ゴルフ真田塾の「一生ゴルフ懸命!」

ゴルフコーチの商売抜きの真実を伝えるブログ。重要なのは、外観ではなく「内観」。即ち「動いて自分の身体の感覚を味わう」こと。

全体表示

[ リスト ]


「椅子に座っている感じがする」。


こんな感覚がアドレス時に芽生えれば、「踵を踏んだアドレス」がとれているといっていい。
上半身は椅子というしっかりとした「土台」の上に在るということになるのだから、
バランスの良いリラックスできたアドレスだということになる。
但し、その状態を・・・


スイング中終始維持しなければならない


ところに難しさがあることは言わずもがなだ。


体幹の捻転に伴って、”クラブを持った”腕や手がコントロールできず、
大方の人は体幹のポジショニングが狂ってくる。
つまりスイング中に良いバランスを失ってしまうのだ。
しかしそれを失うまいと脚の筋力で踏ん張ってしまい、その力みは全身を支配する。
その瞬間当然自分の思うタイミングではクラブは振れなくなる。
「振らされてしまう」のだ。

そうならないためには・・・


脚や腕で体幹の位置を決めるのではなく、体幹で体幹の位置を決める


という考え方が必要だ。

言うなれば、あらゆるスポーツカテゴリーでスイングと名が付けば・・・


体幹が主、脚や腕は従


ということだ。

となると、巷で言われている「下半身リード」ってホンマか?になるのだが、
長くなるのでこの辺の話はまた別の機会に。

まずは踵を踏んだアドレスで、最高のバランスを手に入れることが先決だ。


っていうかその前に、踵を踏んでの歩きは獲得できてんのかな?
簡単やからさっさと獲得しーやーw



体幹のポジショニング。

分かっているとは思うが、外観じゃあ〜ないから鏡なんか見ても分からんからね。

注意を注ぐべきは「足裏」。

ここでしっかりバランスを察知(内観)すべし。




  イメージ 1    golf-sanadajuku.com
イメージ 2
 @g_s_juku

    ゴルフコーチ・技術ブログランキング参加用リンク一覧  応援たのんます!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事