぶりと。

野口もお決まりの走法は頂けないが相変わらず治らないが中澤の捲りには驚いた。
近畿からの狙いや篠原の一発に稲吉も切れ目なら、混戦になりそうだよね。


11レース。

7五十嵐ー1武田。
3山中ー4大瀬戸。
2神田。9新田。
8佐々木ー5高橋ー6佐藤。

佐々木の出来良く先行一車、新田と神奈川は初日に続き分かれ北の並びが歳下の高橋が前なら新田も主張出来ますが初日高橋と連携してますし佐々木の後ろを高橋と競る訳にはいかない。
北としては佐藤まで連れ込みたいが、佐々木も枠負けでA級の時は前受けから引いてのカマシを武器としてたが抑えての組立てになりそうだよね。

山中も五十嵐も佐々木と踏み合ってまでの気持ちは薄そうで高橋の位置が狙われるか否かで良いんじゃないの。
穴は脚溜める車絡みを。


F2高松最終日。

10レース。
2森山ー4寺崎ー9富永。
3川木。6坂本。
1吉武ー5福島ー7表原ー8作田。

白上が勝ち上がれす二分戦になり、初日は初対戦も森山に捲られた吉武。

脚の差は有りそうで、初日は踏むタイミングも合ってしまうも捲れると読んだ方が良さそうですが、吉武ラインが前受けからカマシ選択なら遊軍の動きも見越して違った狙い目も。


F2宇都宮初日。

10レース。
2嶋津ー5太刀川ー8赤井。
9木村ー1日当ー6小笠原。
3大矢ー7古川ー4平石。

良いメンバーが揃い、青森三枚に地元が意識しそうな構成。
嶋津に展開が向きそうだが、病欠で二本休んでのレース感は疑問でも有る。

日当の番手捲りは見えてますし古川も弥彦の初日は前二開催が叩いてしまったので今回はしっかりと練習してきましたと言ってましたから、地元開催なら尚更やってきてるでしょう。
ならば〇〇の組み合わせで決まっても不思議ないか。

穴専の更新情報はこちら↓↓



競輪ランキング

競輪予想のレジまぐ

競馬予想のレジまぐ

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事