ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」

ゴルフコーチの商売抜きの真実を伝えるブログ。重要なのは、外観ではなく「内観」。即ち「動いて自分の身体の感覚を味わう」こと。

全体表示

[ リスト ]


その場で回転するために、右膝を右に流してはいけないと指摘され、
意識すればする程右脚が固まって居付いてしまうゴルファーに送る今日の記事。



最悪なのは右に流すまいと、右膝に内側(左)方向の力を働かせること。
確かにそうすれば右に流れはしないだろうが、それはあくまで「形」だけのこと、つまり外観。
トップ、そして切り返し時にその場でジャンプできるくらい柔らかく膝を使える状態にしてこそ脚は”使える”のだ。

何度も、何度も、何度も言うが大切なのは、
「本当に自分の脚がそのような状態になっているのかどうか?を感じること、即ち脚と対話すること」、
つまり内観だ。


ではどうすれば?


左脚の外旋位を保ってテークバックする。



意識するは右脚ではなく左脚。
(左脚体重という意味ではない)

そして外旋とは股関節の動きを指す。

具体的に言うと、しっかりアドレスがとれていれば、必ず膝頭が足のつま先方向に向いているはず。
その状態をできうる限り維持して上半身を捻転させれば、
人体骨格上(誰もが)外旋など意識せずとも左股関節は外旋するのだ。
(※同時に右股関節は内旋する)

左股関節をそう使うことで”何を意識することなく”「その場で回転」が容易になり、
それは正しい捻転にもつながって行く。
もちろん「黄金の踏み込み角度」の理解は必要になるのだが。。



「その場で回転」は、体重移動や重心コントロール(安定からの崩し)を瞬時に行うためにも必要な要素。
しかし形だけに囚われていてはエネルギーは生み出されない。
エネルギーを生み出すためにも、身体のわずか一部分とはいえ居付きはご法度なのである。


ちなみに武道の世界では、
「居付くは死なり」という言葉が当たり前のように使われている。

私はまだ死にたくないし、死なないぞっ、と。


 イメージ 1    golf-sanadajuku.com
イメージ 2
  @g_s_juku

ゴルフコーチ・技術ブログランキング参加用リンク一覧      応援たのんます!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事