やることなすこと@Yahoo!支店

栞菜さんの出演に合わせ、細々とやっております。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

■概要

・前作の戦国降臨GIRLの後、時間軸としては1年後、邪馬台国の卑弥呼が
 最終兵器・徳川家康を投入し降臨学園に再度総攻撃をかけるストーリー。
 新武将が続々と登場し、戦闘シーン・物語の展開はともに激動。ばった
 ばったと降臨ガール、武将が倒れるw
・現実と回想(前作)がめまぐるしく入れ替わり、ストーリーとしてはぶ
 つ切りの印象が強いのが残念なところ。

・蛇子さんの変人っぷり(卑弥呼に召喚されたときの登場)がすごい。
 |
  ・右腕が変な方向に曲がり、甲高い笑い声をあげながら素早い動きで
   登場→戻る
 ¬
  ・貞子→エクソシスト(ブリッジ)。元ネタが分かるのでパロディと
   しておもしろいが、ゾンビメイクでブリッジが迫ってくると実際怖い。

・カーテンコールでのキャスト(特にお姉さん組)の素とキャラの勇まし
 さとの差にびっくり。卑弥呼とか家康とか、劇中ではすごい迫力なのに、
 カーテンコールになった途端にフツーの人。

・武将(お姉さん組)と降臨ガール(若い子)の組み合わせが各々個性あり。
 直江愛役(冨田樹梨亜さん)と直江兼続役(南千紗登さん)の組み合わ
 せが、楚々としたお姉さんと快活な妹そのもの。


■栞菜さん、握手会

・栞菜さん、また前髪ないですなw

・「SING!」6/15、ケーキ手づかみサプライズはやはりびっくりしたそうな。
・前作では右眼(義眼、ゲノム情報を解析できるコンピュータチップが内蔵
 されている)のメイクを左眼と変えていた(アイライン強め)が、今回は
 同じ。劇中で泣くので、パンダにならないように、と。
・次回スケジュールは決まっているが、まだ秘密。

・隣にふにゃおかさん(船岡咲さん)。様子を見ていると、栞菜さんの列の
 流れが早い。℃-uteの頃から言われていた塩対応とはこのことか。
・新生姜の岩下社長からの花なし。今回は観劇に来ていないそうな。


■船岡咲さん

・サイン会で日付を書いてくれるも、2012年と間違われる。
・次回再演があったらまたミツ子が見れると言うと、「死んじゃったから
 出れなーい」とバッサリw


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事