みけのわくわく旅日記

妙なネコが綴っています。まともに受け取らないようにして下さいね

全体表示

[ リスト ]

台高・薊岳(2011.12.16.金)

2009年2011年1月 と、高見山の霧氷を楽しんだ。
今年も・・と思ったけど前回の冬に猛烈な雪高見を経験したため
それ以上でないと物足りないかも?この冬は別の山へ行こうかな?
・・と・・
 
ヌプリさんは弥山とか稲村とか芦生とか湖北とか案を出してくれた。
稲村に行きたかったけど歩いたことのないコースを歩きたかったので
「麦谷林道が土砂崩れで通れない今こそ大鏡池コースで薊岳へ♪」
 
9:33 適当な所に車を止め、スタート♪
 
イメージ 11
 
落ち葉で彩られた美しさに見とれる
 
でも・・
 
ニャアの方が美しいわ♪
 
うふ♪
イメージ 1この神社の前に登山届ボックスが。
てっきり境内に登山口があると
思ったけど見あたらない。
結局、神社に向かって右横の
細い道から取り付くんだった。イメージ 13
まさ吉さんの日記をもう一度読み返しておけばよかったと、
おタケさんと反省することしきり。
 
それにしても素晴らしい神社だ。
重みがある。ありすぎるくらい♪
 
植林帯にはいると美しさに感動♪ここはきちんと手が入っているので明るい。
 
上空は風が相当に強いらしく擦れ合って音が出る。
 
イメージ 14
 
崩れた場所もある。
台風で?
 
雪?みぞれ?寒いんであ〜る・・
イメージ 15
11:35 大鏡池
イメージ 16やっと来ました。
いつから来たがっていたのかも
忘れるくらいです・感動ですぅ〜♪
信仰の山なので祠があります。
イメージ 17
 
お腹も空いたし、ランチタイムです♪
風が冷たいので樹を背中に少しでも避けて座ります。
終われば早々にスタートです。寒いんじゃあ〜★
イメージ 18
 
12:13 小鏡池(おタケさん命名)
 
ジャッキーさんのマネをしてみたかったが・・
登山靴にスパッツに・・
面倒なので諦める
イメージ 2
12:23 薊岳?
 
一気にテンションが上がる♪
 
が・・ここから先は岩場の連続
 
イメージ 3
 
普段なら、どうということのない場所でも
凍っていたりするので慎重に進む。
 
足の長さが足りないところは膝で登る。イメージ 4
 
 
12:45 白い薊岳♪
 
大興奮の軍団♪
 
下がり気味のテンション再び上昇♪
 
 
 
 
イメージ 5
おお!!フカヒレ姿煮やっ♪
 
おお!!やっと頂上だっ!!
 
 
あれ?・・誰かいる・・
 
わっ!雪女や!
 
キレイやなあ〜〜〜〜〜♪
 
 
 
イメージ 6
冬場は「あごマスク」が定番♪暖かいよ〜♪
 
 
おかしいなあ〜・・一人撮りしたハズなにのに・・大勢写ってる
イメージ 7
 
天気が悪い割には結構な遠さまで眺めることができました
 
 
イメージ 8
 
下山・・
さっきのいくつもの凍った岩場のアップダウン・・
滑らないように細心の注意を払って進みます。
 
ツルツルというわけではないので、
写真で見るよりラクチン。
イメージ 9
 
イメージ 10
 
さて・・ここで・・
ニャアは重大なことを思い出しました
おタケさんは遅刻してきたのです!
その時
「詫びに頂上で踊るのじゃっ★」
と命令していたのです!!
だいぶ下まで降りてきましたが
ま・・いいでしょう・・
「うさぎのダンス」です。
 
 
イメージ 12
 
 
・・・こんなことして遊びながら・・・
 
降りていきます
 
結構・・時間がかかります・・笑!
 
 
14:03 小鏡池まで降りてきました
 
大鏡池で休憩し・・
 
14:40くらいに・・
こっこさんが突然、崩れ落ちます・・
「痛い〜っ★」
 
転んだ訳でもないのに痛がります
「こむらがえり?」
「折れたの?」
「ひねった?」
 
と・・聞くも「痛い痛い。歩けない」の連発。
 
「おちついて・・まず・・折れたの?」
「いいや。折れてない」
「こむらがえり?」
「いいや。違う」
「ひねったの?」
「いいや。違う。よくわからないけど痛い」
 
膝の裏や外側に結構な内出血が・・
真っ青です・・
少し前から、山から下りたら出ていたそうです。
前回は膝の腫れもあったようで・・
でも痛みもなく、少しの違和感だけだったので放置していたそうです
 
 
ついつい「これくらいは時間が経ったら治る」と思いがちですが・・
「ひどくなってから病院に行こう」と思いがちですが・・
 
毎日の身体のメンテナンスの重要さを思い知りました。
そして・・
靴の裏も必ずチェックして、溝が減っていたら買い替えることも大切だと・・
でないと知らず知らずのうちに足に身体に負担をかけてしまうと・・
 
ガイドのヌプリさんは救助のプロです。
山岳ガイドを養成する先生です。
「いくつか方法があるけど・・」と、今回はザックを反対にして「おんぶひも」にします。
 
 
後日、聞くと・・
カッパで背負うやり方もあるそうですが、それをするとカっパが破れたりして勿体ないからと、この方法にしたそうです。
でも・・カッパの方が救助する人には優しいのでは?
「これくらいでカッパをダメにするのは本当に勿体ないですよ」
 
これが岩場で起きていたら・・
「ハーネスつけて下ろしたり、背負ったりのくりかえしです。時間がかかります」
 
 
早めに下山するように計画しないと、こんな事があったらスグに闇の世界になってしまいます。
常に時計を見ながら歩かないと・・と思いました。
 
朝の崩れている箇所を慎重に下り、やっと足場が良くなる所まで降りてきました
しかも肩を借りたら歩けるようになったので、ひと安心です。
 
16:00頃、民家のある場所まで降りてきました
 
ヌプリさんが「関係者以外通行禁止」の林道を車でやってきました
ホっとします。
 
 
こっこさんの家の近くまで送ってもらい、ご主人に迎えに来てもらって、その足で病院へ。
 
曲げなければ痛みはなく、杖をついて歩けるようになったそうです。
今日・月曜は検査でしょう。
 
ニャアの相棒です。
早く治して、復活登山しようぜ!!ヌプリさんに頼んで・・♪
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

♪ポットさん♪

今のところ軟骨かも?だそうです。
冷えも確かに!せめてスパッツをつけておくべきでした

2011/12/19(月) 午前 11:40 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

それなら、関節内出血の可能性かもしれません。

しばらくは「裏山」かも

2011/12/19(月) 午後 0:18 POT 返信する

顔アイコン

♪ポットさん♪

「安静」ですね。きちんと治して欲しいです。
ポットさんとハチキンさんの細胞を下さい。

2011/12/19(月) 午後 0:21 田舎の猫・みけ 返信する

ワイがこのルートを歩いた時は下の駐車場からだったんで神社は通ってません
一年以上前の話やからたぶんやけどね

2011/12/19(月) 午後 0:58 [ ☆まさ吉 ] 返信する

無事で良かったですな
しかしこのルートをピストンは考えられんわ

2011/12/19(月) 午後 1:19 はっさく 返信する

顔アイコン

♪まさ吉さん♪

あ〜そうかあ〜そうだったのかっ★
鏡池とかは、まさ吉さんので記憶があったから嬉しかった♪


♪はっさくさん♪

え?なんで?面白くないコースだから?
麦谷林道があかんし〜明神滝の方からやったら林道が長いし・・
どっかに良い道があるんですか?

2011/12/19(月) 午後 1:34 田舎の猫・みけ 返信する

クルマとめたの橋を渡ってすぐのとこでしょ?
まっすぐ歩いたら解りやすいのに。

帰ってきたら駐車料金請求されへんかった?
近所のばあさんが勝手に徴収しとるらしいよ。

2011/12/19(月) 午後 2:00 のぶさん 返信する

顔アイコン

♪のぶさん♪

そう!!そこ!!そや〜後でさ〜「この道は・・」って・・苦笑;

誰も徴収しに来なかったよ?まさ吉さんが¥を取られたのはココだったのか!
寒いからコタツに入ってたんとちゃうかなあ?笑!

2011/12/19(月) 午後 3:22 田舎の猫・みけ 返信する

あんだけ、こっこさんて凄いよね〜こんな急登でも全然しんどくないんやね〜〜と話していただけに‘‘ビックリ’’でしたね

検査の結果が気になるところです

トラバありがとう

2011/12/19(月) 午後 7:40 mannmaruogojyo 返信する

稜線乗ってからもアップダウンがきつそうなコースですね
青空も覗いたみたいで何よりです

何とか戻れて良かったですね〜日も暮れはじめる頃で不安だったでしょう

2011/12/19(月) 午後 7:44 ひよっこ 返信する

顔アイコン

♪おタケさん♪

なんでも・・昔からの古傷だそうで・・ほったらかしにしたツケだと言ってました
あまり痛まないから外を歩いたというから怒鳴ってやりました!笑!
明日、MRIだそうです。


♪ひよっこさん♪

コース自体はどうということないです。雪で道が悪くなってるだけです。
まだ3時前だったし、普通に下っても1時間なのでそうでもなかったです
ヌプリさんがいるから、そういった不安は皆無でした。

2011/12/19(月) 午後 7:51 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

靴の裏をチエックしましたよ〜!
足が短いのでよく膝で登っています!

こっこさん、なんとか下山出来て良かったですネ。

2011/12/19(月) 午後 8:15 カサブランカ 返信する

顔アイコン

♪カサブランカさん♪

膝技が得意な方が他にいるとは!!笑!
私も帰ってから念入りにチェックしました・・
はい。ガイドさんなしには無理でした。
助けを呼びに行って戻ってきて・・と、考えただけで・・・
あと、時間に余裕があったのも落ち着ける事でした。

2011/12/19(月) 午後 8:26 田舎の猫・みけ 返信する

そんな心強い人と一緒だといいですね。
無事に下山できてよかったですね。
体調には注意して行かないとダメですね。
でも、大勢で行くと、無理にペースを合わそうとしてしまうこともあるから後からしんどくなるんですよね。

2011/12/19(月) 午後 10:39 ヨー君 返信する

顔アイコン

♪ヨー君♪

はい。本当に良かったです。仲間内で行くときはスグに助けを呼びに行ける山にしよう、下山予定の時間を早く設定しようと思いました。いつもガイドさんが余裕がないとダメです!と言う理由がハッキリ分かりました

みなさんと比べると私達は「ナメクジかっ★?」ってなくらい、ゆっくりだと思います。ユックリ過ぎたら「少し急ごうか?」って・・いい加減です

2011/12/19(月) 午後 10:55 田舎の猫・みけ 返信する

はっさくさんがおタケさんとこにボクが書いたコメントと同じ事書いてる〜。

2011/12/20(火) 午前 2:13 のぶさん 返信する

顔アイコン

♪のぶさん♪

あ〜!ほんとだっ!!

2011/12/20(火) 午前 8:32 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

・・って・・のぶさん、なんて時間まで起きてるんですか〜?

2011/12/20(火) 午前 8:32 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

こっこさん
早く良くなると良いですね

カッパのオンブ紐は分かっていたけど
ざっくでオンブはどうしてするんやろーと仕事しながら考えてました

2011/12/20(火) 午後 9:30 葛城山 返信する

顔アイコン

♪ハチキンさん♪

ザックをひっくり返して使います。
今度、ポットさんで試してみて下さい♪

明日、有名な先生に診てもらえるそうです。

2011/12/20(火) 午後 10:46 田舎の猫・みけ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事