全体表示

[ リスト ]

東京での五輪は不要


2008/9/7(日) 午前 5:50


東京での五輪は不要。

純粋にアスリートのためならずっとギリシャでやればよかろう。
東京への誘致を喜ぶのは土建屋である。

アジアに呼ぶという地理的公平性を考えるなら、まだ中国と韓国に冬をそれぞれ2回やらせたほうがいいし、インドやモンゴル、カザフスタンにまず五輪をやらせるべきだろう。
日本で3度目をやるのは、欧州や北米に偏るのと同じで、所詮は「夢よもう一度」の考え。東京への誘致は20世紀に複数開催経験のある国同士のたらいまわしに過ぎない。
アジアで五輪開催経験のない国はいくらでもある。

また、日本に呼ぶにしても開催経験がない福岡などを拒否してまた東京でやるのは地理的公平性に反する。公平性なら日本での五輪などやめて南米を優先すべきだし、逆に開催経験のある信頼性を重視するならシカゴに譲るべきだ。

実際、開催地の公平性など建前のきれいごとだから欧州や北米、ロシアに限定してもいい。
大体、五輪のふるさと・ギリシャでは100年以上でやっと2回目。むしろ、またアテネでやってもよさそうなものだ。

2回目の東京五輪はあと100年たったらやってよかろう。


確かに、「オリンピック憲章」だの「ナチズム」など持ち出すのは間抜けですね。こっちはIOCの委員じゃないんだから「憲章」なんかどうでもいい。

そもそも本来アマチュアの大会である五輪に商業主義を持ち込んでプロを参加させたのはIOCとその賛同者だろう。野球復活の条件が「大リーガーの参加」なんてIOCの幹部が言っているんだから、「オリンピズム」なんかもはや廃棄されたゴミ同然。だから今では憲章から「アマチュアリズム」の文言が削除されているらしい。それで憲章を絶対視する憲章石頭は「アマチュアリズムなんて憲章のどこにも書いていない」などと言うのだろう。
憲章なんて紙切れの上の文字で、時代の気まぐれで何度でも書き換えられるご都合主義の産物。

とにかく東京の五輪など観る気がしない。
観る側としてはアテネとトリノを観た経験からマドリードで地中海の五輪をやってほしい。

経済を優先するなら途上国に譲るべきだ。

「IOCが途上国を優先とかやってるか?」と言ってIOCを基準に置きながら、「アメリカあたり」、「いやだ、東京がいい」と自分の好みを出すのは矛盾していますね。それなら「IOCが途上国を優先とかやってるか?」、「どうせアメリカか日本あたりだろう」、「いやだ、やっぱり途上国がいい」というロジックも成り立ちますし、「いや、アメリカがいい」という結論も可能。

トップ > スポーツ、レジャー > スポーツ > オリンピック > 2回目の東京オリンピックに期待する

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事