GABBEH-LINE田中美雪。

あくまで個人として手織りギャッベの話は少しと、他諸々の語部として。
長らくご無沙汰しております。
いつもお買い物をしてくださっているお客様有難うございます。
夏場も快適な手織りギャッベを敷いた生活はいかがでしょうか?
ご意見等ございましたらご連絡下さいませ。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
 
夏の思い出も数ページの間に、秋の気配を日差しの中に感じてしまう日々です。
 
世情は相変わらず激情型から脱する事がなく日々の時事に辟易しています。
 
プライベートも時に流され堰き止める事は到底できず、14年共に過ごした愛鳥は老衰から様々な病相を呈し盲目の身動きも容易に出来ずにいる日々を見守る事は辛い限りです。時折餌を啄んでいる姿は、今をこの瞬間を生きている、生き物の生命力を、私を力付けるものです。
過去に拘り、未来を悩み、今を楽しむ事ができない人間を生き物たちは今を必死に生きる事で知らしめている様に思います。
この瞬間の今を、時の流のこの一瞬を大切にしたい。
 
愛鳥が急変してしまい、自分に言い聞かせながらも
メランコリーになっている私の想いです。
 
人生とは時の流に過ぎない。時は全てを破壊する。
しかし時は全てを生み出す。
 
時間の中で私達は生み出される幸と、破壊される苦しみを体験する。それが人生というものだから、
体験しなければならない。体験の中から何を学び何を掴むのか。それが人生の中の人の生きる意味。
時は人に生きる意味を与えてくれている。
無情にも破壊されている時を過ごす時、それでも
時は無情であると同時に無上の喜びを少しばかり
分けてくれる。だからこの時をやり過ごそう。
言うは易し行うは難し。でもこの時空にいる限り
時が味方する。きっと。だから生きていよう。

この記事に

開く コメント(0)

GABBEH-LINE.NET田中です。

5月も終盤。皆さん、5月は体調いかがですか?

5月に体調を崩しやすいのは、気温の高低差。

何だか体調が悪いのも気温差が激しいと血圧も変動しますから様々な変調が

あって当たり前なのですが、しんどい日をどのようにやり過ごすかのは、

個々にコツを掴むしかないですね。

私の経験上ですが、軽い断食をする事で改善する場合があります。

あくまで軽くです。

お腹がすいてないけど、食べる時間だからー、という時は一回抜いてあげると、

胃腸が休まり体調が改善する事もあります。


しかし、本格的な断食は慎重にしないといけません。

最近増えている不食も合わない人が多いと思います。

個人的に試してみましたが、激やせして焦りました。

骨と皮のようになり無駄な脂肪や肉が全くなくなりました。

体調は悪くなりませんでしたが、あまりの変化が怖くなり、

少しずつ改善し少し戻りました。

過去に肉断ち3回と不食を試し、痩せる事を経験しましたが人によると思います。

現代社会の過酷なストレスの中にあっては、何事も無理をしてはいけないなあと思

いました。何事もバランスが必要ですね。

ファーブル昆虫記のファーブル先生の名言通り、分を弁えているのは人間以外の

生物であるとの事です。

なるほど、分を弁えない人間が地球を壊していますものね。その通りです。

我が家の鳥達も、分を弁えながら巣作りに励んでいます。

少し贅沢ではないかと思える巣作りを見ると、微笑ましく感じるのと同時に、

自然界で分を弁えられないこの子たちが不憫にも思えます。



ピッチはこのティッシュをピリピリ破り、巣に運びます。
イメージ 3

    ピッチの新しい相棒の金華鳥のプッチ。巣作りの綿埃をくわえています。
イメージ 2


植木鉢の中の巣作り。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ご無沙汰しました。

ご無沙汰しました!....


 


今年もアッと言う間に桜が満開になりましたね。


掲載中のピッチのお話を今年も引き続き聞いていただきたいと思っていましたが、ピッチの相棒の、その名もベッチが


1月半ばに小さな羽衣を羽ばたかせて寒い空に飛んで逝ってしまったのです。


 


ピッチのお話にはこの相棒ベッチの登場がとても重要でしたので、ベッチが去った今、何をどのようにお話を聞いて


いただいたらいいのか、全く分からなくなってしまいました。


 


ベッチの居ない朝を迎えたピッチは、部屋中をそわそわと


行ったり来たりしていました。ベッチのベッドに入っては


やはりベッチが居ない事を確認している様子でした。


 


生きとし生ける者は失うという感情を強く持っているのだと確信した事が人として恥ずかしくもあり悲しい思いで


一杯になりました。


 


突然去ってしまったベッチの喪失感とピッチの感じている


喪失感を、でもとにかくピッチの喪失感をなんとかしてあげなければこの子も去ってしまうのではないかと。


 


そうして一日でも早く相棒を見付ける事を決断しました。


 


                       つづく。


イメージ 1


 金華鳥のベッチ。

この記事に

開く コメント(0)

新年のピッチ。

皆様、新年はいかがお過ごしでしょうか?


どうぞ今年も宜しくお願い申し上げます。


 


この時期は体調管理にお気をつけいただき
良い年をお過ごしいただきご多幸を心より
お祈り申し上げます。


 

我が家のピッチの物語も今年一杯は

続けていきたいと思いますので

引き続きお楽しみくださいね。


新年を迎えたピッチです。


イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

ピッチとの対話。お話はまだまだ続きます。


 


そして時の流れの中で培われる人と動物達と
静物の繋がり。


 


今年もお買い物をして下さった皆様、
ブログにお立ち寄りいただきました皆様に
改めて心より感謝を申し上げると同時に、
2017年皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事