ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」

ゴルフコーチの商売抜きの真実を伝えるブログ。重要なのは、外観ではなく「内観」。即ち「動いて自分の身体の感覚を味わう」こと。

全体表示

[ リスト ]


アドレス時にとった前傾姿勢(角度)が、スイング中いとも簡単に崩れてしまうのは、
「股関節を入れずしてスイングしている」からに他ならない。

一般アマの大方は、アドレス時点で既に股関節が入っていないし、
仮に入っていたとしてもバックスイングすると同時に徐々に”抜けて”行く・・・。
切り返しての重要なタメのセクションでは股関節はもうヘロヘロだ。
つまり・・・


「股関節が入る」の”感覚の精度”が低いのだ。



過去記事である黄金の踏み込み角度の画で解説すると、
アドレス時の前傾角度「A」をスイング中終始維持できていないということ。

この角度が維持できない、つまり股関節が抜けてしまうと、
股関節が切り返し時の地面反力を的確に受け止められない
ため上半身が起き上がって(伸び上がって)しまう。


「股関節を入れる」を語るのに、骨盤と大腿骨の角度の内観は必須だ。


但し、ゴルフスイングの場合、
膝の角度(角度「B」)次第で相当角度「A」の内部感覚が変わってくる。


これはゴルフスイング独特だ。


黄金の骨格アライメント(股関節を入れる)を探し出すこと(実感すること)に「楽しみ」を感じれないゴルファーは、一生起き上がって伸び上がってスイングすることになるだろう。

いあ・・・、脅すつもりはないのだが、本当のことだから・・・。



前置き長すぎーの今日の本題。


「踵歩き」を習得して、実は「股関節を入れる」という言葉に違和感を持ちだした私。

というのも股関節はボール&ソケットな関節であって、すでにもう”入っている”のだから、
教わる側からすると、それが”抜けた”と指摘されたところで「脱臼」ではないのだから伝わりにくいのでは・・・と。

そこで私は「股関節を入れる」という内部感覚を、新たにこう命名した。


「骨盤を立てる」。



股関節が抜けたときは、「骨盤寝てるで」と、こんなカンジで。


では骨盤を立てることで股関節は入るのか?
また入ればどう変わるのか?

ヨガ系や整体系の、所謂「解説」や「やり方」では到底辿り着けない「内部感覚」を実感して欲しいものだ。



続く。




 イメージ 1    golf-sanadajuku.com
イメージ 2
  @g_s_juku

ゴルフコーチ・技術ブログランキング参加用リンク一覧      応援たのんます!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事