ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」

ゴルフコーチの商売抜きの真実を伝えるブログ。重要なのは、外観ではなく「内観」。即ち「動いて自分の身体の感覚を味わう」こと。

全体表示

[ リスト ]


前記事の「踵歩き」

ダンプカーのような、”トルクフル”な歩きを実感できただろうか?

地面の上っ面を”すたすた”ではなく、
地に足がめり込むような”ぐいぐい”を感じれたのならそれはまさしく踵歩きだ。
(但し、踏ん張るではないので誤解なく)
とはいえ、いにしえの人達は「無意識」に「当たり前」にしていた歩き方。
だから決して特別な歩き方ではないのだが、
敗戦によって身体使いや体に対する考え方までをも西洋式に変えられた今日の日本。
因って日本人にとって体に優しく、それでいて効率の良い身体使いは、「勉強して思い出す」しか手はないのだ。


そこで今日の記事は、「踵って一体どこやねん?」ということで踵の勉強してもらえたらと思う。

踵の認識が変わるだけでスイングバランスがよくなったり、
初心・初級者に多いアウト・サイド・インなスイング軌道も一瞬にして治ることがあるので、踵の解釈は重要だ。

まずは下記画像を。

・・・とその前に、
この画像は私の足なのだが、右足内側から写した画像であって、左足外側からのものではない(泣)
(同情するなら金をくれ!笑)


イメージ 1












踵の一般認識は、恐らく赤丸”一点”だ。
しかし私が提唱する踵は、赤矢印の線の”幅”なのだ。
これは踵歩きをほぼ無意識に出来るようなって感じたことで、
そう認識したほうがゴルフスイング上達にもつながると分かったからだ。


例えば「アドレス」。
重心位置(バランス)は足の裏で感じるしかない。
レッスンにてあまりに拇指球に体重が乗っている生徒に、
「踵体重で」とレクチャーすればほぼ全員が”超違和感”を感じて納得してくれなかった。
上画像の赤丸一点だけに注意を向けるからだ。
そこで踵の認識を幅に変えてもらうことで、納得してもらえる塾生が増えたのだ。

これは後付け理論かもしれないが、その理由は恐らくこうかな・・・と。


イメージ 2












詰まる所、自重(太赤矢印)は頸骨を通して距骨に掛かる。
そしてそれは足裏全体ではなく、赤矢印の幅内に一番掛かるのだ。
そこで青丸の一点に注意を向け内観することで、足裏全体に満遍なく自重を感じれるというあくまで仮定なのだが、これが結構好評なのだ。
ただ、それでも違和感がある場合でも、決して青丸を拇指球側に持って行ってはならない。
なぜならこれ以上前に持っていくと、必ず拇指球体重になるからだ。
踵側なら多少よいと思うが、この青丸の位置は、拇指球側のMAXと思って欲しい。

但し、アドレスが変われば骨格アライメントからスイングの感覚全てが変わるので、
ある意味覚悟が必要だ。
もちろん我が塾生達は、”変わることこそ本望”な人ばかりだから私は一切気を使っていない。

数は少ないが・・・(苦笑)


ということで、検証の余地はまだまだあるものの、
私と今いる塾生は結構手応えを感じている。

それと嬉しいことに、踵の解釈を変えただけで、新しい発見がわんさかと。
特に股関節!!
この部位の気付きは果てがない。。

もちろん書きますよ。

書けないときは撮影も辞さない覚悟で(笑)

乞うご期待。



 イメージ 1    golf-sanadajuku.com
イメージ 2
  @g_s_juku

ゴルフコーチ・技術ブログランキング参加用リンク一覧      応援たのんます!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事