ここから本文です
歓迎!これは、オランダG-SHOCKコレクターとビール醸造者のWebログである。私はあなたにオランダの私の人生を見せる。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

初日。


それは醸造所の非常に忙しい週であった。従って、私は私のWebログにおいて送ることができなかった。
この前の週末Keesと私は、the 醸造所のすべて のビールフェスティバルのスウェーデンのイエーテボリに行った。
It has been a very busy week at the brewery. Therefore I could not post on my weblog. 
Last weekend Kees and I went to Goteborg in Sweden of the beer festival of the All In Brewery. 

朝に列車に乗る間、午後の終わり、約1000キロメートルで私達が北に私達のビールをたたいていることに気がつくことが意外であった。私達はよいフライトを持ち、イエーテボリ空港のスケジュールの前に上陸した。
While getting on the train in the morning, it was strange to realize we would be tapping our beer at the end on the afternoon, roughly 1000 kilometers to the north. We had a good flight and landed before schedule on the Goteborg airport. 

それは小さい空港であった。Kees はすでにタクシーを注文していた。私の荷物で静かな私の冬のジャケットで、私は、雪が降っていることに気づいた。また、それは冷たかった。
It was a small airport. Kees had already ordered a taxi. With my winter jacket still in my luggage, I noticed it was snowing. Also, it was cold. 

私達はまったく早く、私達のホテルに到着した。私達は、しばらくの間、何人かの他の醸造者をリラックスさせて、会う必要があった。そして、私達は昼食のために外出した。私達は小さいレストランによってよいイタリア店を見つけた。私は非常に旨いパスタ料理を食べた。それは私達のホテルからほんの 50 メートルであった。
We arrived quite early at our hotel. We had some time to relax and meet some other brewers. Then we went out for a lunch. We found a good Italian shop with a small restaurant. I ate a very delicious pasta. It was only 50 meter from our hotel. 
フェスティバルのために私達の栓を準備する間、私達は、私達の台がTommie Sjef野生アレスの近くにあることに気づいた。Tommie Sjefは、非常に約束しているLambic醸造者とミキサーである。彼はちょうど23歳であるけれども、彼はビール世界に非常に高い評判を持っている。
While preparing our taps for the festival, we noticed our stand was near Tommmie Sjef Wild Ales. Tommmie Sjef is a very promising Lambic brewer and blender. Although he's just 23 years old, he has a very high reputation in the beer world. 

最初のセッションの最初の訪問者は、すでにフェスティバルの冒頭を待っている。すべての3つのセッションが売り切れた(1000枚の切符各)。
The first visitors of the first session are already waiting for the opening of the festival. All three sessions were sold out (1000 tickets each). 

発音不可能な名前は、あなたがあなたのビールを売ることができないと保証していない。それは悪双子からビールである。
An unpronounceable name does not guarantee you cannot sell your beer. It's a beer from Evil Twin. 

もちろん、私達は他の醸造所でビールをサンプリングする。
Of course, we do sample beers at the other breweries. 

夕方、私は食物のために外に行った。私は、外に私のシャツに行くために、ローカルなカスタムに従った。それは凝固点のまわりにあった。従って、それはまったく挑戦であった。幸運にも、スウェーデンの人々は非常に友好的である。10分待ちの後に、私は私のハンバーガーを食べた。
In the evening I went outside for food. I followed the local custom to go outside in my shirt. It was around freezing point, so it was quite a challenge. Luckily the Swedish people are very friendly. After a 10 minute wait, I had my hamburger. 

フェスティバルは22時30分に閉まった。訪問者が去った後に、すべての醸造者は都市センターの醸造者バーに行った。特別に、今晩の間、自由なピザ's.があった 私達 すべて たくさん食べた 。
The festival closed at 22:30. After the visitors had left, all brewers went to the Brewers Bar in the city center. Specially for this evening there were free pizza's. We all ate a lot. 

日2。

それは短い夜の睡眠であった。2番目のセッションは11時00分にすでに始まっていた。しかし1番目非常によい朝食。
It was a short night sleep. The second session was starting already at 11:00. But first, a very good breakfast. 


これは何であるか?Omnipolloの氷マシン。私は前にそれを見たことがあったけれども、この時、それはピーナッツバターチョコレートキャンディーのアイスクリームを作っていた。アイスクリームはHypnopompaマシュマロ皇帝スタウトに置かれた。非常に良い組み合わせ。私のガラス(開く前の)は、Omnipollo、Henok Fentieの創立者のうちの1人のため注がれた。

What is this? An ice machine at Omnipollo. I had seen it before, but this time it was making ice-cream of peanut butter chocolate candy. The ice cream was put on the Hypnopompa Marshmallow Imperial Stout. A very nice combination. My glass was (before opening) poured by one of the founders of Omnipollo, Henok Fentie. 

2番目のセッションの間、私達は「Da Hong Pao」を持っていた。それは、四川風コショウを持つ大麦ワインである。
For the second session we had the "Da Hong Pao". It is a barley wine with szechuan peppers. 

「私は何も聞かない」…

サンニコラのオランダの名前の後に名付けられたスウェーデンのビール。私はそれを味わう必要がある。
A Swedish beer named after the Dutch name of Saint Nicolas. I have to taste it. 

それは Brewski の女性である。私は1年前彼女と会った。私が私のガラスを失った後に、彼女は私に新しいものを与えた。彼女はまだ私を認めていた。私は別の「Brewski」ガラスを得さえした。
It's the woman of Brewski. I met her a year ago. After I lost my glass, she gave me a new one. She still recognized me. I even got another "Brewski" glass. 
これはすばらしい。入口ホールには、Bear Family さんのストールがあった。それはあごひげと口ひげ製品のブランドである。私はたくさんのそれらの製品を使う。私は、それがスウェーデンのブランドであると知らなかった。私は、それがイエーテボリブランドであると知りさえしなかった。創立者はかつてBeerbliotekで醸造者であった。もちろん、私達は少し後で私達の醸造所からビールを飲んだ。
This is fantastic. In the entrance hall there was a stall of Mr. Bear Family. It's a brand of beard and moustache products. I use a lot of their products. I did not know it was a Swedish brand. I even did not know it was a Goteborg brand. The founder used to be a brewer at Beerbliotek. Of course we drank a beer from our brewery a bit later. 

「あなたはどこに住んでいるか?」.何とかして、私はいつも適切な図面スキルを持っているわけではない。長いフェスティバル日の後に特別に。
"where do you live?". Somehow I do not always have proper drawing skills. Specially after a long festival day. 

夕方、私達はイエーテボリの別のビールバーに終わった。私達のパーティーは私的な部屋にあったけれども、遅いディナーの後に、私達は少しの特別なビールでハロウィーンパーティーを楽しんだ。
In the evening we ended up in another beer bar in Goteborg. Our party was in a private room, but after a late dinner we enjoyed the Halloween party with a few special beers. 

もちろん、それは遅くなったけれども、私達は醸造者パーティー後に大きい時間を過ごした。
Of course, it became late, but we had a great time at the Brewers after-party. 

日3。

私達は午後遅く、オランダに飛行機を取り戻した。私達は訪問に特有な何かを捜した。私達はボルボ美術館についての情報を見つけた。また、ボルボはイエーテボリから来る。
We had a plane back to The Netherlands late in the afternoon. We looked for something special to visit. We found information about the Volvo museum. Also Volvo comes from Goteborg.

「聖人」という 1960 年代のテレビシリーズに主演したこととしてのボルボ P1800。
The Volvo P1800 as featured in the 1960's television series "The Saint". 

レゴのボルボ再構築。それは、オリジナルのシャシにおいて築くことであった。
A Volvo rebuild of Lego. It was build on an original chassis. 

美術館で見るために、とてもたくさんがあったけれども、後に、時間ごろに、私達はそれをすべて見た。私達はタクシーを醸造者のバーに持って行った。私達がスウェーデンを去る前に、私達はいくらかの食物と飲み物を飲んだ。
There was quite a lot to see in the museum, but after about an hour we had seen it all. We took a taxi to the Brewer's Bar. Before we left Sweden we had some food and drinks. 

私はOmnipolloの「蜃気楼」を取った。それはよいさわやかな IPA である。私のビールで、私はラズベリーアイスクリームでレモンチーズケーキも食べた。
I took a "Fatamorgana" of Omnipollo. It is a good refreshing IPA. With my beer I also had a lemon cheesecake with raspberry ice-cream. 

空港で 私達の飛行機に乗り込むことを待つ 。これは、 最後のビール 私達がスウェーデンに持っていた最終版である。
At the airport, waiting for boarding our plane. This is the final  last beer we had in Sweden. 

GPSはまた約9000メートル高度で働き、1時間あたり800キロメートルで旅行する。
GPS also works at almost 9000 meter altitude, traveling at 800 kilometers an hour. 

http://i488.photobucket.com/albums/rr245/sjorslog/beer/All%20In%20Beerfest/IMG_6152.jpg

私達は夕方早く上陸した。Eva は車によって私達を拾った。家に追い返しているほんの160キロメートル。それは非常に印象的な週末であった。

スウェーデンのビールフェスティバルのための腕時計:それはGWG-1000 Mudmasterである。それは私のための好きな腕時計になるかもしれない。

We landed early in the evening. Eva picked us up by car. Only 160 kilometers driving back home. It had been a very impressive weekend.

Wristwatch for a Swedish beer festival: It's the GWG-1000 Mudmaster. It might become a favorite wristwatch for me. 

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事