みけのわくわく旅日記

妙なネコが綴っています。まともに受け取らないようにして下さいね

全体表示

[ リスト ]

月曜?火曜?どっちだったか忘れたけど、急にお誘い電話が♪
「高時山行くけど〜一緒にどおや〜?こっちは初めてなんやけど」
コースを聞くと、2009年に行ったのとは違う別のコースである!
「行く行く行くぅ〜♪」
 
 
大塔の道の駅で休憩・・寒っ!!寒いなんてもんやないっ!!
痛いっ!!どおりで朝から腹具合が・・
 
今日はおおかた一年ぶりに、こっこさんと遠出だ。
膝を痛めて手術して一年近くもリハビリにかかった彼女は初めてドキドキしてるみたいだ。
おタケさんは鎧・兜のツアーがあるからとの事。
うう・・そっちも行きたいのねん・・
 
 
風屋ダムって遠いのよ・・
この間の天竺山もスグ近くなんだけど・・
とにかく遠いのよ・・
家を出たのが5:40・・5時間もたって・・やっと到着!
 
風屋ダムそばの郵便局あたりから取り付く。
わくわく♪
 
10:38 (カメラ時間)でスタート♪
 
イメージ 1
 
 
おおお〜!!郵便局があんなに小さくなった〜♪
イメージ 2
 
おおお〜!!絶景かな絶景かな♪
イメージ 11
 
民家の横から入って行く割には道は荒れてる・・
石はゴロゴロ・・倒木もある。
ノコギリ隊が出動し、あっというまに整備する
・・・あのノコギリ欲しいなあ・・・(裏山用に)
 
ツルが我々を吊し首にしようと待ち構えている・・・
ナタでブチ切る(逆襲♪)
 
登り始めてスグからなので、このルートは通る人がいないのだろうなと思う
山の持ち主も入りそうもないなあ〜
 
でもさ・・「西熊野街道」なんだよね・・
 
10:44 標識が出た。
イメージ 12
前に反対側から登ったときも、三里山って表示があった
 
「この山にも登りたいよ〜♪」
 
10:59 高を「たこう」と読む。
イメージ 13
地元の方は「高時山」を「高津山たこうつやま」と呼んでいるそうだ。
登山口が「高津(たこうつ)」という集落だからかも知れない。
そのためか「高時山」も「たこときやま」と呼んだりするそうだと以前に聞いた
 
この標識を角度を変えて撮すと・・
イメージ 14
落ち葉サクサクの道を進む。
展望の開けたところで・・大歓声が上がる!!
イメージ 15
わあ〜い!雪山だよ〜!!
アルプスみたいや!
大峯は真っ白だ〜♪
 
11:26 標識はキレイなのだ・・
イメージ 16
 
 
11:46 こっこさんと大喜び〜♪
イメージ 18
 
12:06 茶屋跡?この上の方にも石垣が♪
イメージ 17
あちこちに石垣があって昔は整備された道であったことは分かるけど、今では崩れてしまい、慣れない人には無理な場所もある
くどいけどさ・・・「西熊野街道」なんだよね・・
ここまで廃れきっているとは誰も思わなかったんだよね
 
木の橋が腐っているが、その上に堆積物があり、うっかり通ろうものなら落ちていってしまう場所もある。
「こら危ないで〜」
「帰りにウッカリするやんか〜」
・・・急遽、土木工事である・・・
倒木やらなにやらで橋を架け直す。
こうやって進むので、この日のコースタイムは普通では役に立たないと思う
 
なかなか・・頂上への取り付きが現れない。
思ったより距離が長い。
GPSと地図読みで体勢は万全。
事前に計算もしてあるようだが、地図の上と実際とは違うもんだなあ。
裏山が良い例だな(笑!)
 
このとき、男性軍は皆、GPSを持っていた。
しかし高度が僅かに違っている。
一人はスタート時に合わせ忘れたそうで、30〜40違ってる
あとの人たちは合わせたにも関わらず、全く同じとはいかない
器機とはこうしたものだと思った
地図読みと合わせて確認していくので安心だけど、それにしても距離は長く、道は荒れて時間がかかった
 
12:21 「ここだ!」「間違いない!」
と、やっと頂上への分岐にたどり着く。
が・・これが少しだけ手前だったために急登・・
 
しかも・・堆積物が多く・・踏み跡もないため・・ズルズル・・
夜から朝にかけて降った雨と雪のため、よけいにズルズル・・
前の人がズルっと滑れば、もうそこは通れない。
 
「しゃ〜ないわ〜上で落ち合おうや〜笑!」
と、バラバラにルート取りして進む。
木を掴んでよじ登るも足下の確保が難しい。
滑るわけにはいかないので角度や足の置き方、体重のかけ方、バランス・・
腐りかけた脳みそがフル回転だ(笑!)
 
後ろも見ながら帰りに困らないように〜という作業も怠らない
 
さっきの取り付きより、少し先からなら少しでも緩かったことも分かったが、それでも途中で合流するワケで・・・
 
 
13:22 まだ頂上へは着かないけど腹ぺこなのでランチタイム
 
「おいおい・・わし、ここを下りたくないで〜」
「みんなそうやて思いますよ〜」
反対側へ抜けよう
みけさん、向こうはどうや?こんな急なことはないか?」
このメンバーでは、ニャアだけが曲がりなりにも経験者だ・・
「いやいや・・どうしてどうして・・ブナ山からの下りが、ココほどでもないけど急ですよ。
でも、ここよりマシですよ〜」
「よし!そっちに回ろう!」
 
ここで腹一杯食べた人がいて・・・急登の続きに「気分が悪い〜」
大爆笑である
 
14:27 やっと着いたよ高時山♪
 
イメージ 3
 
1055mと、それほど高いわけではないが標高差は800mを越える
 
さて・・ここから・・ブナ山を経て反対側に降りる・・
「時間もないし、最短で降りたいのぉ〜」
「このルートが一番短い」
「あ・・4〜5年前に来たときには倒木やらが激しいからって烏峠からのピストンだったんですよ。整備されたかどうか・・」
「いやいや、これだけ人が入らないんやから、もっと荒れてる確率が高いで」
「こっちのルートで西熊野街道へ降りたらどうかな?」
「取り付き付近から見て判断しよう」
「みけさんの言う烏峠へ降りた方がええやろな」
「峠まで降りたら道は楽だったと思います」
 
「え?ブナ山って・・あれ?・・(そびえ立って見える)」
「そうですよ〜」
「みけさん、向こうからピストンしたんやろ?」
「そうですよ〜片道30分くらいかな?」
 
このときになって日記を見ておけば良かったと猛反省!!
おぼろげな記憶を呼び覚ますしかない
まあ、ベテラン揃いでGPSと地図読みで進んでるから大丈夫だけど〜
 
 
15:20 ブナ山〜♪
イメージ 4
ここでは葉が落ちたために遠く大峯がアルプスの如く見える♪
大歓声〜!!
イメージ 5
 
イメージ 6
陽射しは暖かいけど、風は肌を切るように痛い
 
ここで・・ニャアは初めての経験・・
 
太ももが異常に冷たい・・
冷えないようにスパッツをつけ、カッパの下をはいているのに・・
 
あとで分かったことだけど・・
ニャアは冬はいつもブレスサーモの中厚を着ている
だけど今年になってCW−Xをはくようになったため・・
寒くないし、ごわごわするから・・それをはいていなかった・・
これで・・寒いとは感じないけど・・冷え切ってしまったらしい・・
 
ここでホカホカカイロでも貼り付けたらよかったのだけど
下るだけだからと、そのままに・・
 
 
さあ!ゆっくりもしていられない。
まだ1時間半は十分かかる・・と・・記憶してる・・
 
下りはじめはたいしたことがない
心地よく下り、西熊野街道への分岐(標識などはなかったと思う)で、道の様子を見に行ったYさんが
「あ〜無理やな〜朝のコースみたいや〜」
「やっぱり峠やな」
 
だだっ広い場所が現れる
「あ!たぶん・・こっちが通れなくなってた方向ですよ。峠はこっち♪」
先行して地図で確認しながら進んでくれてるので
「うん。間違いない」
 
さて・・ここからが激下り・・
こっこさん、それまで平気だったけど、辛そう・・
「あんたが言うとった通りやなあ」
「そやろ〜」
「でも踏まれてるから朝よりよっぽどマシや」
「道もハッキリしてるし〜♪」
 
あ〜なんだか幸せ〜♪
 
すると・・鉄塔があり・・フェンスが・・
イメージ 7
(これは2009年の時の写真)
 
「みけさ〜ん!こんなのあったか〜?通れないで〜」
「う〜〜ん〜〜覚えてない〜あったように思うけど、似たような山とごっちゃになってるかもしれない〜」
「とにかく回り込もう。ルートはある」
 
このとき・・いったん下って、回り込んで・・尾根に登り返すとき・・
両太ももの内側が・・ツった・・いや、ツりそうになった
 
「すみません!こむらがえりです」と斜面で立ち止まり、バランスを保ってチカラが加わらないようにした。
すぐに治まったが、慎重にゆっくりとスポートドリンクや漢方を飲む。
が・・この日は防止策にアミノバイタルを何度も飲んでいた。
ブナ山からの下りの前にも飲んだ。
水分の補給もしている
 
「冷え切ったから!」
すぐにホカホカカイロを両側に貼り付け、腰にダウンを巻き付ける。
5分くらいで違和感もなくなり歩きだすが、慎重に慎重に足を運ぶ
 
気を遣って「ザック持とうか?」と声をかけて下さるが
「大丈夫です〜ザックがあった方が暖かいから〜」
 
冷えるとこういう事も起きるんだという勉強になった
冬対策をもう一度考えよう!
 
 
16:37 烏峠まで降りて来た
イメージ 8
 
登ってくると、こういう風に見える
イメージ 9
真っ直ぐに続く西熊野街道へ行きそうになるが、ここを左へ入って行く
懐かしいなあ〜
 
 
ここから集落まで街道を下っていくのだが・・
前より荒れてるみたい・・
でも朝のような荒れ方じゃあないから歩きやすかった。
集落手前で日没・・ヘッデンのお世話になる
 
このコースは西に向かって尾根を下るため、ずっと明るい。
5分ほどしか使わなかったし、闇にはなってなかったので助かった
 
 
 
17:00 集落に出る♪
イメージ 10
出れば、まだ明るい♪
 
 
集落もなんだかひっそりしてる・・
 
おばあちゃんが畑仕事をしていた
「あれまあ!山、行ってた?どこから来た〜?」
と、次々に話しかけてくる
 
どうやら、ここには、おばあちゃんが一人きり・・
たった一人で集落に住み続けているようだ
久しぶりに現れた大人数(9人しか居ないけど)に、おばあちゃんは喜んで色々と話しかけてくれる・・
が・・早く帰らないと・・笑!
 
大きな道路から、この集落までは道があるとはいえ、小さい車しか入りそうもないので歩いて下まで降りる。
 
ちょうど・・おばあちゃんと話し込んだ分・・暗くなってしまい、
もう一度ヘッデンを出した(苦笑:)
 
朝、車で運んでくれた人に、高時山から連絡を取っており、
 迎えに来てくれた車に乗りこむと、後ろはすでに闇になってた。
おばあちゃんは夕ご飯の支度をしてるだろうな。
でも・・家の周りは闇なんだな・・と・・・・・
 
楽しい楽しい〜でも〜私にしてはワイルドな一日でした♪
誘ってくれた皆さん、ありがとうです〜♪
また誘ってねっ♪
 
この日の標高差は900mだったそうで・・
山おんなさんが
「アルプスの三大急登より、ずっと大変!!」
 
イメージ 19

この記事に

閉じる コメント(15)

顔アイコン

そんなとこにも登る山あったんやね〜〜〜><
いい趣味です(笑)

2012/12/7(金) 午後 2:44 POT 返信する

顔アイコン

え〜?まだ登ったことないんですか〜?
不思議やな〜笑!
この縦走コースは大好き♪また歩きたい♪

2012/12/7(金) 午後 3:53 田舎の猫・みけ 返信する

風屋ダムは昔、ボートでバス釣りには何度か行って自然豊かな場所だと思います。
結構ハード?なコースですか?
初心者の私でも大丈夫ですか?

2012/12/7(金) 午後 4:48 ゴン 返信する

顔アイコン

ゴンさん、

高津のドン付きの集落から烏峠〜ブナ山〜高時山(ピストン)なら金剛山に慣れてるゴンさんですからコース的に危険なことはないですよ。上まで車は上がりますし、駐車場もあります。おばあさんが一人ですから止めさせてくれるでしょう。
でも、途中だだっ広い場所もありますし・・迷い込んでしまわないかが問題です。地図を見て登るのになれている方と行って下さいね〜
おすすめコースの日記です↓
http://miked.fc2web.com/yama-takatokityama-mainiti-090411.htm

2012/12/7(金) 午後 5:14 田舎の猫・みけ 返信する

なかなかワイルドな山歩きやねぇ。
こんなん好きです。

2012/12/7(金) 午後 6:09 のぶさん 返信する

顔アイコン

のぶさん、

ね?良いでしょ!!
のぶさんとは格段の差はあるけど、こういうの大好き♪

2012/12/7(金) 午後 7:01 田舎の猫・みけ 返信する

少人数で道探しながら歩く、こっちの方が山行きらしいや(^^;

冷えてることが麻痺して感覚無くなって低温症だよ〜〜〜**

2012/12/7(金) 午後 7:47 mannmaruogojyo 返信する

顔アイコン

おタケさん、

楽しかったよ〜♪メッチャ楽しかった!!

今回に限らず、毎日の生活の中でも冷えてるのに気がつかない事が多いよ
考えてエアコンやコタツを使うようにしてる。
もうトシだからねえ・・800越えたら分かるよ〜苦笑;

2012/12/7(金) 午後 8:07 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

追伸、発熱素材の下着着てる上半身やスパッツつけてる所は暖かいんだよ
それらのない太ももだけ・・だからよけいに分かんない

2012/12/7(金) 午後 8:08 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

おおお〜〜〜
こういうお山ダ〜イ好き

組長連れてってね〜ぇ

2012/12/7(金) 午後 8:14 葛城山 返信する

顔アイコン

ハチキンさん、

ホント?
行ったら「なあ〜んだ」って思うよ〜きっと(笑!)
友達が架けた橋を見に行ってね♪

2012/12/7(金) 午後 8:39 田舎の猫・みけ 返信する

顔アイコン

こんばんは。みけお嬢さま。

1000m超えるのに頂上は落ち葉の布団。
鈴鹿や比良とは違いますね。
芋を持っていくといいかも。

この近くに高焼山とか高須山、湯出高山とかないのですか?

2012/12/8(土) 午後 8:46 [ ossanclimbing ] 返信する

顔アイコン

おっさんクライミングさん

そうですね。
芋も焼くが山も焼く・・いいかも?(笑!)
え?ゆでろって?掘ってみたら温泉出るかなあ?

ニャアとしては・・鈴鹿の猫岳がこっちにほしいのですがねえ・・

2012/12/8(土) 午後 9:06 田舎の猫・みけ 返信する

祝! コッコさん復活。
まだまだ鶏ガラには早い!!!
また、一緒に鍋を食べに行こう

2012/12/10(月) 午後 2:19 [ 魔人 ] 返信する

顔アイコン

魔人クン、

あれ〜?仕事じゃあなかった〜?

ぎゃはははは!!そう伝えておくよ!!

2012/12/10(月) 午後 2:36 田舎の猫・みけ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事