鉄道&模型 浜リン Blog

お越しいただき、ありがとうございます。 コメント・トラックバックは承認されるまで表示されません。ご了承ください。。

全体表示

[ リスト ]

井戸端会議(宴会とも言う)があったので、仮で動力を組んで動くようにしました。

台枠を黒く塗って、アイドラーギアのプラシャフトは差し込んだ後で半田コテで先端を溶かして抜けないようにしました。集電板の回り止めも、同様に溶かして抜けないようにしてあります。
イメージ 1

ウオームは接着。運転席の部分に付くウエイトは面取りがしてあって、当初は前後が逆に付くように検討していたようです。モーター上に付くウエイトは、横に付けた方が目立たなくなります。
イメージ 2

台枠も気になりますが、運転席にウエイトも気になります。
保存館所蔵の写真を見ると、実機には後輪の後に何か付いていたようです。
イメージ 3

運転席のウエイトは前からも見えるので、見える部分は切り取って、見えない場所に付けた方が良いでしょう。
イメージ 4


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事